豆腐 ハンバーグ レシピ 簡単。 豆腐ハンバーグのレシピ!崩れるのを防ぐコツ&肉と豆腐の割合とは [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

豆腐ハンバーグのレシピ!崩れるのを防ぐコツ&肉と豆腐の割合とは [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

豆腐 ハンバーグ レシピ 簡単

・ざっくりと崩してザルにのせることで、簡単に素早く水切りができます。 ・水切りが不十分なときは、キッチンペーパーで押さえてさらに水分を取ることで、水分が出ず、混ぜやすくなります。 たけのこは飾り用としてスライス4枚分をとっておく。 2の残りのたけのこを粗みじん切りにする。 ネギはみじん切りにする。 ボウルに鶏ひき肉と1、溶き卵、塩、こしょうを入れてよく混ぜる。 滑らかになったら3を加えてさらに混ぜる。 4を2等分して、飾り用のたけのこを下の写真のように2枚ずつのせ、小判型に成形する。 フライパンにサラダ油を中火で熱し、たけのこが下になるように並べ入れる。 焼き色が付いたら裏返し、ふたをして弱火で8分ほど蒸し焼きにする。 キャベツを一口大にちぎって耐熱皿に入れ、塩少々(分量外)を振りかけてラップをし、電子レンジ500Wで約1分加熱する。 粗熱が取れたらしそをちぎって加え、あえる。 器に6と7を盛り付ける。 空いたフライパンにAを入れ、少しとろみがつくまで弱火で熱してソースを作り、ハンバーグにかける。 memo ・水切りする時間がない場合は、木綿豆腐の代わりに、皮をはがした厚揚げをほぐして使うのもおすすめです。 ・はがした皮も、みじん切りにして工程4で混ぜるときに、一緒に加えましょう。 <洋風>いんげんとツナのひと口豆腐ハンバーグ いんげんのシャキシャキ感が楽しい、ツナ缶を使った豆腐ハンバーグ。 チーズを加えてコクをプラスしています。 ひと口サイズなのでおつまみやお弁当にどうぞ。 材料(2人分)• いんげん:10本(80g)• 木綿豆腐:1丁(350g)• ツナ缶:小1缶• ピザ用チーズ:50g• こしょう:少々• サラダ油:大さじ1 [A]• トマトケチャップ:大さじ2• ウスターソース:大さじ1• 木綿豆腐は手でざっくりと崩してザルにのせ、冷蔵庫に30分程度置いて水切りする。 水切りのポイントは「味噌ソースのたけのこ豆腐ハンバーグ」をご参考ください。 いんげんは5mm幅に切る。 タマネギはみじん切りにする。 ボウルに軽く油を切ったツナ缶と1、溶き卵、塩、こしょうを入れてよく混ぜる。 滑らかになったら2とチーズを加えて混ぜる。

次の

豆腐ハンバーグ和風あんかけ 水切り不要の簡単レシピ

豆腐 ハンバーグ レシピ 簡単

まずは基本の豆腐ハンバーグの作り方 用意するのは普通の木綿豆腐で大丈夫です。 木綿豆腐のほうがしっかりとしているので、水切りしやすくておすすめです。 ではさっそくノーマルの豆腐ハンバーグの作り方を見ていきましょう。 2.豆腐にパン粉を混ぜて、ペースト状にする。 3.材料をすべて合わせて混ぜる。 4.粘り気が出てきたら、人数分に成形する。 5.初めは強火で焼き、焼き色がついたらひっくり返してホイルや蓋をかぶせて蒸し焼きにする。 6.ハンバーグを押してみて、透明な汁が出てきたら火を止めて完成。 簡単に作れるソースの紹介 ハンバーグを焼き終わったフライパンの肉汁が残っているところに、材料を足してもいいのですが、今回はもっと手軽にできる混ぜるだけのソースを紹介します。 【材料】 3人分 ケチャップ 大さじ2 ソース 大さじ2 この2つを器の中で混ぜ合わせたら完成です。 とっても簡単にハンバーグのソースができあがります。 器に盛ったら、豆腐ハンバーグのできあがりです。 豆腐が入っているのでふわふわとした食感で、ふっくらとしていておいしいです。 今回紹介したレシピはお肉が少な目なので、あっさりとしていて、まったくくどくないです。 2.ペースト状になるまでよくこねる。 3.成形できるぐらいの粘り気が出てきたら人数分に分けて焼く。 4.普通のハンバーグ同様、中に火が通れば完成。 かなり生地が軟らかいので、ひっくり返すときには注意が必要です。 初めに焼きに入る時に、やや強火で焼き目をつけておくのが失敗しないポイントです。 焼き目が付いてハンバーグの表面がしっかりと火が通っていたら、軟らかめの生地でも崩れることなくひっくり返せます。 究極!肉も卵も使わない豆腐ハンバーグ 最後に、肉も卵も使わずに作れちゃう豆腐ハンバーグのレシピを紹介します! 冷蔵庫を開けたら何もない!というような時でも豆腐さえあれば常備のもので作れるので覚えておくと便利です。 2.豆腐の水が切れたら残りの材料、調味料を加えて混ぜる。 3.成形できるくらいの粘り気が出たら人数分に分けて焼く。 4.普通のハンバーグのように両面焼いて完成。 肉も卵も使わずに豆腐ハンバーグが完成しました! 気になるお味は、はんぺんのようなイメージです。 下味で醤油を入れていますが、かけるのも醤油でOKです。 お好みでわさび醤油にしてもおいしいと思います。 しかし、玉ねぎのみじん切りが入っているので食感はしっかりハンバーグですよ! 肉がなくても「ハンバーグを食べたぞ!」という満足感を得られるはずです。 この肉なしハンバーグ、想像よりもおいしいですよ。 おかずはもちろん、一口サイズに成形しておつまみにもなりそうです。 お弁当の中に入れてみるのもいいですよね。 ぜひ一度試していただきたい新しいハンバーグです。 まとめ 簡単に作れちゃう豆腐ハンバーグの作り方やさらにはそれをベースとして、さまざまな材料がなくても作れちゃうアイデアレシピも紹介してみました。 豆腐が入っているとハンバーグがふんわりとしてとてもおいしいですし、ヘルシーに仕上がるので嬉しいことだらけですよね! 豆腐が入っているからといって、ハンバーグのうまみは損なわれずしっかりと満足していただけるお味です。 どれも簡単に作れるものばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!.

次の

【簡単豆腐ハンバーグ】パン粉やお肉がなくても作れちゃうレシピ!

豆腐 ハンバーグ レシピ 簡単

基本的な豆腐ハンバーグの作り方 まずは豆腐ハンバーグの基本的な作り方からご紹介してきます。 ポイントとしてはハンバーグの繋ぎとして豆腐を使うため、 しっかりと水切りをし挽き肉とよく混ぜることが重要です。 そうなると水分が多い絹ごし豆腐は豆腐ハンバーグには向いていません。 元々水分が少なく しっかりとした食感の木綿豆腐の方が、混ぜ合わせて焼いた後の歯ごたえもありますし、何より型崩れしにくくなります。 豆腐ハンバーグの材料 豆腐ハンバーグ• 豚挽き肉:200g• 卵 溶いたもの :大さじ1• サラダ油:大さじ1. エリンギ:1本• 片栗粉:小さじ1• あさつき:3本 調味料• 醤油:大さじ1• みりん:大さじ1 豆腐ハンバーグには以上の材料が必要となります。 エリンギなどはお好みですが、茸類は カロリーがほとんどないと言われているため、ヘルシーな料理の付け合わせには最適です。 豆腐ハンバーグの手順• ボウルに豚ひき肉を入れてよく練り、豆腐と卵、塩、酒を入れ、よく混ぜて4等分し丸く形作る• フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、縦に割いたエリンギを焼いて取り出す• 小鍋に水、醤油、みりんを合わせて温め、片栗粉を水小さじ1で溶いて加え、とろみをつけてソースを作る• 器に豆腐ハンバーグとエリンギを盛り付け、ソースをかけてあさつきを散らして完成 手順もそれほどたくさんはありません。 先述したようにしっかりと練って成型することで型崩れを防ぐことが出来るので、 水切りから成型までは気合を入れて行いましょう。 豆腐ハンバーグのおすすめレシピ10選 それでは基本的な豆腐ハンバーグの作り方が分かったところで、ここからは 豆腐ハンバーグのおすすめレシピをご紹介します。 材料の違いなどで全く違った味わいになるので、いろいろなレシピを試してみるのもいいかもしれません。 簡単!材料3つで豆腐ハンバーグ 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• パン粉:70g• ピーマン:1個• 鶏の挽き肉を使っているので基本の豆腐ハンバーグよりもさらにヘルシーなっています。 ポイントにも書かれいていますが、 野菜を先に炒めておくと焼き時間の時短にもなるためおすすめです。 レシピ: 豆腐ハンバーグ肉なし 出典: 材料• 豆腐:1丁• 卵:1個• パン粉:3握り程度 肉を全く使わない豆腐ハンバーグになります。 繋ぎではなく豆腐そのものを焼くため 水切りをしっかり行い、強火で焼かないのがポイントです。 肉が入っていないのでジューシー感はありませんが、これはこれで香ばしくて大豆由来の風味が楽しめるハンバーグでした。 蓮根:小サイズ1つ• ひじき:少量• 枝豆:20粒ほど• パン粉:適量• おからパウダー:適量• 片栗粉:大さじ1• オリーブオイル:小さじ1 あんかけ• みりん:大さじ1• 醤油:大さじ1• 酒:小さじ1• 甜菜糖:小さじ1• 片栗粉:大さじ1 こちらも肉なしの豆腐ハンバーグになります。 あんかけを作ることで味わいを豊かにした一品です。 材料が多少多いですが、 山芋などを使うことで豆腐だけでも型崩れしにくいハンバーグを作れるので、失敗しにくいレシピとしておすすめです。 レシピ: 照り焼き豆腐ハンバーグ 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• 鶏むね挽き肉170g• 塩麹:大さじ1• 卵:1個• 乾燥ひじき:5g• 玉ねぎ:小サイズ1個• ちりめんじゃこ:15g 照り焼きソース• 醤油:適量• 酒:適量• みりん:適量 あっさりな豆腐ハンバーグに 照り焼きソースをかけた一品です。 このソースがよく合うんです。 ひじきなども入っているので健康にも良いのに、味もしっかりしているので食べ応えのある豆腐ハンバーグとなっています。 レシピ: ふわカリ簡単!夏もさわやか豆腐ハンバーグ 出典: 材料• 豚挽き肉または鶏ひき肉:400g• 豆腐:1丁• 片栗粉:大さじ2• 塩こしょう:3振り程度• 生姜チューブ:1cm程度• 大葉:適量• 大根おろし:適量• 酒:フライパン全体に行き渡る程度• ごま油:少量• 牛脂 ソース• 麺つゆ 濃い目に希釈 :150ml• 寿司酢:麺つゆの半分の量• 白ごま:適量 片栗粉を使って表面をカリッ焼いた豆腐ハンバーグです。 ごま油と牛脂を使っているので、 豆腐特有の香りを消してくれるので、この香りが苦手な人にはおすすめです。 作ってみたところ、 外はカリッと中はふわふわに焼き上がり、爽やかなソースと大葉や大根おろしであっさりとした豆腐ハンバーグに仕上がりました。 レシピ: 豆腐バーグ フルーティーソース 出典: 材料• 鶏むね挽き肉:100g• 粉チーズ:小さじ2• 塩こしょう:各少量• オールスパイス:少量• サラダ油;:小さじ1 フルーティーソース• 玉ねぎの擂りおろし:1個分• 中濃ソース:大さじ1• トマトケチャップ:小さじ2• シュガーカットゼロ:小さじ1• こしょう:少量• なす:1本• ラディッシュ:2個 豆腐ハンバーグをソースやあんではなく、 少し甘めに作られたフルーティーソースでいただいてみてはいかがでしょうか。 とにかくこのソースが絶品で、豆腐ハンバーグやつけ合わせによく合います。 工程は少し多いような気がりますが、作ってしまえばそれほど大変な印象はありませんでした。 盛り付けをしっかりすれば、お店で出てきてもおかしくない一品になります。 鶏ミンチ:200g• 海老:40g• 片栗粉:大さじ1• マヨネーズ:大さじ1• 生姜チューブ:10cmくらい• 鶏ガラ粒子:小さじ2• 塩こしょう:適量• 大葉:8枚 豆腐ハンバーグの中に海老を入れていつもとは違う食感を味わえる一品となりました。 マヨネーズや生姜チューブ、鶏ガラ粒子で味付けがなされているので、なにもかけなくても美味しくいただけました。 紹介通り お弁当のおかずとして入れるといいかもしれません。 豚挽き肉:500g• 豆腐:1丁• えのき:1袋• ターメリック:小さじ1• クミン:小さじ1• カレー粉:小さじ2• 塩こしょう:適量 カレー風味に仕上げた豆腐ハンバーグです。 あっさりとした味わいに飽きてしまった場合におすすめです。 香辛料が無い方はカレー粉で代用しても構いません。 とにかく材料も少なくて、工程も単純なので作りやすかった印象があります。 カレー風味が利いていて いつもとは違う豆腐ハンバーグとして味わえたのも良かったです。 鶏挽き肉:100g• 鶏ガラ粒子:小さじ1• 塩こしょう:少々• 生姜チューブ:5cm程度• ベビーチーズ:2個• 大葉:4枚 こちらはチーズを豆腐ハンバーグの周りにとろけさせた一品です。 チーズや鶏ガラ粒子で味が付いているのでソースが要らないのに美味しいのも然ることながら、 全くフライパンを使わないという変わったレシピになります。 これまでのレシピの中では1番簡単でした。 豚挽き肉;50g• 木綿豆腐:50g• 塩こしょう:適量• ごま油:適量• 中濃ソース:大さじ1• ケチャップ:大さじ1• 砂糖:小さじ1• マヨネーズ:適量• 卵:1個• ご飯:お好みの量で 最後は豆腐ハンバーグを使ったロコモコ丼です。 がっつりした量なのに、内容はヘルシーと 女性に嬉しい丼ものとなっています。 中濃ソースやケチャップを使っているのでしっかりとした味付けとなっており、食べ応えもあった満足の一品でした。 レシピ:.

次の