インターネット 接続 できない。 自宅でネットが繋がらない!原因はパソコン?LAN?ネット回線?対処法は?

インターネット接続やメールがご利用できない場合の対処方法について

インターネット 接続 できない

・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められている場合は、LAN の故障です。 ・IPv4アドレスが、「 169. 254. ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められていない状態でドライバーが導入されている場合は、ハードウェアの不具合ではありません。 ・モデム、またはルーターをご利用の場合は、DHCP の開放に時間がかかるために 30 分ほどモデムの電源を切り、再接続します。 モデム、ルーターに再接続します。 モデムとルーターの電源を切ります。 すべての LAN ケーブルを外します。 30 分後にモデムのみ電源を入れ、ルーターに LAN ケーブルを接続します。 5 分ほど経過したらルーターの電源を入れ、PC に LAN ケーブルを接続します。 更に 5 分ほど経過したら PC を起動します。 ご利用のブラウザーを起動してインターネットの閲覧が可能か確認します。 他にウイルススキャンソフトやファイアーウォール等のアプリケーションをご利用の場合も発生する事例があります。 該当する場合は、一時的に無効に設定し、改善するかご確認ください。 改善するようであれば、アプリケーションに起因する不具合となりますので、回避方法の詳細はアプリケーションメーカー様にご確認ください。 デバイスマネージャーで確認します。 [ スタート ] をクリックし、[ コンピューター ] を右クリックします。 表示された一覧から [ プロパティ ] をクリックします。 「 システム 」 が表示されるので左側のメニューから [ デバイスマネージャー ] をクリックします。 「 デバイスマネージャー 」 が表示されます。 「ネットワークアダプター」 が 「? 」 や 「! 」 等の記号になっている場合は、ドライバーが適用されていない、または欠落している状態です。 製品付属のドライバー CD より、LAN ドライバーの導入を実施し、改善するかを確認します。 ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められている場合は、LAN の故障です。 ・IPv4 アドレスが、「 169. 254. ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められていない状態でドライバーが導入されている場合は、ハードウェアの不具合ではありません。 ・モデム、またはルーターをご利用の場合は、DHCP の開放に時間がかかるために 30 分ほどモデムの電源を切り、再接続します。 モデム、ルーターに再接続します。 モデムとルーターの電源を切ります。 すべての LAN ケーブルを外します。 30 分後にモデムのみ電源を入れ、ルーターに LAN ケーブルを接続します。 5 分ほど経過したらルーターの電源を入れ、PC に LAN ケーブルを接続します。 更に 5 分ほど経過したら PC を起動します。 ご利用のブラウザーを起動してインターネットの閲覧が可能か確認します。 他にウイルススキャンソフトやファイアーウォール等のアプリケーションをご利用の場合も発生する事例があります。 該当する場合は、一時的に無効に設定し、改善するかご確認ください。 改善するようであれば、アプリケーションに起因する不具合となりますので、回避方法の詳細はアプリケーションメーカー様にご確認ください。 デバイスマネージャで確認します。 [ スタート ] をクリックし、[ コンピューター ] を右クリックします。 表示された一覧から [ プロパティ ] をクリックします。 左側のメニューから [ デバイスマネージャー ] をクリックします。 「 デバイスマネージャ 」 が表示されます。 「ネットワークアダプタ 」 が 「? 」 や 「! 」 等の記号になっている場合は、ドライバーが適用されていない、または欠落している状態です。 製品付属のドライバー CD より、LAN ドライバーの導入を実施し、改善するかを確認します。 ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められている場合は、LAN の故障です。 ・IPv4アドレスが、「 169. 254. ・物理アドレスの項目が 「 FF 」 や 「 00 」 で埋められていない状態でドライバーが導入されている場合は、ハードウェアの不具合ではありません。 ・モデム、またはルーターをご利用の場合は、DHCP の開放に時間がかかるために 30 分ほどモデムの電源を切り、再接続します。 モデム、ルーターに再接続します。 モデムとルーターの電源を切ります。 すべての LAN ケーブルを外します。 30 分後にモデムのみ電源を入れ、ルーターに LAN ケーブルを接続します。 5 分ほど経過したらルーターの電源を入れ、PC に LAN ケーブルを接続します。 更に 5 分ほど経過したら PC を起動します。 ご利用のブラウザーを起動してインターネットの閲覧が可能か確認します。

次の

スマホがネットに繋がらない・接続できなくなった時の原因から考える3つの対処法

インターネット 接続 できない

スマホがネットに繋がらない時に考えられる主な原因は? そもそもスマホがネットに繋がらない時の原因としてはどういったものがあるのか。 まずしっかりと理解しておきたいのはここの部分です。 主な原因として考えられることは、 大きく次の3パターンに分類できます。 また、2つ目の「スマホ本体の調子がおかしい」は詳細な原因こそわからないものの一時的に動作がおかしくなってしまった状態。 そして最後の「その他」でまとめた部分は、スマホ自体の故障、あるいは回線業者側でのネットワークトラブルといったことを指し示しています。 主にはこういったことがスマホがネットに繋がらない時の原因として考えられます。 これを頭の片隅に入れた状態で、 次からそれぞれに対して自分で行なうことができる対処方法をチェックしていってみましょう。 対処方法1:スマホの設定を見なおしてみよう まずは設定項目がおかしくなっていないかをチェックしてみます。 これはスマホの再起動などをせずともできる内容ですので、おかしいと思ったらはじめに試してみる手順として理解しましょう。 モバイルデータ通信がOFFになっていないか確認する ネットに繋がらないと思ったらはじめにチェックしたいのは「モバイルデータ通信がオフになっていないか」ということ。 普段スマホを使う上であまり触ることがない設定項目かと思いますが、それだけに見落としがちにもなりやすいものです。 Androidを搭載したスマホの場合、そのほとんどは画面上端より下方向にスワイプすることで表示できるクイックアクセスパネル内に、モバイルデータ通信のオン/オフを切り替えるボタンがあるはずです。 ここがオフになっていないかを確認しましょう。 アンテナピクトや上下に向いた矢印のマークであることが多い なお、万が一クイックアクセスパネル内にボタンが見つからないという場合は、設定画面より【データ使用量】の項目を開くと、多くの機種においてはその中に【モバイルデータ】と書かれたスイッチを見つけることができるはずです。 万が一見つからない場合は設定画面から またiOSを搭載するiPhoneの場合は、設定画面より【モバイルデータ通信】の項目を開くと、こちらも【モバイルデータ通信】と書かれたスイッチを見つけることができます。 設定画面にある【モバイルデータ通信】の項目をチェック スイッチをオンにして無事ネットに繋がれば問題は解決。 一方で元々オンになっている、オンにしたけど繋がらない、といった人は次の項目に進みましょう。 機内モードのON/OFFを試してみる 2つ目にチェックするのは「機内モード(フライトモード)になっていないか」です。 機内モードをオンにするとモバイルデータ通信の他、Wi-FiやBluetoothといった無線通信機能が一括でオフになります。 気が付かないうちに機内モードになっていたというケースも(筆者の経験上)ありますので、忘れずにチェックしておきたいところ。 Androidスマホの場合は先程のモバイルデータ通信同様、クイックアクセスパネル、または設定画面より確認可能です。 機内モードは飛行機のマーク iPhoneの場合は画面下端から上方向にスワイプすることで表示できるコントロールセンターにて、オン/オフの状態を把握できます。 iPhoneでも飛行機のマークを探す なお、スマホがネットに繋がらない際、ここで併せて試しておきたいことが一度フライトモードのオン/オフを切り替えてみること。 APN設定を見直してみる 設定内容をチェックする際、最後に確認したいのは「APN情報の設定がおかしくなっていないか」ということ。 これは主にはSIMフリーのAndroidスマホ、あるいはキャリアが販売していたスマホをMVNOのSIMで使用する場合にいえることですが、AndroidスマホではAPN情報を手動で入力できる反面、 何かの拍子にAPN情報の選択が解除されてしまうといったケースがあります。 リストにAPN情報があるか、チェックが入っているかを確認 ここでまず確認すべきは、使用したいAPN情報にチェックが入っているか。 使用しているSIMカードに適していないものが選択されていればもちろん通信はできませんし、また何かの拍子にチェックが解除されてしまうというケースが(少なくとも筆者の経験上では)まれにあります。 またMVNOのSIMを使用しており、APN情報も自分で登録したという人は、APN情報の登録内容におかしい部分がないか目を通してみることも有効な手段といえます。 自分で登録したAPN情報であれば内容の確認も APN情報の登録方法を忘れてしまった、なんて人はこちらの記事を併せてチェックしてみてください。 対処方法2:より物理的なアクションを試してみよう 設定を一通り確認したけど、まだスマホはネットに繋がらない。 そんな人は次に、より物理的なアクションを3つほど試してみましょう。 スマホを再起動してみる スマホの調子がおかしい。 けれど設定に変な部分はない。 そんな時にとても有効な手段であるのが「スマホの再起動」です。 スマホに限らず電子機器においては 「困ったらまずは再起動」といってもよいほど、万能な対処方法であったりもします。 Androidスマホ、iPhoneともに電源キー(電源ボタン)を長押しすることで再起動や電源オフのメニューが表示されますので、一度電源を切って再び起動してみましょう。 主にスマホの側面に配置されている電源ボタンを長押し iPhoneでは再起動の項目がないので、一度電源を切り、再度入れる SIMカードを抜き差ししてみる 再起動したが問題は解決しない。 そんな場合に続いて試したいのが「SIMカードを抜き差ししてみる」こと。 スマホが通信をするにあたり必要な情報が保存されているのがSIMカードですので、これを抜き差しすることで問題が解消することもあります。 SIMカード自体は本体側面にスロットが設けられているもの、あるいはリアカバーを外した中にスロットが設けられているものなど様々。 これは自分が使っている機種に併せて対応してみてください。 SIMカードスロットの場所は端末によって様々 なお、特に本体側面にスロットが設けられている機種の場合、ホットスワップと呼ばれる仕組みに対応していない機種では、SIMカードの抜き差しが検知された時点でスマホが再起動されてしまいます。 プレイしていたゲームをセーブせぬまま再起動されてしまった……なんてことにならないためにも、 開いているアプリは一通り閉じてからSIMカードを抜き差しするようにしましょう。 しばらく電源OFFで置いておく 再起動をしても、SIMカードを挿しなおしてみても解決しない。 こんな状況において時間に余裕があるのであれば、「電源をオフにした状態でしばらく放置しておく」という対処方法も挙げることができます。 この際ひとつ覚えておきたいのは、もし使っている機種がバッテリーの取り外しが可能であるなら、バッテリーを外しておいておくということ。 バッテリーを外すことでスマホ内の回路への電力供給が完全にストップし、しっかりと休ませることができます。 対処方法3:キャリアショップや問い合わせ窓口に連絡する ここまで6種類の手順を説明してきました。 しかしこれらをすべて試してもダメだった。 そんな場合はスマホ自体の故障、あるいは回線業者側で一時的なネットワークトラブルが発生している、といったことも考えられます。 そのため最終手段として、「キャリアショップや問い合わせ窓口に連絡」をしてみましょう。 NTTドコモやソフトバンク、auといったキャリアで回線を契約している場合は、最寄りのショップに足を運んでも構いませんし、サポート窓口へ電話、パソコンや別のスマホからオンラインサポートへ問い合わせといった方法が利用できます。 一方でMVNOで回線を契約している場合、その多くは実店舗を構えていないことがほとんど。 そのためこちらはサポート窓口へ電話、あるいはオンラインサポートからの問い合わせといった方法がメインになるでしょう。 おまけ:ギガ切れになっていないか確認する スマホがネットに接続できなくなる原因には様々ありますが、そもそも毎月使えるデータ容量がオーバーになってしまった。 そんなこともありえます。 スマホの本体の設定もおかしいところはない、通信障害の情報もでていない。 なのに、ネットには繋がらない、すごく遅い。 といった時はデータ通信量がオーバーしギガ切れになっているのかも。 動画サービスなど、データ通信をヘビーに使うことが多くなってきたので、月末にかけてギガ切れをしてしまうことが多くなりつつあります。 データ通信量のチェックは、利用している通信事業者のマイページから行うことが出来ます。 モバイル通信が繋がりにくい場合はWi-Fi環境下でチェックしてみてください。 毎月、ギガ切れが起きてしまっている人はプランを見直すいい機会です。 今では、格安SIMだけでなくドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアからも大容量プランが提供されています。 一度でもギガ切れになってしまった人は、ぜひプランを見直してみてください。 まとめ:機種変更も検討してみるべし 上記対策を実施しても改善しないなど、機種自体が故障している可能性がある場合はいっそ新機種への機種変更を検討してみると良いでしょう。 補償サービスに加入していない場合はなおさらです。 故障内容によっては同じ機種の新品交換だけでも、3万円近い修理料金が発生する場合があります。 スマホはどんどん新作が誕生してくるので、もし故障したスマホが長らく利用してきたスマホであればなおさら、これを機に機種変更をすべきです。 また、端末の購入なら公式のオンラインショップがおすすめです。 以下がオンラインショップで手続きするメリットです。 ・24時間いつでも時間に購入できる ・分割払い時の端末頭金不要 ・オンラインショップ限定のキャンペーンがある(不定期) ・各種ポイントの利用ができる 機種変更に伴い、キャリア間ののりかえもキャンペーンでお得に行える可能性が高いので、あわせてチェックしてみてください。 販売サイトはこちら.

次の

インターネットがつながらない!考えられる4つの原因と対処方法!

インターネット 接続 できない

インターネットに接続できないとき、まず確認しておきたいこと 引っ越し先でインターネットに接続できないとき、まずは以下の点を確認しましょう。 回線業者と契約した? インターネットを利用するには、フレッツ光やドコモ光、auひかり、NURO光などの回線業者と契約して、自宅にインターネットの配線を引く必要があります。 プロバイダと契約した? 自宅でインターネットを利用するには、光回線とプロバイダの両方の契約手続きが必要です。 光回線のみの契約ではインターネットが利用できません。 そもそも工事はおわった? 開通工事がまだの人は、回線業者に工事を依頼しましょう。 工事には予約が必要なので、できるだけ早めに連絡するようにしましょう。 LANケーブルは正しく接続した? 有線接続の場合はもちろん、無線接続の設定のときにもLANケーブルを正しく接続する必要があります。 パソコンや機器の設定はした? インターネットを利用するには、パソコンのプロバイダ設定や無線LANルーターの設定を行う必要があります。 回線業者・プロバイダとの契約、工事がまだの人は、をご覧ください。 今回は「LANケーブルの接続方法」と「パソコンや機器の設定方法」について詳しく説明していきます。 自分がどこでつまずいているのかを確認し、問題を解決しましょう。 LANケーブルの接続方法 LANケーブルがきちんと接続できていないと、インターネットを利用できません。 ここで意外とつまずいている人が多いので、まずはLANケーブルの接続方法を確認しておきましょう。 はじめに準備しておくものは以下のとおりです。 パソコン• プロバイダや回線業者から提供された機器(モデム、ONUなど)• LANケーブル これらを用意したら、以下の手順でパソコンにLANケーブルを接続しましょう。 機器の電源を切る• パソコンの電源を切る• パソコンのLANケーブル差込口に、LANケーブルを接続する• LANケーブルをプロバイダから提供された機器に接続する• プロバイダから提供された機器の電源を入れる• パソコンの電源を入れる LANケーブル差込口は、下のようになっています。 この形さえ覚えておけば、差込口に悩むことはないでしょう。 パソコンとプロバイダから提供された機器の両方にLANケーブルをしっかりと接続しましよう。 パソコンとプロバイダから提供された機器をLANケーブルで繋ぐことができたら、有線LAN接続でインターネットが利用できます。 有線LANの差込口がついていないパソコンの場合、 有線LANアダプタを購入しましょう。 パソコンのUSB接続口につなげるだけで、有線LANに対応できるようになります。 LANケーブルの接続方法を見直してもインターネットに接続できない、または無線接続ができなくて困っている方。 次にパソコンの設定について説明していきますので、しっかり確認していきましょう。 パソコンや機器の設定方法 有線接続と無線(Wi-Fi)接続に分けて設定方法を確認していきましょう。 まずは有線接続の場合の設定についてです。 LANケーブルを接続してもインターネットが利用できない人は、パソコンの設定を見直しましょう。 Windows10のパソコンの設定方法は以下のようになります。 パソコンと回線終端装置(ONU)をLANケーブルで接続する• パソコンの電源を入れ、左下のWindowsマークを右クリックする• 「ネットワーク接続」をクリックする• 「ダイヤルアップ」を選択肢、「新しい接続を設定する」をクリックする• 「インターネットに接続します」を選択して、右下の「次へ」をクリック• 「新しい接続をセットアップします」を選択する• 「どのような方法で接続しますか?」と出るので、「ブロードバンド PPPoE R 」を選択する• プロバイダの書類を確認し、ユーザー名とパスワードを入力して、「接続」をクリックする• インターネット接続完了 Windows7の場合、設定が少し異なるので注意が必要です。 詳しい設定方法は、をご覧ください。 ここまでくれば、有線LAN接続でインターネットが利用できるようになったでしょう。 続いて、無線接続でつまずいている人のために、無線接続の設定方法を確認していきましょう。 無線LANルーターの設定がうまくいかず、無線接続ができない人は、パソコンとルーターの設定を見直しましょう。 無線接続の設定方法は以下のようになります。 「LANケーブルの接続方法」と同様、パソコンとONUをLANケーブルでつなぐ• 有線LAN接続でインターネットが利用できることを確認したら、ONUとパソコンの電源を切り、LANケーブルを取り外す• ONUの電源を入れ、2分ほど待ち、次に無線LANルーターの電源を入れる• パソコンやスマートフォンの電源を入れ、無線機能(Wi-Fi)が有効になっていることを確認する パソコンなら右下のWi-Fi電波マークを、スマホなら「設定」の中の「wifi」項目を選択しましょう。 Wifiのリストの中から使用中のルーターのSSIDを選択肢、セキュリティコードを入力する SSID(ネットワーク名)、セキュリティコード(パスワード)は、無線LANルーターの側面もしくは底面に貼付されているラベルに記載されているものです。 インターネットに接続できたか確認する ここまでくれば、無線(Wi-Fi)接続もできるようになったと思います。 次に、インターネット回線付きの物件の場合について説明します。 インターネット対応物件なのにインターネットに接続できない? インターネット対応物件に引っ越ししたのに、インターネットに接続できない人はいませんか? 引っ越し先が「インターネット対応」と書かれた物件でも、すぐにインターネットを利用できるわけではありません。 インターネットに対応している物件にもいくつかタイプがあります。 インターネット対応(光回線のみ)• インターネット完備(光回線・プロバイダともに導入済み)• インターネット無料(Wi-Fi付き) それぞれのタイプについて、インターネットに接続する方法を説明していきます。 インターネット対応(光回線のみ) 「インターネット対応」の物件は、マンションなどの集合住宅にインターネット回線が引き込まれていることを表しています。 ですが、 各部屋までは配線されていないケースもあり、その場合、回線を部屋まで引き込む工事をする必要があります。 また、 回線のみの導入なので、インターネットを利用するには自分でプロバイダを契約する必要があります。 プロバイダの契約がおわったら、この記事で説明した設定方法でインターネットに接続しましょう。 インターネット完備(光回線・プロバイダともに導入済み) 「インターネット完備」の物件は、光回線・プロバイダともにすでに開通している物件です。 LANケーブルとパソコンさえあればインターネットが利用できます。 無線(Wi-Fi)でインターネットを利用したい場合は、無線LANルーターを準備して、この記事で説明した設定方法を参考にして設定しましょう。 インターネット無料(Wi-Fi付き) 「インターネット無料(Wi-Fi付き)」の物件は、マンションやアパート全体で一つのインターネット回線を契約しています。 この場合、無線LANルーターを準備することなく、パソコンやスマホでインターネットに接続することができます。 部屋に設置されているルーターに記載されているSSIDとパスワードを、パソコンやスマホに入力すればすぐに利用できます。 ただし、マンションで一つの回線を利用しているので、同じマンションで利用者が多い時間帯には、回線が混雑して通信速度が遅くなることがあります。 まとめ いかがでしたか? 引っ越しした後にインターネット接続ができなくなったとき、まず確認しておきたいことは以下のとおりです。 回線業者と契約したか• プロバイダと契約したか• そもそも工事はおわったのか• LANケーブルは正しく接続されているか• パソコンや機器の設定はしてあるか 引越し先でインターネットが利用できないとき、このいずれかができていない可能性があります。 特に、パソコンや機器の設定は少し複雑なので、この記事でしっかり確認しておきましょう。

次の