唾液 動画。 奇妙な両生類アシナシイモリ、唾液に毒の可能性

唾液PCR検査、140カ所で実施へ 京都府「警戒基準」で対策、発熱者対象|社会|地域のニュース|京都新聞

唾液 動画

京都府庁 京都府は15日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、発熱などの症状がある人を対象にした唾液でのPCR検査を20日に導入することなどを決めた。 府内で新規感染者が増加し、府独自の警戒レベルが3段階で2番目の「警戒基準」に達したため、新たな対策を打ち出した。 飲食に絡む若者の感染が増加しており、西脇隆俊知事は改めて感染防止策の徹底を呼び掛けた。 唾液での検査は府医師会の協力を受け、府内約140カ所の診療所などで始める。 会議後の記者会見で西脇知事は「医療側の感染リスクが下がり、検査の間口が広がる。 早く端緒を見つけられ、クラスター対策にも効果的だ」と述べた。 他の対策としては、濃厚接触者へのPCR検査を徹底し、施設で感染が確認された場合には専門家チームを即日派遣する。 重症化の可能性が高い高齢者らを守るため、約200カ所の社会福祉施設で、室内にあるウイルスの外部流出を抑制する「簡易陰圧装置」などを整備する。 業界団体ごとに定める感染予防のガイドラインの順守徹底も図っていく。 府によると、6月16日~7月14日の新規感染者108人のうち、44人は飲食を伴う会合で感染したことが判明しており、大半が若者という。 西脇知事は「飲食でのリスクは高いので、若い人たちは新しい生活様式を徹底してほしい。 家庭や職場でより重症化リスクのある人に感染させる可能性もあり、非常に危機感を持っている」と訴えた。 府内では7月8~14日の新規陽性者が平均7・86人、感染経路不明者が同2・29人で、14日に警戒基準の指標となる「新規陽性者5人以上」「感染経路不明者2人以上」(いずれも7日間平均)に達した。

次の

唾液PCR検査、140カ所で実施へ 京都府「警戒基準」で対策、発熱者対象|社会|地域のニュース|京都新聞

唾液 動画

アシナシイモリは、歯の生えたミミズのような見た目の両生類だ。 四肢がなく、滑らかで光沢のある皮膚をもち、それだけでもヘビを思わせるが、似ているのは外見だけではないかもしれない。 彼らの一部は唾液に毒を含む可能性があることが、新たな研究で判明した。 この発見に科学者たちは驚いている。 本当だとすれば、「唾液に毒」は両生類では初めてのことなのだ。 アシナシイモリは世界の熱帯に200種近くが生息している。 カメルーンにいる体長9センチほどのIdiocranium russeliから、1. 5メートル近くあるコロンビアのCaecilia thompsoniまで、大きさも様々だ。 ほとんどは地中で暮らしているため、「アシナシイモリは脊椎動物の中で最も知られていないグループかもしれません」と、ブラジル、サンパウロにあるブタンタン研究所の進化生物学者カルロス・ジャレージ氏は言う。 中には暗闇での生活に適応し、目が完全に退化した種もあるという。 氏らの論文は7月3日付の学術誌「iScience」に発表された。 アシナシイモリは、先のとがった歯が上顎に2列、下顎に1列の計3列あり、ミミズや節足動物などを捕食する。 そのことはすでに知られていたが、ジャレージ氏は、ブラジル国内で捕獲されたアシナシイモリを観察していたとき、それまで一度も報告されたことのない分泌腺を歯の近くに発見した。 唾液に加え、有毒な酵素を分泌しているかもしれない腺だ。 ただし、この唾液が実際に毒性をもつかどうかを確かめるには、さらなる分析が必要だと同氏は注意を促す。 もしこれが毒だとすれば画期的なことだと、オーストラリア、アデレード大学の進化生物学者エマ・シェラット氏は話す。 なお、氏は本研究には関わっていない。 一つは、攻撃に使う毒(触ると危険な防御用の毒と区別)が両生類と爬虫類で独立して進化したことになること。 毒の進化に関する従来の説が書き換わる可能性がある。 同時にもう一つ、カエルやサンショウウオの唾液にはなぜ毒がないのかという問題も浮上する。 攻撃用の毒をもつ両生類として他に唯一知られているのは、グリーニングス・フロッグ(Corythomantis greeningi)というカエルで、やはりブラジルに生息し、顔にある毒腺と鋭い突起で相手を刺す。 (参考記事: ).

次の

唾液PCR検査、140カ所で実施へ 京都府「警戒基準」で対策、発熱者対象|社会|地域のニュース|京都新聞

唾液 動画

京都府庁 京都府は15日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、発熱などの症状がある人を対象にした唾液でのPCR検査を20日に導入することなどを決めた。 府内で新規感染者が増加し、府独自の警戒レベルが3段階で2番目の「警戒基準」に達したため、新たな対策を打ち出した。 飲食に絡む若者の感染が増加しており、西脇隆俊知事は改めて感染防止策の徹底を呼び掛けた。 唾液での検査は府医師会の協力を受け、府内約140カ所の診療所などで始める。 会議後の記者会見で西脇知事は「医療側の感染リスクが下がり、検査の間口が広がる。 早く端緒を見つけられ、クラスター対策にも効果的だ」と述べた。 他の対策としては、濃厚接触者へのPCR検査を徹底し、施設で感染が確認された場合には専門家チームを即日派遣する。 重症化の可能性が高い高齢者らを守るため、約200カ所の社会福祉施設で、室内にあるウイルスの外部流出を抑制する「簡易陰圧装置」などを整備する。 業界団体ごとに定める感染予防のガイドラインの順守徹底も図っていく。 府によると、6月16日~7月14日の新規感染者108人のうち、44人は飲食を伴う会合で感染したことが判明しており、大半が若者という。 西脇知事は「飲食でのリスクは高いので、若い人たちは新しい生活様式を徹底してほしい。 家庭や職場でより重症化リスクのある人に感染させる可能性もあり、非常に危機感を持っている」と訴えた。 府内では7月8~14日の新規陽性者が平均7・86人、感染経路不明者が同2・29人で、14日に警戒基準の指標となる「新規陽性者5人以上」「感染経路不明者2人以上」(いずれも7日間平均)に達した。

次の