春 待つ 僕ら 14。 春待つ僕ら13巻(最終話)ネタバレと感想

『春待つ僕ら』完結記念 あなしん先生インタビュー 後編|スピカワークス|note

春 待つ 僕ら 14

本記事では、春待つ僕ら最新刊14巻発売日の予定いつ?について あらすじ・感想を交えてご紹介していきます。 前巻でラストを迎えた『春待つ僕ら』でしたが、最終巻じゃなかったことに喜んだという方も多いのではないでしょうか。 美月と永久のラブラブっぷりがすごかっったのも良かったのですが、はなんと言っても竜二でしたよね! 頑張ったし男らしかったし、ナナちゃんとうまくいって本当によかったですよね。 あの終わり方でよかったと思えたわけですが、次巻は番外編を収録という事で今から楽しみで仕方ありません。 そこで今回は、春待つ僕ら最新刊14巻発売日の予定いつ?について あらすじ・感想を交えてお届けしていきます。 そこでこれまでの発売傾向から予測してみました。 9巻:2018年3月13日• 10巻:2018年8月9日• 11巻:2018年12月13日• 12巻:2019年6月13日• 13巻:2019年12月13日 これまでの発売傾向は上記のようになており、連載が不安定なため予測が難しい感じです。 しかし2020年5月13日前後、または2020年6月13日前後が発売日ではないかと予想しています。 地方は発売日が違うの? 地方によっては、発売日に書店に行ったのに本がまだ売られていない!なんてことありますよね。 これは全国にある出版社のほとんどが、東京に集中しており出版販売会社を介して書店日本が送られていくからなんです。 というのも大手の出版社になると、ほどんどが首都圏になるため輸送起点は大体が東京になります。 地方に荷物を送ったりしことがある方ならわかるかもしれませんが、地方に荷物を送った場合はどうしても時間がかかってしまうんですよね。 それは本も同じで発売日に発送をしても北海道・九州地方はほぼ2日遅れ、東北・中国四国地方だと1日遅れになってしまうんです。 また配送日に休日祝日が入った場合や、配達途中の天候悪化での影響によってはさらに到着が遅れてしまうこともしばしば。 そのため必然的に到着に時間のかかる地方になるほどに、入荷が遅れてしまうというわけなんです。 新刊本の電子書籍版を出すかどうか・いつ出すか・どこの電子書店で売るのか、こういったことは基本的に、それぞれの出版社が独自に決めているんです。 また電子書店により電子書籍のコンテンツのデータ形式が違うということもあり、特定の電子書店に対応したデータ形式の電子書籍しか作られないこともあります。 そして出版社側で簡単に変換出来ない場合は、データ形式によって発売日が違うということがよくあるようです。 スポンサーリンク 春待つ僕ら最新刊14巻のあらすじ・内容は? 明日24日発売のデザート11月号「春待つ僕ら」最終回です。 番外編もありますが本編はこれで終了になります😊 よろしくお願いします🙇🏻 (13巻は12月13日発売です) 応援していただいた皆様のおかげでここまで描く事ができました。 2人が初恋を実らせ仲良くしている事に羨ましいと言いっており、初恋の事なんて覚えていないと言う瑠衣に対して、恭介は俺は覚えていると言うのです。 その相手に迎えに行くと言ったと恭介は言い、驚く瑠衣がどう言う事か聞くと結婚かなと恭介は答えたのです。 忘れられずに、ずっと残り続けている思い。 恭介は再会した日の事を思い出していました。 そしてその再会は、チャンスであったと振り返るのであった…。 再会する2人 恭介が玄関のドアを開けると、そこには翔子が驚いた様子で立っていた。 翔子は沙羅が誰も居ないと言っていたと…。 翔子は姉の沙羅の友人で、大学生になるまではよく家に遊びに来ていたのでした。 翔子に対し沙羅は今お風呂に入っているから待っててあげて、と恭介は言う。 そしてコーヒーが飲めない翔子のために紅茶を淹れてくると言い、部屋を後にした。 そんな翔子と出会った頃を恭介は思い出していた。 昔の翔子は引くほど派手で、翔子が高校1年の時に恭介は6年生であった。 翔子はある時はギャルになり、ある時はヤンキー、ある時はロリータになったり。 とても自由な人であった…。 最初は苦手だった恭介だったのですが、翔子は恭介が淹れた紅茶を美味しいと言って飲む。 翔子が良く家に来るようになってから、コーヒーの代わりに色々な紅茶をストックする様になっていた。 それを聞いた翔子は喜び恭介を抱きしめ、いつも明るく少しの事でも大袈裟に喜んでくれた。 そんな彼女に慣れてきたある日のこと、翔子を街で見かけたのです。 恭介は、翔子に声を掛けようと立ち止まります。 しかしそこには、派手な格好をしている翔子を車から叱責する女性がいたのであった…。 翔子の悲しみ 通り過ぎる人達が見てしまうほどの大声でみっともないと怒られ、車に乗る様言われると翔子は行きたくないと言います。 しかし女性に、乗りなさいと強く言われ車に乗り込みます。 お嬢様である翔子はお見合いをさせられるようで、恭介を見るとそれを隠し明るく振舞うのであった。 翔子は恭介に、たくさん恋をしていい男になってと。 そして、ちゃんと好きな人と幸せになってと伝える。 彼女が恭介に言う事は、自分がやりたくてもできない事であった。 勉強を無理してしなくていいと翔子は恭介に言うと、。 恭介は医者を目指していると伝えた。 それを聞いて翔子は、「大人になったら私の事を迎えに来てほしいな」と言い、恭介はいいよと返す。 「いい男になったら迎えに行くよ」と。 そして、お待たせと言って紅茶を出す恭介。 沙羅がなかなかお風呂から出てこない為、落ち込む翔子に恭介は沙羅に翔ちゃんと話がしたいから時間が欲しいと頼んだ事を話す。 今から抜け出し花火デートに行きたいぐらいだと恭介は言い、翔子に今彼女はいないと伝える。 今から行けば花火大会がちょうど始まると恭介は言いうが、翔子は沙羅に相談に乗って欲しいとお願いをしたから行けないと返すのであった…。 週刊誌で読んだ感想 恭介は、普段の様子からだと女性の扱いに慣れていて片思いとは無縁の存在だと思っていました。 しかし、番外編を読み意外な一面を発見できたことに驚きました。 こんなに1人の相手を一途に思っていたことに、いつも以上にかっこよさを感じてしまいましたよね。 いつも瑠衣や永久の事を気に掛け温かく見守っている存在で、美月の相談やアドバイスをしていた恭介。 その陰で密かに辛い恋をしていたのだと思うと、恭介がとても大きな存在に思えてなりません。 竜二に相談した所で嘘でも幸せにと言えないと言う恭介に、 自分が一番幸せにできる自身があるから言わないんだろうと言われて、そうなんだと思いました。 自分の気持ちに自信があれば、それを貫き通せば本当にうまくいのかもしれないと勇気をもらえました。 初めて触れた時、泣きそうだったと竜二が言い。 最後に気持ちが通じ、翔子を優しく包み込む様に抱きしめた所で、泣きそうになっている恭介の愛情の深さに嬉しくなってしまいました。 ずっとしあわせな2人でいて欲しいと願うばかりでした。 公式からの発表ではないので、あくまでも目安として見ていただけたらと思います。 ちゃんとした発売日は、公式の発表を待つしかありませんので仕方ありませんね。

次の

春待つ僕ら (14) 電子書籍版 / あなしん :B00162373210:ebookjapan

春 待つ 僕ら 14

留学していたナナが一時帰国のために日本に帰ってきているので、竜二とナナ・美月と永久の4人でダブルデートをしていました。 実はこのデートは竜二との関係を進めたくナナに美月と永久が協力してお膳立てしたもの。 あやの気持ち もう会えなくなるの… まだ小さな美月はあやがアメリカに引っ越してしまうことに涙目であやに抱きついてきます。 ずっと守ってあげられなくてごめんね。 あやはそう思いながらただ美月を抱きしめ返していました。 もう2度会わないつもりでいたあの頃。 しかしまたこの街に帰ってきたあやは、思い出のコートに来ますが美月を見つけることはできませんでした。 目の前にはカフェも出来て、この街もすっかり変わってしまったことにもしかしたら美月ももう居ないのでは…とへこむあや。 すると美月ちゃんと名前を呼ぶカフェの店主の方を見ると、変わらないあの頃の笑顔の美月が。 急いで駆け寄り、美月に声をかけるあや… ですが実はここまでは、もしかして永久よりも先に再会していたらというあやの妄想でした。 アメリカに移りはや3ヶ月が経ち、こちらの生活も落ち着いてきていました。 すると鳳城バスケ部の八田くんからメッセージが。 インターハイ予選も順調に勝ち進んでいるとのこと。 そして永久たち清凌も残っていることが伝えられます。 あやは美月が応援している姿を想像していると、母親がやってきました。 何も準備をしていないあやにため息をつき、一人の子どもを紹介します。 友人の子どもは「ヒカル」といい、バスケを教えてあげて欲しいとのこと。 まだ9歳のヒカルに、あやはなんだか永久を思い出します。 英語であいさつをするあやに、ヒカルは一目散にトイレに駆け込んでしまいました。 あやは呆れて仲良くなるのは難しいのでは、と母親に話すと慣れない環境にデリケートになっているから注意して欲しいとお願いします。 そして昔のあやと同じだと指摘。 あやならヒカルの気持ちを汲んであげられるのではとお願いして、母親は仕事に行ってしまいました。 あやとヒカルは外にバスケをしに向かいます。 いろいろヒカルに質問するあや、ですがヒカルは何も答えず… さらにはまたもやトイレに行きたいと。 仕方ないのであやはのんびり過ごそうと地面に座り、バスケをしている他の子供たちに声援を送っていました。 するとヒカルは、自分の父親には楽しかったと言うのであやにも話を合わせて欲しいとお願いし、籠ってしまった自分に親が心配しているだけだとつらつらと話し出します。 自分もそうだった、と昔のことを思い出しながらあやは自分の話を聞いてとヒカルに話しだします。 好きな子がいたけれどどう動いていいか分からなかった。 自分だって弱いし本当は男だということが言い出せなかったこと。 アメリカに引っ越すことをいいことに逃げてしまったことを悔やんでいました。 だけど大きくなった時に日本に帰ったら、嘘が本当になるくらいのカッコイイ男になろうと決めたのです。 最初のころは、あやは体も小さく上手くないので、同じコートでゲームをしてもバカにされ相手にされませんでした。 しかし強くなって帰る…という気持ちで続けていくと、やがて認められリベンジも果たすほどに。 あやのリベンジ話を聞いて喜ぶヒカルですが、好きな子のためにバスケをしていたなんて動機が不純だと呆れます。 あやは笑って、誰かを想ってがんばることは不純じゃないと否定し、大事なのは思いの強さだと言いきるのです。 けれど日本に帰ってみたら、大事な彼女の横には大っ嫌いなやつがいた… それでも胸を張れる自分になれたことに、好きな子がそれ以上に大切な存在になり、かけがいのないものをもらった相手だとヒカルに話します。 もしも永久よりも先に再会しても結果は一緒なのかも…そう思うとあやは悔しいとポツリと呟きます。 あやの話を聞いていたヒカル、スッと立ちトイレに行こうとしますが、あやは腕を掴んで止めここで泣けばいいと促しました。 泣くために毎回トイレに駆け込んでいたヒカル。 自分のふがいなさに毎回泣けてしまっていたのです。 おいで…と言ってあやは自分の胸に引き寄せヒカルを抱きしめます。 友達も大切なものもきっと見つかる。 怖がらないで…とヒカルを励まして自分と友達になろうとあやは提案します。 そんなヒカルは勇気を出すことができるのか… あらすじが分かって、ネタバレを読むのも面白いけど、やっぱり物足りない!絵が欲しい!! ストーリーを絵で楽しむのが漫画の醍醐味でもありますからね。 31日間無料で試せる• 600円分のポイントプレゼント• 80,000本以上の見放題動画作品が視聴できる• 70誌以上の雑誌が読み放題 と無料で試せるのにこんなにお得なんです!! 無料トライアル登録後に600ポイントはすぐにもらえるため、マンガでも動画でも好きに使うことができます^^ そしてファッション誌やビジネス誌またグルメ誌などの雑誌も読み放題なので、漫画も雑誌も動画もと欲張りさんにはたまりませんよね。 こんなにあやに思われて、やっぱり美月はズルいwww そうですよねー。 ちょうどヒカルと同じ年のころにあやもアメリカに引っ越して、大好きな美月と離れていつかまた会う事が目標になっていたのに、永久という恋仇がいて… あやちゃんどんだけ残念なのか…orz きっとあやの事なので、ある程度落ちつけば美月以上の彼女が出来るのでしょうが! あ、もしかしてヒカルがその伏線かもww そうなったらいいな、なんて想像してしまった。

次の

春待つ僕ら ネタバレ14巻 extra period.1「恭介の初恋」

春 待つ 僕ら 14

デザートにて連載中「あなしん」先生による人気漫画「春待つ僕ら」の最新刊となる第14巻が2020年5月13日より発売! ずっと周囲と上辺でつきあってきた美月。 高校入学を機に、自分を変えて本当の友達を作りたいと願っていたのにうまくいかない。 そんなときに出会ったのは、学校でも有名なバスケ部のイケメン四天王だった。 あなしん「春待つ僕ら」最新刊14巻 5月13日発売! のあらすじ 恭介の切ない片思いに、竜二が大事にし続けていた気持ち。 そして、あやちゃんが心に秘めた想い。 雑誌のみの掲載だった特別番外編も一挙収録! 大ヒット! あなしん先生の描き下ろしイラストも収録したミニ画集付きの特装版も同時発売! あなしん「春待つ僕ら」最新刊14巻 5月13日発売!

次の