燃料 用 アルコール で 消毒。 燃料用アルコールは消毒にはむきません

燃料用アルコールは消毒用には使えませんよー

燃料 用 アルコール で 消毒

いつもご覧いただきありがとうございます。 地元の材料を使って快適で省エネな家を造っている那須塩原の工務店、斎藤建設の斎藤です。 昨日、ドラッグストアに燃料用アルコールを買いに行ったら、レジのお姉さんに「お客様、燃料用アルコールは消毒には使えませんが、大丈夫でしょうか」と、いつもは聞かれない質問をされました。 理由を聞いて見ると、新型コロナウィルスの問題で消毒用アルコールや無水エタノールなど、消毒用に適したアルコールが品薄状態で買えないので、燃料用アルコールを買う方がいらっしゃる様なのです。 燃料用アルコールをなぜ消毒に使ってはいけないのかと言うと、人間に毒性のあるメチルアルコール(メタノール)が含まれているからです。 斎藤の手元にある燃料用アルコールのボトルを見ると メタノール76. 6%、エタノール21. 4%、イソプロパール2. 0%という含有構成になっています。 6%含まれているメタノールが問題なのですが、高校生の頃、科学の先生にメチル=目散るアルコールと覚えると、エタノールとメタノールどっちが毒性が覚えられと教えて頂きました。 メタノールは日本では劇物に指定され、多量に摂取すると、吐き気やめまいのほか、こん睡や発作などの意識障害を起こすおそれがあり、症状が進むと失明したり命を落としたりする危険もあるといわれています。 実際、燃料用アルコールも、ドラッグストアによっては鍵がかけられて売られている場合もあります。 ちなみにエタノールはお酒にも含まれている飲めるアルコールです。 無水エタノールを買う事が出来た方は、エタノール8:水2ぐらいの割合で希釈して、消毒用アルコールとして使ってくださいね。 無水エタノールは揮発性が高すぎで、すぐに揮発してしまい十分な消毒効果が得られないそうです。 こうして作った消毒用アルコールの液も、入れる容器が大切です。 100円ショップに容器を買いに行く方が多いと思いますが、容器の材質がポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリ塩化ビニル(PVC)の物を選んでください。 ペットボトルで同じみなPETの製品が多く置かれていますが、アルコールが容器を溶かしてひびや変形をしたり、アルコールの品質そのものが低下してしまう可能性があるようです。 可愛い容器はPETの物に多いのですが、そこはガマンです。 何でこんな事に詳しいのかと言うと、アウトドアやキャンプなどでアルコールバーナーを使っている人には馴染みのある話なのですが、アウトドアやキャンプに出かける前に、ご飯を炊く燃料、お湯を沸かす燃料、料理する燃料などの用途別に燃料用アルコールの量を測って小分けにして持っていきます。 こうしておくと、現地で測らなくて良いので便利なのです。 以前、小分けにする容器を、100円ショップに売っていたPETの物を買って使っていたら、変形したりおかしくなってしまったのです。 「何でだろう」と思って調べてみたら、こういう事だったのです。 皆さんもアルコールの種類も、容器の種類も十分に気を付けてご購入くださいね。 このブログを書いた人 斎藤賢一 家族………….. 妻、娘(小学生)、息子(小学生)、猫、金魚、サワガニ、熱帯魚、エビ 楽しいもの…キャンプ道具(ランタン、バーナー・ストーブ、クッカー、グリル)、キャンプ道具で調理すること …………………. 自転車(クロスバイク)、子供とディズニーリゾートに行くこと、ヴァイオリン(一応演奏します) 特技……………初めて会った猫に「シャー」と言われない。 お子さんと仲良くなれる。 仕事……………斎藤建設の社長・家づくり 小さなエネルギーで豊かな暮らしを~普段の生活を一番の幸せに 私たちは、高気密・高断熱とパッシブデザインを活かして、少ないエネルギーで1年中快適に暮らせる家づくりを行っている栃木県那須塩原市の工務店です。 斎藤建設へのお問い合わせ&資料請求はこちらから。 那須塩原や那須での家づくり、田舎暮らし、里帰り、移住、二拠点生活を応援しています。

次の

News Up 消毒用アルコール ひと文字違いが命取り

燃料 用 アルコール で 消毒

消毒や殺菌に最も適しているのは、濃度を80%前後に薄めた「消毒用エタノール」です。 水分が適度にあるとアルコールの分子が微生物の構造を破壊するのにちょうどいいほか、しみこむ速度や蒸発する時間も適しているということです。 市販品の消毒液はさらに別の消毒成分を加えたりジェル状にしたりして使いやすくしています。 ただ、現在はこうした商品が品薄なこともあって、「無水エタノール」や「エタノール」を購入し、精製水で薄めて使う人も少なくありません。 「皮膚に直接かかった場合、ただれてやけど状態になります。 コロナウイルスにかかる前にアルコール消毒で死にそうです。 消毒とっても大事!でも、でも、消毒時に周りを気にしてもらえたらすごくすごく助かります」(一部抜粋) エタノールを含むアルコールに触れたり揮発した気体を吸ったりすると、やけどをしたり、気道が腫れて呼吸困難になるのです。 そして、こうしたことを周りに理解してもらう一つの手段としてヘルプマークをふだんからつけているということです。 投稿に対するリツイートは7万件を超え、さまざまなコメントが寄せられました。 「私も同じなので気持ちわかります」 「アルコールに反応して症状が出ることがあるのは知っていたが、まさか消毒液まで反応するとは知らなかった」 リツイートした1人は、 「地元のある展示施設を訪れたら、入り口でスタッフが消毒用アルコールを持って客一人ひとりに消毒を促していたため、慌てて列を離れた」という体験を話してくれました。 もちろん消毒そのものをやめてほしいと思っている訳ではありません。 「消毒が一部の人たちにとっては命に関わることであることを知ってもらいたいんです。 外出先でスプレーするなら周りを気にしてほしい。

次の

誤ったエアコン洗浄で火災、5年間で20件 NITEが注意喚起 消毒用アルコールや漂白剤もダメ

燃料 用 アルコール で 消毒

無水エタノールは、水分をほぼ含まない純度の高いエタノールのこと。 洗浄力が高く、あっという間に蒸発する性質を持っていることから、水拭きができない電気製品などの掃除に使われてきました。 刺激が強く、肌に直接つくと水分を奪ってしまう性質もあります。 アルコール濃度が高いため、消毒力もその分強いように思われがちですが、瞬時に蒸発してしまうため、逆に消毒には向いていません。 一方の消毒用エタノールは、無水エタノールよりはアルコール濃度が低い分その場に留まってアルコールの効果を発揮するため、その名の通り「消毒」に向いています。 インフルエンザウイルスなど、エタノールで不活性化できるウイルスの消毒()などに効果を発揮し、人の集まる公共機関や病院などでよく使われています。 肌に対する刺激も、無水エタノールよりは低くなっています。 消毒用に使うためだけなら、最初から最適な濃度に薄めてある消毒用エタノールがとても便利です。 しかし、それ以外の用途も考えているのなら、無水エタノールを選ぶのもアリかもしれません。 というのも、無水エタノールを1本手元に用意しておけば、必要に応じて精製水で薄めてすぐに消毒用エタノールも作れる()からです。 無水エタノールは、電気製品などの掃除だけでなく、これからコラムでご紹介する生活雑貨のお手入れや、カビや害虫対策などにも使える上に、水で薄めれば消毒用エタノールとしてウイルス対策やお掃除に大活躍します。 またアロマテラピーの世界でも、無水エタノールは精油を水に溶けやすくするための溶剤として良く使われています。

次の