ザシアン レベル1。 【ポケモン ソードシールド裏技】ザシアン・ザマゼンタ入手方法・捕獲失敗!倒すとどうなる?経験値稼ぎ…!【剣盾】

【ポケモン剣盾】ザシアンの入手方法と種族値

ザシアン レベル1

つわものポケモン 石像のような姿で 忘れ去られるほどのあいだ 眠りについていたポケモン。 ザシアン・ザマゼンタの入手方法 ザシアン・ザマゼンタはエンディング後に入手 伝説のポケモンのザシアン(ソード版)・ザマゼンタ(シールド版)はエンディング後のシナリオを進めて行くと捕獲しないとシナリオが進まない場面あり、そのバトルで捕獲して入手する。 何度も倒すことで経験値稼ぎになる 捕獲するバトルで捕獲に失敗して倒してしまった場合、すぐに再戦が可能。 シナリオが進むことはない。 捕獲するまで何度でも戦えるので、ちょっとした裏技として、このバトルで経験値稼ぎをすることもできる。 クリア後のザシアン・ザマゼンタのシナリオ まどろみの森の最奥へ向かう エンディング後、まどろみの森の最奥でホップとバトル。 ブラッシータウンのポケモン研究所 ポケモン研究所でソニアと会話。 ナックルシティのエネルギープラントへ ナックルスタジアムのエレベータで地下に降りてエネルギープラントへ。 厳選する場合はここでセーブしておく。 まどろみの森 ホップが、剣版ではザマゼンタ、盾版ではザシアンを捕まえるイベント戦を見る。 ホップとバトル。 2回目のエンディング。

次の

【ポケモン剣盾】クリア後にやるべきことはこれ!!ザシアンの厳選【プレイ日記part3】

ザシアン レベル1

クリア後にまずやるべきこと ポケモンシリーズは、クリアしてからが本番。 対戦や、育成環境づくり、図鑑埋めやサブイベントの回収など、いっぱいやることがあります。 その中で、これからポケモン対戦を本格的に始める方はまず何をするべきか。 ザシアンorザマゼンタを捕まえてください クリア後にまどろみの森の奥に行くと、ザシアンorザマゼンタを捕獲するためのストーリーが始まるので、そちらをまず終わらせましょう。 感覚的には、USUMの時のRR団のイベントの様な感じです。 クリア後のイベントではあるものの、ストーリーとして組み込まれているようなイベントです。 では、なぜこのイベントをクリア後にまずやるべきなのか。 勿論、ストーリーの続きなのでそのままの勢いでやった方が良いというのもあります。 ですが、一番の理由はザシアンを今後使うからです。 ポケモン対戦を始めるにあたって、まずは厳選環境を作る必要がありますが、その筆頭である高個体値のメタモンを手に入れる時に、ザシアンがいると非常に楽です。 まず、ザシアン自体が非常に優秀です。 フェアリー・はがねという理想的なタイプ、場に出ただけで攻撃が一段階上がる強特性、更に種族値も恵まれている。 ランクバトル使用不可の伝説のポケモンということもありますが、歴代のポケモンの中でもトップクラスの強さを持っています。 更に、ザシアンにはダイマックスポケモンに対する特攻があります。 メタモンを始めとした高個体値のポケモンを手に入れるためには、ダイマックスポケモンと戦う、マックスレイドバトルをする必要があります。 また、経験値アメ、技レコードを手に入れるためにもレイドバトルは必須です。 雑に言ってしまえば、レイドバトルはやり得です。 ザシアンはそのレイドバトルで非常に優秀です。 ザマゼンタは弱い? さて、ここまで読んでくださった皆さんならお気づきでしょう。 途中からザシアンorザマゼンタではなく、ザシアンと単体で表記していたことに。 そう、端的に言ってしまえば、ザシアンと比べてザマゼンタは弱いです。 弱いというと語弊があるので言い換えますが、ザシアンと比べてレイドバトルの適性が低いです。 一応、ザマゼンタにもダイマックスポケモンに対する特攻はありますが…… 現状レイドバトルは、火力を挙げて1ターンでも早く倒すことを求められているので、ザシアンの方が使い勝手は良いです。 防御面ではザマゼンタの方が上なので強みはありますが、レイドバトルにおいてそれは活かしづらい。 ということで、シールドをプレイししている方は、レイドバトルではムゲンダイナを使うことになると思います。 ムゲンダイナはストーリーでゲットしているので、ザシアンorザマゼンタの捕獲をクリア後最初にする必要はありません。 ですが、ストーリーそのままの勢いでザシアンorザマゼンタの捕獲イベントまでやってしまうことをお勧めします。 プレイ日記 さて、ここからは剣盾最後のプレイ日記を書いていこうと思います。 ザシアンorザマゼンタの捕獲はあくまでもクリア後イベントなので、あまり語ることも多くないですし、何より後半スクショを忘れてしまったので、サラーっと流していく感じにします。 イベントの始まりはまどろみの森から。 朽ちた剣と朽ちた盾を返し、ホップとバトルしたところから始まります。 目標となる兄がチャンピオンで無くなり、更にライバルの主人公にも先に行かれ思い悩んでいる様子。 バトル後に謎の人物が乱入し、 朽ちた盾を奪われてしまいます。 改めて見ると髪型やばいな。 この二人が今回のイベントの悪役で、各地のジムでポケモンを強制的にダイマックスさせて暴れさせていきます。 ポケモンの世界なんであんまり気にならなかったですが、冷静に考えると結構怖いですよね。 キャラクターとの比較から見ても、ダイマックスしたポケモンって結構大きいですから。 こんな大きさのポケモンが暴れたら、進撃の巨人状態です。 こんな感じで各地のジムでダイマックスポケモンが暴れているので、スパイクタウンジムを除くジム全てに行きます。 方式としてはレイドバトルの方式を採用しているので、主人公&ホップ&ネズのパーティで行動していました。 悩んでいるホップや、 それを上手く励ますネズの関係が、新鮮で良かったです。 やっぱりネズはお兄ちゃんだから、年下の子の扱いには慣れているんですかね。 そんな感じで各地のジムを回っていくわけですが、 アラベスクタウンジムだけは様子が違いました。 正式にジムリーダーになったビートが、ダイマックスポケモンを一人で治めていました。 なんかビートがどんどんカッコ良くなってる…… アラベスクタウンジムでは、ダイマックスポケモンと戦う代わりに、 ビートの希望で彼とバトルすることになります。 本編の捻じ曲がったビートはどこへやら。 めちゃくちゃ性格が変わっていました。 やはり、ポプラさんに相当絞られたんでしょう。 そんなこんなでジムを巡り終えると、再度ナックルジムへ。 ソッドと再戦します。 戦闘用のポケモンとか言っていましたが、正直初戦とあまり印象は変わりませんでした。 そもそも戦闘用ってなんだよって感じですけどね。 その後は、エレベーターに乗って屋上でザマゼンタと交戦。 二人組がいろいろやらかして暴走していましたが、何とか落ち着けました。 ホップも協力してくれました。 その後はザシアンの捕獲タイム。 伝説のポケモンが他にいないと聞いたので、マスターボールを使いました。 もう使うタイミングここしかないなって。 一応、性格だけ厳選しました。 後でミントを使えばいくらでも性格補正は変えられるので、面倒な方はやらなくていいかなと思います。 私の場合はBP50集めるより、マスボで性格厳選した方が楽かなと思ってそっちを取りました。 シンクロ効かないので多少大変ですが、旧作のめざパ厳選と比べれば楽々。 本当に厳選に関しては凄く楽になりました。 私の捕まえた個体 性格はいじっぱりで厳選。 書いていて思い出したんですが、クリア後最初にやるべきこととして、ザシアンorザマゼンタの捕獲を書きましたが 、個体値ジャッジの開放も同時期にしておくといいかもしれません。 まあ、ザシアンもザマゼンタもレベル50で揃えられないので、個体値厳選はせずに王冠で良いと思いますが。 もし個体値厳選するならば、ジャッジ機能の開放は必須です。 もう有名ですが、ジャッジ機能の開放の仕方の記事を後日出しておきます。 ザシアンも捕まえ、最後にまどろみの森でホップともう一度バトル。 ホップも自分の進む道を決め、それぞれが自分の進むべき道に向かって走り出すという所で物語は終了。 ライバルがポケモン博士になるっていう展開は、アニポケのシゲルを思い出しますね。 ホップのキャラ的に少し意外でしたが、無事に悩みも解決できて良かったです。 あとがき これにて、私の剣盾プレイ日記は終わりとなります。 ストーリーに関する感想は前回の記事であらかた書いたので、今回の記事では書きません。 この記事では、今後の剣盾の記事の方向性について示して終わろうと思います。 今後は、ランクバトルでの対戦を前提とした記事を書いていこうと思います。 まずは育成環境の作り方について。 育成環境の作り方は、多くの方が動画や記事などで解説しているので今更感もありますが、一人でも多くの方にポケモン対戦の楽しみを知って欲しいと思うので、頑張って書いていこうと思います。 私はまだまだ育成環境は作れていないうえに、対戦を本格的に始めるのは今作からの初心者です。 ですが、だからこそ同じような対戦初心者の方にも、読みやすいようにできるだけ丁寧に書いていくつもりです。 また、育成環境の記事に関しては、できるだけ細かくトピックごとに記事を分けて書いていくつもりです。 その方が必要なところだけを見やすいですし、タスクを細かく分けることで達成しやすくなると思います。 そのため、今後記事が極端に短くなることもあるかと思いますが、その点はご了承いただけると助かります。 一人でも多くの方が、一緒にポケモンを楽しめるように頑張ります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の

【ポケモン剣盾】ザシアン(けんのおう)の進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ザシアン レベル1

今回の日誌は、クリア後に行っていたことのもろもろのまとめ。 金策準備完了 前回までは、マックスレイドでひたすらアメを集めるところまで書きましたが、そのかいあってニャースのレベルは100に到達。 そこでニャースを引き連れトーナメントへ。 キョダイマックスニャースのキョダイコバンを3回打つことで、1試合で99999円が獲得できるようになった。 注意点は、相手がゴーストだとキョダイコバンが発動しないので、相手がゴーストでないときを狙う。 あと、相手が格闘技もってるとそれもけっこう辛いので、ニャースが出てくるタイミング調整が重要。 ダンデ戦で言えば、ガマゲロゲで出すのが最適かなと思う。 図鑑埋め作業 次に、図鑑埋め作業の一環で、ワイルドエリアの探索を行う。 図鑑の機能でオススメポケモンが表示されるので、迷うこともない。 で、その作業が一通り終わると、進化前のポケモンだけいなかったりするポケモンが結構いたので、メタモンとともに預け孵化マラソンで未取得ポケモンのタマゴを作り、走る。 ほのおのからだ持ちのセキタンザンのみを引き連れ、過去作で何度も行ってきた孵化マラソンの作業w 今作では卵あずけ屋が2箇所あるけど、どっちも直線が長いのでマラソンに最適。 未発見のものだけでなく、シールドのみに出てくるポケモンも増やしておく。 長男と次男はソードをしているので、どこかのタイミングで交換してもらうための下準備w 技マシンの収集 図鑑の次は技マシンの全取得。 まず店に売っている技マシンを金策で用意したお金を使用し買い漁る。 全部買ったあとに、道具一覧から番号順にソートし、抜けているものをリストアップする。 それがどこにあるのかをググり、確保に向かう。 一番面倒だったのがボルトチェンジで、わざわざしたくもないロトムラリーに参加し、2万点以上のスコアを出す必要があって、そのスコア出すためには長距離コースじゃないと出ない感じ。 けっこうめんどいので、こういうのは勘弁してほしい。 でもその努力の甲斐もあり、技マシンはコンプした。 技レコードは今後のマックスレイドでいずれコンプできるだろうと思う。 ザマゼンタの捕獲・厳選 育成環境はメタモン厳選以外はできたので、次はいよいよメタモン厳選かと思ってたけど、思ったよりも面倒そうなので最初にザマゼンタの厳選をすることにした。 今回はマスターボールを使う。 このタイミング以外で使う事もなさそうだと思ったので、楽をしようと思う。 ザマゼンタの話を進めるためにまどろみのもりに行くと、またホップがいたので、返り討ちに。 その後いかれた髪型の兄弟が登場。 展開が急やで…。 で、当然のようにバトルになる。 盾の髪型のほうとバトルに。 いざ始まると、相手はドータクンを出してきたw こいつわかってんな。 よし、こっちもドータクンで、ドータクンのミラーにしようw その後、ストーリーを進め、いよいよザマゼンタが登場。 今回はマスターボールを使うので、初手マスターボールで捕獲し、性格と個体値を見て気に入らなければリセットするという感じの古典的な厳選方法にした。 ザマゼンタをどんな感じで育成しようかなと思ったけど、結局バトルでは使わんので、物理特化型のオーソドックスなタイプで育成することにした。 なので、ASのVがあればオッケーで、残りどこかにVついてたらいいなくらいのゆるい厳選にした。 せいかくはいじっぱりかようきのどっちかで。 3回ほどやると、HASにVがついた個体を確保。 これでよさげやなと思い、性格を確認すると うっかりや…。 うーん、まじか。 って思ったけど、そう言えば今作では性格補正のパラメーターをミントで変更できるんやったということを思いだしたので、実際にミントを使って調整するようにしてみた。 うっかりやのザマゼンタとか、愛嬌があっていいかなと思うし。 ミントは50BPするので、バトルタワーでレンタルポケモンを使用してバトルをする。 50集めるのけっこうめんどいなーと思っていたところ、ランクが上がっていじっぱりミントがでたw こりゃラッキー。 さっそくザマゼンタにいじっぱりミントを使用し、性格のパラメーターを変更。 この変更した内容って確認できないんかな…。 性格の準備ができたので、次は努力値。 今作では、ドーピングアイテムのみで努力値を振り終えることができるので、タウリンとブロムヘキシンを25個ずつご購入。 過去作みたいに戦闘しなくていいのは楽だ。 努力値を振り終え、スタータス画面でXボタンを押すと努力値の配分が確認できる。 マスターボールにはいったうっかりやのザマゼンタの育成が完了。 あとは技構成を考えていたものにすれば、育成は完了。 ザマゼンタはマックスレイドにも使えるそうなので、ムゲンダイナ一択だったこれまでよりもより幅広い敵に対応できるようになったのはいい感じ。 次はいよいよメタモン厳選やけど、けっこうめんどいので腰が重いw.

次の