ゆきな 離婚 理由。 離婚の原因・理由|不倫、暴力、借金、性格の不一致など

フジモンとユッキーナの離婚はどっちから?原因・理由はどちらにある?

ゆきな 離婚 理由

【2019年版】離婚理由ランキング!最新の国内&外国人の離婚事情 恋愛結婚が当たり前となった現代の離婚理由ランキングと言えば、浮気などの異性関係や両親との同居トラブルを思い浮かべる人が多いでしょうが、ふたを開けると「言われてみれば確かにありそうだけど、そんなに多いの?」という意外な離婚理由も! こちらでは国内カップル、夫婦のどちらか又は双方が外国人の渉外カップルが、日本の裁判所に 調停や裁判の申し立てをした動機を、最新の裁判所調査を基に男女別にランキング形式で紹介。 さらに夫婦の9割が裁判所に申し立てをしない協議離婚なので、民間の調査結果をもとにした 協議離婚理由ランキングもあわせて紹介します。 2019年最新版!国内の調停・裁判離婚理由ランキング 順位 男性(夫)の離婚理由 1 性格が合わない(11,030) 2 精神的な虐待(3,626) 3 浮気(2,547) 4 家族親戚と折り合いが悪い(2,463) 5 性的不調和(2,316) 6 浪費癖(2,218) 7 実家との同居を嫌がる(1,569) 8 暴力を振るう(1,500) 9 家庭をかえりみない(1,011) 10 生活費を渡さない(718) 11 病気(705) 12 酒の飲み過ぎ(435) 順位 女性(妻)の離婚理由 1 性格が合わない(18,846) 2 生活費を渡さない(13,820) 3 精神的な虐待(12,093) 4 暴力を振るう(10,311) 5 浮気(7,987) 6 浪費癖(5,000) 7 家庭をかえりみない(3,946) 8 性的不調和(3,500) 9 家族親戚と折り合いが悪い(3,254) 10 酒の飲み過ぎ(2,964) 11 病気(890) 12 実家との同居を嫌がる(847) 平成29年司法統計年報「婚姻関係事件数 申立ての動機別申立人別 全家庭裁判所」より 恋人期間中はどんなにしっかり見ていたつもりでも、結婚してみて初めてわかる相手の一面に驚く経験、既婚者なら誰しもあることでしょう。 仕事においても景気や職位の変化、異動や転職などで状況が変われば家庭内にもその余波は襲ってきますし、子供を持つ夫婦の場合は妊娠・出産・育児などの経験を経てお互いに考え方や価値観が変化することで、態度が変わったり対立したりするのはよくあること。 特に子育てや自分の人生に関することは「妥協してはいけない!」と思いやすく、ある意味で夫婦ともに自分の気持ちを大切にして生きやすい時代になった証とも言えます。 離婚理由ランキングの2位以下は男女で順位が違う! 2位以下の離婚理由ランキングから、昔ながらに家では「飯・風呂・寝る」しか話さない、妻は家の中を守るべき、と家事と子育てを共働きする妻に丸投げするなど時代の変化についていけず古い価値観を妻に押し付ける男性は、現代社会の女性達には受け入れてもらえない傾向が強くなっていることが分かります。 一方で夫の役割への自覚が男性に希薄になったと感じる女性が多いのですが、実は男性が生活費を稼いで家族を養うという一昔前は当たり前のことを、現代社会で行い続けるのは困難になったという実情も。 終身雇用だった昔とは違いブラック企業などの出現もあり、相当なストレスに悩まされながら働くことで精神的に病んでしまい、それが妻や子供、家庭生活に悪影響を及ぼす男性も多く、景気の低迷や社会の変化による精神病のリスクの上昇も離婚理由に大きな影響を与えていると考えられます。 それぞれの原因を具体的に見ていきましょう。 生活費を渡さない(男性10位・女性2位) 妻から見た離婚の理由としてランキング2位になっているのが、夫が生活費を渡さないという離婚原因です。 家裁に離婚の申し立てをした女性のうち、およそ 3人に1人に当たる28. 夫が生活費を渡さない理由としては浪費や浮気などがありますが、お金がなければ生活が維持できません。 民法730条では「血のつながりがある直系血族や同居する配偶者、結婚により家族となった3親等内の同居姻族は助け合わなければならない」と定めていますので、例えば妊娠出産及び病気で働けない妻など 専業主婦に生活費を渡さないことは民法上許されていません。 ところが現実的には生活費を渡さない夫(又は妻)が多く、そのようなケースでは弁護士を代理人として生活費の分担をすることができますが、その要求に夫(又は妻)が応じない場合は、離婚の原因となってしまうのです。 精神的な虐待・モラハラ(男性2位・女性3位) 自分が自信を持っていることや、正しいと思ってやっていることに対して、全否定され続けたら精神的にまいってしまうのも無理はありません。 夫(又は妻)からの 言葉の暴力やモラハラにより精神的にダメージを受け、離婚となるケースも増えています。 本人はモラハラをすることでストレス解消をしているのかもしれませんが、自分がしていることがモラハラであるという自覚を離婚に発展するまで持てない方も多いようです。 実家の家族や親族との折り合いが悪い(男性4位・女性9位) 結婚をすれば、相手の親や兄弟、親族と顔を合わせる機会が何かとあります。 仲良くしようと努力しても、どうしても折り合いが悪いとなると「親族で集まるたびに気まずい空気になる」と不満に感じてしまい、帰宅してから夫婦で言い合いになり収拾がつかなくなるなんてケースもあります。 夫婦の問題というよりも、夫の親族や実家・地方の風習などが問題で離婚になるケースも少なくないのですが、女性側では8位の離婚理由であるのに対し、男性側では3位の離婚理由になっているという点も性別による価値観の大きな違いの表れでしょう。 浮気(男性3位・女性5位) 「男は浮気をする生き物だ」と言う人もいますが、男性の14. 今は働く女性が増えているため 夫の浮気に我慢することなくアッサリと離婚を選択し、自立する女性も多いようです。 また最近は夫だけでなく妻の浮気も増えていて、妻の浮気を許せないという夫は多く、たとえ一度の過ちでも即離婚を言い渡される場合もあります。 暴力をふるわれる(男性8位・女性4位) 夫が妻に暴力をふるうケースが多いですが、今は反対に妻から夫へのDVも増え始めていて、8. ちなみに女性は21. 気弱な草食男子が多いのか、強い女性が増えたのか…これも時代の流れで変化してきていることなのかもしれません。 暴力をふるわれると「また殴られるんじゃないか」と怯えてしまい、相手に本音で話すことができなくなってしまいます。 対等な関係を築いていけないというのはもちろん、命の危険に関わるということならば離婚は避けられません。 浪費癖がひどい(男性6位・女性6位) 夫婦ケンカの原因でも上位に挙がるお金の問題は、離婚の理由としても多い傾向にあります。 趣味やギャンブル、飲酒、交際費などにお金を使いすぎる妻や夫の姿を見ていると、やはりストレスや将来への不安を感じるものではないでしょうか。 特に子供がいる場合は子供の将来に関わる教育費の問題もありますので、相手にいくら注意してもやめてくれないのであれば、別れを決意する方が自分達の未来のためと離婚を踏み切る人もいるのです。 家庭を顧みずに捨てている(男性9位・女性7位) 最近では子供への愛情を注げない親も増えていて、「自分たちの大切な子供なのにどうして愛せないのか?」と相手に幻滅し、子どもが心から安心して暮らせるようにと子供や自分の将来を想って離婚を決意する人も少なくありません。 夫が毎晩のように飲み歩き、休日は一人で外出してしまう、仕事ばかりで 妻に家事や子供の面倒を押し付けてしまうというケースも、離婚の原因としては多く挙げられる傾向にあります。 あるいは専業主婦の健康な妻が家事をせず部屋が汚い、子どもにインスタント食品ばかり食べさせているなど、 家庭での役割を放棄することで夫が我慢の限界に達して離婚を決意するというご家庭も実在します。 親との同居に応じてくれない(男性7位・女性12位) 長男長女と結婚した場合は特に、いずれ相手の親と同居することもあり得ます。 ところが相手は全くその気がないこともあり、親を放っておけないことで板挟みになることが理由で離婚に至るケースもあります。 夫婦及び子供の病気(男性11位・女性11位) 離婚理由となる病気の中には発達障害などの子供の病気や産後うつ、男性のうつ病などの精神疾患も含まれていて、必ずしも身体的な病気とは限りません。 特に子供の発達障害は夫婦関係に亀裂を生じさせることもあり、母親あるいは父親が子供を守るために離婚を選択せざるをえないケースもあります。 お酒の飲み過ぎ(男性12位・女性10位) 夫(あるいは妻)のお酒の飲み過ぎは、男女ともに離婚ランキング上位となった精神的な虐待や暴力、生活費を渡さないといった金銭問題の原因となる問題ですので、離婚理由として挙がるのは当然でしょう。 アルコール中毒患者の妻(あるいは夫)の共依存(相手に必要とされることに飲み自分の価値を感じる心理)はDVなどの問題に発展することもあり非常に深刻ですので、配偶者への愛情があっても離婚を選択して距離を摂ることが自分や相手のためになるケースもあります。 渉外離婚理由の男女別ランキング!外国人が分かれる原因とは? 日本人同士よりも離婚成立が法律的に難しい、夫婦のどちらか又はどちらも外国人の家庭(渉外)の離婚理由ランキングを見てみましょう。 2019年最新版!渉外結婚の調停・裁判離婚理由ランキング 順位 男性(夫)の離婚理由 1 性格が合わない(386) 2 浮気(97) 3 精神的な虐待(96) 4 暴力を振るう(89) 5 浪費癖(73) 6 性的不調和(60) 7 実家との同居を嫌がる(59) 8 家庭をかえりみない(51) 9 家族親戚と折り合いが悪い(46) 10 お酒の飲み過ぎ(28) 11 生活費を渡さない(18) 12 病気(15) 順位 女性(妻)の離婚理由 1 性格が合わない(660) 2 暴力を振るう(448) 3 生活費を渡さない(421) 4 精神的な虐待(328) 5 浮気(261) 6 お酒の飲み過ぎ(133) 7 性的不調和(119) 8 家庭をかえりみない(117) 9 浪費癖(83) 10 家族親戚と折り合いが悪い(77) 11 実家との同居を嫌がる(48) 12 病気(16) 平成29年司法統計年報「婚姻関係事件数《渉外》 申立ての動機別申立人別 全家庭裁判所」より 外国人家庭の離婚理由ランキングを見て特筆すべき点は、日本人同士の家庭の離婚理由ランキングで男性側が4位に挙げた「家族親戚と折り合いが悪い」が9位という点や、8位だった「暴力を振るう」が4位という点でしょう。 ちなみに女性の場合、日本人同士の離婚理由で10位に挙げられていた「お酒の飲み過ぎ」が渉外結婚では6位という点以外は、さほど離婚理由ランキングに差はありません。 昔と変わった離婚理由ランキング!明治から現代にかけての離婚感の変化 「内閣統計局・帝国統計年」によると今からおよそ140年前の明治16年、日本は離婚大国で離婚率は3. 明治中期までの女性や世間の離婚感 嫁入り婚が8割以上で、夫の親との同居は当然。 当人同士の意識とは無関係に姑が嫁の欠点を理由として離婚を迫る「追い出し離婚」も多く、昔は「結婚は上手くいく方がまれだ」という意識があり、いつ離婚してもよかったのです。 ところが明治31年より施行された明治民法により、「貞女二夫に見えず(夫が亡くなった後も再婚しない)」という儒教的な考え方が女性に求められるようになります。 また法律上は親や親戚が口を出せなくなり、さらに戸籍法で離婚の届け出が必要となったこともあり離婚数は激減。 その後も貧富の差が激しく、男女ともに離婚して一人で生きていくのが困難な時代でしたので結婚は生活手段の一つでしたし、民法上戦前の親権者は父親のみでしたので離婚すれば女性は子供を奪われ、そればかりか自分が食べていくことすらできない労働事情で離婚間が時代と共に変化しました。 しかし今では日本もグローバル化し、男女共同参画社会への取り組みや学校教育によって女性の人権や男女平等とう考え方が浸透する社会へと変化しました。 こうした社会の変化により、 現在では半数以上の女性が「相手に満足できないときは離婚すればいい」「今までに離婚を考えたことがある」という考えを持っていることが、総理府やネットリサーチの調査などでも明らかになっています。 協議離婚の理由ランキング1位は「生活のすれ違い」と「金銭問題」 日本国内の離婚のおよそ9割を占めるのが、夫婦で話し合った後に離婚届を役所に提出する「協議離婚」です。 協議離婚理由のランキングが家裁に申し立てをした調停離婚や判決離婚とは少し異なることが、インターネット調査で有名な「マクロミル」の調査結果を掲載した朝日新聞出版社「アエラ(2010年11月22日号)」から分かります。 男性側の離婚理由ランキング1位は「生活のすれ違い(31. また 女性側の離婚理由ランキング第3位が「相手の親」であることも、軽視できない点でしょう。 時代や認識が変わっても、結婚や離婚は夫婦だけの問題にとどまりません。 穏やかな結婚生活を送り続けるためには、もはや夫婦どちらか片方だけの努力ではなく、夫婦が互いに自立した大人として協力し合い、親という壁を越えて真の夫婦愛を築くことが求められているのです。

次の

木下優樹菜の離婚はたかしとゆうじとの浮気が原因なのか調査!フジモンよりも子供が激似なの?

ゆきな 離婚 理由

2人の離婚は31日付の『スポーツニッポン』(スポニチ)、『NEWSポストセブン』が報じており、 2人は31日にも離婚届を提出し、近く正式発表するとみられるとしています。 スポニチによれば、様々なテレビ番組やCMで共演しおしどり夫婦と呼ばれていた2人でしたが、実際には 1年ほど前から夫婦関係が悪化し、密かに同じマンション内で別々の部屋に暮らす形で別居状態にあったといい、双方は弁護士を立てて財産分与、子供の親権などについて話し合い、 子供2人の親権は木下優樹菜さんが持つことで決着しているとのことです。 夫婦の知人は離婚理由について、 「これまでも衝突することはあったけど、大きなきっかけはケンカ。 藤本さんが強い調子で木下さんを怒った。 それ以降、関係が悪くなって一緒に暮らすことができなくなった。 実は1年ほど前から別居が続いていた。 」と証言しています。 他の知人も木下優樹菜さんについて、 「若くしてママドルと言われるのも重荷になっていたようです。 離婚をきっかけに心機一転、やり直せれば」と語っています。 藤本敏史さんと木下優樹菜さんは、クイズバラエティ『クイズ! ヘキサゴンII』(フジテレビ系)で共演し出会い、藤本さんから猛アプローチの末に2009年始めころから交際をスタートさせ、交際から約1年半後の2010年8月に結婚しました。 また、木下優樹菜さんは藤本敏史さんと別居中に、姉が働いていたタピオカ店の店長に恫喝まがいのダイレクトメッセージを送り、大炎上騒動に発展しましたが、離婚との関連性について広告関係者は、 「タピオカ騒動の前から2人の間では別れるという結論は出ていた。 ただ、周りから見ると、タピオカの件が最後の最後でダメ押しになったように映ってしまう。 そう思われても仕方がない」と語っています。 でも、それは関係ありません。 離婚は優樹菜さんから切り出したそうです。 10年以上、彼と暮らしてきた中で、夫婦の間ですれ違いが出てきた。 2019年11月頃からは、優樹菜さんが芸能活動を休止していたこともあり、夫婦で話す時間が増えたことも要因でしょう。 」だと語っています。 そして、2人の離婚報道を受けてネット上では、• よくもった方だと思う• 離婚して正解だと思う。 フジモンがどんなに真剣に怒っても、ユッキーナが受け入れなさそうっていうか、ユッキーナの方が立場が上だとか自分で思ってそう。 でもテレビ番組とかでは、仲良しな感じしてたけどあれも演じてたのかな?• なんか結婚してやった感があったからね…それじゃ旦那さん嫌になるでしょ。 好きで結婚したのにあいつは口が臭い、気持ち悪いとか公共電波で言ってるし。。 旦那さんの親だって結婚して孫を見せてくれた事には感謝するだろうけど、息子を悪く言われたら嫌だと思う。 調子にのると駄目だなと思う。 一年前から別居してたってことはそれより前から夫婦関係はよくなかったのに、夫婦でCMのオファーよく受けたな• タピオカ事件から、木下優樹菜の事務所の情報操作が凄すぎてもはやこれも信用できない… タピオカ事件から広まった悪評がフジモンにまで飛び火して2人とも仕事がなくなりそうだったから、フジモンの収入を守るために元から関係が悪かった事にしたんじゃないの??と思ってしまう… それぐらいこの夫婦2人とも嫌悪感があるし、マスコミ操作するイメージしかないわ。 ママタレという肩書き無くなったしもうテレビで見ることほとんど無くなりそうですね。 とても嬉しいです などのコメントが寄せられています。 木下優樹菜さんと藤本敏史さんはタピオカ店恫喝問題が勃発する前から度々夫婦ケンカし、何度も離婚危機にあったことをテレビ番組などで明かしており、2013年には木下さんの親友で歌手・タレントの青山テルマさんが同年5月に夫婦が離婚危機にあったこと、青山さんが仲裁に入って仲直りしたというエピソードを披露していました。 また、昨年4月放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に出演した木下優樹菜さんは夫婦ケンカについて、 「最近、泣きたくないからすぐ家を出てくんです」「全然、帰ってこなくて。 『どこにいんだよ』つって50回目くらいの電話で出たと思ったら、湘南の方に行っちゃってるんですよね」と、ケンカする度に藤本敏史さんが家を出ていくことを明かしていました。 今年6月放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ)に出演した際には、夫婦仲を聞かれると 「8時間くらいケンカしてますよ」と明かし、最終的に木下優樹菜さんが 「はあ、もうどっちかじゃない?『このまま一緒にいるか別れるか』のどっちかじゃない?」と詰め寄り、仲直りすることもあったそうなのですが、 過去に5回ぐらい藤本敏史さんが離婚届を持ってきたことがあったといいます。 その時も、木下優樹菜さんがあっさり離婚に応じてサインすると、本気で離婚するつもりは無かった藤本敏史さんは離婚届を破り捨て、離婚を回避したとしていました。 このように以前から夫婦揃って度々夫婦ケンカが起きていることを明かしており、その原因も些細なことだったとして、藤本敏史さんは7月に出演したテレビ番組で、 「エアコンの風の向きだったり、温度だったり、ご飯の軟らかさだったり…積もり積もって」と語り、他にも過去には子供の名前決め、教育方針を巡って意見が対立したことなども明らかにしていました。 そうしたことから、木下優樹菜さんと藤本敏史さんが離婚となったのも納得で、ここ最近木下さんのインスタグラムに藤本さんの写真が投稿される回数も激減し、夫婦仲が悪化している雰囲気を漂わせていました。 また、木下優樹菜さんのタピオカ店恫喝問題が勃発後も、様々なメディアが夫婦の離婚危機を報じており、あの炎上騒動も今回仲直り出来なかった要因の1つなのかもしれません。 木下優樹菜さんはこれまでママタレとしてトップクラスの人気を誇り、数多くの仕事を得ていたものの、タピオカ店恫喝問題、さらに藤本敏史さんとの離婚によってイメージが著しくダウンし、今後芸能活動を再開させたとしても以前のように活動することは難しそうです。 一方の藤本敏史さんも木下優樹菜さんの炎上騒動が発端で、プライベートでの様々な言動がネット上で蒸し返され、木下さんと同様に多くの批判が寄せられてはいるものの、木下さんに比べると批判は少ないことから仕事への影響はそこまで大きくなさそうです。 木下優樹菜さんは離婚後に子供の親権を持ち、シングルマザーになるわけですが、今後また何かトラブルを起こして子供に悪影響が及ばないよう気をつけてほしいものですね。 <藤本敏史さんのコメント> 私ごとで大変恐縮ですが、私、藤本敏史は、この度12月31日をもちまして木下優樹菜さんと離婚した旨、ここに報告させていただきます。 お互いの芸能生活の中で、夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至りました。 これから夫婦という形でなくなっても、子育てにおきましては父親、母親として二人で協力してしっかり責任を果たしていきたいと考えております。 お世話になっている皆様、関係者の方々にはご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけたら幸いでございます。 <木下優樹菜さんのコメント> 私、木下優樹菜は、この度、藤本敏史さんと離婚することになりました。 親権は私が持つことになりましたが、私たちの間に生まれてきてくれた2人の娘にとって、世界にたった1人の父親であり、母親であるので、今までと変わらず、お互いに協力し合い仲良く子育てをして参ります。 全ての関係者の皆様、そして応援してくれるファンの皆様、ご迷惑とご心配をおかけして大変申し訳ございません。 所属事務所によれば、離婚の話が出たのは最近のことで 「別居の事実はありません」としていて、1年前から離婚協議していたという報道内容も 「事実ではない」とのことから、やはりタピオカ店恫喝事件が離婚に至った大きな要因のようです。 参照元• archive. sponichi. html• news-postseven. html• sponichi. html• oricon. nikkansports. html.

次の

離婚を決意する6つの瞬間と理由!女(男)が離婚を決断する前に考えるべきことを紹介

ゆきな 離婚 理由

1、 そもそも離婚できる場合とは? 夫婦のお互いの合意があれば、話し合いによって離婚することができます。 この場合には、特に法律上の離婚原因は不要です。 離婚調停によって離婚するケースでも同じです。 ただ、相手が離婚に応じない場合には、離婚訴訟によって裁判所に離婚を認めてもらう必要があります。 裁判所が離婚判決を下すためには、「法律上の離婚原因」が必要となります。 民法が定める法律上の離婚原因は、以下の 5つです(民法 770条 1項各号)。 不貞( 1号)• 悪意の遺棄( 2号)• 3年以上の生死不明( 3号)• 強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき( 4号)• その他婚姻を継続し難い重大な事由( 5号) 上記に該当する事由がある場合には、相手が離婚を受け入れなくても、訴訟をすることによって強制的に離婚を実現することができます。 2、 相手の精神病を理由に離婚できるか? それでは、 パートナーが 精神病にかかっているとき、それを理由として 離婚することができるのでしょうか? 上記でご紹介した法律上の離婚原因には「強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」( 4号)があります。 そうだとすると、パートナーの精神病は、これに該当して離婚できそうにも思えます。 確かに、精神病の程度やこれまでの経過によっては離婚が認められることもあります。 しかし、反対に離婚できないケースもあります。 そこで、パートナーが精神病で、これ以上の婚姻生活継続が難しいと考えているなら、どのようなケースで「強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき」( 4号)と言えるのか、正しく把握しておくことが大切です。 もし、法律上の離婚原因がなければ、裁判によって離婚することはできないので、協議や調停によって離婚するしかなくなるためです。 3、相手が精神病の場合に離婚するための具体的条件 強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき 以下、「回復しがたい精神病」といいます。 ( 4号)として離婚が認められるには、いくつかの条件があります。 重要な要素は、以下の 4点です。 精神病の内容• 精神病の程度• これまでの経過• 離婚後の展望 (1)精神病の内容 回復しがたい精神病として離婚が認められるかどうかは、相手の精神病の種類によっても異なってきます。 一般的に、離婚原因となり得る精神病は、以下のようなものです。 統合失調症• 躁うつ病• 偏執病• 早期性痴呆• 麻痺性痴呆• 初老期精神病 反対に、以下のような精神症状では、離婚原因は認められません。 アルコール中毒• 薬物中毒• ヒステリー• ノイローゼ ただし、アルコール中毒など、上記の「離婚原因となり得る精神病」に該当しないケースでも、夫婦の状況によっては婚姻関係を継続していくことが困難であるとして、民法 770条 1項 5号によって離婚が認められるケースはあります。 重度なうつ病や重度の身体障害などのケースでも、やはり、夫婦関係や状況により、離婚が認められる可能性があります。 精神病で離婚できるかどうかについては、個別のケースに応じた判断が必要となりますので、自分では判断がつかない場合には、弁護士に相談してみることをお勧めします。 (2)精神病の程度 上記の「離婚原因となりうる精神病」に挙げた躁うつ病や偏執病などの病気があっても、それだけで直ちに離婚できるものではありません。 回復しがたい精神病として離婚が認められるには、精神病の程度が相当重度であることが必要です。 離婚が認められるには、夫婦の関係が破綻していることが必要だからです。 夫婦の一方が精神病にかかっていても、お互いやどちらかにやり直す気持ちがある場合、まだつながりが残っている場合、生活を共にして互いに助け合っている場合などには、離婚は難しくなります。 相手の精神病の程度が酷すぎて、もはや対処の方法がなく、夫婦としての最低限のつながりすら失われてしまったケースにおいて、はじめて離婚が認められると考えましょう。 具体的には、以下の要素が考慮されます。 医師が「回復は難しい」と言っても、それだけで離婚できるわけではありませんし、精神病院に入院したからといって離婚できるものでもありません。 裁判所も、「配偶者の精神障害によって、夫婦関係を維持するためのお互いの精神的つながりがなくなっているかどうか」を判断基準としています。 抽象的ではありますが、この点が最も重要な判断のポイントとなっています。 夫婦関係を破綻させる程度のものかどうかについては、以下のような事情を考慮して、裁判所が総合的に判断しています。 精神病の種類や症状の重さ• 医師の診断結果• 精神病の症状が継続している期間• 配偶者が、治療に尽力したかどうか (3)これまでの経過 回復しがたい精神病を理由として離婚を認めてもらうためには、これまでの経過が非常に重要です。 具体的には、配偶者がこれまで婚姻を継続するために、努力を尽くしてきたことが必要です。 つまり、相手が精神病になった後、献身的に介護や看護を行い、世話をしてきたけれども、どうしてもこれ以上の継続が難しくなったときに、初めて離婚が認められるということです。 そこで、相手が精神病になったら、まずは一緒に病院に行き、必要な治療を受けさせて、一緒に闘病生活を続けることが必要です。 それでもどうしても相手が回復せず、自分としても努力の限りを尽くしたと言えるケースで、初めて離婚が認められます。 (4)離婚後の展望 配偶者の精神病を理由として離婚するためには、相手の離婚後の生活見込みも考慮されます。 これまでの裁判例からすると、相手が離婚後、生活していく基盤がないケースでは、判決によって離婚を認めてもらうことが難しいでしょう。 たとえば、離婚後に配偶者が入所できる施設を手配したり、離婚後相手に生活費を送金したり、離婚後相手が受けられる行政支援の内容を調べたり、獲得する手伝いをすることなどが必要となります。 相手の親と話し合って実家に戻ってもらい、離婚後相手が日常生活を送ることができるように段取りする方法もあります。 4、相手が自分で離婚手続きができないケース 配偶者の精神病の程度によっては、相手本人が自分で離婚手続を進められないことがあります。 たとえば、統合失調症やうつ病などの程度が酷く、自分では何もできないこともあります。 その場合、相手本人と離婚の交渉を行ったり調停をしたりすることはできません。 法的に有効な意思表示をするためには、最低限の判断能力である「意思能力」が必要とされるからです。 意思能力のない人を相手にして、離婚訴訟を起こすことも認められません。 意思能力を失っている人との間で離婚手続を進めるためには、意思無能力者に「成年後見人」をつける必要があります。 成年後見人とは、判断能力を失った人に代わって財産管理や身上監護を行う人のことです。 成年後見人を選任してもらうためには、家庭裁判所へ申立をして審査を受ける必要があります。 そこで、まずは診断書などの資料を用意して、家庭裁判所で「成年後見開始の申立」を行いましょう。 申立の際、後見人の候補者を選定することも可能です。 一般的には、申立人を始めとした親族が候補者となって後見人になることが多いですが、今後離婚する予定である場合、自分が後見人になることはできません。 そこで、裁判所に適切な後見人を選任してもらい、後見人との間で離婚協議をするか、調停・訴訟を行うことにより、離婚手続を進めると良いでしょう。 5、こちらの不倫が原因で相手がうつ病などの精神病になった場合 自分が不倫したことがきっかけで、相手がうつ病になってしまうことがあります。 そのような場合、相手の「回復しがたい精神病」を理由として、離婚できるのでしょうか? (1)うつ病の程度が軽くて離婚できない まずこの場合、相手の精神病が「夫婦関係を維持できないくらい強度なものか」が問題となります。 通常の程度のうつ病であれば、回復しがたい精神病とまでは言えないことも多いです。 (2)献身的に看護してきていないので、離婚できない 次に、「献身的に看護してきたか」が問題となります。 回復しがたい精神病を理由として離婚するためには、これまでの経緯で、夫婦関係を維持するために、相手を献身的に看護・介護して、努力してきたことが必要になるためです。 自分が不倫したことで相手がうつ病になった場合、通常、この要件も満たさないことが多いでしょう。 (3)有責配偶者からの離婚請求は認められない さらに、「有責配偶者からの離婚請求は認められない」という問題もあります。 有責配偶者というのは、離婚原因を作った配偶者のことです。 裁判所は、有責配偶者からの離婚請求を認めていません。 有責配偶者が離婚訴訟を起こしても、その請求は棄却されてしまいます。 自分で離婚原因を作っておきながら一方的に離婚請求をすることは、あまりにも身勝手なので、法律はこれを認めないのです。 不倫(不貞)は法律上の離婚原因である、「有責事由」とされています。 そこで、自分が不倫しておいて相手に離婚請求をすることは、基本的に認められません。 このことは、相手が精神病かどうかとは関係がありません。 結論的に言うと、自分が不倫しておきながら、相手のうつ病を理由として離婚請求しても、基本的に、認められません。 反対に、相手が不倫したせいで自分がうつ病になってしまったとしても、一方的に捨てられることもまたないでしょう。 まとめ 今回は、パートナーが精神病にかかったときに離婚できるかどうか、解説しました。 相手が精神病の場合、まず、精神病の種類や程度によって離婚できるかできないかが変わります。 また、これまで献身的に世話をしてきたのか、離婚後相手が生活する見込みがあるかなども問われますし、離婚を進めるために、成年後見申立が必要なケースもあります。 スムーズに離婚を進めたい場合には、法律の専門家によるサポートが重要ですので、お困りの際には、一度弁護士に相談してみることをお勧めします。 カテゴリー• 101• 153• 190• 129• 118• 135• 361•

次の