マカ サプリメント 女性。 女性ホルモンを増やすマカの効果と注意したいマカによる副作用 | 女性の美学

マカと妊活のことなら【マカサプリ塾】

マカ サプリメント 女性

50倍濃縮プラセンタを配合したプラセンタサプリ。 1日2粒で10,000mg相当のプラセンタを摂取することができます。 また、クコの実・大豆イソフラボン・低分子コラーゲン・低分子ヒアルロン酸・アセロラといった5つの美活成分を一緒に配合。 19種類のアミノ酸、酵素・ビタミン・ミネラルなども配合された、盛りだくさんなサプリです。 また、ミネラルの中ではカルシウム125mg、マグネシウム100mg、鉄21. 5mgを1日3粒で摂取可能。 1ヵ月あたりの価格が高いのが難点です。 E、グルコン酸銅、パントテン酸Ca、グリセリン、V. D、V. 1日2粒で、 マカエキス末410mgに加え、1日分の亜鉛7mgの摂取が可能です。 また、不足しがちなビタミンB郡・にんにくも配合されているので、女性にとっても嬉しいサプリと言えるのではないでしょうか。 60日分で2000円以下とリーズナブルなので、続けやすいのも嬉しいポイントです。 マカサプリというと男性のサプリというイメージがありますが、女性にもおすすめですよ。 タイプ(1日の摂取量) マカ(410mg) 1日の目安摂取量 2粒 内容量 120粒 原材料 マカエキス末(マカエキス、デキストリン)、デキストリン、醗酵黒にんにく末、グルコン酸亜鉛、ステアリン酸Ca、糊料(プルラン)、セラック、V. B6、V. B2、V. B1 妊娠準備期からマタニティ期におすすめされることもあるこちらのサプリは、 葉酸・鉄・Caに加え、12種類のビタミン・ミネラルを一度に摂取することができるマルチタイプです。 また、1ヵ月あたり1000円というリーズナブルさも魅力。 複数のサプリを飲むのは面倒という方は、ぜひ検討してみてください。 プラセンタのみを摂取したい方には不向きですが、「複数のサプリを摂取するのは面倒で続けられない…」とお悩みの方におすすめです。 しっかりと管理されているEU圏内の豚から抽出したプラセンタを利用しながら、1日当たり約78円とコスパも高いので、はじめてのプラセンタサプリとしてもおすすめです。 タイプ(1日の摂取量) プラセンタ(20. 大塚製薬が長年の研究を経て発見した乳酸球菌で大豆を発酵させて作られています。 1日4粒と目安となる摂取量はやや多めではありますが、自分のペースで分けて飲んでも、一気に飲んでもOKです。 珍しいオレンジ風味のジュレタイプの商品も発売されているので、お試し感覚でそちらをチェックしてみるのもおすすめ。 タイプ(1日の摂取量) エクオール(10mg) 1日の目安摂取量 4粒 内容量 112粒 原材料 大豆胚芽発酵物、オーツ麦ファイバー、寒天/セルロース、HPMC、着色料(酸化チタン、カラメル)、微粒酸化ケイ素、タルク モノコーポレーション 商品名 エクエル プラセンタ プレミアム 葉酸カルシウムプラス ディアナチュラスタイル マカx亜鉛 発酵大豆イソフラボン エクオール エクスプラセンタ 粒タイプ エレビット お徳用マカ粒 大豆イソフラボン エクオール ハダプラ 特徴 大豆を乳酸菌で発酵させたサプリ プラセンタ+嬉しい10種の美容成分配合 不足しがちな栄養を一気に取れるマルチサプリ マカエキスに1日分の亜鉛を+。 にんにくやビタミン群も充実 1日1粒でOK、しかも安価で飲みやすい ワンランク上の美に導く「飲むエステ」 12種のビタミンと6種のミネラルを配合 マカだけを配合したシンプルなサプリ。 他のサプリとの組み... ドラッグストアなどでも購入可能。 気軽に始められるエクオール 50倍濃縮プラセンタを贅沢配合 最安値 タイプ(1日の摂取量) エクオール(10mg) プラセンタ(20. B6、V. B2、V. E、グルコン酸銅、パントテン酸Ca、グリセリン、V. D、V.

次の

マカサプリメントの効果とは|副作用やおすすめの飲むタイミングも紹介

マカ サプリメント 女性

公式サイト マカナは、50種類以上の栄養成分を配合したサプリ。 妊活専門の栄養士が適切なバランスで配合しているので、安心して使用できます。 最大の特徴は、日本産のマカを使用していること。 ペルー産以上に豊富な栄養価を持ち、妊活へのパワーを引き出してくれます。 妊娠中は胎児のために、鉄の必要量が高まる為、鉄分を追加配合し、妊活に欠かせない成分である葉酸も豊富。 葉酸は、少なくとも妊娠の一ヶ月以上前から妊娠三ヶ月まで摂取が欠かせないと言われています。 不足すると、胎児の成長に関わるので、しっかりと補っておきたいところ。 さらに、様々な角度から妊活を助ける多彩な有用成分を加えています。 アミノ酸の一種で、リラックスを応援してくれるGABAなども入っています。 現代日本人は慢性的に不足しがちですが、妊活に欠かせない成分であるDHA・EPA。 さらに、美容にも働きかけるルイボスティーが含まれています。 いずれも、妊活を力強く後押ししてくれる成分です。 国内工場で製造されているので安心ですし、放射能検査も実施されているので安全性に関しては問題なし! 価格もリーズナブルでコストパフォーマンスは抜群。 お薦め度はMAXです! 2位「HUGmaca-はぐマカ-」 公式サイト はぐマカは、女性向けサプリメントの中でも品質が高いと言われているサプリメント。 複数のマカを原材料としているのが特徴で、一般的なマカに加えて、黒・赤などのマカが原材料として使われています。 その為、幅広い栄養素をバランスよく摂ることができるのがメリット。 特有成分であるベンジルグルコシノレートもしっかり配合されています。 手軽な価格で購入できるというのも、このサプリメントならではの長所。 続けやすいから、実感に結びつきやすいのです。 また、価格がリーズナブルですから夫婦二人で活用する場合にも、お財布への負担が軽く済みます。 ちなみに、メインの配合成分はマカですが、それ以外にも亜鉛やセレン、ビタミンE、ビタミンD、アルギニンなどの栄養素が含まれています。 これらの成分がバランスよく身体をサポート! リズムを整えてくれます。 品質管理も徹底されています。 メーカーは健康食品のプロなので品質管理は安心。 安心して摂取することができます。 新規購入の場合は、1ヶ月分を2300円で購入することができます。 1日あたりのコストに換算すると、かなりリーズナブルです。 コストパフォーマンスは最高レベルと言えるでしょう。 公式サイト ハグクミの恵みの最大の特徴は、日本国産のマカを使用しているということ。 マカと言えばペルーが本場として知られていて、それ以外の産地は殆ど注目されていませんでした。 そんな中で、このサプリメントはペルー産と日本産の両方をバランスよくブレンドして配合。 特別に栽培された国産は、有用成分であるベンジルグルコシノレートが非常に豊富に含有されています。 その為、妊活への活用にも人気があります。 マカ以外にも、配合されている成分があります。 それが、ザクロの種子エキスです。 ザクロエキスにはポリフェノールがたっぷりで、美容への還元力も期待することができるでしょう。 コストパフォーマンスの高さも魅力の一つ。 キャンペーンが実施されているので、初回は2980円で購入することができます。 通常購入は1か月分7480円なので、割引率はとても大きいですね。 お得に購入することが出来ちゃいます。 公式サイト 高品質マカは、その名のとおり、高品質な原材料を使用しているサプリメント。 契約農家との取引にこだわっているのが特徴です。 種取用マカを厳選、専用畑で6ヶ月以上費やして採取した種子だけを使用しています。 もちろん、遺伝子組み換え技術不使用のものだけを採用! 本場ペルーのフニン県セロデパスコ郡で栽培されたマカです。 農薬や化学肥料は一切使用されておらず、有機JAS認証も取得。 また、100%無濃縮のマカ粉末を採用しているので、栄養素をしっかり体に補給することができます。 人気が高く、実感度も良く、コストパフォーマンスにも優れています。 ベンジルグルコシノレートもたっぷり摂取できますよ! 初回はキャンペーン価格で購入できるというのも一つのメリットとして挙げられます。 ちなみに、このキャンペーンを適用すると、1620円でお試しセットを購入することができます。

次の

マカと亜鉛の効果・効能|併用して副作用とか大丈夫?

マカ サプリメント 女性

マカとはどのような植物か マカとはペルー原産のアブラナ科の植物(大根と同じ種)で、蕪(かぶ)に似た形態をしており、主にその根の部分が食用として利用されています。 別名でアンデス人参と呼ばれることもあります。 マカが育つアンデスの高地は1日の温度差が30度近くあり、自然環境が過酷なため、植物や樹木がほとんど育ちません。 そのため土壌にはミネラル分が豊富に含まれたままになっています。 そんな土壌でマカは大地の栄養をたっぷり吸収して成長します。 一度成長したマカを収穫すると、その土地ではその後5年はほかの植物が育たないとされるほど、マカは大地の栄養を吸収して大きくなるのです。 このマカの生育状況からわかるように、マカは大変栄養価が豊富で、現地では貴重な食料であり、ひとびとの栄養源になっています。 現地では男女問わずにマカが食されていますが、特に身体能力を向上させる食材、健康長寿食材として重宝されています。 そして元気な子供を授かるためにもマカが重要な野菜と考えられているのです。 ちなみにマカにはいろいろな種類があります。 白マカ、赤マカ、黒マカ、黄マカなど、さまざまです。 そして色の違うマカごとに効果効能も異なることが報告されています。 中でも黒いマカは収穫量が大変少なく「幻のマカ」とされています。 現地でも乾燥させて粉末にしたマカが利用されていますが、これはマカが保存食にも適していると考えられているからです。 また粉末にする前の乾燥マカは野菜や肉との煮込み料理として食されています。 マカジュースも現地ではポピュラーな飲み物だそうです。 マカの効果・効能 マカには以下のような効果・効能が期待されています。 例えばマカに含まれるアルギニンによる血流促進作用、ビタミンEによる抗酸化作用、亜鉛の新陳代謝促進作用などが美肌に不可欠です。 どのような作用(作用機序・メカニズム)があるのか マカの根にはリノレン酸、パルミチン酸、オレイン酸を含む脂質、必須アミノ酸、鉄、カルシウム、銅、亜鉛といった栄養素やミネラルが豊富に含まれるため、まずは食品として栄養価が高く、栄養補給になる、ということがいえるでしょう。 特にアミノ酸の中でも、アルギニン、プロリン、リジン、ギャバといった、機能性が高く報告されている成分の含有が高いこともメリットです。 これらの栄養素が一度に摂取できるというのはマカの素晴らしさであり大きな特徴です。 そして、摂取した複数の有効成分が複合的に働き合うことで、滋養強壮、疲労回復、美容効果、更年期障害の緩和などに役立つのではないかと考えられています。 マカに特徴的に含まれる機能性成分として「ベンジルグルコシノレート」があります。 マカのさまざまな効果効能はこのベンジルグルコシノレートによるものではないか、といわれるほどの強力な成分です。 ベンジルグルコシノレートには成長ホルモンの分泌を促す作用、抗肥満作用、持久力向上、抗疲労作用あると考えられており、この成分の研究にも注目が集まっています。 ちなみに同じアブラナ科の大根やブロッコイリー、からしなどにもグルコシノレートが含まれていて、こちらもファイトケミカル(抗酸化物質)として知られています。 どのような人が摂るべきか、使うべきか マカは、妊活や男性機能のサポートなどを目的に摂取するものと思っている人が多いようですが、実は中高年以降の男女に有効な成分です。 仕事が忙しく、食事からの栄養摂取が不十分でバランスが悪い人、疲労感が強い人、若々しさを保ちたい人、病気の後の体力回復に、産後の体力回復に、更年期の不調を緩和させたい人などに特におすすめです。 むしろ、妊娠を促したり性機能を改善したりするための「薬」ではありませんし、即効性もありません。 しっかりとした食生活や運動といった健康維持を行った上で、体質改善、体力向上のためにマカを併用するのであれば、妊活などにも有効かもしれません。 現地のペルーでもあくまで老若男女の健康維持のための日々の食事の中で利用されているものです。 マカの摂取目安量・上限摂取量 マカは一般の食品と野菜と同じ位置づけですから、摂取量の決まりはありません。 しかしサプリメントで摂取する場合には、信頼できる製品を選び定められた用途・用量を厳守する必要があります。 また医薬品のような即効性もないので、過度に効果を期待し、大量摂取や過剰摂取をしないように注意しましょう。 安全性については、1日3gまで12週間の継続摂取での安全性が確認されています。 マカのエビデンス(科学的根拠) マカの効果効能については多数のエビデンスが報告されています。 これによると一定のストレスを与えたメスのラット2つのグループに分け、ひとつのグループには餌にマカを、もうひとつのグループには通常の餌のみを与え、卵巣を刺激する卵胞刺激ホルモン FSH と黄体刺激ホルモン(LH)について変化の測定を行っています。 すると、マカ入りの餌を食べていたメスのラットチームはFSH、LHともに優位に上昇し、マカがストレスを緩和させ、ホルモンバランスを正常にしたことを示唆する、と報告しています。 またこのメスのラットは妊娠しやすい状態であることも確認され、これらについてイギリスの学術誌で論文発表されています。 これら2つの研究からも、マカに含まれるベンジルグルコシノレートだけが効果的というより、マカそのものに大きな健康パワーが秘められていることが示唆されます。 研究のきっかけ(歴史・背景) 2000年以上も前にインカの原住民によってマカの栽培が開始されたことや、200年以上前の現地の記録には家畜の繁殖能力を高める目的でマカが利用されていたという記録が残されています。 マカは1980年頃に生産地のペルーで絶滅の危険に直面したそうです。 しかし、ペルーの政府の指導によって「健康増進植物」と位置づけられ、栽培強化が推進されたため、1994年頃には生産耕地が40ヘクタールまでに改善したそうです。 さらに1994年頃にはアメリカに滋養強壮、体力向上などの健康機能がある食品として紹介されたことで各国から注目を集めることとなり、1999年には1200ヘクタールの敷地で栽培されるようになったといいます。 日本には1998年にペルーの特産品として、当時のフジモリ大統領によって紹介され、健康ブームとの相乗効果もあり注目を集めるようになりました。 当初は強壮の効果ばかりが注目されていましたが、現在に至るまで幅広い研究が行われるようになり、マカのすぐれた栄養価や多岐にわたる機能性に再び注目が集まっています。 現在では、アメリカや日本だけでなく、欧州でも需要が伸びています。 ペルーとしては国の重要な作物としてマカを守るために、マカの原料の輸出は禁止しています。 そのため国産などのマカは存在せず、現地で乾燥・加工といった処理が行われたものが日本やその他の国へ輸出されています。 つまり、マカを野菜として食べてみたくても、このような事情から日本ではサプリメントやパウダーで摂取するしか方法がないのです。 しかし近年、日本では不可能とされていた国産のマカ栽培に成功した企業もあります。 ペルー政府が禁止する前に輸出したマカの種を20年以上の歳月をかけて国産マカとして誕生させたそうです。 そのため国産マカも入手できるようになっていますが、現地のマカと栄養価などに違いがあるようです。 専門家の見解(監修者のコメント) 鈴鹿医療科学大学大学院保健衛生学研究科の研究において、更年期障害やストレスからくる若年性更年期障害に対し行われるホルモン補充療法のひとつとして、マカの効果が十分期待できるものと考えられると発表(「医学と生物学」第145巻・第2号・2002年8月10日)。 ただ、マカに対する効能について、日本ではエビデンスが希薄であると考えている専門家が多いようです。 ただ株式会社アイロム医学顧問の田部井徹氏は、医学専門誌『産婦人科治療 2』に掲載された論文の最後に 「日本では、更年期障害などの更年医学を扱う医療従事者が機能性食品あるいは医用食品(Medical Food)による補完代替医療に関する知識が希薄であり、マカの更年期障害に対する臨床効果を熟知していないと推測される」 「日本の更年期女性における科学的な臨床データがない点は遺憾であるが、今後、Maca-GOによる臨床的な有効性/安全性が、科学的な視野から検討されることを期待する」 と述べています。 日本ではまだ専門家の認識にもばらつきがありますが、今後更なる研究が進み、科学的根拠が示されることを期待します。 マカを多く含む食べ物 マカは天然の野菜であり、わずかに国産があるとはいえ、マカを野菜として食べることは一般的には難しいでしょう。 マカの栄養を取り入れたい場合は、サプリメントやマカパウダーといった加工されたものを摂取するしかありません。 しかしながらマカの商品には多数あり、どれを選んだらいいかわからない、という問題に直面します。 しかも摂取量も決まっていませんから、選ぶポイントが定めにくいでしょう。 マカの選び方のポイントとしては、含まれる有効成分を明確にしていることと、できればそれぞれの含有量まで記載していることを一つの基準とすることが望ましいといえます。 マカの商品を提供する主要メーカーはマカの生産地、商品化までのプロセス、現地での収穫や加工の様子など、メーカーごとにホームページで紹介しています。 成分含有量についても各社が実施し提供したものに頼るしかありませんが、報告している企業がほとんどです。 当然このような情報がないよりはあった方が信頼できるでしょう。 逆に、妊活の効果や性機能改善だけを強調するような表示をしたり、即効性を謳ったりしているものは不誠実な商品の可能性が考えられますので、よく調べるようにしてみてください。 1か月程度継続してみて、何も体感するものがなければ、違うメーカーのものに変えるか、他の成分を探すのもひとつです。 相乗効果を発揮する成分 マカと他の健康成分の相乗効果に関する研究はほとんどありません。 マカを他の成分と摂ることで、相乗効果がある場合もあるいは相殺されてしまうこともあるかもしれませんし、何より、摂取したサプリメントでの体感がわかりにくくなるので、まずはマカを摂取する場合は単独で試した方が良いでしょう。 ただし、大手メーカーなどから、マカに亜鉛やコエンザイムQ10を配合した商品も多数登場しています。 それぞれの商品のコンセプトを理解し、何を目的にしているのかを理解した上で、自分に必要なものであれば試してみるのもひとつです。 マカに副作用はあるのか 基本的にマカは野菜=食品ですから安心して摂取できます。 しかしサプリメントや健康食品として精製されたマカエキスの場合、含有量や原材料にこだわって商品を選ぶ必要があります。 またマカ以外に入っている成分についても確認する必要があります。 一番注意すべき商品は、あたかも医薬品のように仕立てている商品です。 副作用の恐れも考えられますから注意が必要です。 また妊娠中の方と授乳中の方の摂取は、どのような影響があるかわからないので、避けた方が良いでしょう。 医薬品との相互作用については、関節リウマチなどで処方されるロキソプロフェンを服用中の73歳の男性が、マカを4日連続摂取し(摂取量は不明)息切れを感じ、医療機関を受診したところマカ加工食品が原因の薬剤性肺炎と診断されたケースがあります。 医薬品を摂取している人は主治医にも必ず相談しましょう。

次の