中国 ジェイ アール バス。 高速乗合バス

ジェイ・アール北海道バス

中国 ジェイ アール バス

シンボルの「つばめマーク」 JRバス(ジェイアールバス)は、旅客鉄道会社6社の子会社が運行するの総称である。 略称 JR-B。 元は、が()の先行開業などとして運行していたを、1987年4月のに際して、JR旅客鉄道会社が事業を引き継いだものである。 民営化時の合意により、本州3社(、、)は翌年4月に子会社を設立してバス事業を分離・子会社化した一方で、3島会社(、、)については、直営とされた。 その後、2000年代に3島会社のバス事業も相次いで分離・子会社化され、2004年のJR四国を最後に、バス事業の分社化が完了している。 ただし、2011年ににより被災し、(バス高速輸送システム)として運行中のとに関しては、JR東日本が運営している。 またこれら路線のバス車両はJR東日本が保有しているが、運行に関する業務は地元バス事業者に委託されている。 近年では沿線の過疎化により、の路線などの例を除いて一般は全体的に縮小傾向にあり(もともと赤字路線が多かったため)、特にでは一般路線バス事業から全面撤退している。 その一方でには積極的に力を入れ、昼特急や夜行高速バス「ドリーム号」のようなドル箱路線が・を走行する路線を中心に多数存在している。 社名について、発足当時はアルファベットを商号登記できない事情もあり、社名を ジェイアール(北海道はジェイ・アール)とカタカナで表記している。 その後、商業登記規則の改正によりアルファベットの登記も可能となったが、2012年7月1日にジェイアール九州バスがに社名変更したのを除き、各社ともカタカナ表記のままである。 JR時刻表(発行)などでは「JRバス関東」などのように「JRバス」で表記されている。 ただし、ジェイ・アール北海道バスのみは他のJRバス各社とは異なり「JR北海道バス」とは表記されない。 沿革 [ ] 民営化以前はを参照。 1987年(昭和62年) -。 はJR旅客鉄道6社に下記のように引き継がれる。 (昭和63年)4月1日 - JR東日本・JR東海・JR西日本の自動車部門を分離・子会社化。 (10年)7月1日 - JRバス発足10周年を記念した8社共同キャンペーン「バス旅フォトラリー」実施(事務局:、2000年3月まで)• (平成12年)4月1日 - JR北海道自動車事業部を分離・子会社化。 株式会社営業開始。 (平成13年) - JR九州自動車事業部を分離・子会社化。 株式会社営業開始。 (平成16年)4月1日 - JR四国自動車事業部を分離・子会社化。 株式会社営業開始。 (平成20年)5月1日 - JRバス発足20周年を記念した8社共同企画「」発売。 (平成21年)9月30日 - ジェイアール東海バスが一般路線バス事業から全面撤退。 JRバス8社の中では初めて。 (平成24年)7月1日 - ジェイアール九州バス株式会社がJR九州バス株式会社に商号変更。 代表的な車両 [ ] JR九州バスの車両をのぞいて、ほとんどの車両の車体側面にはツバメが描かれている。 このうちジェイアールバス東北及びジェイアールバス関東以外の車両にはツバメの目が描かれていない。 一般路線用車両 [ ]• JR九州バス 744-2952 車両所有台数 [ ]• バスジャパン・ハンドブックシリーズ3「西日本ジェイアールバス」(1995年・BJエディターズ)• バスジャパン・ハンドブックシリーズ5「中国ジェイアールバス」(1996年・BJエディターズ)• バスジャパン・ハンドブックシリーズ8「北海道旅客鉄道」(1996年・BJエディターズ)• バスジャパン・ハンドブックシリーズ9「四国旅客鉄道・九州旅客鉄道」(1996年・BJエディターズ)• バスジャパン・ハンドブックシリーズ20「ジェイアールバス東北」(1997年・BJエディターズ)• バスジャパン・ニューハンドブックシリーズ37「ジェイアールバス関東」(2002年・BJエディターズ)• JR気動車客車編成表2019(2019年・交通新聞社)• JR気動車客車編成表2020(2020年・交通新聞社) 関連項目 [ ]• - 前身• 車両形式•

次の

ジェイ・アール北海道バス停時刻表

中国 ジェイ アール バス

販売額・利用可能額 [ ] 一般カード• 1,000円カード - 1,100円分利用可能• 2,000円カード - 2,200円分利用可能• 3,000円カード - 3,300円分利用可能• 5,000円カード - 5,500円分利用可能• 10,000円カード - 11,500円分利用可能 とくとくバスカード(廃止) 降車時刻が10時~16時の場合に限り有効。 時刻表上では有効降車時刻であっても、遅れ等により有効時刻外となった場合は利用できない。 2,000円カード - 2,500円分利用可能(2014年9月30日をもって販売を終了)• 10,000円カード - 13,000円分利用可能(2013年11月30日をもって販売を終了) 利用可能路線 [ ] 札幌圏での利用が不可能となった2015年4月1日以降は、のみで利用可能となっている(同地域のでは利用不可)。 それ以前においても、以下の路線では利用が不可能となっていた。 高速おたる号を除く都市間バス• 共同運行路線での他社運行便• 臨時バス・期間限定バスの一部• 高速おたる号、ではとくとくバスカードのみ利用不可で、通常のカードは利用可能であった。 札幌圏へのICカードの導入・バスカード取り扱いエリア縮小へ [ ] ジェイ・アール北海道バスでは、2013年6月22日よりIC乗車カード「」を札幌圏各線で導入した(・をはじめとする相互利用対象ICカード10種類も利用可能)。 それに伴い、札幌圏におけるジェイ・アールバスカード(一般・とくとく)の取り扱いについて、2014年9月30日を以って発売終了、2015年3月31日を以って使用終了とすると発表された。 このため、札幌地区での使用終了翌日より5年間、同地区のジェイ・アールバス各営業所・バスチケットセンターの窓口にて無手数料で払戻しを実施している(ただしの払い戻しは中央バスでのみの実施)。 なお、ICカード「SAPICA」の導入予定がない日勝線については(一般カードのみ)引き続き利用可能となっている。 利用方法 [ ] 札幌圏• 乗車時に整理券を取る。 降車時に整理券を運賃箱に入れた後でカードリーダーに通す。 整理券を運賃箱に入れると、整理券に記されたバーコードを読み取り運賃を判別する。 日勝線• 乗車時と降車時にカードリーダーに通す。 乗車時に整理券情報が記録されるため、整理券は不要。 販売箇所 [ ] 車内・沿線で使用できるカードを販売 現在 [ ]• バス車内• 過去 [ ]• ・(トラベルセンター、自動販売機)• (JR北海道)駅窓口.

次の

ジェイアール東海バス

中国 ジェイ アール バス

販売額・利用可能額 [ ] 一般カード• 1,000円カード - 1,100円分利用可能• 2,000円カード - 2,200円分利用可能• 3,000円カード - 3,300円分利用可能• 5,000円カード - 5,500円分利用可能• 10,000円カード - 11,500円分利用可能 とくとくバスカード(廃止) 降車時刻が10時~16時の場合に限り有効。 時刻表上では有効降車時刻であっても、遅れ等により有効時刻外となった場合は利用できない。 2,000円カード - 2,500円分利用可能(2014年9月30日をもって販売を終了)• 10,000円カード - 13,000円分利用可能(2013年11月30日をもって販売を終了) 利用可能路線 [ ] 札幌圏での利用が不可能となった2015年4月1日以降は、のみで利用可能となっている(同地域のでは利用不可)。 それ以前においても、以下の路線では利用が不可能となっていた。 高速おたる号を除く都市間バス• 共同運行路線での他社運行便• 臨時バス・期間限定バスの一部• 高速おたる号、ではとくとくバスカードのみ利用不可で、通常のカードは利用可能であった。 札幌圏へのICカードの導入・バスカード取り扱いエリア縮小へ [ ] ジェイ・アール北海道バスでは、2013年6月22日よりIC乗車カード「」を札幌圏各線で導入した(・をはじめとする相互利用対象ICカード10種類も利用可能)。 それに伴い、札幌圏におけるジェイ・アールバスカード(一般・とくとく)の取り扱いについて、2014年9月30日を以って発売終了、2015年3月31日を以って使用終了とすると発表された。 このため、札幌地区での使用終了翌日より5年間、同地区のジェイ・アールバス各営業所・バスチケットセンターの窓口にて無手数料で払戻しを実施している(ただしの払い戻しは中央バスでのみの実施)。 なお、ICカード「SAPICA」の導入予定がない日勝線については(一般カードのみ)引き続き利用可能となっている。 利用方法 [ ] 札幌圏• 乗車時に整理券を取る。 降車時に整理券を運賃箱に入れた後でカードリーダーに通す。 整理券を運賃箱に入れると、整理券に記されたバーコードを読み取り運賃を判別する。 日勝線• 乗車時と降車時にカードリーダーに通す。 乗車時に整理券情報が記録されるため、整理券は不要。 販売箇所 [ ] 車内・沿線で使用できるカードを販売 現在 [ ]• バス車内• 過去 [ ]• ・(トラベルセンター、自動販売機)• (JR北海道)駅窓口.

次の