歯磨きの歌 しまじろう。 歯磨きの効果的方法

歯磨き嫌いな子は歌で習慣化!動画で見る歯磨きの歌24選

歯磨きの歌 しまじろう

歯磨きに関してあの手、この手を試したけどダメだった• スマホのアプリに頼らないで何とかしたい• 子どもが自分で歯磨きをするようになってほしい イヤイヤ期真っ只中の2歳児が歯磨きを嫌がり、いろんな方法を試したのに全く効果が見られなくてあきらめかけていました。 わが家の方針は、 意地でもスマホのアプリに頼らない!です。 スマホ用の便利なアプリがたくさん出てきていますが、スマホを見せるとアプリに依存しながら歯磨きするようになってあまりよくないのでは?と思っているからです。 アプリを使ったらもっと簡単に歯磨きするようになるのかもしれませんが... しかし 「ある方法」を試したところ、今では歯磨きを自分からやるようになっています。 さらに歯磨きだけではなく、お風呂にも積極的になってくれた 「ある方法」ぜひ悩んでいるみなさんに知っていただきたいのでご紹介します。 その「ある方法」とは、こどもチャレンジでおなじみの 「しまじろう」の歯磨き動画を見せるというもの。 歯磨きをする理由がわからない• 歯磨きが痛くていやだ• 歯磨きをしている時のお父さん・お母さんの顔が怖い と言われています。 イヤイヤ期は自己主張ができるようになってくる時期です。 わが家でも、「歯磨きしないとばいきんまん来ちゃうよ」とか「虫歯になって痛い思いするよ」とか一生懸命 「言葉」で説明していました。 でも言葉だけでは、 子どもがイメージできないのが現実。 「痛いことしないとばいきんまん来ちゃうってどういうこと?」 「虫歯ってなに?」 という感じであまりわかってくれてなかったのではないかと思います。 特にyou tubeの 【しまじろうチャンネル公式】はみがき戦隊ミガクンジャー!の動画は効果抜群でした。 こどもちゃれんじは子ども向けの教材を約30年取り扱っているだけあって、子どもにもわかりやすいようです。 今までしてきたイヤイヤ期の歯磨き対策 ここで今までの対策をご紹介するのは、わが家の娘が歯磨きを克服したのは 「しまじろう効果」だけではないのでは?と思ったからです。 もちろん「しまじろう効果」は絶大なのですが、今までしてきた対策もきっと効果があって解決できたのではないかと思います。 常備する歯磨き粉の種類を増やす 歯磨き粉の味を選べるようにすることで、 「自分で選んだ」と楽しんでくれるので良いです。 歯磨きに対して能動的に行動できるようになる対策です。 「たまには違うものを試してみたい!」 という、 ちょっと飽きやすい子ども心を満たしてあげるのがポイントです。 うちにはアンパンマンの「イチゴ味」とミッキーの「ぶどう味」の 2種類の歯磨きを常備しています。 歯磨き前に「今日はどっちの味が良い?」と聞くことで、前向きに歯磨きに取り組んでもらうようにしています。 歯ブラシを好きなキャラクターにする 文房具なども「 かわいい」のにすると、 やる気が出たりすることありませんか? 子どもも同じであまり好きじゃないことをするのに、 自分が好きなキャラクターのものがあるとやる気が出るようです。 いままで柄のない歯ブラシを使っていたのですが、 はじめてアンパンマンのものにした時の目の輝きが違いました!! アンパンマン、プリンセス、トーマスなど2歳でも使えるキャラクターの歯ブラシは売っているのでぜひ試してみてください。 特に変えたその日は、前向きに歯磨きをしてくれます。 でも、 2、3日使うとどうしても飽きてしまうようで、効果は薄くなっていきます。 わが家の娘の場合は、歯ブラシストックの場所を把握していてそこから新しい歯ブラシにしたい!と持ってきます。 (「ダメよ」と言うと大泣きするので、新しいのを開けますが... 歯磨きも、お風呂も、食事を座ってしなきゃいけないのも... 今までやってきた歯磨き対策は、歯磨きの意義を伝えるものではなくて「楽しいよ」と誘い込むものでした。 それは一時的には効果はあるのですが、 持続的な効果には繋がりません。 今回ダントツに効果が出た「しまじろう動画」では、 「歯磨きの意義」を子どもたちにわかってもらうものでした。 「言葉」で一生懸命伝えようとしても伝わらないなら、 動画で解説するのがわかりやすかったのではないかと思います。 いつまで続くかわからないイヤイヤ期、今回の情報がお役に立てたら幸いです。 イヤイヤ期の悩みはつきませんが、頑張りましょう!!.

次の

歯磨き嫌いな子は歌で習慣化!動画で見る歯磨きの歌24選

歯磨きの歌 しまじろう

歯磨きは子供にとってあまり楽しい時間とは言えません。 ママにとっても、決して楽しい時間ではないことが多いはずです。 それでも虫歯にしないために磨こうと頑張るママと、なかなか子供はその気になってくれない子供との短い様で長い戦いの時間です。 少しでも子供に歯磨きは楽しい!歯磨きの大切さを知ってもらいたい!そんな風に考えたことはありませんか? そんな時、子供が大好きな歌を歌って楽しく歯みがきをしたり、歯みがきで虫歯の菌を退治するイメージを持たせる歌などを歌えたら、歯みがきの時間を楽しく有効に使えますよね。 そこで今回は、歯磨きの時に歌を歌ってあげたいけどどうしたら良いのか分からない人の為に、歯みがきの時に歌う人気の歌や歯磨き歌の活用方法についてお伝えします。 歯磨きの歌 アンパンマンなど厳選5選 最近では歯磨きの歌の種類が増え、どの歌を歌えばよいのか分からなくなっているママも多いようです。 歯磨きの歌は、この歌を歌わなければならないという事はありません。 子供が好きなキャラクターや幼児教材などの歯磨き歌でも良いですし、幼児番組の歯磨き歌や昔からある歯磨き歌等でも良いのです。 ママが知っている歯磨き歌から歌ってみましょう。 余裕があれば、子供が興味を持った歌を歌ってあげるようにしましょう。 アンパンマンの歯磨きの歌 例えば、子供に人気のキャラクターでは、アンパンマンの歯磨き歌が人気のようです。 アンパンマンの歯磨き歌にもいくつか種類があるようなので、子供が気に入った歌を覚えて歌ってあげましょう。 歯磨きの時に歌を歌うとなぜ良いの? 歯磨きの時に歌を歌う事は、子供を楽しい気持ちにさせることができ、とても効果的な方法の一つです。 歯磨き自体はそんなに楽しいものではないけれど、歯みがきの時にママが歌を歌ってくれたら、それだけでちょっとうれしくなるものです。 他にも歯磨きの時の曲を決めて、楽しげな音楽を流したり、アプリや動画を見せながら磨いたり、子供にとってうれしいことを付加価値として付け加えることでそれが習慣化され、嫌がらずに歯磨きができるようになるきっかけになります。 特に歯磨きの歌は、歌の歌詞の中に褒める要素や菌を退治する要素、歯が綺麗になる要素などが含まれていることも多いので、歌に関連付けて歯磨きをすることができます。 さらに、大好きなママが歌ってくれるとその効果は何倍にもなるのです。 ここで気をつけたいのは、歌選びです。 バイ菌などをとても怖がる子供も多いので、 結果的に脅してしまうようなことにならないように気をつけなければなりません。 例えば、歯みがきをしないとバイ菌がきて、連れて行かれちゃうよ~!とか、磨かないとお菓子が食べられなくなるよ~!といった、マイナスの歌や声掛けはその時だけしか効果はありません。 継続して続けなければならない歯磨きは、出来るだけプラスとなる楽しい歌や褒める声掛けをしていきましょう。 そうすることで、歯みがき=楽しいという意識に関連付けることができ、長期にわたり歯磨きを嫌がることなく続けていけるようになるのです。 普段の遊びの中にも、歯磨き歌をとりいれよう 歯磨きの歌を歌うことで、子供が楽しく歯みがきができるのはとても良いことです。 しかし、すでに歯ブラシが嫌だと思っている子供に歯みがきをしながら急に歌いだしても、中には全く効果が期待できない場合があります。 まずは、遊びの中に歯磨きや歯磨き歌を取り入れて遊んでみることから始めてみましょう。 例えば、お気に入りのお人形さんのお口を歯磨き歌を歌いながら磨いて遊んだり、歯磨き歌のDVDをみてみたり、まずは歌に慣れさせて楽しいことを知ってもらいます。 それから、そのまま遊びながら磨いてしまってもいいですね。 ママの歯磨きも子供にお願いしちゃいましょう。 順番に磨くのも磨く時間を細切れにできるので、小さい子にはお勧めの方法です。 他に、お気に入りのお人形に磨いてもらうのもいいですね。 何種類かお人形を用意して、今日は誰を磨いてあげて、誰に磨いてもらうのか子供自身に決めさせてみましょう。 歌をきっかけに子供の方から歯みがきをすると言ってくれることもあります。 歯磨き歌は子供が楽しく歯磨きをするための一つの手段です。 遊びや、他のツールとともに上手に活用していきましょう。 まとめ いかがだったでしょうか? 今回は歯磨きの時に歌を歌ってあげたいけどどうしたら良いのか分からない人の為に、歯みがきの時に歌う人気の歌や歯磨き歌の活用方法についてお話しました。 歯磨きの時にどんな歯磨き歌をどんなふうに歌ったらよいのか分からない時にまず、歯磨き歌を歌う事の意味を考え、さらにどんな歌があるのか知ることから始めてみましょう。 そして次に、歯磨き歌をただ歌うだけでなく、遊びの中に取り入れながら活用していくことが大切です。 そうする事で、子供が歯磨きの時間を楽しいと感じ、歯みがきを長期的に継続していくことができるでしょう。 それが、これからの長い人生において虫歯のない素晴らしい日々の中で成長していくことができるきっかけになるかもしれません。 歯磨きの時に歌を歌ってあげたいけどどうしたら良いのか分からない方は、是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

次の

歯医者がやっている虫歯ができない歯磨き方法・時間・回数・タイミング

歯磨きの歌 しまじろう

歯ブラシの選び方 歯ブラシにはさまざまな種類があり、ヘッドの大きさや毛のかたさなどに違いがあります。 口の中の状態や磨き方によって適した歯ブラシは違ってきますから、自分に合った歯ブラシを選ぶことが大切です。 ヘッドの大きさ ヘッドの大きさが小さい方が、歯ブラシを動かしやすく奥まで届きやすいと言えます。 また、ヘッドが大きめの歯ブラシは、短時間で効率良く汚れを落とせるメリットがあります。 毛のかたさ 力のかけ方が強すぎる場合には、毛のかたい歯ブラシを使用することはおすすめできません。 歯ブラシの毛がすぐに開いてしまう場合には、力を入れすぎている可能性があるため、歯ブラシの選び方や磨き方を見直してみると良いでしょう。 正しい歯の磨き方 歯は立体的であり、1本1本が違う形状をしています。 また、歯並びは人によって様々で、歯並びが良くない部分は磨きにくくなっています。 歯の形や歯並びに応じて、1本1本の歯を丁寧に磨くことが大切でしょう。 また、歯ブラシの毛先が歯面に当たっていなければ、効果的にプラークを除去できないため、鏡を見ながら毛先が当たっているかを確認すると良いです。 毛先が届きにくい場所は? 全ての歯面に歯ブラシの毛先を当てるためには、歯ブラシの「つま先」や「かかと」など、 歯ブラシの当てる場所を工夫することも必要です。 補助道具の活用 磨き残しになりやすい場所に「歯と歯の隙間」がありますが、歯ブラシだけでは歯間部の汚れは除去しきれません。 そのため、歯と歯の隙間専用の清掃道具の使用が効果的であり、 1日1回は歯間部清掃道具を使用することが勧められています。 歯間部の清掃道具には、デンタルフロスと歯間ブラシがありますが、歯と歯の隙間の広さに応じて選択することが必要です。 デンタルフロス 糸巻タイプと持ち手のついたホルダータイプ(糸ようじ)があります。 糸を歯と歯の隙間に通し、動かしながら汚れを取り除いていきますが、力を入れすぎると歯肉を傷つけてしまう場合があるため注意が必要でしょう。 歯間ブラシ 歯と歯の隙間が広い場合に適した歯間部清掃道具です。 サイズによって太さが異なるため、 無理なく挿入できるサイズを選ぶことが大切です。 歯間ブラシが入りにくい場合、無理に挿入すると歯にダメージを与えるため注意しましょう。

次の