極道 の 妻たち あらすじ。 邦画 極道の妻たち 最後の戦い を1話から最新話の見逃し動画をお得に視聴する方法!全話感想とネタバレもあり

極妻シリーズ5・東映映画「新・極道の妻たち」を久々に観る

極道 の 妻たち あらすじ

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 関西地区を牛耳る広域暴力組織の中松組が跡目相続問題で分裂した。 五年後、枝分かれをした川越会本部では病床の川越会長をはじめ、幹部連中が集まっていた。 その中に服役中の瀬上組々長瀬上雅之の妻芙有の姿もあった。 彼女は夫の服役中、気丈の強さで組織の運営を務めているのだ。 そんな時、五年前に中松組の銃弾で夫を失った伊勢夏見という女が残った組員の根津豊を連れて大阪へやって来る。 そしてふとした事件で出会った芙有と夏見は固い友情で結ばれるのだった。 亡き夫の復讐に燃える夏見は、瀬上組を中松組と互角に張り合える組織へ拡大しようとする芙有に協力するが、川越会系組長の光石の裏切りにあい、夏見は乱闘の末光石を射殺しそのまま身を隠してしまう。 夏見からの連絡も途絶え、妹分の安否が気にかかった芙有は確たるあてもなく夏見の故郷である美浜へと足を向けた。 だがそんな芙有の心配をよそに夏見は仇である中松組々長田所亮次を射めようとするが、逆に銃弾を浴び息絶えてしまうのだった。 それは中松組に丸め込まれた川越会が解散をした直後であった。 出所後、中松組におだてあげられていた瀬上は結局自分がただの道化役であったことに気付き、戦争を再開しようとするが、芙有は豊らを連れて組を去って行く。 そして夏見の死に決着をつけるべく、芙有は田所を射止めるのだった。

次の

極道の妻たち リベンジ : 作品情報

極道 の 妻たち あらすじ

極道の妻たち 決着のネタバレあらすじ:承 秋葉殺害事件から遡ること3ヶ月前、リゾートホテル建設を目論んでいた秋葉は、取引先の堺和信用金庫が暴力団へ不正融資をしていたという報道により融資を打ち切られ苦境に陥っていましたが、信用金庫の理事長が50億もの裏金を貯め込んでいる証拠を掴むや一転して一発逆転を狙うようになりました。 しかし、傘下の名腰組組長・名腰兼良(中条きよし)も情報を掴み、密かに50億円を狙っていました。 そうとも知らず秋葉は名腰の協力を得て信金理事長の拉致に成功しますが、井出は破門をちらつかせながらこの一件から手を引くよう忠告します。 名腰は秋葉の子分・徳田(金山一彦)や番水を味方に引き入れます。 その頃、春日は杏子から刑務所帰りの賭博師・五橋(愛川欽也)を紹介され、客人として迎え入れていました。 極道の妻たち 決着のネタバレあらすじ:転 秋葉殺害容疑で玉城が逮捕され、彼の証言により井出も逮捕されました。 拾ってくれた杏子に恩義を感じる五橋は、手掛かりとなる玉城の家族写真を手に独自に事件の真相を探ろうとしますが、徳田に嗅ぎ付かれ危うく殺されそうになります。 しかし、徳田の手下・工藤(山本太郎)が五橋を救い、春日に徳田が裏切ったことを告げます。 一方、春日は玉城の写真から、玉城の子が沖縄で入院していること、莫大な治療費がかかることを突き止め、玉城は拘置所を訪れた春日に対して徳田から金を受け取ったことを白状、しかし黒幕の名は吐かず自殺してしまいます。 杏子や五橋は徳田を問い詰め、黒幕が名腰であることを白状させます。 その直後、徳田は工藤によって刺殺されます。 極道の妻たち 決着の結末 50億円をまんまと手に入れた名腰は井出一家からの分派を宣言、これを知った春日は先手を打ち、井出を引退させるとしたうえで花道を飾らせるための賭場を持ち掛けます。 一方、徳田の妻・紗織(藤田朋子)は名腰らが夫を地獄へ落としたと警察に明かすと宣言、激怒した名腰は紗織を殺害しようとしますが、番水が反旗を翻して紗織を助けようとし、紗織は殺害され番水も重傷を負い彩子に助けられます。 そして井出の釈放を祝うと称した賭場が開かれ、五橋はまんまと名腰から50億円を奪回することに成功します。 そして春日と彩子は名腰を射殺、決着を着けると「終わったなあ、やっと」と言い、二人で歩き去っていきました。

次の

【極道の妻たち】ネタバレ結末!あらすじ・登場人物まで徹底解説

極道 の 妻たち あらすじ

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 日本の極道界の頂点に君臨した坂松組三代目組長が死んでから3年が過ぎ、その跡目を継ごうと名乗りをあげたのは、若頭の海原泰明と舎弟頭の佐渡拓磨のふたりだった。 しかし、新興勢力の海原に比べ、バブルで弾けてしまった佐渡は各方面に借金などがあって分が悪い。 香矢が佐渡側についたことで、香矢の亡夫の舎弟でありながら現在は海原派に身を置く神鳥組組長・神鳥亮平は、難しい立場に追いやられるだろうと胸騒ぎを覚える。 そのころ、香矢を姐と慕っている神鳥の妻・静尾の弟の新が、2年の刑を終えて刑務所から出所した。 香矢の家を訪れた新は香矢の愛娘・香織と出会い、お互い魅かれあうものを感じるが、素直でない性格のふたりは諍いを繰り返し、それはやがて洲崎組と神鳥組の小競り合いにまで発展してしまう。 これにより、神鳥は海原の参謀・市元の指示で、佐渡とその後ろ盾の香矢を討つことを命ぜられる。 香矢からの資金提供によりすっかり形勢を逆転させた佐渡は、香矢と兄弟の盃を交わして、さらに跡目に近づこうとしていたが、琵琶湖畔のホテルで行われた佐渡の激励会で、市元の送り込んだ刺客が佐渡を殺害し、会に出席していた香矢も神鳥に銃口を向けられた。 もはやこれまでかと思ったその時、ようやく香織に自分の気持ちを打ち明けて結婚していた新が、義理の母である香矢の命を守ろうと、身をていしてそれを阻んだ。 神鳥も義弟を撃つことはできず、市元の計画は失敗に終わって、神鳥は殺されてしまった。 坂松組組長には入れ札の結果、海原が就任することになったが、海原は就任後まもなく、香矢の送った刺客・崎津によって殺され、その跡目に立とうともくろんだ市元も静尾によって殺害される。 ところが、これは全て香矢の仕組んだ筋書き通りの展開だった。 彼女は極道界の頂点を極めるという自らの野望のために、この危険な賭けにうって出たのだった。 彼女を邪魔する者がいなくなった今、その野望は現実のものになろうとしていた。

次の