リゾートバイト怖い話。 2chで語り継がれる怖い話「リゾートバイト」※長文&閲覧注意

【恐怖】2chで語られる「リゾートバイトの怖い話」の考察&真相を解明する!

リゾートバイト怖い話

リゾートバイトを経験した人の中には「良かった」と思える人がいる一方、「最悪だった」と感じた人もいます。 恐らく、リゾートバイトの体験談に興味がある人は、どちらかと言えば「最悪だった」というケースの話を聞きたい人の方が多いでしょう。 「リゾートバイトが楽しかった」という話はリゾートバイトの求人広告を見ればいくらでも載っています。 しかし、「最悪だった」という話は実際に経験した個人からしか詳しく聞くことはできません。 最悪だと感じた人の体験談を事前に聞いておけば、「なぜ・どうして最悪だったのか」を知ることができます。 また、事前に最悪だと感じた理由を知っておけば、自身の性格や現状と照らし合わせて、「自分にリゾートバイトが合っているか否か」を判断する目安になるでしょう。 そこで今回の記事では、私自身と私のリゾートバイト仲間の体験談を「年代別」「男女別」に詳しく記載してきます。 ただ、私自身はリゾートバイトに対して「最悪だった」という体験よりも「良かった」という体験の方が多いです。 そのため、悪い体験談ばかりではなく、良い体験談も記載しています。 また、悪い体験だと思った人を反面教師にして「どうすれば快適なリゾートバイト生活を送れるのか」も記載しているので、合わせて参考にして頂ければと思います。 20代のリゾートバイト体験談 20代は社会人としての経験が少ないため、仕事に対するネガティブな癖やプライドが身についていません。 そのため、仕事に対して柔軟に考えられる人が多く、 割合的には「良かった」という感想を持っている人の方が多いです。 「最悪だった」という感想を持っている人には、「社会人経験が少なくて柔軟だからこそ、仕事に対するわがままを言っているように見える人」が見受けられます。 「仕事とはこういうもの」という考え方が、まだ定着していないように感じられる部分もありました。 「このままではいけない」「自分を変えないと」と思い、思い切って家を離れ3ヶ月ほどリゾートバイトをすることに。 最初は人とコミュニケーションを取るのが苦手だったので心配していました。 しかし、先輩に「自分は1年間ニートだった」と打ち明けると、「こういう住み込み系のバイトには"何かかかえた人"は多いよ。 俺も昔は家にひきこもっていたから」と言われ、リア充ばかりではないことに安心できたのを覚えています。 リゾートバイト派遣会社の人に、「接客業以外で黙々と働ける職種がいい」と相談したところ、今回のの仕事を紹介して貰ったのですが、良い経験になったと思います。 裏方の仕事は重労働だと感じる部分もありましたが、接客業ではないので、自分にとっては楽でした。 3ヶ月間のリゾートバイトで規則正しい生活リズムを取り戻し、気持ちも前向きになってニートは卒業しました。 自分を変えたい人にリゾートバイトはおすすめです。 求人情報誌に書かれていた華やかで楽しそうな雰囲気に惹かれて始めたのですが、客の質は最悪です。 高級ホテルのレストランでは、私なんかでは絶対に食べられないような高級料理を食べに来る家族連れのお客様もいらっしゃいます。 私より年齢の低い子供が高い料理を食べて、しかも「お腹一杯!もういらない!」などと言って残しているのを見ると、格差を感じてみじめな気持ちになりました。 仕事自体は楽でしたし、職場の人間関係も良好だっただけに、こういった生意気な客がいるのが最悪でした。 ファミレスで働いた方が良かったのかな?と思ったくらいです。 20代は「どんな仕事にも良い部分・大変な部分がある」ことを意識しておこう まだ社会人経験が浅い20代だと、未経験の職種に対するイメージは「楽しそう」「楽そう」「大変そう」などといった表面的な部分しかわかないでしょう。 こうしたイメージだけで仕事を選ぶことは悪いことではありません。 しかし、どのような仕事にも少なからず「大変な部分・良い部分」があることは認識しておいた方が良いです。 100点満点の仕事なんて存在しないです。 上の体験談で言えば、華やかで楽しい高級ホテルのレストランホールでも、お客さんの言動で気分が悪くなることだってあります。 例えば、20代の女性に比較的人気が高いですら、目の疲れや肩こりに頭を悩ませる人がいたりと、実は大変な部分も多いのです。 そのため、リゾートバイトに限った話ではありませんが、いかなる仕事でも「大変な部分が必ずある」ことを心構えとして持っておくと良いでしょう。 楽しそうなイメージや華やかなイメージばかりが先行してしまうと、実際とのギャップを感じた時に落胆してしまいます。 30代のリゾートバイト体験談 30代の方々は、さすがに20代よりも社会人経験が豊富なため「何が自分にできるのか」をよく理解しています。 そのため、仕事の職種選びについて後悔をしている人は少ないです。 ただし、人間関係の面で「最悪だった」と感じた人が一定数存在します。 30代がリゾートバイトにおける人間関係で最悪だと感じること、それは「自分以外のスタッフが20代の年下ばかりで話が合わない」という点です。 確かに、場合によっては周りが年下ばかりになることは珍しくありません。 北海道のでしたが、未経験なので最初は不安が大きかったです。 しかし、接客業の経験はあったので、ある程度"どのような態度でお客様に接するべきか"は理解していました。 短期の仕事なので、それほど覚える仕事量が多くなったのも幸いしていたのかもしれません。 3日ほどで仕事には殆ど慣れてきて、お客様が困っているだろうことを先回りして案内・提案してあげられるようになりました。 チェックアウトするお客様には「バッグをお預かりしましょうか?」と声をかけたり、チェックインする家族連れのお客様には託児所の場所を予め案内しておくなど。 自分の頑張りを認めてくれた社員の方から、契約期間が満了しても「もう少し残ってほしい」と声をかけてもらったのが凄く嬉しかったです。 周りの若いアルバイトの子達からも慕われて、楽しい体験ができたと思います。 周りは学生と思わしき若い男女ばかりで、話は合わないしノリが全然違います。 まるで出会いを求めて遊びにきたような人ばかりで、仕事が何かわかってない連中ばかり。 見ていてイライラしていました。 自分の他に30代は社員しかいなくて、自分はどのように周りと接していいのか全くわからず、ただただ帰りたかったです。 二度とリゾートバイトはやらないでしょう。 これは若い人用のアルバイトです。 遊びの延長だと思います。 確かに沖縄は、筆者の『』にも記載しているように、大学生などの若い人が多いです。 30代は少数派。 本島であれば、まだ20代後半のフリーターもいますが、30代は1人〜2人程度。 そのため、個人的に30代は沖縄リゾートバイトは避けた方が良いと思っています。 30代は30代が集まりやすい職種を選ぶと良い 30代がリゾートバイトを始めるにあたって懸念となる事項の一つに、上で述べた最悪な体験談のようなスタッフ年齢層が挙げられるでしょう。 確かに、仕事とはいえ周囲が若い子ばかりでコミュニケーションを取りづらかったり壁を感じるのは辛いです。 私自身も30代なので、こうした気持ちはよくわかります。 経験がある職種なら、経験を活かしてリーダーシップを取ったりご意見番的な存在に回れるでしょう。 しかし、そうでない場合、例えば未経験の仕事に挑戦したい人や性格的に年下が苦手という人であれば、30代が集まりやすい職種を選択すると良いです。 『』にも記載しましたが、30代が比較的集まりやすい職種には【】【】【】が挙げられます。 なぜなら、これらの仕事は接客業でないため、社会人としてのイロハ(お客さんへの挨拶の仕方やお釣りの渡し方など)を一から教えられる煩わしさがありません。 加えて、いずれも裏方系の業務であるため、どちらかと言えば地味なイメージがあり、若い人は集まりにくいからです。 周りのスタッフ年齢層に懸念を持つ方は、こうした職種に就くと良いでしょう。 少数派ではありますが、40代のスタッフも存在しています。 40代スタッフは上述した30代と同様に、周りのスタッフ年齢が気になる人も多いですが、体力的な懸念を抱いている人もいます。 肉体的な仕事よりも座り作業などの体力を使わない仕事の方が向いているでしょう。 良かったという体験談 " 40代なのにすぐに仕事が決まった。 ダメ元でリゾートバイトにも応募したところ、現在リゾートバイトでは人員の供給不足が起こっているとのことで、アレよアレよと仕事を探してもらい採用に。 しかも、若い頃に憧れていたでの仕事に受かりました。 牛の世話は本当に大変でしたが、自然の雄大さを毎日感じられるので全く苦ではありませんでした。 都会での生活にほとほと疲れ果てていたので、心身ともにリフレッシュできます。 牧場のオーナーは穏やかなご夫婦。 50代で牧場を経営していて、寮や賄いなど何から何まで世話してもらいとても感謝しています。 「契約が終わっても働きませんか?」と声をかけて頂き、現在では正式に住み込み社員として働かせてもらっています。 都会だと、40代は中々仕事が見つかりませんが、リゾートバイトなら簡単に見つかるので、仕事が見つからなくて困っている人にはおすすめですよ。 最悪だったという体験談 " 疲れました。 なので作業自体は単純で簡単でしたが、ちょっと中年にはきついと思います。 座り系の仕事を紹介してくれれば良かったのに、と思います。 親切ではないですね。 しかも座り作業の仕事は少ないのだとか。 街中と比べて仕事の種類が少ないので人を選びます。 体力に懸念がある人なら事務仕事がおすすめ 上の悪かった体験談にあるように、リゾートバイトで募集している職種の多くは立ち仕事です。 ただ、体力に懸念があるのであれば、の仕事なら基本的に座りで作業できます。 また、リゾートバイトを始める際に利用する 派遣会社の担当に「できるだけ立ち作業が少ない職種がいい」と伝えて仕事を探してもらうのもありです。 上述したようにリゾートバイト業界では人員の供給不足が起こっています。 そのため、ある程度わがままを言っても理想条件に近い求人は見つかるでしょう。 リゾートバイトの派遣会社は複数存在しています。 下記にある各会社の特徴をとらえながら、ご自身に合った会社から求人を探しみるのがおすすめです。 リゾート地での住み込みバイト探しは、自力で行うよりも専門の派遣会社を通す方が効率的です。 派遣会社を通すメリットは、就労先とのコンタクトがより円滑になるだけではありません。 就労先スタッフ達の年齢層や男女比、仕事内容の詳細を教えてもらえるので理想の勤務地が見つかりやすいです。 派遣会社によっては、留学やワーキングホリデー、上京や正社員雇用支援などリゾートバイト後の第2第3のキャリアサポートも行ってくれます。 現在、リゾートバイト業界で大手と呼ばれ最も信頼を集めているのが以下の5社です。 各社とも異なる特徴・得意分野を持ち合わせているので、理想のリゾバライフが実現できそうな派遣会社を選びましょう。 派遣会社は複数社での登録が可能です。

次の

リゾートバイトで本当にあった怖い話!高原ホテルで死にそうになった

リゾートバイト怖い話

リゾートバイトとは? リゾートバイトは、その名の通り、全国のリゾート地で働くバイトです。 北は北海道、南は沖縄まで、全国いたるところで募集をしています。 勤務先はリゾートホテルや旅館、ペンション、スキー場、農場、遊園地などなど…。 リゾート地にある施設を思い浮かべていただければ、そこがだいたい仕事先に当てはまります。 仕事の期間は短いもので年末年始などの1週間、一般的な長さだと1〜3カ月、中には6カ月以上といった長期求人もあります。 リゾートバイトの評判は良いの?やっぱりきつい? リゾートバイトの良い評判・口コミ 石垣島のリゾートホテルでのバイト、休日は海に行ったりダイビングしたりできて最高に楽しい。 その中で同じ夢の同じ世代の人に出会えてすごく励みになりました。 もっと色んな人に出会いたいって思いました!! リゾートバイトはそういった出会いなんかがあってとても楽しいって思いました! — rizobatweet rizobatweet 今の私の職場は、普通の人にはありえんかもしれんけど、私にとっては今すごくいろんな経験できて楽しい🤤何より社員さんが私の仕事を認めてくれてるのが大きい。 リゾートバイトも結構きついなぁ。 短期でころころ変えられるのがメリットだけど。 時給が安い。 稼げない。 💸💸 出会いがありすぎて更にお金使う💸💸 2. 車社会🚗🚗車が無いときつい。 那覇、浦添、辺りだと🆗 バスは普通に遅れる。 30分ほど。 車を所有することで更にお金を使う💸 3. 真面目な人とか仕事ができる人ほど 仕事量も増えるし 残業も多くなる。 仕事が同じことの繰り返しでつまらない• 残業が多く、仕事はきつい• 汚い寮では虫が出たりする といった声がありました。 リゾートバイトはお客さんが多いリゾート地で働くバイトのため、基本的に仕事は忙しく慣れるまでは大変です。 単純作業の繰り返しも多いので、つまらなくなってしまう人もいます。 ただ、 仕事に慣れてしまえばガッツリ稼いで貯金できますし、休日には現地でしかできないアクティビティをしたり観光をしたりもできるというメリットがあります。 なんといっても普段はできない体験ができるので、学生などで時間がある人は挑戦してみるのもいいですね。 次からは、リゾートバイトについてもう少し詳しく紹介していきます。 リゾートバイトはどんな仕事をするの? リゾートバイトの仕事は勤務先によって全く異なりますが、基本的には一般的なアルバイトと同じです。 たとえば、レストランのウェイターや調理補助、ホテルのフロント・清掃スタッフ、お土産屋さんの販売スタッフ、アクティビティショップの受付スタッフなどが代表的です。 仕事内容は勤務エリアによっても微妙に異なります。 以下の記事では、エリア別のリゾートバイト詳細を体験談付きで解説しているので、気になるエリアがある人は併せて読んでみてください。 メリット 住み込みで働くので、生活費がかからない+ガッツリ貯金ができる 休日は観光ができる&施設費が無料になる特典も! 短期・長期どちらでも働ける! 外国人・留学生もOK 出会いもあり! 生活費がかからない&ガッツリ貯金可能! リゾートバイトは住み込みで働きます。 そのため 寮費や水道光熱費はもちろん無料、さらに食事代まで無料のところも多いです。 つまり、全く生活費がかからないということですね!無駄遣いをしなければ、1ヶ月で30万円以上の貯金も可能!自動車教習所代くらいなら、1カ月あれば余裕で稼げます。 ちなみに、寮からバイト先への交通費等もしっかり支給されます。 休日は観光ができる&施設費が無料になる特典も! リゾートバイトでは月4日〜8日ほどの休みが設けられているので、暇な日や空いている時間には観光もできます。 また勤務先によっては温泉やスキー場、プールなどの施設を無料で利用できることも。 勤務日はガッツリ働いてガンガン稼ぐ、休日は朝から温泉〜なんて最高ですよね。 短期・長期どちらでも働ける! 先ほどもお伝えしたように、リゾートバイトの勤務期間は最短1週間、長期で6カ月以上と非常に幅広くなっています。 基本的には長期休みを利用して働く人が多いのですが、年末年始やGWなどの 短期で働いてもガッツリ稼げます。 外国人・留学生もOK リゾート地には、当然外国の方もたくさん訪れます。 そのため、英語を話せる留学生の方などは勤務先からも重宝されます。 留学生・外国人の方は、「 」というリゾートバイト求人サイトで 外国人専用の仕事を探すこともできるのでぜひ調べてみて下さい! 出会いもあり! リゾートバイトは若い人が働く傾向が強いので、 彼氏・彼女を作ることもできます。 出会いが欲しい〜!と思っているあなた。 ぜひリゾートバイトに応募して素敵な彼氏・彼女をゲットしましょう。 リゾートバイトのデメリット 楽しげなリゾートバイトですが、やはり デメリットもあります。 デメリット 仕事は割とハード 女将さんが怖い…かも 勤務地が僻地だと不便 休みの日でも同僚に遭遇 リゾートバイトの募集をしている理由は、繁忙期で人が足りないから。 つまり、どこに行ってもかなり忙しいわけです。 また、旅館の女将さんが怖かった…という話もよく耳にします。 なんとなく厳しそうなイメージもありますが、やはり忙しいだけに殺気立っている人も多いですね。 旅館やホテルで働く予定のある方は、早めに女将さんと仲良くなっておいたほうがいいかもしれません。 リゾートバイトはメリット・デメリットそれぞれありますが、やはり「生活費がタダでお金がめちゃくちゃ貯まる」「休日は観光し放題」といったことを考えると、かなり魅力的な仕事です。 また、社会人になってからではこういった貴重な体験はなかなかできないので、時間があるうちに挑戦してみるのが良いでしょう。 不安に思っている方は、友達と一緒に申し込むのもおすすめですよ! リゾートバイトをするにはリゾートバイト専門の派遣会社に登録する必要があります。 登録時はいくつかコツがあり、これをミスるとブラックな求人に応募してしまったり給料が他の人よりも安いといった悲劇に見舞われることもあるので注意しなければいけません。 リゾートバイト派遣会社の選び方は「」で解説しているので参考にしてみてください。 リゾートバイトの給料事情(時給)について リゾートバイトの平均時給は、 900円〜1,200円前後となっています。 ただしクラブやバー、ホテルのナイトフロントなどの夜のお仕事は時給1,500円〜2,000円と高額に設定されていることもあります。 時給1,000円とすると1日8時間労働で8,000円。 週休2日で、1ヶ月のうち22日間働くと176,000円です。 新卒の初任給並みに稼げるということですね。 リゾートバイトの面接は厳しい?よくある質問はこちら リゾートバイトをする上で、避けて通れないのが「 面接」です。 面接方法は「 支店に行って直接面接」もしくは「 電話やスカイプを使って面接」のどちらかになります。 面接中によく聞かれる質問は、以下のとおりです。 希望の勤務地や施設• いつから働けるか• どのくらいの期間働きたいか• リゾートバイトを始める理由(聞かれないことも多いです…)• 希望の条件(時給は高いほうがいい、寮は個室がいいetc…) 上記は質問というより、 求人者に合ったバイト先を探すためのヒアリングです。 実際、リゾートバイトの面接に行った人は「 あまりに呆気なく終わった」という感想を持つ人も多いです。 面接では、こういった質問をして求人者に合ったバイト先を担当の方が決めてくれます。 条件の良い求人をゲットするには、なるべく希望の条件を言うようにしましょう。 面接の中でこういったことを言うのはためらってしまうかもしれませんが、あまり図々しくない程度でしたら大丈夫! 重要なのは、面接中は礼儀正しくハキハキとしゃべることです。 なぜならリゾートバイト求人のほとんどは接客業だから。 好印象になるように、明るく振る舞いましょう。 面接はどんな服装で行けばいいの?髪色やピアスは? リゾートバイトの面接だからと言って、アロハシャツで行ってはいけませんよ 笑 スーツの必要もありませんが、基本は 清潔感のある服装です。 バイト面接の基本ですね。 男性ならチノパン+襟付き白シャツ、黒のストレートデニム+ポロシャツ 女性なら明るい色のパンツ+白のブラウス、濃い色のデニム+シャツ+ニットなど ダメージジーンズや派手な色の服装は、常識がないと思われるので辞めましょう。 髪色は黒がベストですが、薄めの茶色程度ならギリOK。 ただ働くまでに黒染めして下さいと言われるかもしれませんが… ピアスやネックレスは面接の場ではNGです。 女性であっても外していくのが無難ですよ。 志望動機はなんて言えばいいんだろう…? リゾートバイトの面接では、基本的に 志望動機は重視されません。 そのため、働きたい理由を率直に伝えればいいだけです。 以下に代表的な 志望動機を記載したので、参考にしてみて下さい。 長期休みを利用してお金を稼ぎたいから• 学費・留学費用を稼ぎたいから• 貯金を増やしたいから• 次の仕事に就くまでの生活費を稼ぎたいから 転職活動中の人• 昔からリゾート地で働くことが夢だったから• 自然に囲まれて仕事をしたいから リゾートバイト求人サイトはどこが良いの?? リゾートバイトの求人を探す際は、 必ず大手のリゾートバイト専門求人サイトを利用しましょう。 なぜなら求人案件数が多く、これまでの実績も豊富なので、好条件の求人を探すことができるからです。 おすすめの求人サイトは以下の3つです。 ただし、こういった短期の求人はかなり少数なので、短期リゾバを希望する方は派遣会社のスタッフに「短期のリゾバ求人が出たらすぐに教えてほしい!」と伝えておいたほうがいいかもしれません。 短期の1ヶ月〜3ヶ月(春休み・夏休み) 大学生は春休み・夏休み等の長期休みを使って、 1〜3ヶ月程度の短期リゾバをする人が多いです。 こちらも求人数は少なめですが、普段から募集しているサイトもあるのでチェックしてみましょう。 募集が多い長期の3ヶ月、6ヶ月以上 リゾートバイトの中でも特に多いのは長期の求人です。 3カ月以上、5カ月以上、半年以上などの勤務期間が一般的です。 長期求人のリゾバは仕事の種類が豊富ですし、自宅から勤務先までの往復交通費が全額支給されたり、寮費・水道光熱費・食費がすべて無料といった特典付きの求人も多いです。 時間が比較的ある方は、お金を貯めやすく、特典も充実している長期のリゾバがおすすめです。 リゾートバイトをしている人の年齢層は大学生〜50代まで リゾートバイトをしている人の年齢層は非常に広いです。 中心層は20代・30代ですが、それ以外にも• 長期休みを利用して働きに来ている大学生• 転職をして新しい会社で働き始めるまでの繋ぎとして働く30代・40代• 早期退職した50代 といった感じで本当に多様な人が働いているため、働くにあたって年齢はあまり気にしなくてもいいです。 リゾートバイト勤務時の身だしなみは?? リゾートバイトは接客が基本です。 なので、髪色は黒もしくは濃い茶髪など落ち着いたカラーリング・髪型でなければいけません。 勤務時は支給された制服を着るので、毎日しっかりと洗濯をして清潔感のある格好でいましょう。 高校生でもリゾートバイトできるの? リゾートバイトは住み込みが基本なので、 高校を卒業した18歳以上の人しか応募できません。 カップルでリゾートバイトに行くのはアリ?? 中には、カップルでリゾートバイトをしたい人もいると思います。 同じ勤務地で働く場合は、募集人数が2名以上であること、なおかつ男女どちらも可の求人である必要があります。 ただし求人によっても条件等は変わるので、面接時に担当スタッフに相談して決めることをおすすめします。 交通費は支給される? 自宅からリゾート地までの往復分の交通費は、支給されるケースが多いです。 支給額の上限は通常1〜3万円ですが、短期求人ではそれよりも上限が低く設定されている可能性があります。 なお、交通費は自分でいったん立て替えておき、勤務終了後に最後の給料とまとめて支給されることが多くなっています。 リゾートバイトを始める前はどれくらいのお金(貯金)が必要? 寮費・水道光熱費・食費が無料の求人では、勤務地へ行く交通費と多少のお小遣いがあればOKです。 派遣会社によっては前払い制度を採用していることもあるので、お金に困りそうな人はそういった派遣会社を利用するのも選択肢に入れておいたほうがいいでしょう。 持ち物は何が必要? 必要な持ち物をリストアップしてみます。 寮はどんな感じ?? 寮は相部屋と個室の2タイプです。 さらに、築年数の新しい寮もあれば古い寮もあります。 古い寮の中には虫が出るようなところもあるので、新しい寮を希望する方は担当スタッフにその旨を伝えておきましょう。 寮によってWiFiが備え付けられているところもあるので、頻繁にネットをする、動画をよく見る方はネット回線付きの寮を探してみてください。 保険はどうなってるの? 派遣会社・勤務先によっても異なりますが、労災保険は全員加入、雇用保険・社会保険は加入資格を満たす人のみ加入というケースが多いです。 勤務先で何かあってからでは遅いので、派遣会社との面談時に必ず確認を取りましょう。

次の

リゾートバイト怖い話とゲスな話【体験談】女性は見ないでください。

リゾートバイト怖い話

これはかなりのラッキーだ。 仕事も楽なものに思えた。 オーナーとの約束通り、一人が使っていない部屋を掃除し、もう一人はドアを開けて廊下で待機する。 たったこれだけの仕事だ。 美咲さんとサキちゃんは、掃除と見張りを日替わりで交互に行った。 やってみて分かったことだが、思っていた通りの美味しい仕事だった。 そして、どんなに忙しいときでも、この仕事をするときだけはオーナーが協力的なのも嬉しかった。 他の人にやってもらうから。 」 だが。 ある日のこと。 その日は、ホテル内がやけに混雑していて、人手が足りていなかった。 その日の掃除は順番的に、サキちゃんだった。 必然的に、美咲さんは見張り役だ。 サキちゃんが室内の清掃をしている間、美咲ちゃんは扉を開けて廊下で待機していた。 5分ほど経過しただろうか。 廊下にいた美咲さんは、お客さんに話しかけられた。 混雑していて、ホテル内のサービスがしっかりと回っていなかったのかもしれない。 お客さんからは、小さなクレームをもらってしまった。 美咲さんは神妙に受け止め、サービス不足をひたすら謝った。 怒っているお客さんを前にして、清掃中の扉を開け放しにしているのは、失礼だと考えたのだった。 彼女の対応の良さからか、お客さんの怒りはすぐにおさまり、部屋に戻っていった。 そして驚いた。 さっきまで、掃除機をかけていたサキちゃんの姿が見えないのだ。 掃除機もろとも姿がない。 美咲さんは、扉を開けたままにして室内に入った。 洗面所やトイレなど見て回るが、サキちゃんの姿はない。 部屋の出入り口は1つだけしかないはずだ。 出入り口の真ん前には、美咲さんが居たのだ。 サキちゃんが、この部屋の外に出たとは考えにくい。 必死で探してみたが、サキちゃんの姿は忽然と消えてしまっていた。 これはどういうとことなのだろうか。 少しパニック気味になった美咲さんは、部屋を出てオーナーの元に向かった。 もしかすると、自分は大変なことをしてしまったのではなかろうか。 そんな気持ちが少なからず、芽生え始めていた。 一日〇千円の手当の正体はこれだったのかもしれない、と感じ始めていた。 オーナーを見つけると、今あった出来事を話して聞かせた。 話を聞いていたオーナーは、みるみる顔色が悪くなっていった。 最後には、少し震えてすらいた。 そして、搾り出すかのように呻いた。 「・・・・・・な、なんてことだ・・・・・・・」 怖い、美咲さんはそう感じた。 やはり、とんでもないことをしてしまったのだろうか。 そして、オーナーが言った。 「いい?今度は、絶対に扉を閉めてはいけないよ。 俺が中を見てくるから、君はここで待ってて!」 怒っているように見えた。 でも、サキちゃんは発見できなかった。 完全に、消えてしまったのだった。 その後、警察は来るわ、美咲さんは事情聴取されるわで、大変なことになった。 ただ、事件性はないということになってしまった。 理由は分からないが、警察の判断だった。 聞いた話によると、サキちゃんは家出のような扱いになってしまったそうだ。 ・・・・それから、ずいぶんと時間が経過した現在。 未だにサキちゃんは発見されていないのだいう。 美咲さんは、涙ながらにこの話を話してくれた。 このホテルは今でも、運営しているのだとか。 管理人がこの話を聞いたのが、すでに6~7年前のことですので、今でもホテルが運営しているかは定かではありません。

次の