川端裕人。 「研究室」に行ってみた。

「研究室」に行ってみた。

川端裕人

川端 裕人(かわばた ひろと) 1964年、兵庫県明石市生まれの小説家、ノンフィクション作家。 東京大学教養学部卒業後日本テレビに入社し、記者として科学技術庁、気象庁を担当。 1995年『クジラを捕って、考えた』を執筆し、ノンフィクション作家としてデビュー。 1997年日本テレビを退社後、1998年『夏のロケット』で第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞し、小説家デビュー。 その後も小説とノンフィクション二つのジャンルで活躍を続け、2000年『動物園にできること』で第31回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2004年『せちやん 星を聴く人』で第25回吉川英治文学新人賞候補。 2018年『我々はなぜ我々だけなのか』で科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞をそれぞれ受賞した。 川端裕人のおすすめランキングのアイテム一覧 川端裕人のおすすめ作品のランキングです。 ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。 『夏のロケット 文春文庫 』や『Love Letter 幻冬舎文庫 』や『8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識』など川端裕人の全147作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

次の

エピデミック 川端 裕人:文庫

川端裕人

東京に隣接するC県T市で新たな伝染病が発生したという設定の小説。 主人公はフィールド疫学のエキスパートのケイト。 それに医療関係者、新聞記者が登場する。 発生のごく初期の10日間で感染源も明かされていちおう 東京に隣接するC県T市で新たな伝染病が発生したという設定の小説。 主人公はフィールド疫学のエキスパートのケイト。 それに医療関係者、新聞記者が登場する。 発生のごく初期の10日間で感染源も明かされていちおうの解決になるが、フィールド疫学車や医者、看護師たちの必死の奮闘ぶりはかなりリアル。 ごく大雑把な手法で推論していくのだが、その試行錯誤そのものに夢中になる。 あの宗教団体は余計だ、とか、高柳の動機の看護師はどうなったの気になるが著者の面目躍如の小説。 ブックウォーカーの電子書籍で。

次の

「校長先生のためのPTA」入門#01|川端裕人|note

川端裕人

川端 裕人(かわばた ひろと) 1964年、兵庫県明石市生まれの小説家、ノンフィクション作家。 東京大学教養学部卒業後日本テレビに入社し、記者として科学技術庁、気象庁を担当。 1995年『クジラを捕って、考えた』を執筆し、ノンフィクション作家としてデビュー。 1997年日本テレビを退社後、1998年『夏のロケット』で第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞し、小説家デビュー。 その後も小説とノンフィクション二つのジャンルで活躍を続け、2000年『動物園にできること』で第31回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2004年『せちやん 星を聴く人』で第25回吉川英治文学新人賞候補。 2018年『我々はなぜ我々だけなのか』で科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞をそれぞれ受賞した。 川端裕人のおすすめランキングのアイテム一覧 川端裕人のおすすめ作品のランキングです。 ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。 『夏のロケット 文春文庫 』や『Love Letter 幻冬舎文庫 』や『8時間睡眠のウソ。 日本人の眠り、8つの新常識』など川端裕人の全147作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

次の