レクイエム クラシック。 ヴェルディ「レクイエム」 の解説とオススメ名盤

聞かず嫌いをしてはもったいない! 美しくも繊細なレクイエムの魅力

レクイエム クラシック

ヴェルディの作曲したレクイエムはモーツァルト、フォーレとともに「三大レクイエム」の一つに数えられます。 また「最も華麗なレクイエム」と言われることもあり、ヴェルディの数少ない宗教曲でもあります。 実はヴェルディはこれ以前にロッシーニに捧げるレクイエムを作曲しようとしましたが、周囲の協力を得られずとん挫した経験も持っています。 ここではヴェルディ「レクイエム」 の解説と名盤を紹介したいと思います。 小説家へ贈ったレクイエム ヴェルディのレクイエムは、イタリアの小説家、アレッサンドロ・マンゾーニのために書かれました。 マンゾーニはヴェルディが青年時代より大好きだった小説家です。 楽譜が現存してないのが残念ですが、若き日のヴェルディはマンゾーニの詩で作曲もしています。 1873年のマンゾーニの死にヴェルディは深く悲しみました。 ヴェルディはあえて葬列には参加せず、のちに一人で墓参りをしたそうです。 そしてその後、ヴェルディはミラノ市長にレクイエムの提案をおこないます。 市長は受諾し、初演の費用は楽譜印刷以外は市が負担しました。 宗教曲としては異例の人気 初演はヴェルディの希望でサン・マルコ教会で演奏されました。 指揮はヴェルディがおこない、演奏はスカラ座のオーケストラ(100名)と合唱(120名)とソリストによるものです。 ソリストの4人のうち、3人は1872年の「アイーダ」の初演でも起用された3人でした。 まさにヴェルディのお気に入りの演奏家による演奏でした。 初演は大成功に終わり、何度もアンコールが叫ばれたそうです。 Giuseppe Verdi 初演の数日後にはスカラ座で3度(1度はヴェルディが指揮)の再演がおこなわれています。 またアメリカやフランスでも1874年にすぐに再演されました。 そして1875年にはウィーンやロンドンでも演奏されます。 これは宗教曲としては異例の人気の高さでした。 作品の反応は様々 人気もすぐに出たレクイエムでしたが、初演の専門家の反応は様々でした。 「モーツァルトのレクイエム以来の傑作」との評価もありましたが、オペラ王・ヴェルディの作品です。 イタリアのオペラと言えばヴェルディ、ヴェルディと言えばイタリアオペラです。 やはり一般的な宗教曲とは一線を画します。 「聖職者の衣服をまとった、ヴェルディの最新のオペラ」「絶叫するばかりのコーラス」「怒号の連続」と評する意見もありました。 オペラの劇的表現を得意としていたヴェルディの作品ですので、評価が別れることはある程度仕方のないことかもしれません。 ただヴェルディのレクイエムは初演から現在に至るまで高い人気を誇っています。 その事実がこの作品の偉大さを物語っているのではないでしょうか。 ヴェルディ「レクイエム」 の名盤.

次の

【クラシック音楽用語】レクイエムとは死者のためのミサ曲、その意味や有名な音楽を解説

レクイエム クラシック

ヴェルディ:レクイエム 「ヴェルレク」の愛称で親しまれている、ヴェルディが作曲したレクイエム。 レクイエムとは、カトリック典礼に用いられる「死者のためのミサ曲」(鎮魂曲)です。 原題は「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」で、イタリアの文豪アレッサンドロ・マンゾーニを追悼する目的で作曲されました。 このヴェルディのレクイエムは「最も華麗なレクイエム」と言われ、モーツァルト、フォーレのレクイエムと並んで「三大レクイエム」と言われています。 特にディエス・イレ「怒りの日」はレクイエム中で最も有名で、ディエス・イレの後もクイド・スム・ミゼルの前、ラクリモサの前、リベラ・メの後でも再現されます。 フォーレ:レクイエム ガブリエル・フォーレはフランスの作曲家。 レクイエムとは「死者のためのミサ曲」で、日本語では「鎮魂歌」(ちんこんか)とも訳されます。 多くの音楽家がレクイエムを作曲していますが、このフォーレのレクイエムニ短調 作品48はレクイエムの傑作として知られ、フォーレの全作品中で最も演奏の機会が多い曲です。 モーツァルト、ヴェルディのレクイエムとともに「三大レクイエム」の一つに数えられています。 この曲はマドレーヌ寺院での初演の際、「斬新過ぎる」と寺院の司祭から叱責されたほか、「死の恐ろしさが表現されていない」、「異教徒的」などとの批判が出ていました。 これに対してフォーレは「私には、死は苦しみというより、むしろ永遠の至福の喜びに満ちた開放感に他なりません」と手紙書いています。 実際に、このレクイエムは当時のカトリックの死者ミサでは必須であった「怒りの日」を欠くなど、そのままではミサに用いることの出来ない形式をとっています。 モーツァルト:レクイエム 通称「モツレク」と呼ばれている、レクイエムニ短調K. 626はモーツァルト最晩年の名作です。 「レクイエム」(死者のためのミサ曲)とは死者に向かってその魂を鎮めるための歌ではなく、死んだ人が死後、神から受ける罰を軽くしてもらい、永遠の光を与えられるように祈るという曲です。 「レクイエム」という名前の作品を多くの作曲家が作っていますが,このレクイエムはヴェルディ、フォーレのものと並んで三大レクイエムと呼ばれ人気のある名曲です。

次の

お葬式・葬儀で使われるクラシック音楽

レクイエム クラシック

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2013年11月) レクイエム(: Requiem、レクィエムとも表記される)は、で「を」という意味の語であり、以下の意味で使われる。 の安息を神に願うの。 死者のためのミサ (: missa pro defunctis)。 においても行われる。 上記のミサで用いる聖歌。 完全ミサ曲のひとつ。 狭義にはこれを指し、本稿でもこれを扱う。 本来の典礼から離れて、単に「葬送曲」「死を悼む」という意味で銘された作品。 におけるのことを、のための祈りであることの類似性から「レクイエム」と呼称することがあるが、西欧と日本以外ではこうした用例は一般的ではない。 概要 [ ] 同一のラテン語のテクストに多くの作曲家が曲をつけている。 、、の3作品は特に名高い。 常にすべての典礼文に作曲されるわけではなく、たとえば上記の3作品には共に昇階唱がない。 かつて日本では「 鎮魂曲」(ちんこんきょく)と訳されたが、レクイエム自体に本来神道の用語である「」の意味はないため不適切な訳語として現在は単に「レクイエム」か、もしくは「死者ミサ曲」、「死者のためのミサ曲」などと訳される。 構成と典礼文 [ ] 下表は、いわゆる「三大レクイエム」についてどの典礼文に作曲がなされているかをしめしたものである。 以下は典礼改革以前のものである。 (なお、原文と訳文で行数をあわせているが、必ずしも左右で対応していない) 入祭唱 Introitus [ ] その日のミサの内容を歌うもの。。 Te decet hymnus, Deus, in Sion, et tibi reddetur votum in Jerusalem. Exaudi orationem meam, ad te omnis caro veniet. 主よ、永遠の安息を彼らに与え、 絶えざる光でお照らしください。 神よ、ではあなたに賛歌が捧げられ、 では誓いが果たされます。 私の祈りをお聞き届けください すべての肉体はあなたの元に返ることでしょう。 (詩編65:2-3) 主よ、永遠の安息を彼らに与え、 絶えざる光でお照らしください。 キリエ Kyrie [ ] 「救憐唱」「憐れみの賛歌」とも。 憐れみ深い神への賛歌、あるいは罪人が憐れみを乞う歌。 唯一、ギリシア語による。。 で用いる「の聖体礼儀」のうち冒頭などで用いられる「大連祷」を簡素化したもの。 (参照。 ) Kyrie eleison. Christe eleison. Kyrie eleison. 主よ、あわれみたまえ。 キリストよ、あわれみたまえ。 主よ、あわれみたまえ。 昇階唱 Graduale [ ] 固有文。 古い時代のレクイエム 例えば、のレクイエム を除くとGradualeと次のTractusは省略されるのが通常だが、著名なものではケルビーニとドヴォルザークに見受けられる。 主よ、永遠の安息を彼らに与え、 絶えざる光でお照らしください。 正しい人は永遠に記憶され、 悪い知らせにも恐れはしないでしょう。 (詩編112:6-7) 詠唱 Tractus [ ] 固有文。 例えば、のレクイエムに見られる。 Absolve Domine, animas omnium fidelium defunctorum ab omni vinculo delictorum. Et gratia tua illis succurrente, mereantur evadere judicium ultionis. Et lucis aeternae beatitudine perfrui. 主よ、全ての死せる信者の霊魂を ことごとく罪のほだしより解いてください。 彼らが主の聖寵の助けによって 刑罰の宣告をまぬがれ、 永遠の光明の幸福を楽しむにいたらんことを。 続唱 Sequentia [ ] 固有文。 最後の審判を歌ったもの。 ()の作。 で公認された4つののうちのひとつ。 における典礼の刷新で「死後の恐怖を不必要に強調することはキリスト教本来の思想から外れている」ことと、「葬儀は、キリスト信者の死の復活的性格をより明らかに表現」(『典礼憲章』第81条)するという理由でこの続唱は除かれ、三部に分けられ、教会の祈り(聖務日課)の賛歌となっている。 またその歌詞は三行を一単位として脚韻を踏んでおり aaa, bbb 、典礼文の傑作と言われる。 Amen. まででひとつの典礼文であるが作曲の便宜上以下のように細分されることがある。 フォーレのものはこれが省略される。 この続唱のテキストには、最終戦争、火による浄化、最終審判など、キリスト教というよりも、むしろ、など起源の宗教の影響が色濃く認められる。 、その日は とのとおり 世界が灰燼に帰す日です。 審判者があらわれて すべてが厳しく裁かれるとき その恐ろしさはどれほどでしょうか。 奇しきラッパの響き Tuba mirum [ ] Tuba mirum spargens sonum per sepulchra regionum, coget omnes ante thronum. Mors stupebit et natura, cum resurget creatura, judicanti responsura Liber scriptus proferetur, in quo totum continetur, unde mundus judicetur. Judex ergo cum sedebit, quidquid latet, apparebit: Nil inultum remanebit. Quid sum miser tunc dicturus? Quem patronum rogaturus? Cum vix justus sit securus. の響きが 各地の墓から すべての者を玉座の前に集めるでしょう。 つくられた者が 裁く者に弁明するためによみがえる時 死も自然も驚くでしょう。 書物がさしだされるでしょう。 すべてが書きしるされた この世裁く書物が。 そして審判者がその座に着く時 隠されていたことがすべて明らかにされ、 罪を逃れるものはありません。 その時哀れな私は何を言えば良いのでしょう? 誰に弁護を頼めば良いのでしょう? 正しい人ですら不安に思うその時に。 救われるべき者を無償で救われる 恐るべき御稜威の王よ、 慈悲の泉よ、私をお救いください。 Juste judex ultionis, donum fac remissionis, ante diem rationis. Ingemisco, tamquam reus: culpa rubet vultus meus: supplicanti parce Deus. 思い出してください、慈悲深きイエスよ あなたの来臨は私たちのためであるということを その日に私を滅ぼさないでください。 私を探してあなたは疲れ、腰をおろされた 十字架を堪え忍び、救いをもたらされた これほどの苦しみが無駄になりませんように。 裁きをもたらす正しき審判者よ 裁きの日の前に ゆるしの恩寵をお与えください。 私は罪人のように嘆き 罪を恥じて顔を赤らめます 神よ、許しを請う者に慈悲をお与えください。 (マグダラの)マリアを許し 盗賊の願いをもお聞き入れになった主は(ルカ23:39-43) 私にも希望を与えられました。 私の祈りは価値のないものですが、 優しく寛大にしてください。 私が永遠の炎に焼かれないように。 私に羊の群れの中に席を与え 牡山羊から遠ざけ あなたの右側においてください。 (マタイ25:31-34) 呪われたもの Confutatis [ ] Confutatis maledictis, flammis acribus addictis, voca me cum benedictis. Oro supplex et acclinis, cor contritum quasi cinis: gere curam mei finis. 呪われた者たちが退けられ、 激しい炎に飲みこまれる時、 祝福された者たちとともに私をお呼びください。 私は灰のように砕かれた心で、 ひざまずき、ひれ伏して懇願します。 終末の時をおはからいください。 涙の日 Lacrimosa [ ] Lacrimosa dies illa, qua resurget ex favilla judicandus homo reus: Huic ergo parce Deus. pie Jesu Domine, Dona eis requiem. Amen. 涙の日、その日は 罪ある者が裁きを受けるために 灰の中からよみがえる日です。 神よ、この者をお許しください。 慈悲深き主、イエスよ 彼らに安息をお与えください。 アーメン。 奉献唱 Offertorium [ ] がパンとぶどう酒を捧げる時に歌われる。 固有文。 主イエス・キリストよ、栄光の王よ、 全ての死せる信者の魂を 地獄の罰と深淵からお救いください 彼らの魂を獅子の口からお救いください 彼らが冥府に飲み込まれぬように 彼らが暗黒に落ちぬように。 旗手たる聖ミカエルが 彼らの魂を聖なる光へと導きますように。 かつてあなたがアブラハムとその子孫に 約束したように。 賛美の生け贄と祈り Hostias [ ] Hostias et preces Tibi, Domine, laudis offerimus. Tu suscipe pro animabus illis, quarum hodie memoriam facimus. 賛美の生け贄と祈りを 主よ、あなたに私たちは捧げます。 彼らの魂のためにお受け取りください。 今日、私たちが追悼するその魂のために。 主よ、彼らの魂を死から生へとお移しください。 かつてあなたがアブラハムとその子孫に 約束したように。 サンクトゥス Sanctus [ ] 「感謝の賛歌」「三聖唱」とも。 神を賛美し感謝する聖歌。 通常文。 聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、 万軍の神よ、主よ 天と地はあなたの栄光に満ちています。 (イザヤ6:3) いと高きところにホザンナ (ホザンナは「救い給え」の意)。 祝福されますように Benedictus [ ] Benedictus qui venit in nomine Domini Hosanna, in excelsis. 主の御名において来る者は祝福されますように(詩編118:26) いと高きところにホザンナ 神羊誦 Agnus Dei [ ] 「平和の賛歌」「神羔唱」とも。 聖体変化したパンを切り分ける際に歌い、神の小羊であるキリストに世の平安を祈る聖歌。 通常文。 このため、「平和の賛歌」の意味が薄れていた。 第二バチカン公会議による典礼の刷新後は、いずれも、通常の結びのことば、「われらをあわれみたまえ」「われらに平安をあたえたまえ」に改訂されている。 Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: dona eis requiem. Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: dona eis requiem. Agnus Dei, qui tollis peccata mundi: dona eis requiem sempiternam. この世の罪を取り除く神の小羊よ(ヨハネ1:29,36) 彼らに安息をお与えください この世の罪を取り除く神の小羊よ 彼らに安息をお与えください この世の罪を取り除く神の小羊よ 彼らに永久の安息をお与えください 聖体拝領唱 Communio [ ] 聖体となったパンとぶどう酒を拝領する際に歌われる。 死者が永遠の光に照らされることを神に祈る聖歌。 固有文。 主よ、彼らを永遠の光でお照らしください。 聖者たちとともに永遠に あなたは慈悲深くあられるのですから。 主よ、永遠の安息を彼らに与え、 絶えざる光でお照らしください。 聖者たちとともに永遠に あなたは慈悲深くあられるのですから。 赦祷文 Responsorium [ ] ミサの終了後の赦祷式 Absolutio ad Tumbam で歌われる。 ミサには含まれないが、葬儀に関連するため、曲がつけられることがある(、等)。 通常のミサで使われる嘆願 Libera nos と区別するため Libera meと呼ぶことが多い。 Tremens factus sum ego et timeo, dum discussio venerit atque ventura ira. 主よ、永遠の死から私をお救いください 恐るべきその日に。 天と地が揺れ動き、 主が炎を持ってこの世を裁く日、 来るべき裁きと怒りの時に 私は恐れおののく。 天と地が揺れ動く。 その日は怒りの日、 災いと不幸の日 大いなる嘆きの日。 主よ、永遠の安息を彼らに与え、 絶えざる光でお照らしください。 楽園へ In Paradisum [ ] 出棺、埋葬時に歌われる。 ミサには含まれないが、葬儀に関連するため、曲がつけられることがある。 (この歌での「あなた」は死者を指す) In Paradisum deducant te Angeli; in tuo adventu suscipiant te martyres et perducant te in civitatem sanctam Jerusalem. 天使があなたを楽園へと導きますように。 楽園についたあなたを、殉教者たちが出迎え、 聖なる都エルサレムへと導きますように。 天使たちの合唱があなたを出迎え、 かつては貧しかったラザロとともに、(ルカ16:19-22) 永遠の安息を得られますように。 作曲家一覧 [ ] 中世からバロックまで [ ] (生誕年順)• (14世紀までに成立。 すべてのレクイエムの大元)• (現存しない)• (現存する最古の、作曲者の判明しているレクイエム)• (2曲)• (2曲)• (ムジカーリッシェ・エクセクヴィエン)• (3曲)• (2曲)• (以下3つは英語による"funeral service")• の葬送の音楽 古典派 [ ] 「」および「」も参照• - 『』• - 『』• - 『』• - 『』• - 『ルクス・エテルナ』、『レクイエム』• - 『 』無伴奏の独唱者アンサンブル。 妻に献呈。 - 『ディエス・イレ』、『』• - 『レクイエム』• - 『ラーラ・レクイエム』• - 『』 日本人作曲家 [ ] 先述の概論3に当てはまるものが多い。 『レクイエム 無名戦士』(の詩による。 映画「」劇中音楽• 『レクイエム・碑』(作詩:広島の原爆に捧ぐ内容)• 『煉瓦色の街』(作詩:副題「日日のわれらへのレクイエム」。 奨励賞受賞作品。 『恋のレクイエム』(作詩)• 南方原住民の歌謡を元に、夭折した命へ送る。 二十絃箏と邦楽器のための『コンチェルト・レクイエム(鎮魂協奏曲)』• 全曲初演はなし。 らのテキストを使用した、へのレクイエム。 「合唱と管弦楽のための3部作」の第1作にあたる。 オーケストラのためのレクイエム• 作品『鎮魂歌(レクイエム)』(作詩)• 『鎮魂歌』(作詩:男声合唱曲だが、児童または女声合唱、ピアノ連弾、2人の朗読者が加わる)• 『ヴァイオリンとオーケストラのためのレクイエム』• 『レクイエム 眠れ幼き魂』(作詩)• 『レクイエム のによる』• 『チェロの為のRequiem』(後に『震災のためのレクイエム』も作られた)• 『ひろしまレクイエム』(旧オラトリオ鳥の歌。 一部の楽章においての詩が使われている。 混声合唱と児童合唱とオルガン・シンセサイザーなどの楽器を使用する。 『レクイエム いのちこそ』(作詩構成:終曲のテキストには第9条-戦争放棄が使われている)• 弦楽合奏のための『広島レクイエム』• 無宗教レクイエム『鎮魂十二頌』(の連作詩『鎮魂十二頌』から抜粋)• のシリーズにて、によるものがBGMとして幾度か使われた。 ラテン語の典礼文による、の委嘱作品。 (第2楽章が、IntroitusからLibera Meまでのレクイエムの形式を模して作られている)• 混声合唱のための「Requiem」:初演はウィーン・で行なわれた。 『歌う木』(副題「武満徹へのレクイエム」)• 『ヒロシマレクイエム』(後に改題)• 『レクイエム〜あの日を、あなたを忘れない〜』(追悼として書かれたもの)• 典礼文を用いており、混声合唱に管・打楽器アンサンブルが加わる。 の古代歌謡を元にの犠牲者へ送るものと、を受けて書かれた第2番が存在する。 混声合唱とピアノのための「Lacrimosa」- ラテン語• 無伴奏混声合唱のための「Libera me」- ラテン語• 混声合唱とピアノのための「Dies irae」- ラテン語• 創作鎮魂歌『子守歌』 〜大阪教育大学附属池田小学校事件遺児の母の手記による〜• (名義で発表されたもの)• ピアノのためのレクイエム イ短調• 弦楽のためのレクイエム・ヒロシマ:合唱版を改作したもの• 無宗教レクイエム『鎮魂十二頌』(の連作詩『鎮魂十二頌』全篇に作曲した組歌曲)• 混声合唱とピアノのための組曲『鎮魂の賦』(前述の無宗教レクイエムから5篇を抜粋し、合唱に改作したもの)• 『Requiem Pacis』(混声合唱・ソプラノ独唱・オーケストラ) - 全曲ラテン語。 「レクイエム」の名を持つキリスト教の流れをくむ楽曲(合唱曲・歌曲)としては日本人の楽曲のうちでも世界で最も演奏されている。 全5楽章。 楽曲構成として「Dies irae(怒りの日)」がないなど、フォーレやデュリュフレの作品にも通じ、それは題名に含まれる「Pacis(平和の、平穏な)」からもとれる。 赦祷文の楽章が「Libera Me」ではなく新たに「Subvenite」が採用され、楽曲を通して地獄、最後の審判、神の怒りに関する歌詞がない。 (センス)• 『レクイエム〜行ってしまった朝』(1993年ドラマ『』)• 『レクイエム』(2004年日本映画「CASSHERN」の挿入歌。 激しい戦闘シーンで流れる。 ギター演奏曲)• 「Requiem」• 柊奈緒• 『レクイエム』(2012年アニメ『』の挿入歌。 坂本日菜• 『』 2016年。 混声合唱・ソプラノ独唱・オルガン・トランペット・マリンバ・ハープ) - ラテン語の楽曲と、クリスチャンであり戦争体験者でもある青木瑞恵によって書かれた太平洋戦争犠牲者のための追討詩「REQUIEM」の朗読を交えたものである。 序唱と終唱に「Memento mei」が挿入され、合唱の入退場とともに歌われる• Gram• 『The Requiem』(2017年発表の個人アルバム) 出典 [ ].

次の