豆腐 料理 レシピ。 簡単なのに激ウマ!絹ごし豆腐のおすすめレシピ20選

豆腐のレシピ

豆腐 料理 レシピ

豆腐料理の魅力とは? 先述通り、豆腐は世界に注目される健康食品です。 それは ヘルシーなのに栄養価が高く、体にいい影響を与えることが多い機能性食品となっているためです。 ダイエットを中心として健康志向の方々が取り入れるだけでなく、食卓を彩る料理として多くの方が使う食材です。 アレンジの数も多く、どれも 美味しく食べられるだけに非常に使いやすいのが魅力の食材でもあります。 そんな扱いやすくてヘルシーで栄養価が高い豆腐を使った料理は、まさしく 美味しく健康を支えることが出来る料理として注目を集めているのです。 オクラ:6本• トマト:1個• 青じそ:5枚 ドレッシング• 純正ごま油:大さじ1• 塩こしょう:少々• 粗挽き黒こしょう:少々• 豆腐料理の中でも豆腐サラダはポピュラーとなっており多くのレシピがありますが、こちらは ヘルシーながらもドレッシングにパンチがあり、食べ応えのある美味しい調理となっていました。 アボカド:半分• 絹ごし豆腐:半丁• EXオリーブオイル:大さじ3• レモン汁:大さじ1• わさび:小さじ1• 醤油:小さじ1• 豆腐は木綿豆腐でもいいですが、絹ごし豆腐の方が程よい甘味が際立ち、 アボカドの食感を活かせて美味しく仕上がります。 レシピ: 豆腐とえのきだけのおすまし 出典: 材料• 豆腐:1丁• えのきだけ:1パック• 酒:大さじ3• みりん:大さじ1• 薄口醤油:大さじ2• 青ネギ:適量 多くの場合豆腐となると味噌汁が思い浮かぶかもしれませんが、あっさりとおすましでも美味しくいただけます。 またこちらの方が作るのが簡単でもあるのでおすすめです。 一緒に入れたえのきだけの歯ごたえを感じつつ、 ちょっと甘めで優しい味付けが美味しい一品です。 レシピ: 甘辛豆腐の卵とじ 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• だし汁:100ml• 醤油:大さじ2• 酒:大さじ2• みりん:大さじ2• 片栗粉:適量• 卵:2個• 水菜や小葱など:少量 少しがっつりたおかずをご紹介します。 甘辛く味付けをした豆腐の卵とじです。 親子丼のような味わいで分量もあるため、満足感のある一品になっています。 丼ものにするのもいいですし、水菜や小葱の代わりに三つ葉などを乗せても味のアクセントになって美味しくなります。 木綿豆腐:1丁• 片栗粉:適量 タレ• マヨネーズ:大さじ4• 醤油:大さじ1• 練乳:小さじ1• 砂糖:小さじ1 練乳がなく砂糖だけなら小さじ1. 簡単に作れるのもそうですが、 ご飯のおかずに味の濃いこの料理はよく合います。 豆腐の代わりに厚揚げでも代用できますが、豆腐の方がより美味しく作ることができます。 レシピ: えびとブロッコリーのうま塩豆腐 出典: 材料• 海老:好きな分量• ブロッコリー:1房• 木綿豆腐:2丁• 鶏がらスープの素:大さじ1. 水:400ml• 塩こしょう:適量• サラダ油:適量• 水溶き片栗粉:適量 こちらは海老と豆腐を あっさり塩味のあんでまとめた一品になります。 エビマヨ風とは対極的に非常にさっぱりしているので、他のおかずと食べても味が喧嘩することはありません。 生姜などピリッとしたものを入れるとアクセントになってさらに美味しくなります。 レシピ: 簡単!おいしい麻婆豆腐 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• 豚挽き肉:50g• ニンニク みじん切り :1片• しょうが みじん切り :親指大• 砂糖:小さじ2• 酒:大さじ1• 醤油:大さじ2• 水:120ml• 水溶き片栗粉:適量• ごま油:大さじ1• ラー油:お好みで• 万能ネギ:少々 豆腐料理の定番である麻婆豆腐です。 材料さえ切ってしまえば炒めるだけで簡単に作れるのが嬉しいところです。 味付けにこだわっているので、市販の麻婆豆腐よりもピリ辛で美味しく仕上がっているのがポイントのレシピです。 木綿豆腐:1丁• 豚挽き肉:50g• 生姜 みじん切り :大さじ1• サラダ油:大さじ1• 水:100ml• 鶏がらスープの素 粉末 :小さじ1• 塩麹:小さじ1• 水溶き片栗粉:小さじ1• 黒こしょう:適量 少々珍しい塩麻婆豆腐という料理です。 ピリ辛の一般的な麻婆豆腐と違い、 塩麹と鶏がらスープであっさりとした仕上がりになっています。 辛いものが苦手な人や、お子様にも喜ばれる優しい味に仕上がっていました。 私はこちらに椎茸をみじん切りにして加えてみましたが、それも美味しかったです。 納豆:1パック• 卵:1個• とろけるチーズ:1枚 大豆製品を2つを使ったグラタンになります。 鶏肉などを使っていないので、 調理の工程が少なく非常に簡単なグラタンとなっています。 納豆のおかげで粘りはありますが、それがまたチーズと相まって美味しさの要素になっていました。 レシピ: わが家の*餃子の皮de豆腐ラザニア 出典: 材料• 餃子の皮::1袋• 豚挽き肉:150g• オリーブオイル:大さじ1• ケチャップ:大さじ4• こしょう:適量• ピザ用チーズ:適量• 粉チーズ:適量 豆腐ソース• 絹ごし豆腐:1丁• 牛乳:大さじ4• コンソメ 顆粒 :小さじ2 豆腐を使ってベシャメルソースの代わりに豆腐ソースを作ってラザニアにします。 ラザニア特有の層を 餃子の皮を使って簡単に作ってしまうところもポイントです。 焼く時間を除けば、比較的簡単にでき、アレンジもしやすいのでおすすめです。 豆腐:1丁• 茄子:1本• ニンニク:1片• 生姜 すりおろし :1片• カレールー:2片• ケチャップ:大さじ2• 砂糖:ひとつまみ• 赤ワイン又は白ワイン又は酒:大さじ2• オリーブオイル:適量• 玉ねぎ:半分• 目玉焼き又は温泉卵:お好みで• パセリ:お好みで 材料がやや多いドライカレーです。 カレーながらも肉の代わりに豆腐を使っているので ヘルシーに仕上がっています。 特殊な工程もないため簡単に作れるのも嬉しいポイントです。 赤ワインで作ると味に深みが出て美味しくなります。 レシピ: 豆腐そぼろのヘルシー三色丼 出典: 材料 豆腐そぼろ• 木綿豆腐:1丁• ごま油:大さじ1• 生姜 すりおろし :1片• 醤油:大さじ2• みりん:大さじ2• 砂糖:大さじ1 小松菜ナムル• 醤油:小さじ1• 白すりごま:少々 ふわふわ炒り卵 卵:1個• 塩:ひとつまみ• 水:大さじ1 鶏そぼろの代わりに豆腐そぼろを使ったヘルシー三食丼になります。 豆腐そぼろでも十分満足できる味付けと食感になっていました。 甘辛く作られた豆腐そぼろに甘く味付けられたナムルと炒り卵がよく合います。 レシピ: 10分で!100円で!豆腐の照りマヨ焼き 出典: 材料• 絹ごし豆腐:1丁• 片栗粉:適量• 砂糖:大さじ2• 醤油:大さじ3• みりん:大さじ2• 料理酒:大さじ1• マヨネーズ:適量 メイン料理に出来るヘルシーな豆腐の照り焼きです。 外はカリッと中はふわっと仕上がっているので、肉でなくても食べ応えのある料理です。 10分で素早く簡単にできるのも然ることながら、材料費も安いのが非常に嬉しいところです。 レシピ: 豆腐なのにご飯がススム!簡単豆腐ステーキ 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• 小麦粉:適量• 醤油:大さじ2• 砂糖:大さじ2• 酢:大さじ1• 材料は少ないですが 甘辛い味付けでがっつりいただける料理となっています。 レシピでは豆板醤はお好みでとなっていますが、使った方が美味しくなったので、ぜひ入れてください。 レシピ: 秘密の豆腐ハンバーグ 出典: 材料• 合挽き肉:300g• 絹ごし豆腐:1丁• パン粉:1カップ• 卵:1個• ケチャップ:大さじ4• 中濃ソース:大さじ2• 酒:大さじ3• みりん:小さじ2• バター:大さじ2弱 こちらも豆腐料理の定番となりつつある豆腐ハンバーグです。 簡単ではないのですが、あまりにも美味しかったので紹介させていただきました。 タネを作るところが少々大変ですが、その甲斐あって ヘルシーでさっぱりしているのに満足感のあるハンバーグに仕上がります。 レシピ: お豆腐とツナの簡単ナゲット 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁• ツナ缶:1缶• 卵:1個• 醤油:大さじ1• マヨネーズ:大さじ2 豆腐とツナを使って簡単にできるチキンナゲットです。 冷めても柔らかくて美味しい一品となるのでお弁当にも入れられる一品でした。 ひじきを入れるとちょっとした歯ごたえになり、ヘルシーさも増すのでちょっとした工夫におすすめです。 レシピ: トーフチップス 出典: 材料• 木綿豆腐:1丁 豆腐とレンジを使って簡単に作れるチップスになります。 ケチャップなどを付けて食べると美味しくいただけます。 ダイエット中にどうしても小腹がすいたときに使えるレシピとなっていますが、もちろん夕飯などにも使える一品です。 絹ごし豆腐:1丁• 片栗粉:100g• 砂糖:30g• 水:100ml• 黄な粉:適量• 黒蜜:適量 豆腐を使って簡単にできるわらびもちをデザートとしていかがでしょうか?豆腐と侮るなかれ、 ほのかな甘みと片栗粉でもちっとした食感で美味しい一品です。 ヘルシーでデザートなのにタンパク質などを摂れる一石二鳥の料理となっています。 ホットケーキミックス:200g• 砂像:適量 ホットケーキミックスを使えば簡単に豆腐ドーナッツが作れます。 外はカリッと中は持っちりとしたドーナッツに仕上がり、さめても美味しいレシピとなっています。 絹ごし豆腐:120g• チョコレート:80g 絹ごし豆腐のほのかな甘みと、そのやわらかくなめらかできめ細かい食感を活かして作られたチョコムースになります。 レンジさえ使えば簡単に出来るのも嬉しいレシピです。 食後のデザートに栄養価の高い豆腐チョコムースはいかがでしょうか。 レシピ:.

次の

低カロリーレシピ50選!ヘルシーな料理で健康的なダイエットをしよう♪

豆腐 料理 レシピ

キャベツたっぷり肉豆腐 包丁を使わずに電子レンジとキッチンバサミのみを使って作ることができるお手軽レシピです。 野菜や豆腐もたっぷり入った栄養満点ボリュームレシピなので、夜ごはんにもぴったりです。 【材料】 3人分 豚の小間切れ肉 200g 春雨 50g えのき 0. 5袋 キャベツ 100g 絹ごし豆腐 0. 5丁 A 醤油 大さじ1 A 調理酒 大さじ1 A ごま油 小さじ1 A 塩胡椒 少々 A 白炒りごま 大さじ1 【作り方】 1. キャベツは手でちぎる。 えのきは石づきをキッチンバサミで切り落とし、半分に切る。 春雨は耐熱の容器に入れてひたひたの量の水を入れてラップをする。 レンジ(600W)で2分加熱をして柔らかくする。 レンジから取り出したら、ザルなどで水分をきりキッチンバサミで半分に切る。 耐熱容器にキャベツ・えのき・カットした春雨を入れて、上に豚肉をのせラップをしレンジ 600W で5分加熱する。 肉の赤みがなくなったら、Aの調味料を入れて味付けをする。 豆腐はスプーンですくう。 耐熱器に(3)を盛り付け、中心にくぼみを作って豆腐を入れ、ラップをしてレンジ(600W)で2〜3分加熱して豆腐が温まったら完成。 お好みで醤油や、ポン酢をかけて召し上がってください。 レンジ調理&包丁いらずなので子どもと一緒に作ろう 電子レンジを使ったレシピは肉類、野菜類を入れる順番に注意してみてください。 中心の底面の部分に熱が溜まりやすいので、加熱時間が長い場合は途中で何度か取り出して、全体を混ぜることも大事です。 鍋に食材を入れて茹でて調理するよりも簡単に調理ができる電子レンジは、火口も使わないので、お子様と一緒に料理をするときにも安心です。 今回はまだ包丁を使いなれていないお子様でも簡単にお手伝いができるキッチンバサミも調理工程に入れてみました。 包丁を使うことは怖くても、ハサミなら使える!というお子様も多いのではないでしょうか。 まな板を出して包丁を使うよりも、洗い物が少なく済むのも嬉しい時短ポイントです。 キャベツは手でちぎって作ったので、こちらもお手伝いにオススメです。 外出自粛が続いていますが、お料理をお子様と一緒に楽しむ時間が持てた際には是非ご活用ください。

次の

簡単なのに激ウマ!絹ごし豆腐のおすすめレシピ20選

豆腐 料理 レシピ

豆腐の栄養素について 豆腐の原料である大豆は畑の肉とも称されるくらい栄養価が高く、高たんぱく質で低カロリー。 消化しやすいので赤ちゃんからお年寄りまで幅広い年齢層の方が食べやすい食品です。 豆腐には木綿豆腐と絹ごし豆腐がありますが、木綿豆腐の方が凝縮されている分タンパク質や鉄分などの栄養素が高めです。 ビタミンB1、B2、Eのほかに女性ホルモンに似たはたらきをするイソフラボンや活性酸素を抑制するはたらきがあるサポニンなどを含んでいます。 骨粗しょう症の予防や更年期障害の改善、がんの予防、腸内環境をよくする働きなど健康志向の方に特に注目されています。 偏った食事をしている方は、献立に豆腐を加えてみてはいかがでしょうか。 豆腐の調理法について 豆腐は古くから日本でも精進料理などでよく使われ日本人になじみのある食材。 冷やしてそのまま食べる「冷ややっこ」が定番ですが、湯豆腐、豆腐サラダ、豆腐ステーキ、豆腐の味噌汁、揚げだし豆腐など幅広い料理に使用されています。 地域によって煮たり、炒めたり、揚げたりさまざまな調理法があるのも特徴。 豆腐を凍らせてから解凍し水分を絞ると肉の様な食感になるので、現代ではお肉の代わりに豆腐を使用することが多く、ハンバーグの中に混ぜたり、からあげにしたり、ベジタリアンやヘルシー志向の方に人気があります。 豆腐ドーナッツやプリン、ケーキなどダイエット中でも食べれるスイーツとして特に女性に注目されています。 キッチンペーパーで包んだ絹ごし豆腐をレンジで2分加熱し、水分を飛ばします。 食べやすい大きさに切り、表面に片栗粉をつけたら油で揚げ焼きにします。 フライパンに調味料を入れ、ぐつぐつしてきたら豆腐を入れてからめてできあがりです。 仕上げにお好みでネギやのりをかけるのもおすすめ。 安い豆腐で簡単に手早くできるレシピです。 豆腐ハンバーグは、ボーリュームがあってしかもヘルシーなので、特に女性に人気のあるメニューです。 豆腐はどんな食材とも相性が良いので、その日の気分で、使う肉の種類や野菜を変えて作るという楽しみもあります。 豆腐は味にクセがないので、タレに変化を持たせるだけで、さっぱり味にしたり、こってり濃厚な味にしたりもできます。 この記事では、豆腐ハンバーグの基礎知識に加え、ひき肉でつくる豆腐ハンバーグ、肉なし豆腐ハンバーグ、れんこん入り豆腐ハンバーグ、ひじき入り豆腐ハンバーグにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の