胸 が 大きく なる 筋 トレ。 バストアップ筋トレで、一週間でえぐれた胸が戻った!筋トレしたバストはどうなるのか?

筋肉を大きくするための最強筋トレメニュー1週間プログラム | VOKKA [ヴォッカ]

胸 が 大きく なる 筋 トレ

真実は、一体どちらなのでしょうか。 美しいバストになるための方法をお伝えします。 筋トレで叶うのは、バストアップ 胸を大きくしたい!と胸の筋トレにがっつり励んでいるあなた。 悪いことではないですが、まずはこれを覚えておきましょう。 ずばり、胸の筋肉(大胸筋)を鍛えることで得られるのは、 垂れた胸を正しい位置に戻す、 バストの位置をアップする効果です!下がってしまったバストの位置を上げたり、ハリと丸みを与えたりすることができ、将来の垂れ乳予防にも役立つことは確かです。 その変化を目の当たりにすることで、「筋トレをしたら胸が大きくなった!」と感じる方が多いのです。 多くの現代女性は、筋力不足のために自分のバストのポテンシャルを下げてしまっています。 そのままでは、重力によって年々垂れて、脂肪であるバストは左右に散らばっていってしまうことでしょう。 こんな方は胸筋や背筋を鍛えるべし! ・猫背でバストトップの位置が低い ・ハリがない ・横に流れている、離れている ・以前より、胸の位置が下がった ・大きいので、将来垂れないか心配 バストアップに逆効果な筋トレ バストアップの筋トレにも逆効果になるものがあります。 たとえば、バストアップの筋トレとしてよく知られているのが、両手を胸の前で合わせて押し合う筋トレです。 この筋トレは、ある程度筋肉のある方にはバストアップ効果がありますが、筋肉量の少ない方がすると、逆効果になると言われています。 このバストアップ筋トレ方法が逆効果になってしまう理由として、胸に筋肉がつくのではなく、腕や肩を鍛えることになってしまうためです。 腕や肩に筋肉がつくと胸が小さく見えるため、バストアップには逆効果に感じられるのです。 また、バストアップを目標に筋トレ以外に逆効果になるのは、強くマッサージすることです。 胸を支えるクーパー靭帯が切れると垂れてしまい、修復が困難です。 バストアップに逆効果となるため、必要以上に強い力でマッサージしないようにしましょう。

次の

“筋トレ”はバストアップに逆効果!?美しいバストになるための必読ルール

胸 が 大きく なる 筋 トレ

《スポンサーリンク》 バストの悩みは女の子にとって永遠の悩みですよね。 胸が大きい子も小さい子も悩みます。 小さい子はどうやったら大きくなるのか常々研究されていると思いますが、成長期に胸が大きくならなかったとしても、胸を大きくすることは可能なのです。 胸の発育には女性ホルモンの分泌を促す食事や大胸筋を鍛えるストレッチが有名ですが、本当に筋トレで胸は大きくなるのでしょうか。 今回は バストアップの筋トレ方法!筋トレで胸を大きくする方法!について紹介します! 筋トレでバストアップできるの? バストアップの方法についてお伝えする前に、胸の構造について説明します。 胸は、脂肪9割と乳腺1割で構成されています。 つまりバストを形成しているのは、ほぼ脂肪なんです。 筋トレは筋肉を鍛えるものですから、筋トレでバストの膨らみを大きくすることはできません。 胸にある筋肉は大胸筋と呼ばれ、大胸筋は胸を支える土台となっています。 もちろん大胸筋を鍛えることで、胸周りの筋肉の厚みを増やすことはできます。 胸周りの筋力をつけることで、アンダーサイズを大きくすることができるということです。 では、カップの大きさを大きくするにはどうしたら良いのでしょうか。 さきほどの胸の構造を知っているみなさんにはお分かりかと思いますが、乳腺と脂肪を増やせば良いのです。 乳腺は女性ホルモンによって発達します。 そして乳腺が増えるとそれに比例して胸の脂肪組織も増えてくるのです。 つまりバストのカップを上げるには、女性ホルモンを活性化させることが大切なのです。 女性ホルモンは成長期や妊娠などの過程で活性化されることはありますが、それ以外の時期は生成を促す努力が必要です。 や生活習慣を取り入れて、バストアップに励みましょう。 しかし、大胸筋はバストの土台となっているので鍛えることで垂みを予防したりバストの位置を上の方でキープすることができます。 せっかく大きくしていくバストです。 キレイな形で大きくしたいですよね。 そのために筋トレも欠かさず行い、キレイなバストを作る準備もしていきましょう。 1:膝をついて床に座ります 2:手を肩幅よりも少し広めに開いて床につけます 3:しっかりと胸を張って、腕を曲げていきます 4:息を吐きながら身体を下ろし、吸いながら上げていきます 15回を3セット行いましょう。 深く上半身を下ろすことがポイントです。 そもそもなんでバストは大きい方がいいの? 乳房は子供を育てるため母乳を分泌する目的で作られた器官です。 しかし哺乳類の動物の中で胸がふくらんでいるのは人間だけです。 授乳をすることを目的とするならば、猿のようにしぼんでいた方が飲みやすいのではないでしょうか。 ではなぜ人間だけ胸が大きくなったのでしょうか。 進化人類学によると、女性の胸は性的魅力を発信するために進化したと言われています。 繁殖期の猿がお尻を赤くしてセックスアピールをするように、四足歩行の動物はお尻で異性を惹き付けます。 しかし人間が四足歩行から二足歩行になるにつれてお尻が目立たなくなってしまったため、他に目立つところでアピールできるものが必要でした。 そこで役割を果たしたのが、胸であると言われています。 大きな胸は男性の目を惹き付けることができます。 つまり 胸が大きい人の方が男性に対して性的魅力を伝えられるわけです。 わたしたち女性が大きな胸に憧れるのは、男性を魅了して、子孫を残すという生物学的な理由も一因であるようです。 さいごに バストを大きくしたいと願う女の子は沢山いると思います。 生物学的にもバストが大きい方が男性を魅了できるので、バストを大きくしたいと願うことは本能なのかもしれません。 今回この記事を書く際に筋トレで胸を大きくしよう!というテーマで書きたかったのですが、調べていくうちに筋トレで胸のカップは作れないという事実を知りました。 胸を美しく大きくしていくには、を摂り胸の脂肪を増やしていく努力も必要です。 胸を下垂させないためにも筋トレもしっかり行い、美しいバストを手に入れていきましょう。 最後まで記事をお読みいただきありがとうございました^^ 今後もバストアップに関する記事を増やしていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

筋肉を大きくするための最強筋トレメニュー1週間プログラム | VOKKA [ヴォッカ]

胸 が 大きく なる 筋 トレ

まずは、栄養についてです。 筋トレをしてタンパク質を摂取する重要性はみなさんご存知だと思います。 なので、70kgの人は1日に140gものタンパク質を摂取しなければなりません。 140gものタンパク質を摂取するための食品の目安を以下のリンク先で確認してみてください。 なかなか大変です。 ですが筋肉を大きくするためには絶対に欠かせない栄養素なので、1日3食欠かさずタンパク質を摂るようにして下さい。 また、人間の体は65~70%は水でできていますが、残りの15~20%はタンパク質でできています。 運動の有無に限らず、タンパク質は人間の体に必要不可欠な栄養素だといえます。 次に、休養についてです。 激しい筋トレをすると、自分の意識では分からないほど細かい筋肉の組織単位で、筋肉が壊されています。 このように、筋肉が痛み炎症を起こしている状態を筋肉痛と言います。 この筋肉痛が残っている状態で再び筋肉に刺激を与えてしまうと、痛んでいた筋繊維が再びブチブチと切れ、回復する間もなく筋肉が細くなってしまいます。 そこで、『超回復』をすることで以前の筋肉よりも強く太い筋肉を作ります。 この超回復とは、筋トレ後に24〜48時間 約2日 の休息を取り、筋繊維の修復を図ることです。 また、筋トレによって溜まった乳酸を体外に放出することも重要です。 乳酸は日常生活においても日々蓄積されていますが、普段は血液によって体外に放出されます。 しかし、筋トレのような激しい運動で急激に作られた乳酸は、放出が追いつかず、体の中に溜まってしまいます。 乳酸を放出させるには、血液の循環を良くすることが重要です。 おすすめは、ウォーキング、ランニング、ストレッチ、自転車です。 また、クエン酸を多く含む黒酢やレモン、梅干しも乳酸の放出にいいとされています。 より効果的に短時間で筋肉を大きくするために、いくつか押さえてもらいたいポイントが3つあります。 まず一つ目は、使用する重量を自分の最大筋力の80%前後で設定するということです。 これは、目安として8~12回で限界がくる重量であり、ベンチプレスの最大筋力が80kgの人は、だいたい65kgくらいに設定します。 二つ目は、インターバル(セット間の休息)を短くすることです。 高重量で筋トレをすると、多くの乳酸が出ます。 そして、乳酸が蓄積されるほど成長ホルモンが分泌されるので、時間が経過して乳酸が分解されてしまう前に次のセットに進むようにしましょう。 三つめは、筋肉の動きを意識することです。 視覚的に筋肉の流れを意識することは非常に重要で、大きな鏡があれば、より効果的なトレーニングが行えます。 鏡がない場合、鍛えている筋肉の部位を触りながらトレーニングすることも非常に効果的です。 以上の3つのポイントに注意して、トレーニングしていきましょう。 【ワイドベンチプレスの基本姿勢】 ベンチ台に横になり、バーを肩幅よりもできるだけ広くグリップします。 肩甲骨を寄せるように胸を張り、僅かに背中を反りながら両肩と腰、頭はベンチにしっかりと着けます。 脚を広げ膝が90度になるようにしっかりと地面につけ姿勢を安定させます。 バーを持ち上げたら、ゆっくり息を吐きながらバーが胸につくまで降ろします。 バーが胸についたら、胸筋が動くのを感じながらバーをゆっくりリフトします。 これがワイドベンチプレスの基本姿勢です。 【おすすめセットメニュー】 自分の最大筋力の80%の重量で8~12回を3セット行います。 3セットの間に、8回以上上げられなくなったときは重りを5kgもしくは10kg単位で軽くしていきましょう。 このメニューは、高重量で行うため、自分の限界に達しやすいです。 より効果的に胸筋を鍛えるため、近くに補助をお願いできる人がいたら、積極的に補助をお願いしてください。 自分の力で8回上げられなくなったら、8回までの残りの回数を補助を使って上げましょう。 自分の限界に達してもなお補助を使って筋肉を追い込むことで、胸筋がパンプアップします。 【注意点】 高負荷で重量設定しているため、きつくなると脚の力で腰を浮かせバーを楽に持ち上げようとしてしまいます。 その時は、重量を軽くするか、補助をお願いしましょう。 バーをリフトする位置は、胸から頭より過ぎてもお腹より過ぎてもいけません。 ちょうど乳首の延長線上をリフトするようにしましょう。 【ケーブルクロスオーバーの基本姿勢】 まず、ケーブルの高さを自分の肩より上の位置にセットします。 (高さを変えることで効かせる筋肉も変わります)次に、ケーブルクロスマシンの中央に立ち、2本のケーブルのバーを胸を大きく開いた状態でやや後方でグリップします。 そして、片足を前方に出し、もしくは両足を肩幅に開き、膝を軽く曲げ前傾姿勢をとります。 姿勢がとれたら、ケーブルを両手首がクロスするまで引き、ゆっくりと元の位置まで戻します。 このとき両肘の角度を120度くらいで固定してください。 これがケーブルクロスオーバーの基本姿勢です。 【おすすめセットメニュー】 自分の最大筋力の80%の重量で8~12回行います。 自分のケーブルクロスの最大筋力が分からない場合は、マシンをセットし基本姿勢を確認してから、一度12kgを目安にやってみましょう。 基本的なセット数は3回ですが、大胸筋の中央部や肋間筋にもっと筋肉をつけてかっこいい谷間を作りたいという方は5回のセット数をおすすめします。 手首でケーブルを引くというよりも、胸の中央部の筋肉でしぼることをイメージします。 そして、両手首を胸の前でクロスしたら、そこで1秒キープ。 それからゆっくり元の位置まで戻すとより効果的なウエイトができます。 【注意点】 ケーブルクロスオーバーは、ベンチプレスと比べて、大胸筋の伸縮の幅が大きいメニューです。 そのため、限界まで可動域を広く行うことが非常に重要になります。 初めの位置は肩よりも後方から、終わりの位置は両手首がしっかりとクロスするまで行います。 両手首をクロスさせる際に、手首の位置が高いほど大胸筋上部、手首の位置が低いほど大胸筋下部に効果的な刺激を与えることができます。 自分が効かせたい筋肉の位置に合わせてコントロールすることがポイントです。 最初は、正しい姿勢を作るために比較的軽い重量をおすすめします。 【ラットプルダウンの基本姿勢】 今回は顔の前にバーを持ってくる『フロントネックラットプルダウン』の基本姿勢を紹介します。 まず両腕を真横に伸ばし、そこから45度ほど腕を上げた位置でバーをグリップします。 (首と肩の角度を90度としたときのちょうど真ん中あたりですね)バーを握ったままラットプルマシンのベンチに座り膝を90度で固定したら、肩甲骨を寄せゆっくりとバーを鎖骨あたりまで引きよせます。 バーが胸にタッチしたら、ゆっくりバーを戻していきます。 このとき、広背筋の乳酸が抜けないようにするため、肘が伸び切る手前で再びバーを引きます。 この動作を繰り替えし行っていきます。 これがラットプルダウンの基本姿勢です。 【おすすめメニュー】 タイトルにも書いてあるように、このラットプルダウンでは『マルチセット』を取り入れていきます。 マルチセットとは、自分の最大筋力の重量で1セット目を開始し、限界まできたら10kg落として2セット目を開始することです。 これを5セットまで行いますが、その間レストは挟みません。 そして、5セット終わったら長めのレストを挟んでください。 5分ほど休んだら、今度は同じことを4セット行います。 そして、長めのレストを挟んで、最後に3セットやったら、このメニューの終了です。 なかなかハードなメニューですが、必ず広大な広背筋を手に入れることができます。 以下のように行います。 1セット目70kgで15回(レストなし)2セット目60kgで10回(レストなし)3セット目50kgで6回(レストなし)4セット目40kgで9回(レストなし)5セット目30kgで10回 ~長めのレスト~ 1セット・2セット・3セット・4セット ~長めのレスト~ 1セット・2セット・3セット 終了!!お疲れ様です! 【注意点】 ラットプルダウンにおいて一番大切なことは、正しいフォームでしっかりと広背筋に刺激を与えるということです。 正しく広背筋の筋肉を使ってトレーニングできていないときは、先に前腕や上腕二頭筋が限界をむかえてしまいます。 そうならないために、以下の点に注意してください。 まず、背中を丸めないことです。 しっかり肩甲骨を寄せて胸を大きく開きます。 この時、目線は斜め上方向を見ましょう。 次に、体を後ろに倒す反動を利用してバーを引かないことです。 反動を使うと三頭筋を使ってトレーニングできないので、必ず自分がコントロールできる重量でウエイトします。 以上の点に注意して、広大な広背筋を手に入れましょう!! 【パラレルスクワットの基本姿勢】 まずバーに重りをセットしたら、僧帽筋上部(首の付け根)にバーを乗せます。 スクワットのフォームが正しくできる方は、バーの位置を少し下げて三角筋後部と僧帽筋に乗せると高重量を扱いやすくなります。 バーを肩に乗せたら、つま先をやや外側に向け、脚を肩幅程度に広げます。 姿勢ができたらゆっくりとしゃがんでいき、太ももが地面と平行の位置までしゃがめたらゆっくり上体を上げていきます。 上体を上げたとき膝を伸ばしきらないようにして再び腰を下ろしていきます。 頭の中で3秒数えて降ろしていき、また3秒かけて上体を上げるくらいがスクワットの適したテンポです。 スクワットは全身運動ですので、タイトルに挙げた大殿筋や大腿四頭筋以外にも、脊柱起立筋、ハムストリングス等々、全身をフル活用できるスーパーなトレーニングだと言えます。 また、足首、膝、股関節の柔軟性の向上においても非常に有効なトレーニングです。 ですが、フォームを習得することが難しい種目なので、後述する【注意点】の項目をよく確認しながら行ってください。 【おすすめメニュー】 スクワットは全身にかなりの負荷をかけるトレーニングですので、腰や股関節に違和感が出たらすぐに中断してください。 すべてのトレーニングに言えることですが、腰の怪我には細心の注意を払うようにしましょう。 それではパラレルスクワットのおすすめメニューを紹介します。 今回のテーマは『筋肥大』なので、やはり自分の最大筋力の80%の重量で8~12回行っていきましょう。 セット数は3回で十分なトレーニングが行えると思います。 しかし、ここで一つ筋肥大メニューを付け加えます。 それはスクワットジャンプです。 毎セット後に、バーを置いたら間髪入れずにスクワットジャンプを行ってください。 スクワットジャンプのやり方はいたってシンプルで、直立の状態からフルでしゃがみそこから天井にタッチする勢いでまっすぐジャンプします。 これを速く素早く10回行ってください。 このように、スロートレーニング(パラレルスクワット)を行った後にスピードトレーニング(スクワットジャンプ)を行うことで、筋肉に緩急の刺激を与えます。 これを繰り返すことで、筋肉はより太くより強靭に成長していくことでしょう。 脚が乳酸でパンパンになったら効いてる証拠です! 【注意点】 前述したとおり、スクワットはフォーム習得が非常に難しい種目です。 注意点を逐一確認しながら慎重に鍛えていきましょう。 それでは絶対に守ってほしいパラレルスクワットにおける注意点を2つ挙げます。 まず一つ目は、背中を丸めないということです。 スクワット運動でありがちな行動ですが、これは腰の怪我に直結してしまうので背中には常に意識を集中させておいてください。 ですので、背中を丸めないために動作中は常に前を向き、肩甲骨を寄せ胸を張るようにしましょう。 二つ目は、膝がつま先よりも前に出ないようにすることです。 膝がつま先より前方にあると、膝にかなりの負荷がかかり怪我につながります。 また、重りに負けて後ろに転倒してしまうケースもあるので注意しましょう。 膝の前方移動を防ぐ正しいフォームは、お尻を地面に対して垂直に降ろしていき、おなかを股関節にはめ込むようにイメージすることです。 実際にバーをもってスクワットを始める前に、鏡の前に立ち正しいフォームで10回ほど動作を確認してからトレーニングに臨むようにしてください。 ・背中を丸めない(目線は常に前を向き、肩甲骨を寄せ胸を張る) ・膝がつま先よりも前に出ない(お尻を垂直に降ろし、おなかを股関節にはめ込む) 【アップライトローの基本姿勢】 まず上の写真のようにバーを手のひらが手前になるように肩幅よりも狭く握ります。 それから脚は肩幅程度に開き、バーを持ち上げたらお尻と腹筋を意識して上体をぶらさないように大腿前部にぶら下げます。 これがアップライトローの基本姿勢です。 ここからバーを顎の位置まで引上げますが、上体をぶらさないように腹筋を固めてください。 10度ほど前傾姿勢で行うとより僧帽筋に負荷を与えることができます。 バーを顎の位置まで上げきったら、ゆっくりと元の位置まで降ろしていきます。 アップライトローという種目は、降ろす作業を丁寧に行うことで筋肉に大きな刺激を与えることができます。 バーを元の位置まで降ろしきっても僧帽筋の力を抜くことなく、再びすぐ上げ始めてください。 バーをグリップする位置を広くすると三角筋の側部を重点的に鍛えることができます。 また、狭くすると三角筋の前部と僧帽筋の上部を鍛えることができます。 アップライトローはバーベルで行うことが多いですが、手首を痛めるケースもあるので、ダンベルアップライトローもおすすめしておきます。 【おすすめメニュー】 アップライトローのおすすめは軽い負荷で回数をたくさんやることです。 自分の最大筋力の60%で15~20回を目安に3セット行いましょう。 また、僧帽筋と三角筋を追い込むために、1セットごとに両腕回しを行います。 これは両腕を肩の位置で真横に伸ばし前回し50回、後ろ回し50回するだけの種目です。 休憩を挟む前に限界まで三角筋をいじめましょう。 【注意点】 アップライトローをするにあたり一番注意する点は動作中の肘の高さです。 バーを上げるときも下げるときも肘の高さは常に手の位置よりも高くなければなりません。 特に、バーを顎の高さまで上げきったときに、肘が上がりきっていないということがよくあります。 動作中は僧帽筋を使って、肘からバーを上げるイメージで行ってください。 もう一つ注意する点は、顎を上げないということです。 顎が上がっているということは、広背筋の反動を使って上げてしまっているので、顎をしめて前傾姿勢傾き10度を意識して行いましょう。 ここでは筋肉で身体を大きくするための1週間プログラムを考えました。 記載している重量は、実際に上級者が行っている重量設定ですので、一つの基準だと思ってください。 この記事で紹介した筋肥大メニューも多数組み込んでいます。 筋トレメニューの【注意点】などを確認しながら読んでみてください。 この記事の最初に書いているように、身体を大きくするためには休養も大事なプロセスです。 よって基本的に同じ部位の筋トレを二日続けて行うということはありません。 ですので、一日に一部位を3種目から4種目で鍛えていくというイメージをもって1週間のプログラムを立てていきましょう。 鍛える部位の順番も考えてプログラムを立てていますので、そちらもぜひ参考にしてください。 まずは上半身の筋トレの王道、大胸筋から鍛えていきます。 ここでは4種類のメニューを紹介します。 最後の腕立てのメニューで、腕立ての姿勢ができないほど追い込めていると理想的です。 やり方を紹介します。 まずは普通に10回腕立てをして、そのまま膝を地面につけないようにして、肘を伸ばした腕立ての姿勢を10秒キープします。 キープ後もそのまま膝を地面につけないで、9回腕立て9秒キープ、8回腕立て8秒キープを繰り返します。 これを1回腕立て1秒キープまで繰り返すと、カウントダウンプッシュアップは終了です。 胸を鍛えた次の日は脚を鍛えましょう。 2日目に下肢ウエイトを持ってくることで、胸の筋肉痛を受けないので思う存分鍛えることができます。 ここでは4種類のメニューを紹介します。 胸の筋肉痛も落ち着き、背中のトレーニングに影響しないくらいには乳酸も抜けたと思います。 それでは、胸に次ぎ上半身の筋肉の大部分を占める背中を鍛えていきましょう。 ここでは3種類のメニューを紹介します。 【ワイドグリップチンニング】 10分間チンニングをします。 目標は50回です。 【ラットプルダウン・マルチセット】 基本的に回数は限界まで。 ここでは4種類のメニューを紹介します。 それでは1週間の締めとして腕を鍛えていきましょう。 ここでは、上腕二頭筋を鍛えるメニュー、上腕三頭筋を鍛えるメニューをそれぞれ紹介します。

次の