ご 自愛 の ほど お願い 申し上げ ます。 「ご自愛ください」の意味や使い方。目上の人への文例など紹介します!

「ご自愛ください」は目上にOK?NG敬語は?

ご 自愛 の ほど お願い 申し上げ ます

「ご自愛ください」の目上の人への使い方 「ご自愛ください」という表現は相手の健康を気遣う言葉なので、年齢や性別を問わず使える丁寧な表現です。 もちろん、目上の人にも使えます。 むしろ、親しい友人や年下の人よりも目上の人へ使う方が多いかもしれません。 相手をいたわる表現なので、目上の人に対して積極的に使いましょう。 「お体にご自愛ください」という表現は間違っている お体にご自愛くださいという表現を見かけることがありますが、この表現の仕方は実は間違っています。 以下では、「お体にご自愛ください」がなぜ間違っているのかを解説していきます。 ご自愛は体を大切にしてという意味がある 相手の健康を気遣う言葉なので一見正しいように思えますが、「自愛」は「自分の体を大切にする」という意味なので、「お体に」という部分を付けると、「体」という意味を二重に表現していることになってしまいます。 「ご自愛ください」で「自分のお体を大切にしてください」という意味であることを頭に入れておきましょう。 手紙の結びの言葉に「お体にご自愛ください」を使うのもマナー違反 手紙の結びの言葉として、「お体にご自愛ください」を使用するのもマナー違反です。 二重表現の言葉を使用するのは相手に対しても失礼な行動になります。 結びの言葉に使用するのは控えましょう。 「ご自愛」は元気な人に使う表現 相手が病気や怪我で体調を崩しているときに「自分の体を大切に」という意味で「ご自愛ください」と使いたくなってしまうかもしれません。 しかし、「ご自愛ください」という表現は、 体調が悪くない人に対して「体調を崩さないように気をつけて」という意味で使うのが一般的です。 体調を崩してしまっている人に対しては「1日も早い回復をお祈り申し上げます」といったような表現に変えます。 早く元気になってほしい、回復してほしいという気持ちを「ご自愛」ではなく他の言葉で表現します。 「ご慈愛」は全く違う意味 「じあい」と読む言葉に「慈愛」があります。 似たような表現で「愛」の字が入っていることから、よく間違える言葉の一つでもあります。 「慈愛」は「自分への深い愛情」という意味があるので、「ご慈愛ください」というと「私を大切にしてくださいね」という反対の意味になってしまいます。 相手の健康を気遣う表現は「ご慈愛ください」ではなく、「ご自愛ください」です。 「ご自愛」のビジネスメールで使える鉄板フレーズ・例文4選 「〜ので、ご自愛ください」.

次の

「ご自愛ください」の意味や使い方。目上の人への文例など紹介します!

ご 自愛 の ほど お願い 申し上げ ます

回復を願う• 一日も早いご回復を心よりお祈り致しております。 一日も早く怪我(病気)から回復されることをお祈り申し上げます。 一日も早く職場に復帰されることをお祈り申し上げます。 どうか焦らず、じっくりと治療に専念してください。 ゆっくりご静養ください。 この機会に体を休めてください。 仕事のことは忘れて、ご静養に専心されてください。 相手がちょっとした体調不良で休んだ場合は、「病気(怪我)の具合はいかがですか?」「その後の容態(具合)はいかがですか?」など状態をケースもあります。 しかし、 相手が重病・重症で休んでいる場合は具合を聞くことで辛く感じさせてしまう可能性があるので、避けたほうがいいでしょう。• 秋の長雨が続いております。 風邪など召されませぬよう、 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 向寒の折柄、 何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。 次は季節ごとに使える、「ご自愛ください」の例文を解説します。 4.「季節柄ご自愛ください」の季節別例文集 「ご自愛ください」は年賀状や暑中見舞い、残暑見舞いによく使われる表現ですが、 1年通して使うことができます。 「ご自愛ください」の前につける理由や時候の挨拶によって使い回しが可能です。 季節の暦は昔のものでも現代のものでも、どちらを使っても間違いではありません。 手紙で季節の話をする場合は暦の季節を使いますが、現代の暦(気象庁の定義)を使う人も増えているからです。 まずは春夏秋冬の暦の定義と、時候の挨拶を表で確認しておきましょう。 春もたけなわの頃となりました• 風薫る季節となりました• 暑中お見舞い申し上げます• 残暑お見舞い申し上げます• いよいよ秋も深まって• 朝晩はめっきり寒くなって参りました• 寒中お見舞い申し上げます• 立春とは名ばかりでまだまだ寒い日が続いております• 寒さの中に春の気配を感じる頃となりました 立春、立夏、立秋、立冬は年によって日にちが1〜2日変わりますが、大体の目安は以下のようになっています。 年末に近づき仕事も一段と忙しくなる時期かと思いますが、くれぐれも ご自愛ください。 (11月)• あわただしい年の暮れ、くれぐれも ご自愛ください。 (12月)• 寒さひとしお厳しき折、何卒 ご自愛ください。 (1月)• 三寒四温の時節柄、どうか ご自愛ください。 「治療に専念して早く良くなってください」「病気が悪化しませんように」といった相手の健康状態を気遣い、体調の回復を願う言葉です。 親しい間柄なら「お大事に」だけでもいいですが、目上の人に対しては「お大事になさってください」と丁寧に言うようにしましょう。 時期柄、大変ご多忙と存じますので、どうぞお体を お労わりください。 残暑厳しい折、どうぞお体を お労わりください。 おいといください 「おいといください」は漢字で「お厭(いと)いください」と書きます。 「厭う」は「大事にする」「労わる」などの意味があるので、「おいといください」で 「体を大事にしてください、労ってください」というになります。 「厭う」には「嫌う」「避ける」という意味もあって紛らわしいので、相手の健康を気遣うときに使う場合は、「おいといください」とひらがな表記するのが一般的です。 相手の体を気遣う気持ちが強い表現ですが、 あまり使われない言葉なので使うなら「お労わりください」のほうが妥当でしょう。

次の

暑中見舞いの文例:暑中見舞いの文例・例文、暑中見舞いへの返事、ビジネス暑中見舞い、暑中見舞いに使える俳句「年賀状・暑中見舞いドットコム」

ご 自愛 の ほど お願い 申し上げ ます

「ご自愛ください」は目上の人に使える? 何となく上から目線のような気がして「 目上の人に使ってはいけないのではないか」と考えている人もいますが、そんな事はありません。 どんな立場の人にも使うことができます。 相手の健康を気遣う言葉なので、 目上、目下、男性、女性に関係ないとされています。 目上の人に対しては失礼では、とされたのは「 ください」の部分のようです。 動詞「くださる」の命令形であり、相手への要求や依頼をする時の「ご(お)~ください」と同じ形でもあるため、押しつけがましいイメージがあるからではないか、と言われています。 つまり、「こちらにご記入ください」と言ったら、尊敬語の形は取っていますが、「書きなさい」という意味です。 お願いする場合は「こちらにご記入いただけますか?」と別の表現をしますね。 「 ご自愛ください」をそれと同じようにとらえて、押しつけがましい、余計なお世話だ、と感じた人が当初は多かったようです。 ですが、今は手紙やメールの結びの文章として定型化していますので、目上の人に使っても全く問題ないとされています。 気になる人は、「 どうぞ、ご自愛ください」「 ご自愛くださいませ」のように言葉を補って使うと良いでしょう。 「ご自愛のほどお祈りいたします」「ご自愛のほど心よりお願い申し上げます」といった表現が大辞林に掲載されています。 ほかにどんな言い回しがある? 特に病気や体調が悪い場合には、「お大事に」「お大事にしてください」「大事になさってください」などと言いますね。 元々は「これ以上大事に至らないよう(=悪くならないよう)お祈りしています」という意味だったと言いますから、これこそ不思議な使い方ですね。 ほかにも「お体に気をつけてください」「御身おいとい下さい」「くれぐれも御身お大切に」「お健やかにお過ごしください」「ご健康をお祈りいたしております」などの表現があります。 目上の人に使わない、という意見と使っていい、という意見に分かれているのです。 現在は目上への 「お疲れ様」はOK、「ご苦労様」はNGというのがビジネス上は定説になっています。 ただ、選挙の演説などでは大体「お勤め、ご苦労様でございます」と表現しています。 これは有権者を下に見ているのではなく、仕事で色々と苦労があるでしょう、というねぎらいの表現だと言います。 そうなると、上司に「ご苦労様でした」と言っても良さそうですね。 ただ、殆どの人はビジネス上の定説が頭の中にあると思うので、相手を見て使い分けるようにしましょう。 「承知」は謙譲語なので、相手に対してへりくだった表現になるのです。 「~していただけませんか」「~していただけましたら幸いです」などという言い回しが適切です。 そのため、目上に対し「〇〇していただけると助かります」「〇〇していただけて助かりました」はふさわしくないと言われています。 「恐れ入りますが(お手数をおかけしますが)〇〇していただけないでしょうか」「〇〇していただければ幸いです」「ご協力いただき、〇〇ができました。 ありがとうございました」といった表現にしましょう。 言葉のマナーは時代と共に変わることもあり、大変難しいものです。 ですが、上司や得意先の担当の気分を害してしまっては、どんなに良い仕事をしてもあなたの評価は下がってしまいます。 最低限の知識は持つようにしましょう。

次の