ティグレ 二宮。 絶品バゲット&クロワッサンに舌鼓♪ 移転した人気パン屋さん「ティグレ」にやっと初訪問!(1/2)

ブーランジェリー ヤマシタ (boulangerie yamashita)

ティグレ 二宮

11月16日:二宮町 1年間かけて神奈川県内全市町村をくまなく巡る 超・地元密着番組『あっぱれ!KANAGAWA大行進』。 当日撮影した内容をその日に放送する、 鮮度抜群の「撮って出し」でお送りします。 今回は、町全体が3キロ四方と、コンパクトに 移動できる「ニ宮町」を、山へ海へと散策です。 オープニングは「ニ宮町生涯学習センター ラディアン」から。 朝イチメールでは、増刊号でお送りした、赤間アナが素敵な カーテンを激安価格で購入したことが話題に。 スマホで撮ったNewカーテンの画像を見せようとした赤間アナ でしたが陽射しが眩しすぎて見えず・・・失礼致しました(笑)。 ランチは知る人ぞ知る、お蕎麦の名店を予約しました。 タイトルコールのあと、ふたりのイケてないムーンウォーク(笑)。 で、その背後には何やら準備されている様子が・・・ テントの設営中と共にナゾのキャラクターを見つけたデビさん。 ハイタッチしたキャラクターについて、どなたか教えて もらえたらな~、というところで・・・ ・・・そこにご登場いただいたのは、ニ宮回ではおなじみの 観光協会会長「田邊邦良さん」。 田邊さんからご紹介いただいたのは、二宮ブランドのイメージ キャラ「おとちゃん」!吾妻神社にまつられているオトタチバナ ヒメノミコトが題材とのこと。 あわせて、この周りで何の準備中 なのかを尋ねると・・・ 何と明日「湘南にのみやふるさとまつり」が開催なんですね! 新鮮な野菜や果物の販売、模擬店やステージイベントなど、 二宮の実りを存分に見て、知って、味わえるお祭りなんです。 常に番組と 視聴者の皆さんへのメリット(笑)を意識したデビさんの言葉 に、すばやく田邊さんも反応。 何と!老舗海産物問屋さんを経営する田邊さんから、乾物の 詰合せを視聴者プレゼントにいただきました! さらに!「にのみや観光カレンダー2020」もご提供!有難う ございます。 応募の詳細は番組HP内『今回のプレゼント』で ご確認下さい。 町の北側、一色地区の高台にある農道を歩くデビさん&赤間アナ。 みかん畑と富士山がとてもキレイに見えましたよ! おや、団体のお客さんですか?いよいよみかん狩りの季節 ですね。 海と山に囲まれた温暖な地で育つ二宮のみかんは 町の農作物で生産量1位なんです。 お会いしたのは、こちらのみかん園【井上修二園】の 井上修二さん。 現在73歳の井上さん、その先々代から 引き継いで3代目だそうです。 「食べなよ~」とその場でいただいたみかんは格別! こちらの品種は「藤中」といって、甘さも酸っぱさも 程よく味わえる、バランスの良い品種だそうです。 江戸切り手打ち蕎麦と季節 の日本料理が楽しめます。 おいしそうな「三色せいろ」を前に気分が上がるふたり。 出迎えていただいたのは板前の小渕映司さんです。 「小渕映司さん」のご紹介。 1951年生まれ。 1970年 服部栄養専門学校調理師科卒業 新橋演舞場、道玄坂花や、銀座鶴の家本店、銀茶寮 茶料理を取得、雑誌ミセス他に料理を記載。 1981年 麹町彩を開店 1993年 手打ちそばオリベを開店 そんな小渕さんが提供する、こちらの「三色せいろ」は、 (画像左から)「田舎」「白雪(更科)」「せいろ」。 ちなみに「せいろ」と「田舎」は十割、「白雪」二八です。 香り豊かな「白雪」に感動のデビさん。 実は「白雪」には ケシの実が打ち込んであり、また、麹町で割烹を営んでいた ご主人がつくる「そばつゆ」も絶品なんです! 続いて奥様に運んでいただいたのが・・・ ・・・「鯛焼き飯」です。 一度炊いた鯛飯を炒め、カリカリに 揚げた蕎麦の実がたっぷり。 ここでしか味わえない一品です。 再び訪れるお客さんがたくさんいらっしゃるのも納得です! 撮影が終わっても黙々と味わうデビさんと赤間アナでした。 畑も多く自然豊かな「釜野地区」 山間の小学校前を歩いていると・・・ ・・・そこは内装のかわいいパン屋さんでした。 素敵な笑顔 の望月富美子さんが迎えてくれました。 トラの正体は、 ご主人!? 実は、ご主人の哲二さんが寅年だったから名付けたそうで(笑)。 以前、学芸大学でお店を出していたそうですが、10年間人気を 博していた店舗をスパッとやめて、お子さんの環境を考えて海も 山も近い自然溢れる二宮に転居したそうです。 焼きたてのパンを 持ってきた様子をみて・・・ ・・・「湯気が見たい!」と即購入してパンをちぎるデビさん。 さらに「ママ、うるさい?」とお子さんに伺うデビさんに対し、 ニコニコ笑顔でうなづくお子さんと、笑顔で見つめるパパとママ。 住宅街を歩いていると、すごく気になる 建物を発見。 美容院ですか!? 交渉して赤間アナが連れてこられたのは、オーナーの金子さん。 「海を眺めながらヘアカットできる素敵な美容院ですよ」という ことで・・・ お休みにも関わらず、特別に店内をみせていただくと・・・ いやいや、驚きました。 とにかく非日常感がスゴいです・・・ オーシャンビューでシャンプー&ヘアカットですよ! 2階スペースにも海を見ながらヘアカット・・・ さらに、ヘッドスパのスペースも! 「ヘッドスパって何?」とデビさん(笑)。 オーナーから ヘッドスパの魅力を伝えられて、いきなり興味津々です。 2Fのベランダに出ると・・・「!」今日は晴れて本当に よかったです(笑)。 どんな景色だったのでしょうか、 それは来店された方のお楽しみとしましょうか(笑)。 海を眺めながらヘッドスパやアイスパ、ネイル、フット リラクゼーションなど、日常を忘れてゆったりとした 時間を過ごせるサロンです。 突然の撮影を許していただいた古瀬さんご夫妻にお祝いの ごあいさつをしたあと、記念撮影(笑)。 いろいろお話し も伺いました。 でも、これは何の記念写真? まっいいか(笑)。 突然の、あっぱれ隊の訪問に嬉しそうな皆さん。 デビさんの 芸能人オーラは健在ですね(笑)。 今回の二宮町は、家族が つくりだす穏やかな雰囲気をたくさん感じたロケになりました! ~ということで、今回の『あっぱれ!』いかがでしたか。 デビさん&赤間アナへのメッセージ、番組へのご意見・ご感想、 あなたの街のレア情報etc. おたよりをお待ちしています!! <本日のロケ弁当> 「巧味屋」さんの日替わり弁当。 シンプル・イズ・ベスト。

次の

キイロが目印のパン屋ティグレ クランベリーチョコチップスコーン

ティグレ 二宮

1月28日:二宮町 一年間かけて神奈川県内全市町村をくまなく巡る 超・地元密着番組 『あっぱれ!KANAGAWA大行進』。 番組はデビさんと久本アナが山登りしながら始まるという 意外な展開でした(笑)。 息があがった状態で、フリップを使いながら居場所の 説明に入る久本アナ…聞き取れましたか(笑)。 ふたりがいる第二展望台からの景色です。 この海岸線の景色も なかなかですが、今回の目的はここではないんですよね・・・ 「デビさん、まだ上ですから。 」と久本アナ。 「やっぱり山頂までいかないとダメか…」とムダに嫌がるデビさん(笑)。 登頂中にたびたびあっぱれファンと遭遇しながら・・・ 吾妻山の山頂に着いたら、そこには・・・ ・・・絶景がっ!待望の富士山!! 「暑いなぁ~」とか言いながら登っていたふたりも、この景色を 見た途端、ご機嫌に(笑)。 それにしても… 海岸線へとの伸びる菜の花の道と・・・ 菜の花の先に見える富士山との景色は最高でした! 毎年1月~2月、約6万株の早咲きの菜の花が富士山と 相模湾を望めるロケーションで楽しめる大人気スポットです。 こちらは「ブーランジェリー ヤマシタ」さん。 2年ほど前にも 一度、立ち寄ったことがあるお店です。 デビさんとの再会をにっこり笑顔で迎えていただいた奥様の 山下房江さんから・・・ 以前にはなかったイートインスペースをご紹介したいとのことで、 デビさんは店内奥へ。 一方の久本アナは、そのスペースでいただくパンをチョイス。 ちなみに、イートインスペースはこんな感じ。 おだやかな外光と パンの香りに包まれて、ゆったりとした時間が流れていました。 イートインスペースで出されているおすすめメニューを いただこうということで、久本アナは、カンパーニュと コンソメ仕立ての温野菜スープを・・・ そして、デビさんには、超人気のフレンチトーストとにんじんの スープが。 にんじん嫌いのデビさんでもおいしくいただきましたよ(笑)。 追って、久本アナが購入したパンがカットされて登場! 「ちょっと、久本。 買い過ぎ!」とデビさん・・・確かに多いし。 ) と、そこへご主人の山下雄作さんがご登場。 あまり語らずも・・・ ・・・デビさんや久本アナの笑顔をみて、お店で出しているパンの おいしさに自信を深めているご様子(!? )いやいや、ホントに おいしいパンを提供されてますね~。 あっぱれ隊一同、感動です。 王道のバケットに・・・ アレンジを効かせたものや・・・ ボリューム重視・カット前提の種類も含め、お客さんの行列が できてしまう理由がよくわかりました…はい、おいしいからです(笑)。 番組視聴者の方から「家に遊びに来て!」という内容でした。 そうなんです、家族全員があっぱれファンということなので、 来ちゃったんですよね(笑)。 さっそくメールをいただいたササキワカバさんのお家におじゃましました。 娘さんたちとご主人、一家総出でお出迎えです。 WEBデザイナーをされているご主人の鈴木宏幸さん。 ワカバさんのお仕事のお手伝いもされているということですが・・・ おっ、この絵本は・・・ 何と、この絵本はササキワカバさんの作画! 実は!ワカバさんは、アニメ、絵本、イラストなどのクリエーターさんでした。 ちなみに、こちらのキャラクターもワカバさんが手掛けたもの。 二宮町のPR用に考えたそうで、すでに地元の皆さんは町中で このイラストを見かけたことがあるはず・・・姉のササキトモコさん とのコンビ「東京ハイジ」で二宮町の紹介動画『菜の花畑の ニーノ〜二宮町においでよ!〜』を制作されたそうですよ。 ご自宅の仕事場を拝見しつつ、素敵なご家族とふれあいました。 地元で評判の釜飯のお店です。 オープニングから山登りだったので、靴を脱いで畳に座った途端、 やけにくつろぐふたり(笑)。 ・・・デビさんには、こちら「二宮産・原木椎茸バター釜飯」。 ナイス・リアクション(笑)。 説明いらずのおいし~い釜飯でした! 今回は、期間限定の「菜の花御膳」や「二宮産原木しいたけバター釜飯」 をいただきました。 風味を大切にした本格派釜飯と、素材にこだわった 地鶏・和豚の焼鳥が自慢のお店でしたよ。 早くも梅の花が 咲いていました。 1月末だというのに、今日はまるで春の陽気でしたね。 メール読みの途中、「年の差を感じさせないやりとり・・・」の一文に 過剰に反応した久本アナ。 「ふたりに年の差は、あります!」。 桃の節句に雛壇の両脇に一対の つるし飾りを飾る、親から子へ、 子から孫へ代々受け継がれてきた風習です。 一針一針、子供の健康を願いながら作ったお飾りが 会場いっぱいに吊るされていました。 実はこのフィッシュバーガーの魚の加工を、こちらの 「田邊」さんが手掛けたそうで、トークの流れで そのままおじゃまさせていただきました。 直売所の店内には、代表の田邊邦良さんが。 ちなみに、大正10年創業ですが、この直売所は昨年 オープンしたばかりです。 ・・・海産、農産、乾物、花かつお製造卸の名にふさわしい 商品が所狭しと取り揃えてありました。 突然、田邊さんから「削り節をつくっているところ、見ていく?」 と言われて早速、直売所の裏手にある、かつおの削り節製造 工場を見学させていただきました。 うわぁ、量りながら梱包している~。 こちらでは・・・ 昔ながらの機械で削り節を製造していました。 そして、「削りたてを食べてごらんよ。 」と田邊さん。 「えっ、いいんですか。 」デビさんと久本アナ、びっくりです! 「お~いし~い!」・・・ということで、まさかの、削り節で両手が 塞がったままのエンディングとなりました(笑)。 ちなみに、田邊さんから視聴者の皆さん用にぜいたくなプレゼント をいただきましたので、ぜひご応募ください!詳しくは番組HP 「今回のプレゼント」でご確認ください。 お待ちしています。 次回2月4日放送は「湯河原町」です。 <本日のロケ弁当> 「肉の宮清」さんのお弁当 プレゼント申し込みは「」コーナーを御覧ください。

次の

パナデリーヤティグレ(中郡二宮町山西1387-)|エキテン

ティグレ 二宮

2019年6月27日 , こんにちは!プリンスジュンです。 例えば音楽を聴きたいと思った時に、Rockが聞きたい時もあれば、クラシックを聴きたい時もあるし、ボサノヴァが聴きたい時もある。 同じように、パンを食べたい!と思った時に、惣菜パンが食べたかったり、菓子パンが食べたかったり、ハード系のパンをワインと一緒に食べたい時もあります。 何が言いたいかというと、二宮町内にはお美味しいパン屋さんが何軒もあって、それぞれ独自の美味しいパンを食べることができます。 それはパンに限らずイタリアンだったりラーメン屋だったり様々なお店でも言えることですね。 前置きが長くなりましたが、「今日はティグレのパンが食べたい!」という事で、二宮町山西にあるパン屋さん「」のご紹介です。 二宮町は自然が豊かな場所だから 写真を見て分かる通り、ティグレのお店は二宮町立山西小学校の目の前にあります。 山西小学校がある地区は「釜野地区」と言って畑も多い自然豊かな立地です。 しかし、駅からは少し距離があり、周辺は商店などは殆ど無いような場所です。 ティグレは元々、2007年に東京の学芸大学でお店をオープンしました。 都内でも人気のパン屋さんとして名を馳せていましたが、2017年4月に二宮町へ移転(移住)されました。 理由は 「子育て環境を考えて、海も山も近い自然あふれる場所へ。 」 それを聞くと、二宮町山西の釜野地区にお店を構えた理由が納得いきますね。 ご自宅の1階を店舗にされています。 ケーキを選ぶようにパンを選ぶ 店内にはショーケースがあり、たくさんの種類のパンがズラリと並んでいます。 ティグレでは、お客がトングでパンを取るのでは無くて、ケーキ屋さんの様に、食べたいパンを店員さんに伝えて取ってもらいます。 惣菜パン、菓子パン、ハードパン、食パンなどなど種類が豊富なので本当に悩んじゃいます。 写真を見るだけでも、全て食べたくなりますでしょう? プリンスジュン推し「キャラメル・バナーヌ」 まだ全種類制覇した事はないのですが、今まで食べた中で驚きの美味しさだったパンの一つ。 「キャラメル・バナーヌ」。 パンというか、スイーツです。 個人的なお気に入りです。 売り切れていることも多く、この日も最後の一つでした。 私がお奨めしたからといって買い占めないでね。 大人も子供も嬉しいパン.

次の