超新星 爆発 ベテルギウス。 ベテルギウスが超新星爆発する時期と危険度を新説と共に解説

超新星爆発が近い? 巨大な恒星「ベテルギウス」への旅:今週の宇宙ギャラリー

超新星 爆発 ベテルギウス

(CNN) 冬の夜空に赤く輝くオリオン座のベテルギウスが、この数カ月間で急激にその明るさを失っているとする観測結果がこのほど発表された。 天文学者らは超新星爆発を起こす前触れの可能性があると指摘している。 ベテルギウスに関する論文を今月8日に発表した米ビラノバ大学のエド・ガイナン教授は、CNNの取材に答え、ベテルギウスの明るさが10月以降著しく低下していると述べた。 現在は通常時の2.5分の1程度の明るさで、夜空の星の中で23番目前後の順位に下がった。 一時期は9番目に明るい星だったという。 ガイナン氏らのチームは、ベテルギウスを1980年から継続的に観測している。 過去50年間でこれほど急激に暗くなったことはないため、何か尋常でない事態が起きようとしている可能性があると考えられる。 ガイナン氏は超新星爆発に向かう段階にあることを示唆したが、そうした動きは星の深層部で起こる。 極めて巨大なベテルギウスの場合、観測によってその過程を明らかにするのは不可能だ。 ベテルギウスは地球からの距離が約700光年と、太陽系を含む銀河系の中でかなり近くにある恒星の1つ。 誕生から900万年ほどが経過しているとされる。 通常、このサイズの星が1000万年を超えて存在し続けることはなく、今後20万~30万年の間に超新星爆発を起こしてその一生を終えるとガイナン氏は見ている。 これまでにもベテルギウスは一定の周期で明るさを変えていたが、今回は過去数年と比べ劇的なペースで輝きを失っている。 数学モデルに従えば来月半ばには暗くなる周期が終了するものの、ガイナン氏によると再び明るくなるかどうかは必ずしも断定できないという。 実際に超新星爆発が起きれば、昼でも肉眼で見えるくらいの明るさになるとガイナン氏は指摘。 そのときは赤かったベテルギウスが青い光となって3~4カ月輝き続ける。 完全に消えるまでには、およそ1年かかるとみられる。 爆発で地球の生命に直接危険が及ぶことはないが、放射された紫外線が大気中のオゾン層を破壊する可能性がある。

次の

超新星爆発の兆候を見せるベテルギウスが爆発すると満月級の明るさになる

超新星 爆発 ベテルギウス

そして、これまでに見つかっている恒星のなかでも屈指の大きさを誇り、半径は太陽の1,400倍にのぼる。 チリにあるアルマ望遠鏡がとらえたこの写真では、ベテルギウスの不規則な形が見てとれる。 この写真は、恒星の表面をとらえた初の写真だ。 しかし、いつの日かベテルギウスが超新星になれば、「スローン・デジタル・スカイ・サーヴェイ(SDSS)」がとらえたこの写真は、まったく違う様相を呈するだろう。 ベテルギウスはすでに物質を宇宙空間に放出しているが、超新星爆発の力は、ベテルギウスとそのまわりの環境を根本から変え、ベテルギウスの物質を宇宙のはるか遠くまで吹き飛ばすはずだ。 そうなれば、この写真の穏やかな情景は、驚くべき光のショーに変わるだろう。 規模を伝えるために説明すると、中央にあるごく小さな赤い円は、地球の軌道の4. 5倍の大きさにあたる。 画像左側に、壁のようなものがあるのがわかるだろうか? これは塵が集まってできたもので、別の磁場領域とつながっている可能性が高い。 ベテルギウスが生み出すアーチ状のバウショックは宇宙空間を移動していて、あと5,000年もすれば、左側の細長い塵の層に衝突すると科学者たちは考えている。 ただし、ベテルギウスそのものがその距離を移動するには、さらに12,500年ほどかかる。 米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡によるこの画像では、オリオン座の南に位置する有名なオリオン座大星雲を見てとれる。 1,450光年しか離れていないオリオン座大星雲は、地球にごく近い、われわれの「ご近所」にある星形成領域のひとつだ。 ベテルギウスは屈指の明るさであるうえ、オリオン座はとても有名な星座なので、夜空で見つけるのは簡単だ。 「超新星爆発が近い? 巨大な恒星「ベテルギウス」への旅:今週の宇宙ギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら ところが、ベテルギウスの輝きは700年ほど前に弱まり始めた。 その光(正確には光の喪失)が、いまになってようやく地球に届きつつある。 ベテルギウスは、明るくなったり暗くなったりするタイプの変光星に分類される。 したがって、単に光が弱まるサイクルに入っている可能性もあるが、ひょっとしたら爆発寸前なのかもしれない。 ベテルギウスが長期にわたってここまで暗くなった例は過去に観測されていないことから、科学者たちはこの星の終焉が近いのではないかと考えている。 そのときが訪れるのは、来年かもしれないし、1万年後かもしれない。 だが、ベテルギウスが終わりを迎えるときには、満月ほどの明るさになり、昼間でも見えるようになるはずだ。 もっと宇宙に興味を引かれたら、こちらからもっと眺めてみよう。

次の

annualreport2015.candafoundation.org : オリオン座のベテルギウスに異変、超新星爆発の前兆か 天文学者

超新星 爆発 ベテルギウス

そして、これまでに見つかっている恒星のなかでも屈指の大きさを誇り、半径は太陽の1,400倍にのぼる。 チリにあるアルマ望遠鏡がとらえたこの写真では、ベテルギウスの不規則な形が見てとれる。 この写真は、恒星の表面をとらえた初の写真だ。 しかし、いつの日かベテルギウスが超新星になれば、「スローン・デジタル・スカイ・サーヴェイ(SDSS)」がとらえたこの写真は、まったく違う様相を呈するだろう。 ベテルギウスはすでに物質を宇宙空間に放出しているが、超新星爆発の力は、ベテルギウスとそのまわりの環境を根本から変え、ベテルギウスの物質を宇宙のはるか遠くまで吹き飛ばすはずだ。 そうなれば、この写真の穏やかな情景は、驚くべき光のショーに変わるだろう。 規模を伝えるために説明すると、中央にあるごく小さな赤い円は、地球の軌道の4. 5倍の大きさにあたる。 画像左側に、壁のようなものがあるのがわかるだろうか? これは塵が集まってできたもので、別の磁場領域とつながっている可能性が高い。 ベテルギウスが生み出すアーチ状のバウショックは宇宙空間を移動していて、あと5,000年もすれば、左側の細長い塵の層に衝突すると科学者たちは考えている。 ただし、ベテルギウスそのものがその距離を移動するには、さらに12,500年ほどかかる。 米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡によるこの画像では、オリオン座の南に位置する有名なオリオン座大星雲を見てとれる。 1,450光年しか離れていないオリオン座大星雲は、地球にごく近い、われわれの「ご近所」にある星形成領域のひとつだ。 ベテルギウスは屈指の明るさであるうえ、オリオン座はとても有名な星座なので、夜空で見つけるのは簡単だ。 「超新星爆発が近い? 巨大な恒星「ベテルギウス」への旅:今週の宇宙ギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら ところが、ベテルギウスの輝きは700年ほど前に弱まり始めた。 その光(正確には光の喪失)が、いまになってようやく地球に届きつつある。 ベテルギウスは、明るくなったり暗くなったりするタイプの変光星に分類される。 したがって、単に光が弱まるサイクルに入っている可能性もあるが、ひょっとしたら爆発寸前なのかもしれない。 ベテルギウスが長期にわたってここまで暗くなった例は過去に観測されていないことから、科学者たちはこの星の終焉が近いのではないかと考えている。 そのときが訪れるのは、来年かもしれないし、1万年後かもしれない。 だが、ベテルギウスが終わりを迎えるときには、満月ほどの明るさになり、昼間でも見えるようになるはずだ。 もっと宇宙に興味を引かれたら、こちらからもっと眺めてみよう。

次の