ドライバー アドレス。 ドライバーのアドレスでフェース被るとショットへの影響は?

ドライバーでアドレスするとき正しいヘッド位置はドコ?

ドライバー アドレス

「自分ではアドレスできているはずだけれど、本当に正しいのかいまいちわからない」「正しいアドレスを取って、ナイスショットを打ちたい」…といったように、自分のアドレスは自分の目で確認し難いですよね。 そのため、自分のアドレスの形が良いのか悪いのか気になっているゴルファーもいるでしょう。 アドレスは、ドライバーの飛距離のみならず、弾道の方向やショットの正確性にも影響する重要なポイントです。 だからこそ、正しいアドレスの習得がスコアアップに繋がります。 この記事では、アドレスの基本について解説したうえで、正しいアドレスの作り方を紹介します。 アドレスに不安や悩みがあるゴルファーは必見です。 スコアに直結!ゴルフのアドレスとは? ここでは、アドレスとは何かを紹介したうえで、なぜゴルフにおいてアドレスが重要なのかを説明します。 アドレスとはボールを打つときの構えのこと アドレスとは、ボールを打つときの構えのことで、具体的には、打つための準備が完了し、正にこれからボールを打とうとする状態を言います。 大きく分けて以下の4つの動作で構成されています。 セットアップしたときの、足の位置を決める• クラブの底面を地面に接地させる アドレスはボールの飛距離にも影響 アドレスはボールの飛距離にも影響します。 正しいアドレスが取れていなければ、正確なスイングでボールを捉えられません。 ボールをクラブフェースの芯で打てなかったり、体の方向やスイングのブレで目標方向へ打てなかったりと、スコアにも飛距離にも大きく影響するのです。 仮にアドレスを軽視し毎回微妙にアドレスが違うと、打つ度に球筋や方向が異なる原因にもなります。 そのため、本当に正しいアドレスを理解し、身につけることが大切です。 スイングと同じく、反復練習で正しいアドレスの癖をつけるようにしましょう。 アドレスの基本を学ぶ!3つのポイント ここでは、アドレスの3つのポイントを意識しましょう。 インパクト時のフェースの向きに影響する• ウィークグリップでは、クラブフェースが開きやすく閉じづらくなり、スライス系のボールが打ちやすくなる• 肩のラインはスイング軌道に影響するため、出球の方向を左右する• ドライバーショットでは、体の中心よりもボールを左側に置くため、それに伴って左肩が開きやすいため、注意しなければならない• 背筋は伸びているか、前傾姿勢は正しくできているかなど 次からは、上記3つの基本をポイントに、正しいアドレスを身につける方法などを紹介します。 ドライバーで正しいアドレスを身につけるには? ドライバーショットだけが、他のクラブでのアドレスと特別違うわけでありませんが、ほかのショットとは異なる性質がいくつかあります。 ボールを置く位置• スタンスの幅 上記を踏まえて、ドライバーショットで正しいアドレスを身につけるポイントを紹介します。 アドレス時のボールは左足の内側に置く ドライバーショットでは、ボールの位置を左足の内側を基準にしましょう。 なぜなら、クラブヘッドが最下点を過ぎて上昇する最中にインパクトを迎える「アッパーブロー」で打つためです。 またクラブが長くなるほど、ボールは左側に置くのが一般的です。 例えば、ショートアイアンなら体の中心、ミドルアイアンなら中心よりやや左、ドライバーは左足の内側などクラブに合わせて置きます。 この動画では、ドライバー時にボールを置くポイントをわかりやすく紹介しているので参考にしてください(9分37秒から説明しています)。 <ポイント>• 足を閉じ、その中心にボールを置く• 左足は動かさずに、右足だけを広げてスタンスをとる• クラブが長くなるほど左にボールを置くのが基本 アドレス時のスタンス幅は自身の肩幅よりやや広めに合わせる ゴルフのアドレスで、もっともスタンスを広く取るクラブはドライバーです。 クラブの長さでボールを置く位置が変わるのと同様に、クラブが長くなるほどスタンス幅も広くなるためです。 必ずしも決まったスタンスの広さはなく、自分がアドレスを取りやすい幅が一番です。 しっくりこないなら、自分の肩幅を目安にしてみたり、スイングしてみて安定するスタンスを確認してみたりなど、自分にマッチしたスタンスを探してみましょう。 <ポイント>• ドライバーは自分の肩幅よりやや広めが目安• 両足の間隔は肩幅を基準に、微調整して自分に合う幅を決める• クラブが長くなるほど、スタンスは広くなる アドレス時の前傾姿勢はクラブシャフトと直角に アドレス時は背筋を伸ばし前傾姿勢にします。 このときの前傾角度は、上の画像のように上半身とクラブシャフトを直角にします。 ドライバーはシャフトが他のクラブより長いため、直角に前傾するにはヘッドの位置が体より遠くなり、前傾姿勢が浅くなります。 短いためボールは体の近くにある状態で構える• 長いためボールは体の遠くにある状態で構える• 姿勢を直角にするためには前傾姿勢は浅くなる 直角を意識するためには、背筋を伸ばし股関節から前傾姿勢を取るのがポイントです。 前傾姿勢が直角よりも深くなり過ぎるとフック、浅くなり過ぎるとスライスの原因になるので注意しましょう。 下の動画では、正しい前傾姿勢をキープするポイントをわかりやすく紹介しているので参考にしてください。 <ポイント>• 前傾姿勢をキープするには、下半身が安定する構えを意識する• 構えたときに体重をしっかりと落とし、膝が動きやすいかをチェックする• アドレスは下半身をしっかりと構えてから前傾姿勢を取るのがポイント 腕の力を抜く アドレス時は、腕の力を抜いて構えます。 この時、腕に力を入れず自然に真っすぐ下げている状態をイメージしてください。 力を入れずに腕を下げると肘は軽く曲がった状態になるので、その形でアドレスを取りましょう。 逆に腕をまっすぐにしようと無理やり肘を伸ばしてしまうと、腕に力がはいり、腕が内旋した状態でグリップをしてしまい、球が曲がる原因となってしまうため、注意が必要です。 力んだ時の影響と、力を抜くポイントをわかりやすく紹介している動画も参考にしましょう。 <ポイント>• 力が入りすぎ、ダウンスイングでタメが解けてしまう• 捻転を意識し過ぎてしまい力が入る• クラブヘッドを走らせるために手首をコネてしまう 体重の配分は目的によって微調整を ドライバーショットでのアドレス時の重心は、好みで使い分けてOKです。 ただし右足か、左足に重心をかけるのかでショットに違いが生まれます。 左5割対右5割の均等をイメージ• 左6割対右4割のイメージ• 目標方向の足へ重心を置くためバックスイングで右に体重移動できる• 左4割対右6割のイメージ• ボールをより後ろから見て打てるのでアッパーブローでインパクトしやすくなる• 高い弾道で飛距離も稼げる まずは、左右均等に重心をかけた状態で練習し、徐々に自分にマッチした打ちやすい重心を探してみましょう。 この動画では、左右の重心ではなく「前後方向の重心」についてわかりやすく紹介しています。 <ポイント>• 前後方向の重心は土踏まずを意識する• 正しい重心をかける位置を見つけるポイントは、アドレスを取り前後に体を動かして探る アドレス時のグリップは左太ももの内側が正解 アドレス時のグリップ位置は左太ももの内側に、グリップエンドは左足の股関節を指すように構えるのが正解です。 <ポイント>• グリップの中心マークよりも左手親指は若干右に置くようにする• グリップを上から見たときに左手のこぶしが2つくらい見えていればOK アドレス時の手首は自分に合った角度がベスト アドレス時の手首の角度に決まりはなく、自分に合った角度が正解です。 アドレスにおける手首の角度は「シャフトと腕の角度」と「手の甲と腕の角度」があり、以下のポイントを踏まえて自分の角度を探します。 スタンスを取り背筋を伸ばし正面を見て立つ• 腹部の中心あたりでクラブを握る• スタンスを取り背筋を伸ばし正面を見て立つ• 上体を若干前傾姿勢にする• 力を入れずに腕を垂らす• このときの、左手の甲の角度が「自分の角度」となる 人それぞれ違うので、しっかりと自分の角度を把握しておきましょう。 アドレス時の右肩は少し下がる アドレス時に左肩よりも右肩が少し下がるのは自然なことです。 クラブを握る手は右手が左手より下にあり遠くなるため、当然その分右肩が低くなります。 しかし、両肩を同じ高さに構えてしまったり無理に右肩を下げ過ぎているアマチュアゴルファーも少なくありません。 右肩が少し下がる自然なアドレスを取るポイントは以下の通りです。 <ポイント>• クラブを握らずに体の正面で両手の平を合わせる• 実際にクラブを握る位置まで、右手の平を下へ滑らせる• そのときの肩の位置がアドレス時の自然な高さとなる 自然に構えられず無理に肩の高さを調整しようとすると、目標方向を向いて構えているつもりでも肩のラインがズレてしまうケースもあります。 ラインを確認するためには、以下のポイントを意識しましょう。 <ポイント>• 両足、両太もも、両肩のラインをすべて揃える• 揃えたラインを目標方向のラインと揃える ドライバーのアドレスはハンドレイトでもよい ドライバーのアドレスが正しく取れていれば、ハンドレイトになるのが自然です。 前述したように、アドレスでのグリップの位置は左太ももの内側になります。 そして、ボールを置く位置は左足の内側です。 この関係性で、ヘッドよりもグリップの位置が自然と右側になるので、ハンドレイトとなります。 ドライバーのアドレスがハンドレイトでもよい理由は、ドライバーがほかのクラブと打ち方が違うためです。 <ポイント>• ドライバーとアイアンではインパクトする地点が違う• アイアンはクラブヘッドが最下点の手前でインパクトするダウンブロー。 よってハンドファーストインパクトする• ドライバーはクラブヘッドが最下点を通過後にインパクトするアッパーブロー。 よってハンドレイトでインパクトする 従って、ドライバーはアドレス時にハンドレイトでも問題ありません。 この動画は、ドライバーのアドレス時で、正しい手の位置を探すポイントを紹介しています。 <ポイント>• ボールを置く位置によって手の位置も変わる• 左手一本の素振りをしてベストな位置を探す それぞれのフェースの向きの特徴を押さえよう フェースの向きも、意識しなければいけません。 ここでは2通りの向きの特徴を紹介します。 目標の位置に向ける「ストレートフェース」 ストレートフェースは別名「スクエアフェース」とも呼ばれ、目標方向へドライバーのフェースを向けるスタンダードな構えです。 フェース面を目標方向へ向けているので、正しいスイングをすればまっすぐな弾道を打つことが可能です。 目標よりやや左向き「フックフェース」 フックフェースは、目標方向よりもドライバーのフェースを若干左向きに閉じた構えです。 インパクトでフェースが開いてしまうなどの癖があるゴルファーは、予めフェース面を閉じて構えるフックフェースを選択すると良いでしょう。 ドライバーが曲がってしまう場合はソールを浮かす ドライバーが曲がるのはアドレスでソールを地面に着けていることが原因となるケースもあります。 曲がるならソールを浮かせ打ってみて原因を探りましょう。 <ポイント>• ソールは浮かせても置いてもどちらでも良い。 打ちやすい方を選択する• ソールを置くと腕に余計な力が入りづらいものの、スイングの始動がブレて軌道が狂う可能性がある• ソールを浮かせるとバックスイングのブレを防ぎ、スイングが安定する可能性もある• ソールを浮かせることにより、インパクトを通過点としてとらえやすくなり軌道が安定する ドライバーのアドレスを正面や後方から確認しよう アドレスの形を正面や後方から確認し、イメージすることも大切です。 ここでは、スタンスや肩の向きなどについて解説します。 スタンス幅を確認する ドライバーのスタンスは、前述したように自分の肩幅を目安にやや広めにとりましょう。 しかし、人それぞれ安定しやすかったり構えやすかったりするスタンスは違います。 セオリーに固執することなく、自分にマッチしたスタンス幅を見つけましょう。 この動画は、ドライバー、ミドルアイアン、ショートアイアンそれぞれのスタンスについて紹介しています。 自分に合うスタンス幅を見つける参考にしてください。 肩のラインの向きを確認する 肩のラインはボールの弾道方向やスイング軌道などに大きな影響を与えるため、開かないように構えることが重要です。 従って、アドレス時に肩のラインが目標を向いているかを確認しましょう。 <ポイント>• アドレスを取った状態でクラブのシャフトを両肩に当て、目標方向を向いているかを確認する• 上記で確認した際、両膝や太ももなどにもシャフトを当てて確認も可能練習場などでは、1mくらい先に目印となるものを見つけて肩ラインの目安にする アイテムを使ってアドレスを修正しよう 正しいアドレスを身につけるために、お役立ち練習アイテムを使うのも手です。 ぜひ活用してみましょう。 自在に棒が伸びるので、クラブの種類に合わせてさまざまに活用できます。 音やバイブで知らせてくれるので、使い続ければ正しいアドレスが身につきます。 「」 「」 正しいアドレスを身につけてスコアアップを目指しましょう! 正しくアドレスできているかが、良いショットをするための大前提です。 正しいアドレスを身につけるには、自分に合った構えを見つけることが重要です。 必要に応じてさまざまな練習アイテムも活用し、スコアアップを目指しましょう。 この記事を監修したプロゴルファー.

次の

あなたの疑問がすべて解決!ドライバーのアドレスの仕方5つのポイント

ドライバー アドレス

アドレスで構えた際のフェースの向きですが、一般的にはスクエアに構える(=目標に対してフェースが垂直になるように構える)ことが基本になります。 今回はそんなフェースの構え方について詳しくご紹介してゆきたいと思います。 また、プロの中にはアドレスでフェースをスクエアにせず、開いて構えたり、閉じて構える人もいますが、そういった構え方についてもご紹介してゆきたいと思います。 アイアンの場合。 4つの方法がある まず、アドレス時のアイアンのフェースの向きについて見てゆきたいと思います。 フェースの構え方、セットの仕方ですが、いくつかの方法があります。 1)リーディングエッジを目標に合わせる これが最も一般的な方法になりますが、アイアンのリーディングエッジを目標に合わせる、もしくはリーディングエッジが目標に対して垂直になるようにセットします。 「フェースをスクエアにセットする」と言う場合は、このようにアイアンのリーディングエッジを目標に向けることを指すことが多いと思います。 2)トップライン(トップブレード)を目標に合わせる アイアンのトップライン、もしくはトップブレードを目標に合わせるという方法もあります。 もう少しわかりやすいように赤い線を足すとこんな感じです。 トップラインが目標に対して垂直になるようにセットします。 このように構えると、フェースが随分と閉じている(左を向いている)ように感じる方もいらっしゃると思いますが、この構え方の方がボールを真っすぐに打てるという人も案外多いです。 プロの中にも、このようにトップラインを目標に合わせて構える人もいます。 3)フェースを開いて構える プロの中には、フェースを意図的に開いて構える人もいます。 1)でご紹介した通り、リーディングエッジを目標に向けて構えるのが一般的ですが、あえて、少しそのリーディングエッジ(フェース)が目標よりも若干右を向くように構えます。 つまり、フェースを開いて(オープンにして)構えるわけですが、フェースを開くといっても基本的にはごくわずかになります。 このようにフェースを開いて構えて、ドローボールを打つプロもいますし、フェースを開いて構えて、ストレート系のショットを打つ人やフェードボールを打つ人などもいます。 ゴルフの帝王と呼ばれたは、アドレス時はフェースをほんの少し開いて構えていたようです。 その理由についてニクラウスは、アドレスではクラブフェースをボールからほんの少し離して構えるわけだから、フェースはスクエアではなく、ほんの少し開いているのが自然だ・・という風に語っています。 インパクト前後のフェースは、開いた状態でボールに近づいてきて、ボールに当たり、その後、閉じてゆく・・・という動きをします。 アドレスの段階では、フェースをボールにピッタリとくっつけることはできないので、ごくわずかですが、フェースがまだ開いた状態にあるのが自然な形・・という風にニクラウスは考えたようです。 4)フェースを閉じて構える 先ほどとは反対で、プロの中にはフェースを意図的に閉じて構える人もいます。 ツアー史上最年長記録となる43歳で初の賞金王を獲得した藤田寛之プロはアイアンのフェースを閉じて構えると語っています。 その理由について、藤田プロは、 ダウンブローで打ちたいので閉じて構えている。 上から入れたいと思うほど閉じるようにしている。 自分の場合は、閉じて構えてもインパクトで少し開いてスクエアに当たる。 アドレス時のフェースの向きでボールの打ち出しをイメージしていない。 そんな風に語ったことがありました。 藤田プロのように、フェースを閉じて構えるプロは他にもいて、アドレスの時点では閉じておいて、インパクトでスクエアにする・・という方法でショットを打っている人もいます。 または、閉じて構えて、ドローボールを打つ人、フェードボールを打つというプロもいます。 アマチュアの中には、フェースをスクエアにしているつもりが結果的には開いてしまっている・・という人もいますが、そういった人の場合は、(フェースが)少し左を向いているかな・・位がいいのかも知れません。 どの方法がおすすめか? さて、ここまで、4つのフェースの構え方について見てきました。 1)リーディングエッジを目標に合わせる• 2)トップライン(トップブレード)を目標に合わせる• 3)フェースを開いて構える• 4)フェースを閉じて構える では、この中でどの方法がおすすめか? ということですが、基本的には、1)リーディングエッジを目標に合わせる方法がおすすめです。 ただ、この方法が全員に合っているかといったらそうではないと思います。 2)トップライン(トップブレード)を目標に合わせるという方法でストレート系のショットを打っている人もいますから、もし、リーディングエッジを目標に合わせる方法でスライスが出るような人は、リーディングエッジではなく、トップラインを目標に合わせるやり方を試してみてもいいかも知れません。 極端なことを言ってしまうと、一番大事なのはインパクトでのフェースの向きで、インパクトでフェースをスクエアにできれば、アドレス時のフェースの向きはどのような形でもいいと思うんですね。 大事なのは、インパクトでフェースがスクエアになるように構える・・ということだと思います。 そういう意味で、 3)フェースを開いて構える 4)フェースを閉じて構える というやり方も試してみる価値はあると思います。 もし、現在思うようなショットが打てていないような場合は特に。 3)フェースを開いて構える プロの中には、フェースを若干開いて構えた方がボールがつかまると感じる人もいて、アドレスの時点では若干フェースを開いておいて、インパクトで積極的に閉じてゆく(フェースを閉じてドローボールを打つ)・・という人もいます。 反対にフェースを開いて構えて、そのまま、インパクトでもフェースを少し開いてフェードボールを打つ人もいます。 または、フェースを開いて構えて、インパクトでスクエアにしてストレート系のショットを打つ人も。 フェースを開こうと思った場合、どの程度開いたらいいのか?ということですが、これには決まりはありません。 ただ、最初はほんの少し、若干開いているかな・・位でいいと思います。 また、あえて、大げさに開いて構えて、どんなショットが出るか、試してみるのもいいかも知れません。 その後、少しづつ開く度合いを弱くしながら、ショットを打ってゆきます。 4)フェースを閉じて構える 先ほどとは反対にプロでもフェースを閉じて構える人もいます。 フェースを閉じて構えて、そのままインパクトでも閉じるような形でドローボールを打つ人もいますが、フェースを返して打つ意識だとボールが曲がり過ぎる場合は、最初からフェースを閉じておいて、その上でフェースを返さない意識で打つのも1つの方法かも知れません。 また、プロの中には、フェースを閉じて構えて、フェードボールを打つという人もいます。 フェースを閉じて構える、フェースを左に向けて構えることで、ボールを左に打ち出すイメージが湧いてくることがありますが、左に打ち出して右にボールを戻すフェードボールを打つには、いいかも知れません。 フェースを閉じる度合いですが、先ほどと一緒で、決まりはありませんので、ご自分なりに色々と試行錯誤してみるといいかも知れません。 リーディングエッジをスクエアにしているのにフェースが開く理由 少し話が変わりますが、リーディングエッジを目標に向けて構えているのに、インパクトでフェースが開いてしまう・・・ということもあると思います。 この理由ですが、1つはグリップの握り方が関係していて、具体的にはで握っていたり、または人によってはで握っている場合も、フェースはインパクトで開きやすくなります。 その場合は、フックグリップを試していただくといいと思います。 フックグリップの握り方についてはで詳しくご紹介しています。 リーディングエッジを目標に向けて構えているのに、インパクトでフェースが開いてしまうもう1つの理由は、両手の位置です。 例えば、アドレスの際に両手がジッパーの前にあるような場合はハンドレイトの形になりやすくなります。 また、ハンドレイトは両手とクラブヘッドの位置が関係しているわけですが、クラブヘッドの位置、もっというと、ボールを左に置きすぎているとハンドレイトになりやすく、それがフェースが開く原因にもなります。 ですので、ハンドレイトを直す際は、両手の位置とクラブヘッド(ボール)の位置をチェックして、必要であれば修正してゆきます。 具体的には、 両手は左足太もも内側の前に持ってくるようにすること、ボールの位置については左に置きすぎないことが大切です。 両手の位置については、にて詳しくご紹介しています。 また、ボールの具体的な位置についてはにてご紹介していますので、よかったらそちらを参照ください。 ただ、いずれにしても、ハンドレイトで構えていると、たとえ、フェースをしっかり目標に向けて構えていても、インパクトでそのフェースが開きやすくなりますので、注意してみてください。 フェースの向きをチェックするグッズ 自分ではフェースを目標に向けて構えているつもりでも、実際にはちょっと開いていたり、閉じていたり・・・ということが案外よくあります。 ですので、定期的に自分のフェースの向きを例えば、ご友人などに手伝ってもらって、確認するのもいいかも知れません。 または、フェースの向きをチェックするためのグッズもあります。 ドライバーの場合はどうしたらいい? ドライバーの場合ですが、基本的にはアイアンと同じような考え方で結構です。 リーディングエッジを目標に向ける・・でもいいですし、下の赤いラインを目標に向ける・・でもいいと思います。 または、フェース全体を見て、フェースが目標に向くようにセットする・・という人もいますが、その方法でもいいと思います。 また、フェースを少し閉じて構える、または開いて構える方法も試してみる価値はあるかも知れません。 アイアンと一緒で、一番大事なのは、アドレス時のフェースの向きではなく、インパクト時のフェースの向きですので。 ただ、ドライバーの場合は、フックフェースのドライバーには注意するようにしてください。 でもご紹介しましたが、フックフェースのドライバーとは、構えた際にフェースが最初から左を向くように設計されたドライバーのことになります。 フックフェースのドライバーは、インパクトでフェースが開かないようにするために、あえて最初からフェースが左を向くように設計されていますので、その設計通り、フェースを左に向けたまま構えるようにします。 もし、フックフェースのドライバーでひどいフックボールが出るようであれば、その時は、リーディングエッジを目標に向けて構えてみるのも1つの方法ですが、ただ、そのやり方だと反対にスライスが出やすくなるケースもあるので、その場合は、ドライバーの買い替えを検討していただいてもいいかも知れません。 その上達法やゴルフ理論の感想について書いてみました。 一度ご覧になってみてください。

次の

【プロ監修】ドライバーの正しいアドレスの作り方!今一度基本に立ち返ろう(正面・後方)

ドライバー アドレス

ドライバーのスペックごとにアドレス時のフェースの向きが異なる ドライバーをアドレスした時のフェースの向きを考えるにあたり、絶対に抑えていただきたい大事なポイントがございます。 それは、 ドライバーごとに標準的なフェースの向きが異なるということです。 そこでまずは、ドライバーのアドレスの際のフェースの向きのチェック方法から詳しく見ていきましょう! 1-1. ドライバーのフェースの向きに目印をつける ドライバーのフェースの向きにラインなどが入っている場合はそのままでも問題ありませんが、ドライバーによっては全く目印がないクラブもありますよね。 また、ドライバーの中にはフェース面に丸みを帯びているクラブもあり、正確なフェースの向きがわかりづらいケースもあります。 そこで、 ドライバーのフェースの向きを明確にするために、フェースに目印をつけてみましょう。 ここではゴルファーなら誰もが持っている「ゴルフティー」を使用します。 セロハンテープなどを使用して、ドライバーの芯の位置にゴルフティーを貼り付けてみましょう。 こうすればティーの指す方向がフェースの向きになりますので、一目瞭然です! 1-2. シャフトと目印の角度を確認する ドライバーのフェースの向きがわかったら、アドレスする感じでグリップを持ってドライバーを体の正面で持ってみましょう。 次に、ドライバーのシャフトとフェースに貼り付けたティーの向きの角度を確認します。 そして、この角度が以下のいずれに該当するか確認してみましょう。 スクエアフェースのドライバー フェースに貼り付けた ティーの向きとシャフトの角度がほぼ垂直になっている場合は、スクエアフェースに該当します。 ここでは完全に垂直になっている必要はありません。 あくまで目安ですので、少し程度なら鋭角や鈍角に感じてもスクエアフェースと考えて良いです。 ドライバーはスクエアフェースが基準になりますが、最近ではこれ以外のフェースの向きをしているドライバーもたくさんあります。 ここで該当しないゴルファーの方は、おそらく次のケースに当てはまります。 フックフェースのドライバー フェースに貼り付けて ティーの向きとシャフトの角度が鋭角になっているドライバーは、フックフェースと呼ばれております。 実は市販されているドライバーの中には、フックフェースのゴルフクラブもたくさんあります。 この背景には、アマチュアゴルファーの方の多くが、スライスショットに悩んでいる点が挙げられます。 スライスショットの原因の一つとして、インパクトの瞬間にフェースの向きが開いてしまうことが挙げられますよね。 そこでダウンスイングで多少フェースの向きが開いてもスライスしないように、敢えて最初からフェースの向きが左に向くように設計しているのです。 フックフェースのドライバーは、でも特集しています。 こちらもぜひご参考にしてくださいね。 オープンフェースのドライバー フェースに貼り付けた ティーの向きとシャフトの角度が鈍角になっている場合、そのドライバーはオープンフェースと呼ばれております。 スライスショットに悩んでいる方には信じられない構造のドライバーですが、ツアープロはオープンフェースを使用している場合もあります。 プロゴルファーなどの上級者は、ダウンスイングでシャフトの逆しなりが非常に大きくなります。 このため、スクエアフェースのドライバーだとクラブヘッドが返り過ぎてしまって、ショットがフックボールになることがあります。 そこで、敢えてフェースの向きがオープンになっているドライバーを使用しているのですね。 ゴルフショップで市販されているドライバーでもオープンフェースの商品はあります。 例えばタイトリストの上位モデルのドライバーでは、フェースの向きがオープンになっていたりしますよ。 アドレスでのドライバーのフェースの向き それでは、アドレスした際のドライバーのフェースの向きについて確認していきましょう。 ここまで読んでいただいた賢明なゴルファーの方なら、 「必ずしもアドレスでフェースの向きを目標方向に合わせる必要がないのでは?」と思った方もいらっしゃることでしょう。 上でご紹介した通り、ドライバーには本来のフェースの向きがあります。 そこでアドレスをとる際は、このフェースの向きを大切にすることが重要なポイントです。 それでは早速確認していきましょう。 2-1. スクエアフェースのドライバーのアドレス ドライバーのフェースの向きがスクエアの場合は、 アドレスではフェースの向きも目標方向に合わせた方が良いです。 「アドレスでフェースの向きをターゲット方向に合わせる」というレッスンを受けたゴルファーの方もいらっしゃるかと思います。 これは基本的にはスクエアフェースのドライバーを使用している時に限った話ですので、フックフェースのドライバーを強引に合わせる必要はありません。 お友達からこのようなレッスンをされた方もいらっしゃるかもしれませんが、お友達とご自分とでゴルフクラブの構造が違う可能性もありますので、この点もご留意してみてくださいね。 2-2. フックフェースのドライバーのアドレス 最近ではスライスショットの対策として、フックフェースのドライバーが増えております。 このドライバーの場合は、フェースの向きが最初から左を向いておりました。 よってアドレスしたときは、 フェースの向きが目標方向よりも左を向くのが基本です。 ただ、レッスンプロから目標方向にフェースを向けるように指導を受けている方もいらっしゃるかもしれません。 レッスンプロはクラブの構造とその方のスイングを踏まえて総合的にレッスンすると言われております。 そのためこの場合は、レッスンプロの先生のレッスンに従ってスイング作りをしていきましょう! 2-3. オープンフェースのドライバーのアドレス オープンフェースのドライバーを使用している方は、アマチュアゴルファーにはあまりいらっしゃらないかと思いますが、参考までにご紹介していきます。 オープンフェースのドライバーをアドレスするときは、 フェースの向きが目標方向よりも右を向くのが基本です。 この基本を無視して独自の方法でアドレスをしていると、大変なミスショットにつながってしまう可能性がありますので、この機会にしっかりとアドレスを見直してみてくださいね。 ドライバーでフックフェースの向きを目標方向に合わせるのは危険? フックフェースのドライバーは、目標方向よりも左にフェースの向きを合わせるのが基本でした。 厳密に言えば、自然にドライバーをアドレスすれば勝手にフェースが左を向くようになってます。 しかしこの知識がなく、 アドレスで強引にフェースの向きを目標方向に合わせてしまうことは非常に危険です。 これをわかりやすく言えば、スクエアフェースのドライバーを、敢えてフェースの向きを開いてアドレスしているようなものです。 これでは、ゴルフボールが大きくスライスするミスショットになってしまうのも予測がつきますよね。 フックフェースのドライバーは、アドレスでフェースの向きを左に向けることでその効果が最大化されます。 ドライバーでナイスショットを打つためにも絶対に押さえておいてくださいね。 ドライバーの特性にあったフェースの向きでアドレスしよう! いかがでしたか。 ドライバーをアドレスする際のフェースの向きはご確認いただけましたでしょうか。 上でご紹介した通り、ドライバーをアドレスした際のフェースの向きはクラブの特性によって異なります。 基本的にはグリップに力を入れない状態でアドレスした時に、ドライバーが自然と向く方向がそのクラブのフェースの向きになります。 どうしてもフェースの向きが合わないという方は、思い切ってドライバーを交換することもおすすめな対処方法です。 まずはゴルフショップで試打してみてはいかがでしょうか。 またスライスショットに悩んでいる方は、もしかしたらティーアップが低すぎるのかもしれません。 実はティーアップが低いとスライスしやすいと言われております。 ドライバーのスライスとティーアップの高さの関係については、で詳しく考察してますので、ぜひこちらもご確認してくださいね。

次の