ボディタッチ 女性。 モテる男はボディタッチが上手い!自然なタッチで女を落とす方法とは

ボディタッチの場所の意味!部位別に隠された男性心理【14個】

ボディタッチ 女性

男性からのボディタッチはセクハラ問題などもあり、かなり際どいですが、女性から男性へとボディタッチすることも多いと思います。 この場合、少なくとも好意があることは分かるのですが、それが親しみから来ているのか、脈アリ行動なのか見極めるのが難しいですよね。 女性心理から、女性からのボディタッチの見分け方をご案内します。 身体の距離も 近い状態からのボディタッチ 身体がお互い密着するほどの近さにあり、さらに女性からのボディタッチがある場合は、完全にあなたに気持ちを許しており、恋愛対象として自分をアピールしている状態だといえます。 ただ、あまり親しくない状況にもかかわらずこのような行動に出てくる場合は、あなたのことを遊びの対象として見ている可能性もありますのでご注意ください。 笑った勢いで背中などを 叩いたり触れてくる 会話中、笑った勢いで背中を叩いてきたり触れてくるような、女性からのボディタッチは、脈アリとまで判断してしまうのはまだ早いかもしれません。 フレンドリーなノリの女性なら、意外と誰にでもする行為なので、あなたに対して親近感を覚えている事は確かですが、それを脈アリと判断して行動に出てしまうと失敗してしまう恐れがあります。 太ももへのボディタッチは 小悪魔の証 時々女性からのボディタッチで、男性の太ももへ触れてくるパターンがありますが、男性を勘違いさせて喜ぶような小悪魔タイプに多い行為です。 男性をその気にさせて優越感を得たいという女性心理からそのような行動をとる女性もいるようなので、ぬか喜びしないように気をつけてくださいね。 誰にでもできるように見えて、子供ならばともかく、大の大人の男性の頭を撫でるというのは、中々ハードルが高く、何かの理由がない限り触れない部分です。 あなたに対して「愛おしい」と感じている女性心理からそのような行為に至ったのかもしれません。 手に触れてくる、 または握ってくる 手を繋ぐという事は、恋人の象徴でもあるので、「恋人になりたい」という女性心理の現れであることが考えられます。 ただし、スキンシップ慣れした女性ならば気軽に触れてくる部分でもあるので、その女性の特性を見極めて判断しましょう。 肩にポンと触れるような ボディタッチ 女性からのボディタッチで、ポンと肩に触れてくるようなタイプもあると思います。 肩は、人間の身体の中で一番気軽に触れやすい部分でもありますので、言ってしまえばどんな対象の人にでも出来るボディタッチでもあります。 服の袖などを掴む ボディタッチ 身体に触れるのではなく、服の袖を掴んで軽く引っ張り、こちらに興味を向けさせようとするような女性からのボディタッチもあると思います。 このような行為は、「自分を可愛く見せたい」「相手に甘えたい」という女性心理が働いていると考えられますので、脈アリ行為として期待しても良いと思います。 女性からのボディタッチですが、スキンシップに抵抗がない人の場合は半分くらいは無意識に行われている場合もあります。 女性心理が働き行われたボディタッチならば恋愛対象として意識している可能性もありますので、触れる箇所や相手の性格などからも判断してみると良いと思います。

次の

女性からのボディタッチは好意あり?触られた部位別に女性の心理を解説!

ボディタッチ 女性

Contents• 女性から男性にボディタッチをする理由 女性がボディタッチをするのはどうしてなのでしょうか。 ボディタッチをする理由を見てみましょう。 ボディタッチは好意の表れである可能性大 ボディタッチをする女性心理はさまざまありますが、どんな理由であっても、好意の表れである可能性は高いです。 なぜなら、苦手なタイプや生理的に受け付けないタイプには、基本的に女性は触りたくありません。 そのため、普通に触ってくるなら、 嫌われているわけではないと思って大丈夫でしょう。 ボディタッチをする女性心理 それでは、ボディタッチをする女性は、どんな心理で触っているのでしょうか。 触るのが癖になっている ボディタッチをする女性のなかには、触るのが癖になっている人がいます。 このタイプの女性は、 ただのコミュニケーションとして触っている可能性が高いです。 とくにお酒を飲んだとき、気が緩んで相手との距離感が近くなり、無意識に触ってしまう女性がいますね。 自分以外の人にも触っているのを見たら、自分が特別なわけではないと思っていいでしょう。 男友達として仲良くなりたい 女性は日常的なコミュニケーションのひとつとして、ボディタッチをするケースもあります。 とくに男友達が多い女性は、 男性とハグをしたりボディタッチをしたりするのに抵抗がないことも。 あなたに好意はありますが、友達として仲良くなりたいと思っているのかもしれません。 女性として意識してほしい 小悪魔的な女性は、男性をその気にさせるにはボディタッチが効果的だと知っています。 女性として意識してほしい・男性にチヤホヤされたいという気持ちから、 わざとボディタッチをしてきている場合もあるのです。 そんな女性は、誰にでも同じようにボディタッチをしていることが多いので、弄ばれないように注意しましょう。 好意があって男性の反応を見ている もちろん、真剣に好きな気持ちがあって、ボディタッチをする女性もいます。 ボディタッチをするのは、好意を抱いていることを相手に伝えたい心理があるからです。 また、好きだけど相手が自分をどう思っているかわからないとき、 ボディタッチをして相手の様子を伺っている可能性もあるでしょう。 【部位別】ボディタッチの意味 相手がどんな心理で触ってきているのかは、触ってくる部位によってわかることも。 脈アリかどうか判断するために、部位別にボディタッチの意味をチェックしてみましょう! 頭 頭に触れるのは、 関係性が深い相手にしかできない行為です。 そのため、友達以上の感情があって、相手との親密さを確認するようにボディタッチをしている可能性が高いでしょう。 とくに、髪の毛を優しくなでてきたなら、 愛おしい気持ちが行動に表れてる証といえます。 ただし、年下男子や可愛い系の男子には、母性本能がくすぐられて頭にタッチすることもあります。 その場合、恋愛感情よりも友達感覚で触っている可能性があるでしょう。 肩 後ろから話しかけるときにポンポンと肩を叩いたり、疲れている様子の人に肩を叩いて励ましたりすることがありますよね。 肩は ボディタッチしやすい部位なので、恋愛感情がない人でも気軽に触ってきます。 冗談を言ったときに、女性側がツッコミのように「またまたー」と肩を叩いてくることもあるでしょう。 その場合、 女性側は気軽なコミュニケーションの一環として、ボディタッチをしていると考えられます。 親近感の表れといえるでしょう。 腕 腕を不意に触られて、キュンとしてしまう男性も多いのではないでしょうか。 腕は男性が触られていちばん嬉しいパーツといわれています。 女性は男性に 頼りたい・守られたいという気持ちから、好きな人の腕に本能的に触りたくなるのです。 「筋肉すごいね~」などと言いながら腕を触ってきたり、歩いているときに腕を掴んできたりしたなら、 脈ありサインの可能性が高いでしょう。 手 女性から手にボディタッチされたときは、 脈あり度がかなり高くなります。 たとえ友達として信頼し合っていても、異性の手に触れるのはなかなかできないことです。 ハイタッチ程度であれば、友達のスキンシップと考えられます。 しかし、手を握ってきたり触ってきたりしたときは、 女性として意識してほしい気持ちから、アプローチしている可能性大でしょう。 ただし、小悪魔女子が男性を落とすテクニックとして触っている場合もあるので、積極的にボディタッチをしてくる女性には注意してくださいね。 顔 「肌きれいだねー!」と言って触ってきたり、ふざけてほっぺをギュッとしてきたりするなら、 軽い気持ちで触っているだけの場合があります。 しかし、付き合っている相手の場合、相手を愛しいと感じていて、親密感を高めるために顔に触れるものです。 顔を触るには、相手のパーソナルスペースに入らなければいけません。 とくに 頬に触るのは、愛情を示すスキンシップのひとつになるので、自然とボディタッチをしてきたなら好意がある可能性が高いでしょう。 お腹 「ブニブニして気持ちよさそうー」「腹筋すごいね!」などと言って触ってきている場合、ポッコリしたお腹や筋肉質なお腹に興味があってボディタッチをしている可能性が高いです。 嫌いな人の体には触らないので好意はあると考えられますが、 脈ありかどうかは微妙なところ。 躊躇せずに気軽に触ってきているなら、恋愛度の低いボディタッチかもしれませんが、 ある程度親しい間柄じゃないと触れない部位といえるでしょう。 背中 背中は肩と同じく、 日常的なスキンシップとして触りやすい部位です。 背中に触れて呼び止めたり、笑ったときに背中を叩いてきたりなどの行為は、友達感覚で触っている可能性があります。 とくに恋愛感情がなくても触ることがあるので、男性側も女性に背中を触られてキュンとする人は少ないようですね。 腰 軽く腰をポンと触ってくる程度であれば、 友達としてボディタッチをしている場合があります。 しかし、優しく腰に手を当ててくる場合は、かまってほしいと思っていて、甘えているのかもしれません。 とくに、後ろからギュッと抱きついてきたときは、積極的にアプローチしてきている可能性大。 他の男性に同じことをしていないなら、恋愛対象として見られていると考えていいでしょう。 女性にボディタッチをされたときのNG行動 女性にボディタッチされたとき、そのあとの言動を間違ってしまうと一気に引かれてしまうかもしれません。 恋のチャンスを無駄にしないように、ボディタッチをされたときのNG行動をチェックしておきましょう! デレデレする 女性に触られたとき、嬉しくなるのは男性心理として当然です。 しかし、デレデレニヤニヤすると、女性慣れしていないように見えて相手の気持ちが冷めてしまうことがあります。 好きな相手なら、 下心を出さずに余裕のある笑顔で対処しましょう。 女性にボディタッチをし返す 女性側からボディタッチされたからといって、あなたも同じように女性を触りまくってはいけません。 脈ありサインだったとしても、ボディタッチをした途端にベタベタ触ってくる男性はドン引きされてしまいます。 好意に応えるなら、 そのままボディタッチを受け入れればOK。 堂々とした態度で接しましょう。 「俺のこと好きなの?」と聞く 脈ありだと気づいても、女性に「俺のこと好きなの?」と聞くのはもってのほかです。 女性側は勇気を出してボディタッチをしている可能性があるため、 その一言で恥ずかしい気持ちにさせてしまう場合があります。 また、友達関係としてのボディタッチだったとき、「うわ…調子に乗ってる」と思われてしまうかもしれませんよ。 相手からの脈ありサインだと思ったら、会話を重ねてコミュニケーションをとってから、 ゆっくり気持ちを確かめていきましょう。 ボディタッチをされたら心理を読み取ってみよう 男女で比べると、女性の方がボディタッチを気軽にしていることがあります。 好意の表れである可能性が高いですが、 ただの触り癖だったり友達感覚だったりするケースもあるようですね。 恋愛感情があるのか確かめるには、今回解説したボディタッチの部位別の意味を参考にするのも方法のひとつです。 もし女性からボディタッチをされたら、 舞い上がらず冷静に女性心理を読み取ってみてくださいね!.

次の

ボディタッチは女性からの好意の証!?勘違いさせる女の本音6つ!

ボディタッチ 女性

街コンや合コンなど出会いの場で、男性から腕と腕が触れるようなボディタッチをされて「このボディタッチはどういう意味?」と戸惑った経験のある女性は多いはず。 女性からのボディタッチの場合は基本的に相手に好意があることをアプローチするためのものですよね。 好きな男性からのボディタッチだと「もしかして脈アリ?」とドキっとしてしまいます。 一方で、初対面の相手からのボディタッチに対しては「軽く見られているのかも…」と感じたり、職場の男性や男友達といった顔見知りの異性からのボディタッチには「ただの下心なのでは?」警戒したり嫌な気持ちになったりしたことのある女性もいるでしょう。 ここでは、男性からのボディタッチに隠された心理をご紹介します。 男性からのボディタッチは基本的に「好意」のサイン 基本的に嫌いな人に自分からボディタッチをしようとする男性なんていません。 特に女性とのコミュニケーションに対して「セクハラ」が問題視される昨今では、自分から女性にボディタッチをするのは男性にとってハードルが高い行為です。 そのうえで男性がボディタッチをする心理には「好意」が込められていると考えられます。 ただし、注意して欲しいのがその好意が恋愛感情によるものとは限らないということ。 恋愛対象として好ましいと思っている場合もあれば、友情だったり、単純な下心からだったりとボディタッチの意図は、人によってさまざまです。 ボディタッチをする男性心理について詳しくご紹介します。 ボディタッチをする男性心理 恋愛感情のアピール 女性に恋愛感情としての好意を抱いていることをアピールしたい場合、ボディタッチという手段をとる男性もいます。 特にコミュニケーション能力が高くない口下手な男性の場合、恋愛感情のサインとしてボディタッチをすることで相手にそれとなく自分の気持ちに気づいてほしいと思っているケースが多い傾向にあり。 男性が女性慣れしているというパターンもありますが、ボディタッチそのものがぎこちない、または口下手な男性が突然ボディタッチをしてきたという場合は不器用ながらも恋愛感情をアピールしている可能性があります。 相手が脈アリか確かめたい 男性からのボディタッチの心理として「女性の好意を確かめたい」という場合があります。 ボディタッチをすることで「嫌な顔をしていないか」「ポジティブな反応を返してくれるか」など、相手の表情や態度から脈ありかどうかを確認しています。 女性が明らかに嫌な反応をしているにもかかわらず、ボディタッチをしつこく繰り返す場合は、相手の気持ちに配慮ができないデリカシーのなさや下心丸出しの男性だと見極められます。 コミュニケーション 会話が弾んだときに、その場の勢いで無意識にボディタッチをする男性もいます。 女友達が多い男性だと、友情の意味合いとして自然にボディタッチをすることも。 見極め方のポイントとしては、特定の女性だけではなく誰にでも平等にボディタッチをする男性かどうか。 その場合は、恋愛感情というよりは友情からくる好意としてボディタッチをしている可能性があります。 女性の体に触りたい 女性の体に触りたいという下心からのボディタッチもあります。 特に料理と一緒にお酒も楽しめる街コンや合コンの場では、下心が出やすくなり酔った勢いでボディタッチをする男性も。 手や肩だけではなく、胸や太ももなど明らかに触る必要のない場所へのボディタッチは間違いなく下心からくる行為です。 本当に好意を持っている相手であれば、関係にヒビが入りやすい過度なボディタッチは避けるもの。 女性が嫌がっているにもかかわらず、無遠慮なボディタッチをするのであれば自分の欲求を満たすことしか考えていない下心100%の男性なので要注意です。 ボディタッチする場所にも意味あり? 部位別で見る男性の気持ち 単純にボディタッチと言っても、触る場所によって男性の気持ちが隠されていることもあります。 「このボディタッチにはどんな意味があるの?」と気になったことがある女性に向けて、ボディタッチされやすい部位別に男性心理をご紹介します。 頭 基本的に男性が女性の頭に手を置く、頭を撫でる等はかなりハードルが高いため、頭を撫でられた場合は好意を持たれている可能性があります。 特に後頭部を上から下へ「よしよし」するタイプの撫で方は、恋愛感情としての可能性大です。 また、頭を撫でることで「どこまで許してくれるか」と女性の気持ちや距離感を図っているケースもあり。 ただし、くしゃくしゃと頭を撫でられる場合は恋愛感情というよりも友人や妹的な可愛くて仕方ない存在として好意を抱いているケースが多いので要注意。 ヘアスタイルを乱して相手の困った反応を見たい男性心理による可能性があります。 頭をポンと叩くよりも、頭を撫でるスピードがゆっくりなほど脈アリなケースが多く、さらに2人きりの場で撫でられたときは恋愛対象として意識されている可能性が高くなります。 手 男性が女性に愛情表現を示すボディタッチの代表的な場所には「手」もあげられます。 子どものときならまだしも、成人してから異性の友人と手を繋ぐケースは少ないもの。 だからこそ男性から手を繋ぐ、手を重ねるようなボディタッチには「もっと親密になりたい」という男性心理が隠されていると言えるでしょう。 けれど、手を握るという行為には体目的の意味合いも含まれるため、相手の言動から心理を図ることも大切です。 好意を持っていない男性からの手を繋ぐ行為に対して、場に流されて握り返したり触れ返したりしてしまうと、不要な勘違いを生みかねないため注意しましょう。 髪の毛 男性にとって女性の象徴とも言える髪の毛へのボディタッチは、魅力的な女性として好意を持っている可能性があります。 髪には性的な意味合いを含むこともあり、男性が髪に触れる行為には深い関係になりたいという思いが込められていることも。 髪の毛のゴミをとるような触り方であっても、恋愛感情とまではいかなくても、髪に触れる行為にはいたずら心や構ってほしいアピールのケースもあり、男性から気を引きたい存在として思われていると言えます。 肩・背中 肩や背中へのボディタッチはねぎらいの意味合いが大きいため、恋愛感情というよりも親近感のある関係性の表れが強そうです。 特に「肩ポン」肩を叩くようなボディタッチはどちらかというとスキンシップの意味合いが強いので、相手が特別な感情を持っているとは限りません。 けれど、ねぎらいの意味だとしても嫌いな相手の体に触れることはないため、これから関係を深められる可能性はあります。 ただし必要以上に肩を触ってくる、腰より下を触ってくる場合は下心からくるケースが多いので気をつけましょう。 腕 腕へのボディタッチは下心による可能性が高くなります。 そもそも相手の気を引くのが目的であれば、腕よりも抵抗の少ない肩や声かけで問題ありません。 それでも腕を触るという行為には「腕ならそれほど怒られないだろう」という男性の下心が隠されている場合があります。 女性の二の腕は胸の感触と同じと言われている部位でもあるため、女性らしい柔らかな感触を味わいたいという下心の可能性大です。 ただ、腕と腕が触れるような距離の取り方であれば、下心というよりももっと仲を深めたい、というアピールの可能性が高いです。 胸・下半身 胸をはじめ、太ももやお尻といった下半身へのボディタッチは、言うまでもなく下心丸出しの行為です。 常識のある男性であれば、本当に好意を持っている交際前の女性の胸や下半身には決して手を触れることはありません。 たとえ男性が飲みの場の軽いノリでふざけて触ってきたとしても、アルコールが入っているからと許してしまうのはNG。 セクシャルな意味合いの強い場所へのボディタッチをすぐに許してくれる女性として、本命ではなく遊び相手としか思われなくなってしまいます。 異性からのボディタッチに対する男女意識の違い 男性からのボディタッチに対して「付き合ってもないのにどうしてそんなに触ってくるの?」と疑問に感じている女性もいるでしょう。 一方で、ボディタッチを苦手とする女性に対して「女性はイケメンからのボディタッチなら嬉しいんだろう」と思っている男性もいるかもしれません。 異性からのボディタッチに対する男女の考え方の違いについて、調査してみました。 好意がない相手からでも嬉しい? 男性のボディタッチへの本音• 好きな相手じゃなくてもOK!女性からのボディタッチは嬉しい 女性からのボディタッチであれば、好意を持っていない相手でも嬉しいと思ってしまうのが正直な気持ちです。 これも男の本能なのかもしれません…。 (男性/30代)• 女性からのボディタッチなら歓迎 別にキスまでするわけじゃないので、ボディタッチくらいなら全く問題ありません。 異性からのボディタッチなんて、嬉しいに決まっています。 (男性/40代)• 恋愛経験が少ないので女性からのボディタッチは苦手 彼女がいないので、女性からのボディタッチは軽い肩ポン程度でもどうしていいのか戸惑ってしまいます。 そんな女性は男性慣れしている感じがするので、どちらかというとボディタッチが苦手な女性のほうが好きです。 (男性/20代) 「イケメン無罪」は本当? 女性のボディタッチへの本音• イケメンだろうが不要なボディタッチは気持ち悪い どれだけ顔が良かろうが、好きでもない相手からは触れられたくないです。 肩をトントンされるのすら、言葉で話しかけて欲しいと正直気持ち悪く感じます。 (女性/年齢非公開)• 大人しそうな男性からの不自然なボディタッチが苦手 まだ恋人になっていない段階での、ボディタッチが苦手です。 特に草食系だと思っていた男性が、距離を詰めるために不自然に触れてくるのが受け入れられません…。 不誠実な男性に思えてガッカリします。 (女性/年齢非公開)• イケメンの同僚さんとのハイタッチが楽しみ 週イチで会うイケメンの同僚さんと会うたびに、挨拶の意味でハイタッチします。 向こうからは仕事仲間としか思われていないのがわかるので、そのハイタッチが一週間で一番の私の楽しみ!!(女性/年齢非公開) イケメンでもNG!好きでもない相手からのボディタッチを好まない女性が多数 好意を持っていない相手だとしても異性からのボディタッチは嬉しいと感じる男性が多いのに対して、女性は苦手意識を持っている傾向にあることが分かりました。 男性の思う「イケメンなら許される」というイメージに対しても「好きでもない相手からは触れられたくない」という声があり。 「イケメンなら嬉しい」という女性もいますが、そのほかにも「彼氏以外の男性から触られて大丈夫な女性は少ない」「彼氏から触られて嬉しい場所でも、それ以外の男性から触られるのは鳥肌もの」という意見が根強く、交際前の異性からのボディタッチを好ましく思わない女性の方が多いようです。 また男性からのボディタッチがトラブルを生みやすいのに対して、女性からのボディタッチは「自分に気があるのでは?」と勘違いの元になるケースも多く、男女ともに異性へボディタッチをする際は注意が必要です。 男性からボディタッチされたくないときの断り方 好きでもない男性からのボディタッチを望まない女性の場合、どうすれば上手くお断りできるのかをご紹介します。 分かりやすい反応で相手にきっぱり「NO」を伝える 男性からのボディタッチに対して、愛想笑いでやんわりと断る女性も多いでしょう。 けれど、女性の曖昧な対応を男性はポジティブに受け取ってしまい「脈アリ」だと判断しかねません。 男性は女性に比べてコミュニケーション能力が高くないため、ハッキリと言葉で伝えなければ「拒絶」だと察することができない可能性があります。 そのため、望まないボディタッチに対しては笑顔を見せずに不機嫌な顔や真顔で「やめてください」と拒否することが大切です。 周囲に助けを求める 自分からきっぱり断るのが難しい場合は、周囲に相談して助けの手を出してもらいましょう。 や合コンであれば、主催者やスタッフに相談して席を離してもらったり注意してもらったりするのも効果的です。 周囲から過度なボディタッチを非常識な行動と指摘してもらうことで、男性は周りの目を気にしてボディタッチをしにくくなります。 男性からのボディタッチに対して「自分に隙があるのかも…」と自分を責めてしまう女性もいますが、悪いのは相手の気持ちを察せられずに自分の気持ちばかりを優先する男性です。 男性からのボディタッチで嫌な思いをしたのであれば、遠慮なく周りに助けを求めましょう。

次の