ビンボー ダナオ。 淡路恵子さん 昭和の大女優 長男が告白「遺産はゼロ!」というニュース。

淡路恵子さん 昭和の大女優 長男が告白「遺産はゼロ!」というニュース。

ビンボー ダナオ

ミスター・ジャイアンツ 長嶋茂雄選手が練習をしている読売巨人軍多摩川グラウンド。 現在は、大田区の多摩川田園調布緑地グラウンドとなっています。 辺り横の河川敷です。 カルテックスの表示があるタンクローリーが停まっていますが、 日本石油のタンクローリーだったのでしょうか? 巨人ファンの運転手(伴淳三郎)のタクシーに乗った淡路恵子さんとビンボーダナオさん。 二人は当時、事実婚状態でした。 優勝祝賀パーティー会場に現れた歌手のアイ・ジョージさん。 ビンボーダナオさんはフィリピン人、アイ・ジョージさんはフィリピン人との二世です。 優勝祝賀パーティー会場で、柴田勲選手にビールを注ぐのは、当時の巨人軍応援団長関谷文栄さん。 平和台球場での、西鉄ライオンズとの日本シリーズの対戦実写映像でダグアウトの上で応援の音頭をとる姿も映画に出てきます。 当時、読売新聞の販売店主だと大人から聞いていましたが、読売新聞の販売店網を仕切る組織の大幹部だったらしく、芸能界にも人脈があったそうです。 映画の出演者字幕にも、特別出演として関谷さんの名前が出ています。 柴田選手の横に、歌手の伊東ゆかりさん。 この後、柴田選手は伊東ゆかりさんとウワサになりますが、その背後にいたのは関谷さんだったのでしょうか。 この優勝祝賀パーティーは、昭和38年度の日本シリーズ制覇直後を想定して撮影されています。 柴田勲選手は、昭和19年2月8日生まれ。 昭和39年のキャンプ中に成人するのですから、まだ未成年です。

次の

淡路恵子

ビンボー ダナオ

年が明けてこの10日間ほど、このブログに奇怪な現象が起こっているのです。 「ビンボーダナオ」をキーワードにして、はるか以前に書いた「ビンボーダナオ」についての記事(2007年6・15)へのアクセスがほぼ毎日、鷲田先生の講演会の記事と同じくらいあるのです。 いったい、皆さん、ビンボーダナオについて何をそんなに知りたいのでしょう。 ビンボーダナオというのは1960年代に活躍したフィリピン出身の俳優さんで、かつて淡路恵子のダンナさんでした。 当時、日本中が貧乏だったので、ビンボーダナオという名前は、瞬く間に親しみを持って日本中に広がったのでした。 ということでよろしいでしょうか? ついでに、スマイリー小原とかトニー谷についても知りたいですか? もし、知りたい場合は個別にメールください。 しかし、ひょっとして、皆さん、貧乏について考えたくてアクセスしてこられているのかも知れません。 新しい政府の経済政策を見て「いまさら右肩上がりを目ざしてどうするんだ?!」って。 村上春樹が『ポートレート・イン・ジャズ』で「ジャック・ティーガーデン」の項で推薦しているアルバムです(「ジャズ名盤ベスト&モア」シリーズで発売中)。 村上春樹はこう書いています。 「時代を画するというようなたいしたものでは決してないけれど、ハケットのメロディアスで品が良くて滑らかなスイング感にあふれたプレイと、ティーガーデンののほほんとした人柄のにじみ出たプレイがしっくりと混じりあって、なにものにも代えがたい独特の美質がそこに生まれている。 これぞ音楽の醍醐味のひとつではないか、と僕は思うのだけれど、昨今はこういう種類のジャズに熱心に耳を傾ける人はほとんどいなくなってしまったようで、ほとんど世間の話題にもならない。 ・・・」 この文章がなければ、決してわたしなんぞが手に取らなかったアルバムです。 しかし、やっと手に入れて、聴いてみると、いいですなぁ。 職人気質のミュージシャンたちが集まって、ちゃちゃと一枚のアルバムをしかし楽しみながら造っているのがよく分かる。 お金儲けとかそんなじゃなく、ホントにジャズをプレイすることを楽しんでいる、という感じが伝わってきます。 アルバム・ジャケットのハケットが西海岸から(おそらく)ニュー・ヨークへ飛び立つ時の写真もとてもいい。 そんな、みんなが「楽しくてよい仕事をした」と思えるような時代になってゆくといいのにな・・・ビンボーダナオが活躍していた日本の1960年代もそんな時代でした。

次の

淡路恵子さん長男、愛憎の壮絶人生吐露/芸能/デイリースポーツ online

ビンボー ダナオ

ミスター・ジャイアンツ 長嶋茂雄選手が練習をしている読売巨人軍多摩川グラウンド。 現在は、大田区の多摩川田園調布緑地グラウンドとなっています。 辺り横の河川敷です。 カルテックスの表示があるタンクローリーが停まっていますが、 日本石油のタンクローリーだったのでしょうか? 巨人ファンの運転手(伴淳三郎)のタクシーに乗った淡路恵子さんとビンボーダナオさん。 二人は当時、事実婚状態でした。 優勝祝賀パーティー会場に現れた歌手のアイ・ジョージさん。 ビンボーダナオさんはフィリピン人、アイ・ジョージさんはフィリピン人との二世です。 優勝祝賀パーティー会場で、柴田勲選手にビールを注ぐのは、当時の巨人軍応援団長関谷文栄さん。 平和台球場での、西鉄ライオンズとの日本シリーズの対戦実写映像でダグアウトの上で応援の音頭をとる姿も映画に出てきます。 当時、読売新聞の販売店主だと大人から聞いていましたが、読売新聞の販売店網を仕切る組織の大幹部だったらしく、芸能界にも人脈があったそうです。 映画の出演者字幕にも、特別出演として関谷さんの名前が出ています。 柴田選手の横に、歌手の伊東ゆかりさん。 この後、柴田選手は伊東ゆかりさんとウワサになりますが、その背後にいたのは関谷さんだったのでしょうか。 この優勝祝賀パーティーは、昭和38年度の日本シリーズ制覇直後を想定して撮影されています。 柴田勲選手は、昭和19年2月8日生まれ。 昭和39年のキャンプ中に成人するのですから、まだ未成年です。

次の