電子レンジ おすすめ。 電子レンジおすすめ13選|家電ライターのランキング付き【高機能からシンプルまで】

オーブンレンジのおすすめ12選!スチームタイプも【2020年版】

電子レンジ おすすめ

電子レンジの選び方• おすすめの電子レンジ・オーブンレンジ7選• 電子レンジの種類 電子レンジ製品は、大きく「単機能レンジ」と「オーブンレンジ」の2種類に分かれます。 また、オーブン機能が使える製品としては、「ガスオーブン」と「コンベクションオーブン」も挙げられます。 シンプルにこの「あたため機能」だけが付いているのが単機能タイプの電子レンジです。 「料理をあたためられればOK! 複雑な調理機能はいらいない」という人にうってつけです。 このオーブン機能の進化が近年のトレンドのひとつで、最近はスチームや過熱水蒸気を使って調理を行うものも登場しています。 ガスオーブンは、ガスが燃焼させた熱風で食材を加熱するもの。 電気と比べて加熱が早く、なかにはガスオーブンに電子レンジ機能をあわせた製品もあります。 コンベクションオーブンは、庫内にファンを搭載するタイプのオーブントースターで、ファンが庫内に熱風を循環させることで食材をムラなく加熱するのが特徴です。 電子レンジのトレンドと選び方のポイント ここからは、実際に電子レンジを選ぶ際のポイントを、ざっと紹介していきましょう。 ひとり暮らしで簡単なあたため機能だけを求める場合は手軽な「単機能レンジ」、1台で焼き物調理まで幅広く行いたい場合は「オーブンレンジ」といったように、生活環境・用途にあわせて選びましょう。 世帯人数にあわせて最適なサイズを選択します。 一般的に、ひとり暮らしは20L以下、2人世帯は20〜25L、3〜4人世帯は26〜29L、4人以上の世帯は30L以上が最適サイズと言われます。 また、「庫内構造」もチェックしましょう。 従来のターンテーブルが付いたタイプのほか、最近はターンテーブルのないフラットな庫内タイプも人気です。 フラットタイプの製品では、付属のネットやトレイを使って2段調理ができるものも増えています。 従来からあるターンテーブルが付いたタイプ。 あたため中に食材をセットしたターンテーブルが回転して、ムラなくあたためられるようにしています 最近人気のターンテーブルのないフラットな庫内タイプ。 いずれも、油を使わずヘルシーに食材を加熱できる「ノンフライ調理」が可能で、家庭で作れる料理のレパートリーが広がります。 また、庫内に温度センサーや重量センサーを搭載し、自動的に食材の種類と量を認識して、最適な加熱を行う自動調理機能を備えたモデルも多数登場しています。 焼き調理と蒸し調理など、方法が異なる調理を同時に行える製品もあり、より便利に進化しているのです。 庫内に赤外線センサーと重量センサーを搭載し、2段調理ができる日立「ヘルシーシェフ」。 3品同時の自動調理に対応します これらの高性能な調理機能は、もともとは高級機のスペックでしたが、最近は普及価格帯のモデルにも搭載されるようになってきました。 ライフスタイルにあわせて、最適な調理機能を持つ製品を選んでみてはいかがでしょうか。 おすすめの電子レンジ・オーブンレンジ7選 それではいよいよ、価格. comで販売されている電子レンジ・オーブンレンジ製品の中から、注目の7製品をご紹介していきましょう。 全モデルともオーブン機能を搭載していて、調理の幅が広がります。 1.日立「ヘルシーシェフ MRO-W1X」 日立「ヘルシーシェフ」は、自動メニューの「あたため機能」に定評があるシリーズ。 本機は2段対応のスタンダードモデルです。 食材の表面温度を測定するセンター赤外線センサーと、重さを測定するトリプル重量センサーを搭載しており、これによって食材の状態を的確に把握し、最適な加熱を行える「Wスキャン調理」に対応していることが特徴です。 レンジ、オーブン、グリル、スチーム、過熱水蒸気という5つの加熱方法に対応し、さまざまな自動調理が可能。 食材にあわせてそれらの加熱方法を組み合わせ、自動で最適な加熱や解凍を行ってくれます。 また、人気レシピサービス「クックパッド」の「殿堂入りレシピ」から厳選した30レシピを、オートメニューとして搭載しています。 comで人気の「石窯ドーム」シリーズのスタンダードモデルに位置づけられる1台。 庫内の天井をドーム型にした独自の形状「石窯ドーム」が特徴で、レンジ、オーブン、グリル、スチーム、過熱水蒸気といった調理に対応し、さまざまな自動調理が行えます。 庫内には、広範囲を加熱できる直径約20cmの大型アンテナに、「8つ目赤外線センサー」と「温度センサー」を装備。 これによって加熱ムラを抑え、解凍機能も高めています。 さらに、庫内全体の1024か所をセンシングし、食品の位置と分量を検知する「ねらって赤外線センサー」も搭載しました。 レンジ、オーブン、グリル機能のほか、調理に応じて低温のスチームから高温の過熱水蒸気まできめ細かくコントロールするスチーム機能で、さまざまな自動調理が行えます。 特に、食材の温度を瞬時に測定する赤外線センサー「高精細・64眼スピードセンサー」により、食材にあわせて火力を自動調整できることが特徴。 2段オーブン機能にも対応し、付属する「チタンコートグリル皿」と新・マイクロ波制御機能によって上火と下火の火力をアップさせています。 高速0. 1秒センシングと5段階のパワーコントロール機能により、耐熱ボウルに材料を入れてボタンを押すだけで本格的な中華料理ができる「ワンボウル中華」も実現しました。 本製品は、2段オーブン機能に対応しており、冷凍・冷蔵・冷凍といった保存状況の異なる食材を一気に入れて調理できる「まかせて調理」が可能です。 しかも、上段で焼く、炒める、蒸すといった調理を行いながら、同時に下段で「あたため直し」ができるというすぐれモノ。 加熱方式は本家「ヘルシオ」の仕組みをそのまま継承し、過熱水蒸気だけで食材を焼きます。 従来はオーブントースター機能のみだった「ヘルシオ グリエ」ですが、最新モデルのAX-HR2はついに「ヘルシオ グリエレンジ」として電子レンジ機能が追加され、コンパクトなサイズながら食材のあたためもできるように進化しました。 スチームや過熱水蒸気による高性能な調理機能は省略し、あたため、解凍、オーブンというオーブンレンジとしては非常にシンプルな機能に絞っています。 また、一見オーブンレンジとは思えないようなデザイン性の高さも魅力。 単体では食材の温めにしか対応しませんが、焼き物調理ができるシリコン製容器が付属しており、これを使うことでハンバーグや餃子といった料理も作れるようになっています。 庫内容量18Lという小容量サイズで、ひとり暮らしで手軽に購入できる電子レンジの選択肢として有力。 【関連記事】.

次の

【全36商品徹底調査】おすすめの電子レンジ調理器10選!|UPDAYS

電子レンジ おすすめ

電子レンジは一家に一台は欠かせない調理家電です。 昔はあたためとオーブン機能のみのものが主流でしたが、この10年で 過熱水蒸気機能を搭載したスチームオーブンレンジがもはや一般的となりました。 そんな電子レンジの今の流行りは、過熱水蒸気やコンベクションオーブン機能を使用した ノンフライ調理などの健康志向です。 また、ハイグレードモデルは 食品の温度を感知して加熱時間や温度を自動調節してくれる自動調理メニューも多く、簡単・時短調理器具として家事の手助けをしてくれます。 昔のレンジ機能であれば加熱しすぎて硬くなってしまうような料理も、最新のレンジであればおまかせです。 またAI機能を搭載した音声操作や、スマートフォン連携がいかにも今の時代の機能としてあげられるでしょう。 中にはシャープのヘルシオの上位機種のように 『喋る電子レンジ』まで存在します。 ここではそんな電子レンジについて、選び方やおすすめ機種をまとめましたので参考にしてください。 オーブンレンジは単機能レンジにオーブン機能がついたものですが、他にもグリル機能やトーストに調理メニューがついていたり、庫内の自動お手入れや脱臭機能など一気に機能が増えます。 一人暮らしでもお菓子作りをする方もこのオーブンレンジ以上の機種を選ばれた方がいいでしょう。 単機能レンジからオーブンレンジへランクアップすると一気に搭載機能が増えるため、このオーブン機能を使って様々な調理も可能になります。 チキンやポークのグリルなどはその筆頭でしょう。 オーブン料理は簡単な割に見た目もおしゃれな大皿料理が多いため、女性の方には特におすすめです。 価格帯は1万円台前半〜からあり、低価格な機種はターンテーブルタイプも混在しています。 オーブンレンジでもスチームや過熱水蒸気タイプについてはこの下でご案内します。 スチームオーブンレンジはオーブンレンジにスチーム機能を搭載した機種で、2万円半ばからの ミドルクラス以上の機種に搭載されています。 パナソニックや日立などの 国内メーカーでは概ね3万円台からと思った方がいいでしょう。 また、簡易スチーム式は角皿内に水を張ったり、水を入れた容器を庫内に設置するタイプもあります。 しかし 主流はタンク式で、これによって蒸し料理や フライをさっくり温めたり、 トーストをふっくら焼くことが出来ます。 しかしながら、スチーム機能は水を温める時間がかかりますので、温め時間も15分〜などかかる機種がほとんどです。 また、フラット庫内である程度の大きさの機種となると、スチーム機能が標準搭載であるメーカーも多いです。 過熱水蒸気式のオーブンレンジは、『シャープのヘルシオ』がウォーターオーブンとして発売したことで一躍有名となりました。 3万円代からでもありますが、しっかりした機能のものは5万円台以上からが多いでしょう。 過熱水蒸気とは100度以上に熱した無色透明の水蒸気のことで、これによって 減塩や油を落とす効果があります。 通常の温めに+してフライなどのさっくり温め機能やグリル機能は当然のこと、 ノンフライで唐揚げを作ったり、 とんかつなどの揚げ物を作ることも出来ます。 また、角皿を使用することで 2品同時調理なども可能です。 この過熱水蒸気機種はレンジ温めに利用するというよりかは、調理家電と考えて使いこなした方が料理の幅が広がります。 過熱水蒸気調理とは、先述の通り 100度以上の透明な水蒸気で食品を加熱する方法です。 しかしこの加熱水量機を利用することで 、『減塩』『油をカット』という2つが同時に叶います。 これだけ聞くと健康志向の方に人気があるように思えますが、過熱水蒸気調理はそれだけでなく 、『作り置きや惣菜の揚げ物をサクサクに温める』ことや 『トーストをカリカリふっくらしっとり』こんがり焼くこともできます。 また、温度は実際のところ200度〜300度以上の水蒸気で焼くため、焦げ目もしっかりつけることができます。 また、過熱水蒸気機能のついた機種は、 オート調理コースのついたものがほとんどです。 非常に人気のある機能ですので、料理をする全ての方におすすめできます。 トースターやケトルなど調理家電を続々と発売しているバルミューダがですが、電子レンジも2年ほど前から発売しています。 バルミューダはシンプルかつおしゃれなデザインの家電を多く発売しており、このデザインに一目惚れしたという方も多いでしょう。 肝心の機能面はというと、シンプルに 『自動あたため』『手動あたため』『飲み物』『冷凍ごはん』『解凍』『オーブン』の5種類のみの機能です。 自動調理メニューや発酵などの機能はありません。 また、解凍に精度はあまり良くないとの口コミが多く見受けられます。 また本体価格が4万円以上と、他の国内家電メーカーや格安メーカーと比べると価格面はどうしても割高となりますが、デザイン特化で毎日を楽しくおしゃれに過ごしたいという方向けのメーカーですので、おしゃれな電子レンジをお求めの方におすすめします。 パナソニックのオーブンレンジは『ビストロ』ブランドで有名です。 高級オーブンレンジの買い替えでは 『ビストロ』か『シャープのヘルシオ』か迷う方が常に一定数いらっしゃいますね。 それほど高級オーブンレンジとして有名な『ビストロ』の強みは、主にヒーターの強さと、レンジ調理の精度にあります。 ビストロは 『大火力極め焼きヒーター』がとても高性能で庫内を温めるまでの立ち上がり短く、オーブン機能でトースターを焼く場合4分を切るほどです。 予熱に時間がかかるオーブン機能でこの早さですので、ヒーターの強さがよくわかります。 また 冷凍と冷蔵ものを2品同時にレンジあたためできるのも『ビストロ』だからこそで、赤外線センサーの精度の高さがなせる技です。 この冷蔵と冷凍の2品温め対応のメーカーは少ないので、使用したい方はビストロがおすすめです。 東芝は 『石窯ドーム』ですが、こちらは 自宅でパンを焼くという方に絶大な人気があります。 扉を開けると見える庫内天井の形が、まるで石窯を思わせるドーム状になっており、これによって熱風を効率的に対流させることができる東芝のみの仕組みです。 また 最高温度350度まで上がる機種は電子レンジではこの東芝の石窯ドームのみで、大火力で比較するのであれば相手は電子レンジではなくガスレンジとなるほどです。 もちろん、通常の調理メニューや同時調理メニューなど機能も豊富ですが、もう1つの特徴はこの大火力でボディが小さめであることでしょう。 本体が比較的スリムであるため、 諦めていた場所でも置けたという人も多いです。 また、ビストロは上部のヒーターが凹凸となっていますが、石窯ドームはドーム型にフラットなため拭き掃除が簡単です。 そのため、他メーカーは『過熱水蒸気+ヒーター』での調理となるところが、シャープは『完全に過熱水蒸気のみ』での調理が出来ます。 これがヘルシオの一番の特徴で他メーカーとの違いです。 そして過熱水蒸気のみの調理となると、 複数品同時での調理に非常に強いです。 また過熱水蒸気調理ではレンジ機能を使用しないため、アルミホイルを使うことすら出来ます。 また高精度センサーと過熱水蒸気によって、冷凍したままの食材すら調理出来るため、 冷凍庫の余り物で即席調理をすることも出来ます。 レンジ機能は目新しいところはないものの、ヘルシオはレンジ加熱メインで使用するには少々もったいない機種ですので、購入するのであればどんどん調理メニューも使っていきたいところです。 過熱水蒸気調理は時間がかかるとはいうものの、 調理中は手を離していられるため忙しいご家庭にも支持されています。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. この機種の特徴は何と言っても、この 小ささで庫内フラットの唯一無二の機種だということです。 この機種のサイズは幅461x高さ293x奥行337mmとなりますが、幅461で収まる庫内フラット機種は他にありません。 同等の大きさですとターンテーブルとなります。 しかしこの外径で庫内フラットを実現するために、庫内容量が小さくなっており、 16Lはレンジの中ではかなり小さいと言えます。 1人用のコンビニ弁当が入る大きさですので、あらかじめ 単身者用に設計されていると思った方がいいでしょう。 しかし小さなサイズでターンテーブルでない機種をお探しの方にまさにぴったりの機種です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. valuecommerce. shopping. yahoo. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. レンジ機能としては1000Wで申し訳なく、オーブン機能も300度の2段コンベクションオーブンと通常使用するものは全て揃っています。 そして一番の特徴は日立独自の『Wスキャン調理』で 分量に合わせた火加減で調節してくれる自動メニューでしょう。 また、レシピサイトの 『クックパッド』の殿堂入り30レシピを火加減をレンジにお任せで簡単に作ることが出来ます。 ヘルシオやビストロに押されがちな自動調理メニューですが、クックパッドのレシピは手軽で実用的なものが非常に多いため、『がんばらないレシピ』で家事の負担を減らすことが出来ます。 また、この機種のフラッグシップ機との違いは、スマートフォンとの連携対応機能の有無のみとなっているため、他メーカーの上位機種と比べると非常にコストパフォーマンスも高いです。 ビストロやヘルシオのように7万〜10万は出せないが高級オーブンレンジが欲しい方にもおすすめです。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. シャープはヘルシオと言っても様々なラインナップがありますが、この機種は価格の割に機能が多いこともあり人気の中心の機種です。 しかし一点あげるとしたら、ヘルシオと言えば本体の表右側に付いているカラー液晶画面ですが、この機種はコストカットのためか下位の過熱水蒸気モデルと同じように本体下部に設置されています。 しかしウォーターオーブンの性能自体は同じですので、カラー液晶にこだわりがなければ、非常にお得な機種だと言えます。 ウォーターオーブンでの100%の加湿水蒸気調理はシャープだけの特許技術となっており、冷凍のままオーブン調理をしたとしても過熱水蒸気で乾燥させることなく美味しいまま仕上げることが出来ます。 さまざまなメニューの搭載されたおすすめ機種です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 二段階オーブンに過熱水蒸気調理も含めた自動メニューは97、搭載レシピは199と様々な調理が出来ますが、価格が安く抑えられているため人気があります。 上位機種との違いは、調理メニューの数の違いに加えて、センサーが少し下位のランクのものが搭載されていることと、それによって2品同時温めが出来ないことが大きいでしょう。 また時短メニューなどもさらに上位機種の方がメニュー数が多く時短になります。 また上位機種はカラー液晶+グリル皿がチタンコートですが、それ以外目立って大きな違いはないため、 憧れのビストロが欲しいが価格を抑えたいという方に、まさにおすすめの機種だと言えます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. またどなたにも評判が高い機能が火加減も調理時間もレンジにお任せの 『ほったらかし調理』で、お任せ機能は他社もほとんどの高級機に搭載していますが、シャープが一番簡単で油カットもでき健康志向だと評判です。 またこの機種はシャープのAIクラウド対話機能の 『COCORO KITCHEN』対応となっており、レンジに「何を作ろう?」と話しかけることでレシピを提案してくれる機能があります。 またアプリ連携もあり、毎日シャープがレシピを紹介してくれるなどヘルシオ使用中以外にも楽しむことが出来ます。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. 最高350度まで上がる業界最高温のオーブン機能で特にパン作りを多くする方におすすめです。 また、石窯ドームは『ABCクッキングスタジオ』にも多く採用されているため、同様の仕上がりを求めてこの機種を探される方もいます。 特徴ははやはり庫内の熱風の対流を考えた石窯ドームのウリでもある ドーム構造と 角皿スリットの設計で、 全体の焼きムラを極力おさえて焼くことが出来ます。。 各社高級機に搭載している調理メニューももちろん多く、476メニューを誇りますが、何と言っても一番脳裏はムラなく焼き上げるオーブン機能の強さでしょう。 別メーカーの高級オーブンレンジを使用した時に、中央と隅で焼き色の違いが出たという経験のある方は、一度この東芝の石窯ドームをを使用してみれば、基本的なオーブン能力の高さに驚かれるかと思います。 オーブン機能重視の方に非常におすすめの機種です。 amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. ビストロの高精度センサーだからこそできる高度なレンジ機能は、2品同時あたためであったり、食材を温めている時に硬くならないようセンジングする機能など、とにかく レンジ機能がまず強いという特徴があります。 またこのセンジング機能によって、 『ワンボウル調理』が可能となり、麻婆豆腐や酢豚、鮭のクリームにやオムレツなど、食材を混ぜ合わせたらそのままレンジに任せるだけで、加熱しすぎることもなくちょうど美味しい状態で完成させることが出来ます。 またチタン製のグリル皿が付属しており、このグリル皿で上部に熱を反射させることで庫内の温度上昇が高まり、ビストロが得意とするもう1つの『焼き目』を素早く綺麗につけることが出来ます。

次の

徹底比較!電子レンジ/オーブンレンジのおすすめランキング10選!

電子レンジ おすすめ

電子レンジを選ぶときは、まず 「単機能レンジ」か「オーブンレンジ」どちらを選ぶか考えましょう。 「単機能レンジ」はその名の通り、電子レンジ単体機能の商品です。 オーブンレンジは電子レンジとオーブン機能が複合した「オーブンレンジ」のほか、高温の水蒸気で食材を加熱する「過熱水蒸気オーブンレンジ」などがあります。 過熱水蒸気オーブンレンジは蒸し調理ができる製品も。 さらに、庫内に独立ヒーターを搭載したグリル調理ができる製品もあります。 もちろん「レンジ」「オーブン(コンベクション)」「過熱水蒸気」「蒸し調理」「グリル」と機能が多いほど、いざというときは便利ですが、多機能なほど製品が高額になったり、サイズが大きくなるというデメリットもあります。 また、過熱水蒸気機能搭載機は水カセットのメンテナンスなどもあるため、電子レンジしか使わないなら、単体機能のレンジを購入したほうが使い勝手がよいことも多いです。 そして、オーブンを頻繁に利用するなら、ガスオーブンレンジも選択肢になるでしょう。 ガスオーブンは一般的に余熱時間が電気式オーブンよりかなり短くなります。 ただし、ガスを必要とするためビルトインタイプがほとんどなので、新築や引っ越しの時などに考えたい選択肢です。 パワー 出力 で選ぶ なぜこの電子レンジが選ばれたのか 食材の重さと食材表面温度を測り、分量に合わせて最適な火加減や加熱方法をコントロールすることができる「Wスキャン調理」が特徴のヘルシーシェフシリーズのフラッグシップモデル(最上位モデル)です。 一般的な電子レンジは食材表面の温度をセンシングする「赤外線センサー」しか搭載していませんが、この製品は赤外線センサーと一緒に重量センサーを搭載しています。 二つの情報を組み合わせることで、電子レンジによくある加熱失敗がほとんどありません。 失敗しやすいミンチ肉の解凍も安心して任せられます。 レンジのほか、過熱水蒸気調理、オーブン、グリル料理にも対応しています。 タイプ 過熱水蒸気式電子レンジ 大きさ W40. 8cm 庫内容量 30L 消費電力 1430W なぜこの電子レンジが選ばれたのか 一般的な過熱水蒸気は水蒸気と電子レンジを併用して加熱していますが、ヘルシオは過熱水蒸気だけで調理できるのが特徴です。 このため、普通の電子レンジでは調理できない「レトルトパウチの加熱」「ゆで卵の加熱」までボタン一つでできます。 そのヘルシオシリーズの中でも、赤外線ムーブセンサー・絶対湿度センサー・温度センサーで最適な加熱に制御。 人工知能搭載で会話形式で献立メニューを決めるお手伝い機能を搭載したモデルです。 ヘルシオシリーズ特有の「まかせて調理」で、食材の量や状態(冷凍・冷蔵・常温)などを気にせず、ボタン一つで最適に調理をしてくれるのも嬉しいポイント。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。 2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

次の