育てる 類語。 養う(ヤシナウ)とは

「養う」「培う」「育む」意味の違いと使い分け方

育てる 類語

INDEX• 培うの意味とは?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく解説 培う(つちかう)は 「広く、力や性質などを養い育てる」という意味です。 栽培する。 「人なき日藤に-・ふ法師かな/蕪村句集」[可能] つちかえる 引用: 「知識を培う」は間違い? 「培う」の一般的な使い方として、「知識を培う」という用例があります。 一般的に使われることも多いですが、「培う」ことができるものは、基本的には「自分の能力や性質、資質」です。 そのため、「知識」「情報」など、情報蒐集をしたり、自分の「外側」から集めてくることにより自然と向上するものは「培う」とは言わない点に注意しましょう。 「知識や情報」の場合、「情報を蓄える」「知識の幅を広げる」「見識を身に着ける」「データを集める」などと、ほかにも様々な言い換え方法があり、こちらのほうがより適切な表現となります。 経験を培う• 感性を培う• 向上心を培う• 共感力を培う• 適応力を培う• 人間性を培う• 反骨精神を培う• 情熱を培う• 彼は人と話す機会をできる限り多く作り、共感力や適応力、人と接するときに大切な感性を培うことにした。 向上心を培うために、まずは目の前の仕事が将来の何に結びつくのか、を明確にすることから始めよう。 経験を培うためには、本を読むだけではなく街に出て色々なことを体験する行動が重要になるだろう。 培うの英語表現 foster 例文・イディオム He urged the need to foster a patriotic spirit among the young. (彼は青年の愛国心を培う必要を説いた. ) 培うの意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、培うの本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。

次の

「養う」「培う」「育む」意味の違いと使い分け方

育てる 類語

INDEX• 培うの意味とは?|読み方・意味・辞書の定義を簡単にわかりやすく解説 培う(つちかう)は 「広く、力や性質などを養い育てる」という意味です。 栽培する。 「人なき日藤に-・ふ法師かな/蕪村句集」[可能] つちかえる 引用: 「知識を培う」は間違い? 「培う」の一般的な使い方として、「知識を培う」という用例があります。 一般的に使われることも多いですが、「培う」ことができるものは、基本的には「自分の能力や性質、資質」です。 そのため、「知識」「情報」など、情報蒐集をしたり、自分の「外側」から集めてくることにより自然と向上するものは「培う」とは言わない点に注意しましょう。 「知識や情報」の場合、「情報を蓄える」「知識の幅を広げる」「見識を身に着ける」「データを集める」などと、ほかにも様々な言い換え方法があり、こちらのほうがより適切な表現となります。 経験を培う• 感性を培う• 向上心を培う• 共感力を培う• 適応力を培う• 人間性を培う• 反骨精神を培う• 情熱を培う• 彼は人と話す機会をできる限り多く作り、共感力や適応力、人と接するときに大切な感性を培うことにした。 向上心を培うために、まずは目の前の仕事が将来の何に結びつくのか、を明確にすることから始めよう。 経験を培うためには、本を読むだけではなく街に出て色々なことを体験する行動が重要になるだろう。 培うの英語表現 foster 例文・イディオム He urged the need to foster a patriotic spirit among the young. (彼は青年の愛国心を培う必要を説いた. ) 培うの意味や定義、使い方と例文について解説してきました。 ここまで読んできた方は、培うの本来の意味について、これまで自分が知っていたこと以上のことを知ることができたと感じるのではないでしょうか。 ここまで読んでいただきありがとうございました。 ぜひ、今回知った知識を活かし、さらにスキルアップを目指したり、教養を深めていってくださいね! 次では、ビジネスパーソンとして成長したいあなたに向けて、 「転職活動のコツ」を解説しています。 あなたが下記の項目に当てはまるなら、ここでページを戻さず、ぜひ次をお読みください。

次の

育てるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

育てる 類語

「後進の育成」とは? 「後進の育成」の取り組みのコツ• 「後進の育成」を使った言葉と意味を解釈• 「後進の育成」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「後進の育成」の類語や言い換え• 「後進の育成」の英語 解釈 など 「後進の育成」とは? 「後進の育成」の言葉の意味は、 「自分の後から進んでくる後輩・弟子を教えて育て上げること」や 「自分の事業・知識・技術・ノウハウ・経験などを伝えるために後輩を立派に育て上げること」になります。 「後進」とは、 「先人 先輩 の後を進むこと・後輩」を意味する言葉です。 「後進の育成」というのは簡単に説明すれば、 「自分の後を進んでくる後輩・部下・弟子を育て上げること」を意味する言葉です。 「自分の持っている事業・知識・技術・ノウハウ・経験などを教えて伝承していくこと、一人前に育て上げていくこと」を、 「後進の育成」と呼んでいます。

次の