ツイッター センシティブ 解除。 Twitterのセンシティブな内容の解除方法!設定変更で表示できる!

Twitterのセンシティブな内容の解除方法!設定変更で表示できる!

ツイッター センシティブ 解除

写実的な暴力描写• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 ユーザーによって投稿された画像や動画が、上記のいずれかにあたるとTwitterが判断した場合、画像や動画を表示する代わりに警告メッセージが表示される場合があります。 とはいえ、警告が表示されている画像をいざ開いてみればいたって普通の画像だった、というケースもよくあります。 Twitterでセンシティブな内容を含む投稿を見る方法 「センシティブな内容」の警告メッセージが表示されている画像や動画を見たい場合は、それらを表示するための設定をおこなう必要があります。 iPhoneでセンシティブな内容を含む投稿を表示させる方法 iPhoneでは、Twitteアプリのタイムライン上で「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」と警告メッセージが表示されているツイートを開きます。 ツイートの詳細画面でも同様の警告メッセージが表示されているので、警告メッセージ下部の[設定を変更]をタップしてください。 すると、SafariやChromeなどのWebブラウザに切り替わり、ブラウザ上でTwitterの画面が表示されます。 WebブラウザでTwitterが開く ブラウザでTwitterにログインしていない場合は、設定を変更したいアカウントでログインしてください。 以上で設定は完了です。 Androidスマホでセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 Androidスマホでは、Twitterアプリ内の設定を変更する方法と、ツイートに表示された警告メッセージから設定を変更する方法の2パターンがあります。 Twitterアプリ内の設定を変更する Twitterアプリのメニュー画面から、[設定とプライバシー]を開きます。 設定項目の中から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これでセンシティブな内容を含む投稿であっても、警告メッセージが表示されることはありません。 ツイートの警告メッセージから設定を変更する Android版Twitterアプリでは、ツイートに表示されている警告メッセージからセンシティブなツイートの表示設定が変更可能です。 [表示する]をタップすると、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 PC(パソコン)でセンシティブな内容を含む投稿を表示する方法 PCのブラウザ上でセンシティブな投稿を表示させるには、センシティブな内容を含むツイートの下部にある警告メッセージから、設定を変更するか一度だけ表示させるかのどちらかから選択します。 [設定を変更]をクリックすると設定画面が開かれる [設定を変更]をクリックすると、設定変更画面に遷移します。 [表示]をクリックすれば、当該のツイートに限って画像や動画が表示されるようになります。 センシティブな内容を含む投稿を非表示にする方法 不愉快な画像や動画を見たくない人は、Twitterでセンシティブな内容を含むツイートを非表示にする設定をしましょう。 もし、非表示に設定しても不愉快な画像や動画が表示されてしまう場合は、ツイートの通報やミュートといった機能を使うとよいでしょう。 センシティブな画像や動画を非表示にする設定 センシティブな画像や動画の非表示設定は、Twitterの設定画面から有効にします。 なお、 iPhoneの場合はTwitterアプリからの設定はできないため、下記リンクよりSafariやChromeなどのWebブラウザからTwitterにログインし、設定をおこなってください。 以下では、Android版Twitterアプリでの操作方法を紹介していますが、Webブラウザ版のTwitterでもほとんど操作内容は変わりません。 Twitterのメニューから[設定とプライバシー]をタップし、[プライバシーとセキュリティ]を開いてください。 これで、センシティブな内容と判定された画像や動画は、警告メッセージが表示されるようになります。 それでも表示される場合は「通報」も可能 をおこなった状態でも、不愉快な画像や動画が表示されてしまう可能性もあります。 そのようなときは、該当のツイートをTwitterに通報するという手段もあります。 ツイート右上の[v]マークから[ツイートを報告する]を選択 まず、不愉快な画像や動画を載せているツイートを開き、右上にある[V]マークをタップ。 すると、画面下部からメニュー画面が出現するので、[ツイートを報告する]を選択します。 ツイートの報告理由を選択する画面に遷移したら、通報する理由として最も適切なものを選びましょう。 不愉快な画像や動画を通報する際は、[センシティブな画像または動画を表示している]をタップします。 続いて、通報する画像や動画がどのような内容を含むのかを、さらに4つのカテゴリーから選択して報告してください。 ボタンを押すとブロックかミュートができる これで、ツイートの通報は完了です。 完了画面では、通報した画像や動画をツイートしたユーザーを「ブロック」か「ミュート」できるボタンが用意されています。 ブロックとミュートは、不愉快な投稿を見ないためにも有効な手段です。 一方で、もし相手が相互フォロー関係にあるような状態である場合、ブロックすると相手にバレてしまう恐れもあります。 相手との関係性などに応じて上手く使い分けましょう。 通報したツイートは、タイムライン上で「このツイートを報告しました。 」というメッセージに覆われて表示されます。 通報後にツイートの内容を見たいときは、メッセージの右側にある[表示]をタップすると、一時的にツイートの内容を確認できます。 特定のキーワードやアカウントを見たくなければ「ミュート」が便利 特定のキーワードを含むツイートを見たくない場合や、特定のアカウントをタイムラインで非表示にしたいときは「ミュート」機能が便利です。 ブロックとは異なり、ミュートは相手に知られることなくツイートを非表示にできます。 ミュートの設定の詳細は、下記記事を参照してください。 appllio. com 自分のツイートがセンシティブな内容と判定されないための方法 普通の写真を投稿したつもりなのに、センシティブな内容を含む可能性があると判定されてしまった、という経験はないでしょうか。 その場合、自分の投稿に警告メッセージがつかないように設定する必要があります。 Twitterのメニュー画面から[設定とプライバシー]を開き、設定項目から[プライバシーとセキュリティ]を選択してください。 これが有効になっていると、自分の投稿した画像や動画に警告メッセージが出てしまう場合があります。 センシティブな内容を投稿するつもりのない人は、チェックを外しておきましょう。

次の

Twitterのセンシティブな内容を表示できない!設定を解除する手順

ツイッター センシティブ 解除

センシティブな内容一覧 具体例 写実的な暴力描写 暴力的な犯罪や事故 成人向けコンテンツ ポルノなど 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ 性的行為に関連する暴力を描写 グロテスクなコンテンツ 暴力などを写実的に描写 ヘイト表現を伴う画像 個人画像を加工し、獣のような姿にする つまり「センシティブな内容」とは一般的に刺激が強いとされるものが該当します。 Twitterは世界中で利用されているSNSということもあり、中には暴力的な描写などを好まない人が大勢いるのも事実です。 そのような人にまでセンシティブな内容が表示されないために、画像や動画を非常時にする機能が導入されているのです。 ただセンシティブな内容の中には「そこまででもないような」といったケースもあります。 特に仲のいい友人のツイートや、人気がありバズッたツイートで「センシティブな内容」が適用されるともやもやしますよね。 特にiPhoneはAndroidと違い、「センシティブな内容」を解除するためにアプリではなくブラウザでTwitterを開く必要があります。 具体的な方法は次の章で解説するので参考にしてください。 iPhoneでTwitterの「センシティブな内容」の投稿を表示する方法 iPhoneで「センシティブな内容」を解除するためには下記の手順に従ってください。 【解除方法】 つまりiPhoneで「センシティブな内容」を解除するためには、ブラウザ版のTwitterから操作する必要があるので覚えておいてください。 AndroidとPCでの解除方法 iPhoneで「センシティブな内容」を解除するためにはブラウザ版のTwitterから操作する必要がありますが、Androidの場合はアプリ版からでも解除できます。 解除方法自体はiPhoneとAndroidで差はないので、ツイートの画像や動画が見られなくて困っている人は紹介した方法を試してみてください。 またPC版のTwitterで「センシティブな内容」を解除するときもiPhoneと同様です。 まとめ 今回はTwitterで表示される「センシティブな内容」の解除方法みついて解説しました。 センシティブな内容とは一般的に刺激が強い画像や動画のことで、Twitterユーザーを過激な表現から守ってくれる効果があります。 ただ中にはそれほど過激でもない画像や動画が非表示にされる場合もあり、友人のツイートなどがセンシティブな内容と表示された場合は下記の方法を試してみてください。 【解除方法】.

次の

Twitterのセンシティブな内容の解除方法!設定変更で表示できる!

ツイッター センシティブ 解除

関連記事• ツイッターを使っていると 「センシティブな内容が含まれている可能性があるツイートです。 」と表示されてフォローしている相手のツイートを見れないことがあります。 みんながそれに対していいねを押したりして反応しているのに自分だけ見れない!! ツイッターに表示されている解決方法だと 表示するには、センシティブな内容のメディアに関する設定を変更します。 これは、アカウントの「プライバシーとセキュリティ」設定の「セキュリティ」セクションにあります。 設定を変更 と出てきていますが、 これをツイッターの公式アプリ内でやっても解決できないんですよね。 これが原因で多くの人が困っているわけです。 では、どうすればいいのでしょうか?それを詳しく説明します。 記事の目次• ツイッター公式アプリでは解決できない ツイッター公式アプリに表示されている方法でセンシティブな内容を表示させたい場合、以下のようになります。 【注意】この方法では解決できません! まずはツイッターに表示されているように「設定とプライバシー」をクリックします。 そして、「プライバシーとセキュリティー」をクリックします。 しかし!!これでは解決されてないんです。 解決するにはブラウザでログインする必要がある では、どうすればいいのかというと、サファリなどのブラウザでログインをする必要があります。 まずは、センシティブな内容のツイートを表示させて、以下のように出てくる「設定を変更」をクリックします。 もしくはパソコンでも可能です。 まずはブラウザでツイッターアカウントにログインをしてください。 ログインをしたら、アカウント設定をクリックして、表示される「設定とプライバシー」をクリックしてください。 そして、「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。 そして、安全性の部分に「センシティブな内容を表示しない」という部分に初期状態ではチェックマークが入っています。 この チェックマークを外してください。 そして、変更を保存してください。 以上でセンシティブな内容でも表示されるようになります。 まとめ センシティブな内容を表示する方法はツイッターの公式アプリではできないように現状はなっています。 そのため、ツイッター公式アプリで見ている場合でもブラウザのツイッターと同じ方法が記載されてしまっているので、みなさんが勘違いしてしまうという事態が起こっています。 この部分をなんとか改善してもらいたいですよね。 とりあえず、解決するには パソコンでもスマホでもいいからアプリではなく、ブラウザでツイッターアカウントにログインをして操作する! です。 公式アプリからの解決策は今の所ないので、iPhoneであればSafariなどのブラウザ、PCならGoogle ChromeやFirefoxなどのブラウザを利用してツイッターアカウントにログインをして操作して解決しましょう!.

次の