うどん めんつゆ レシピ。 簡単うどんつゆ・そばつゆレシピ&めんつゆをおいしくするおすすめの方法!

【みんなが作ってる】 うどんだし めんつゆのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

うどん めんつゆ レシピ

ざるうどんのつけつゆの出汁のレシピ うどん用のだしには 『かつお節、雑節(さばやむろ節)、にぼし、昆布』を好みで使います。 その割合も自由で 『水に対する割合が、節と煮干しは0〜4%、昆布だけ0〜1%、それぞれの上限を超えないように、合計4%分となるようミックスして使う』という考え方でよいと思います。 それぞれのだし原料の傾向としたら、 かつお節だけでだし取りするとすっきり香りよいうどんだしとなり、雑節はうまみやコクが強くなります。 煮干しは特有の風味と濃いうまみがあり、昆布を加えると自然な底味や甘みがだしにプラスされます。 煮干し多めという家庭的で経済的なうどんだしも時おり家で作ります。 一般的な和食のだしと違って、必ずしも昆布を入れなくてもOKということだけは押さえておいてください。 ただ、家に薄削りしかない、という場合は薄削りでだし取りしてもOKです。 ざるうどんのつけつゆの出汁の取り方 ここでは、鰹節、雑節、煮干し、昆布を1Lの水に対して1%ずつ(各10g)合わせたときのだし汁の取り方を紹介します。 まず鍋に水を入れ昆布と煮干しを合わせ、30分ほど浸しておきます。 それから火にかけ、沸いたら火を弱めて節類を加えます。 そこから 煮出す時間は10〜12分ほど。 途中アクが出てきたら取り除き、煮出し終わったらだしがらを濾します。 また、昆布は沸騰したタイミングで取り出してもOKです(雑節などの風味が強いので、そのまま煮出しても問題はありません)。 ざるうどんのつけつゆのレシピ/作り方 出汁が用意できたら、 だし汁、濃口醤油、みりんを5:1:1で合わせ、一度火にかけてさっと沸かします。 みりんのアルコールを飛ばし、味をなじませるために沸かします。 あとはうどんをゆでて冷やし、火にかけたつけつゆも冷まします(鍋ごと氷水で急冷するのがいちばんよいです)。 薬味はねぎ、大葉、生姜、ごま、揚げ玉など、好みのものを用意してください。 【 時間があれば追いカツオをしても 】 つけつゆを一度火にかけて温めるとき、沸かした後に好みで 『追い鰹』しても美味しくなります。

次の

「めんつゆ」は作れる!自家製の作り方&忙しい時にも重宝するめんつゆ活用時短レシピ

うどん めんつゆ レシピ

うどんに使うだしの材料 うどん用のだしには 『かつお節、雑節(さばやむろ節)、にぼし、昆布』を好みで使います。 その割合も自由で 『水に対する割合が、節と煮干しは0〜4%、昆布だけ0〜1%、それぞれの上限を超えないように、合計4%分となるようミックスして使う』という考え方でよいと思います。 それぞれのだし原料の傾向としたら、 かつお節だけでだし取りするとすっきり香りよいうどんだしとなり、雑節はうまみやコクが強くなります。 煮干しは特有の風味と濃いうまみがあり、昆布を加えると自然な底味や甘みがだしにプラスされます。 煮干しのみという家庭的で経済的なうどんだしも時おり家で作ります。 一般的な和食のだしと違って、必ずしも昆布を入れなくてもOKということだけは押さえておいてください。 ただ、家に薄削りしかない、という場合は薄削りでだし取りしてもOKです。 合わせるうどんの太さによっても、塩気の感じ方が変わってきます。 一般的にめんが細い方が「麺のりがよい」ので、つゆの味を感じやすくなります。 逆にめんが太いとつゆの塩気や風味を少し麺と一緒に感じにくくなるので、少し濃いめにするとよいと思います。

次の

ざるうどんのつけつゆのレシピ/作り方:白ごはん.com

うどん めんつゆ レシピ

突然ですが! 僕がいつも作っているおすすめの「うどんつゆ」「そばつゆ」のかんたんレシピをご紹介します。 市販のめんつゆにも飽きたし、なるべく簡単においしい「うどんつゆ」「そばつゆ」が作れたらいいなと思いまして。 作り方はとっても簡単なので、一度試してみてもらえたら嬉しいです。 これはとっても簡単で美味しいので、ぜひこの記事もご覧になってみて下さい。 これがとってもおいしくてびっくり! そんな記事も書きましたので、ご興味がありましたら読んでみて下さい。 一応関東風というのでしょうか? 醤油は濃口醤油、顆粒だしはほんだしを使っています。 僕の場合、うどんもそばも同じつゆで食べています。 【その1の作り方】 1. 鍋に入れた水300mlを火にかける 2. 沸騰したら火を弱め、酒大さじ1、みりん大さじ1を入れてひと煮立ちさせる 3. 醤油大さじ2弱と顆粒だし小さじ1強を入れ軽くかき混ぜます。 その2については後から追記したので、後ろの文章と若干違和感があるかもしれませんがご容赦下さい。 【その2の作り方】 1. 鍋に酒大さじ1、みりん大さじ1、砂糖小さじ2を入れ火を点け、ひと煮立ちさせる 2. その後に水270mlを入れる。 醤油大さじ2と顆粒だし小さじ1強を入れ軽くかき混ぜます。 沸騰する直前まで煮立たせたら火を止め、最後に網や茶こしなどに入れたかつお節を30秒ほどつける 出来上がり!! その1もその2もレシピはたったこれだけです。 シンプルなだけに、醤油、酒、みりん、顆粒だしは、なるべくおいしいものを使ったほうがいいですが、とりあえず作ってみる分には、すべて百円ショップにも売っています。 ねっ、かんたんでしょ? あともうひとつ。 僕は最近は入れていないのですが、酒、みりん、醤油、の他に砂糖を入れるとコクが出る感じになります。 砂糖は普通の上白糖で大丈夫です。 あとは、味噌。 いつもの味に少し飽きたら味噌を入れてみるとまた違った味を楽しめます。 味噌は出汁が入っていないタイプと出汁入りのものが売っています。 それによって味の濃さが違ってしまうので気を付けて下さい。 砂糖や味噌の分量については、味見をしながらお好みの味を見つけてみてください。 シンプルレシピに追加!かつお節、削り粉がおすすめ! 最初にご紹介した一番簡単でシンプルなうどんつゆ・そばつゆレシピに、もうほんの少しプラスするだけで、グッと味が変わってきます。 このかつお節を網や茶こしなどに入れ、先ほどの簡単シンプルうどんつゆの出来上がりの最後につゆに浸します。 30秒ほどしたら、かつお節は引き上げて下さい。 こうするとかつお節の風味がより引きたちつゆがおいしくなります。 かつお節や茶こしなどの網も百円ショップでも売っていると思います。 試していないのでなんとも言えませんが。 もう全然違います、ホントに。 出汁 だし を取るとか聞くとたいそうなことのように感じますが、実はいたって簡単です。 ざっと手順を説明します! 1. 鍋に300mlの水を入れ火にかける 2. 沸騰したら、網やキッチンペーパーなどに「花かつお」を適量入れ ケチケチしないでどっさり使いましょう! 、鍋の中に投入。 弱火で約2分間ほどそのままにしてください。 2分経ったら、一旦火を止め、「花かつお」を取り出す。 酒大さじ1、みりん大さじ1を入れ、ひと煮立ちさせる 5. 醤油大さじ2弱、顆粒だし小さじ1強を入れる。 完成です! 要は、最初にご紹介した「一番シンプルで簡単なうどんつゆ・そばつゆレシピ」の水300mlを花かつおで出汁 だし を取ったお湯300mlに変えたっていうことですね。 こんな簡単な手順で、しっかりかつお出汁 だし が取れています。 とてもおいしい! この「花かつお」、出汁 だし を取るのはもちろんですが、冷ややっこやお好み焼きなどに乗せる「かつお節」として使ってもとてもおいしいです。 比べるとやっぱり「小分けにして売っているかつお節」と「花かつお」では味も風味もぜんっぜん違います。 純粋にかつおだけを使ってる花かつおの他にも、サバ節を使ってみたり、昆布出汁 だし も使ってみるとかの方法もあります。 この辺は、地域や味の好みにもよりますが、お蕎麦屋さんではサバ節を使う!というお話もあるようです。 個人的には、味もですが、他の料理への使い勝手の良さなどから、基本は花かつおを使っていて、ちょっと味を変えてみたい気分の時は昆布出汁 だし を追加したりサバ節を使ったりしています。 とっても便利なすぐれものなのですが、「めんつゆって結局はめんつゆの味なんだよなぁ」なんて思ったりしませんか? そこでこれ! 【市販のめんつゆにひと手間でグッとおいしい!うどんつゆの作り方】 です! 実はこれいたって簡単。 市販のめんつゆに書いてある説明書きをまず読んで下さい。 今、うちの冷蔵庫に入っているめんつゆは「本つゆ」なので、こんな感じです。 例えば、上から二番目の「めんのかけつゆ」を作るとします。 いわゆる温かいうどんつゆ・そばつゆの事ですね。 僕がいつも作るうどんつゆ・そばつゆの一人前の水の分量は300mlです。 一人前のめんの量にもよります 市販のめんつゆ「本つゆ」でうどんつゆそばつゆを作る場合は1:6~8となります。 そうです! ずばりこの「水250ml」のところを、先ほど【もうひと手間のうどんつゆ!花かつおの出汁取りは簡単です】の中でご紹介した「花かつお」で出汁を取った「だし汁」に変えることをおすすめします。 それだけで、かつおの風味が香りグググッとおいしくなります。 ぜひやってみて下さい! 市販のめんつゆは、商品によって結構味が違います。 なるべく自分好みの「めんつゆ」を見つけてから試してみて下さい。 うどんつゆにおすすめの具材や薬味で美味しさアップ! これまでは、とにかくなるべく簡単に美味しく作れるうどんつゆ・そばつゆレシピをご紹介してきました。 最後はこれです! うどんつゆ・そばつゆにおすすめの美味しい具材や薬味。 これがまた、それ次第によっては更にググっとおいしくうどんやそばが食べられます。 調味料だけで美味しいうどんつゆ・そばつゆを作るには、シンプルなだけにお酒、みりん、醤油、などの調味料自体で味が決まってしまいます。 出来れば、醤油は一番安いものよりせめてひとつ上ぐらいのもの 成分にアルコールが入っていないもの 、みりんは「みりん風調味料」ではなくて「本みりん」、料理酒もほんの少しだけいいものを使ったほうが良いと思います。 僕も以前、試しにちょっとだけお高いざんす~な料理酒とみりんとを買ってうどんつゆ・そばつゆを作ったら、それだけでちょっと衝撃を受けるぐらい美味しくなってびっくりしました。 調味料、花かつおなどの出汁の他に味を左右するのは具材ですよね。 揚げ玉を入れるだけで、良い意味でちょっと油っぽくなってグッと美味しくなるのでおすすめ。 エビ風味の揚げ玉などもあります。 うどんやそば用に味付けされた油揚げも売っていますが、普通の油揚げを油抜きして入れるだけでも充分美味しいです。 スーパーなどで売っているカリカリのかき揚げも美味しいですが、冷凍のかき揚げは更に本物のかき揚げっぽくてお値段もまあまあ安いのでおすすめです。 手軽さとそれっぽさだったら豚肉よりも鶏肉のほうが向いてるかなと思います。 薬味だけで色々な風味が楽しめます。 まとめ:シンプルなつゆレシピは調味料自体がポイント、出汁や具材や薬味で更に美味しく! 僕のお気に入りのシンプルで簡単なうどんつゆ・そばつゆのレシピをご紹介しました。 市販の調味料、酒、みりん、醤油、顆粒出汁 だし でも十分美味しいつゆが作れます。 その場合は調味料自体で味が決まりますので、できればワンランク上の調味料を使う事をおすすめします。 あとは、花かつおやサバ節、昆布などで取った出汁 だし を使うレシピ。 出汁 だし を取るといっても、結構簡単にとれますのでせひ一度試してみてほしいです。 また、その出汁を市販のめんつゆと組み合わせるのも簡単で美味しいのでおすすめ。 そして、最後にお好みの具材や薬味で味や風味の変化を楽しんで下さい。 もっともっと美味しいうどんつゆ・そばつゆレシピが見つかったらまたご紹介します。 よろしければご参照下さい。

次の