書き損じ 年賀状 交換 期限。 写真付き年賀状の余りは交換しよう!手数料や期限と交換する場合のおすすめは?

年賀状の書き損じ交換の期限は?手数料は?去年のハガキはダメ?

書き損じ 年賀状 交換 期限

寄付を受け付けている団体に書き損じを送るだけで、 書き損じがチャリティに。 寄付できる団体を一部ご紹介します。 日本ユネスコ協会連盟 世界中にいるいろいろな理由で 学校に通えない子供たちに学べる場所を提供していくユネスコ世界寺子屋運動。 金額は書き損じ1枚で57円の寄付に。 11枚の書き損じがあれば、カンボジアでは1か月学校に通えます。 また書き損じ以外にもクオカードや切手での寄付を受け付けています。 あしなが育英会 何らかの理由で親御さんを亡くした 子供たちの学業支援をする団体です。 あしなが育英会に寄すると、は日本の子供だけでなく、世界の子供たちに向けての海外支援もしています。 日本盲導犬協会 最近では街でよく見かける 盲導犬の育成に寄付できます。 日本には海外と比べるとまだまだ盲導犬の数が足りないと言われています。 盲導犬育成を書き損じで寄付してみませんか? 書き損じの他に、未使用プリペイドカードや切手でも気軽に寄付できてしまいす。

次の

年賀状の書き損じの交換手数料はいくら?数年前のは換金してもらえる?

書き損じ 年賀状 交換 期限

ただ、金券ショップで換金する場合にはあまり換金率はよくないようです。 一番いいと思うのは、 とりあえず郵便局で切手に交換しとっておくことだと思います。 切手の場合、当然ハガキには使えますし、 ゆうパックに使えるというのも大きな強みです。 (コンビニでは無理) ゆうパックには切手の場合でも、手数料はかからず額面100%で使えます。 また、実は切手は 「着払いのゆうパックの荷物」にも使えるんですね。 ゆうパックで着払いの荷物が玄関先に届いたら、郵便局の配達の人に料金分の切手を渡せば大丈夫です。 オークションやメルカリとかの、ゆうパック着払いに対応できたりします。 足りない分は現金の併用もできます。 余った年賀状の現物ではこうはできないので、使い道の選択肢を広める意味で一度切手に交換されてはどうでしょうか。 年賀状について受付や販売期間をはじめ、余った年賀状の扱いや例文の一言メッセージなど、わからないことがあればぜひ参考にしてください! あとがき 余った年賀状は何か別のものに交換できるのか。 また、年賀状の書き損じの交換やその手数料、期限はいつまでなのか。 そして換金も含めた使い道について考えましたがいかがでしたか。 未使用でも書き損じでも、余った年賀状は捨ててしまわず、手数料を払ってでも交換する方がお得に使うことができますね。 そんな年賀状ですが、自分が年賀状を出していない人から届いて、その返事をきちんと出すことができましたか?• 来るのが遅く返信できなかった• 返事するのを忘れてた• 喪中で返事ができなかった いろいろ理由はありますよね。 このまま返事を出さないでいるのはちょっと心残りだ、という人のために、 寒中見舞い といった季節のお便りがあります。 この寒中見舞いで、年賀状の返事のお詫びを込めて送ることができるので、非常に便利な風習なんですね。

次の

年賀状の交換の期限は?2018年版手数料と差額がまるわかり!

書き損じ 年賀状 交換 期限

手数料5円・・通常切手・普通郵便はがき 手数料10円・・郵便書簡(ミニレター) 手数料40円・・特定封筒(レターパック) どこで交換してくれるの? 年賀状の交換は、 郵便局でのみ受け付けています。 郵便局以外の場所で買った年賀状でも、郵便局で交換してもらえるので便利です。 逆に言えば、コンビニや印刷会社では年賀状の販売のみ行っていて交換は受け付けていません。 ちなみに、ゆうゆう窓口や簡易郵便局では交換してもらえないので、書き損じた年賀状の交換は通常の郵便局を使用しましょう。 喪中で使えなくなった年賀状はどうすればいい? 「年賀状を準備していたけど喪中で使えなくなってしまった・・・」そんな場合は、販売期間内であれば、使えなくなった書き損じ年賀状を 手数料無料で交換してもらうことができます。 交換可能な商品は、 通常の書き損じた年賀状と同様「通常切手」や「普通郵便はがき」などです。 来年用の年賀状と交換することはできません。 ちなみに、年賀状を購入する際に誤って欲しいものとは別の年賀状を買ってしまった場合でも無料で交換してもらうことができますよ。 お年玉当選後に交換すればもっとお得! 裏技・・というほどでもないけど、もっとお得にする方法があります。 年賀状を書き損じたからといって、すぐに切手などに交換するのはちょっと待ちましょう!!未使用の書き損じた年賀状でも、お年玉当選の権利はあります。 そして、景品と引き換えた後でも通常切手などと交換することが可能です。 つまり、 余った年賀状はお年玉の抽選結果を確認してから交換するようにすると二重にお得ですよ!当選すれば・・ということになるけど、楽しみをとっておけるだけでもワクワク分お得ですよね。 数年前の年賀状でも交換してもらえる? 数年前の年賀状でも「通常切手」や「普通郵便はがき」などと交換してもらうことができます。 ただし年賀状の販売期間内だからといって数年前の年賀状を今年の年賀状に交換することはできません。 5円の手数料はかかってしまいますが、未使用の年賀状や書き損じた年賀状は、今年の年賀状以外の物とであれば 無期限で交換可能ということです。 数年前のものだからと言って、捨ててしまうことのないようにしてくださいね。 スポンサードサーチ 書き損じた年賀状、どうせなら換金したいんだけど 切手やはがきを普段ほとんど使わない人にとっては、余った年賀状をはがきや切手と交換してもあまり意味がないですよね。 そういった場合は、年賀状を金券屋に持っていけばお金と交換してくれるので便利です。 対応してくれないお店もあるらしいので多少の下調べが必要ですが、 1枚あたり60%~80%の金額で買い取ってくれることが多いので、足を運んでみる価値はありそうですね。 まとめ 印刷ミスや誤字脱字などによって毎年数枚は出てしまう書き損じの年賀状。 どうせ捨ててしまうくらいなら、郵便局で切手やハガキなどと交換してもらうといいでしょう。 5円の手数料がかかってしまいますが、お年玉に当選すれば手数料をチャラにできるかもしれません。 書き損じた年賀状、ぜひあなたなりに有効活用してみてくださいね。

次の