糖質制限 楽になる。 糖質制限の事を調べてたら「糖質制限をやるとくさいバカになります」...

糖質制限をすると頭がぼーっとするのはどうしてか?|サラリーマンLIFE戦略

糖質制限 楽になる

皆さんは普段どんな方法でダイエットをしていますか? ダイエットといえば運動や食事制限をするのが一般的ですね。 中でも「食べながら痩せる」という気軽さから、糖質制限ダイエットが人気です。 しかし人気である一方、糖質制限ダイエット実践者のホームページやブログ記事を見ていると、「朝食から主食(ごはん・パン等)を抜いてみたが、脳にエネルギーが行っていないせいか、1日の元気が出なくて辛い」「エネルギー源である炭水化物を抜くため、イライラしやすかったり、不安になりやすく、長続きしなかった」など、主食を抜くことが辛いというが多いようです。 どの方も共通に言われていたのが「炭水化物がエネルギー源であるため、それがなくなると元気がでなくて辛い」という事です。 あたかも糖質制限をすることで、こうなってしまうように書かれていますが、これは大きな誤解です。 実は、糖質制限ダイエットは私たちに人間にとって理想的なダイエット方法なのです。 糖質制限ダイエットの正しい知識とやり方を身につけさえすれば、どんな運動や食事制限よりも効率的に、かつ体の負担が少なく魔法のように痩せることができるのです。 今回はそんな正しい糖質制限ダイエットの方法について学んでいきましょう。 知っていましたか? 糖質制限ダイエットは医学会でも高いダイエット効果が認められた方法なのです 実は糖質制限は、医学的にも高いダイエット効果が認められているダイエット法なのです。 低糖質(1回の糖質量20g以下)のダイエット食: 4. 7kgの体重減少• タンパク質(30%)、炭水化物(40%)、脂質(30%)としたダイエット食:1. 6kgの体重減少• 高炭水化物、低脂質の糖尿病食に近いダイエット食:2. 6kgの体重減少• タンパク質(20%)、炭水化物(70%)、脂質(10%)とした菜食主義に近いダイエット食:2. 2kgの体重減少 さらには、医師向けの信頼性の高い専用情報サイト「MT Pro」に掲載された「低糖質食と低脂質食はどちらが減量や心血管疾患リスク低減に効果的か?」という記事でも低脂質食に比べて低糖質食の方が効果的だという結果が報告されています。 このように、医学的にも糖質制限は高いダイエット効果が認められているダイエット法なのです。 正しい知識を身につけないままにただ「主食を抜く」ことだけを行ってしまっては、決して長続きしません。 糖質制限を行うと自分の体にどんな事が起きるのか? 1日の元気が出ないのは糖質制限の副作用なのか? そんな糖質制限ダイエットの本質を知ってこそ、糖質制限ダイエットはその真価を発揮するのです。 では、一般的に言われている糖質制限の3つの解きながら正しい糖質制限について学んでいきましょう。 誤解1:主食を抜くと元気がでない・イライラする・不安になる! 糖質制限ダイエットでよく懸念されるのがこの「元気がでない・イライラする・不安になる」ということです。 これは私たちが今までの人生で「食事から取る糖質だけが脳のエネルギー源となる」と思い込んできたために起きる大きな誤解です。 確かに糖質は体内で分解されてブドウ糖となり脳の主なエネルギー源となりますが、「糖質制限ダイエット」によって主食を抜いたとしても1日に必要なブドウ糖が不足することはありません。 なぜなら、下図のように人間はブドウ糖がなくても、 「糖新生」というシステムで糖質以外(たんぱく質など)の物質から体内でブドウ糖を作れるからです。 また、「糖新生」の他に私たち人間の体には 「ケトン代謝」というシステムも存在します。 「ケトン代謝」とは「糖新生」同様に炭水化物以外のものからブドウ糖と同様に脳のエネルギー源となるケトン体を生成することが出来るシステムです。 ケトン体は主に脂肪を分解して肝臓で作られる化合物であり、脳はブドウ糖と共にこのケトン体もエネルギー源として使用しています。 このように、私たちの体の中には、炭水化物以外の物質からブドウ糖やケトン体などエネルギー源を作り出すシステムが備わっているのです。 元々人間は肉食動物と似た消化器官の構造をしており、肉食でしっかりと脳のエネルギー源であるブドウ糖やケトン体を作れるように出来ているのです。 そのため、糖質制限食がむしろ人間本来の食生活であり、日頃「炭水化物を食べないと力がでない」と思い込んで食べている炭水化物によって余分な糖質を取ってしまっていると言っても過言ではないのです。 ではなぜ主食を抜くと元気がでなかったり、イライラしたり、不安になったりするのでしょうか? それは私たちが 「糖質依存」だからです。 糖質が不足しているからではなく、ただ「糖質依存」なのにも関わらず「糖質」が取れないから、精神的に元気がでなかったり、イライラしたり、不安になっているだけなのです。 驚くことに「糖質」には麻薬に匹敵するほどの依存性があると言われています。 そのため、元気がでなかったり、イライラしたり、不安になってしまうのは、麻薬中毒者が麻薬がなくてイライラするのと同じ現象なのです。 低血糖症とは、血糖値が低すぎるためにイライラしたり、不安になったりする症状のことを言います。 糖質を制限するダイエットなので、一見必要な糖質が足りなくなるようなイメージが湧いてしまいますし、先ほどご説明した「糖質依存」で起きたイライラや不安を低血糖症のために起きたものと錯覚してしまいがちです。 糖質制限を行ったとしても、先ほどご説明した「糖新生」により体内で糖質を作る事ができますし、低血糖症になることはありません。 むしろ、甘いケーキなどを食べ、糖質を取りすぎてしまうことで低血糖症は起こります。 なぜかを説明する前に、まずは取った糖質がどのようにエネルギーとなっていくのか? その時に血糖値はどう変化するのかを学んでおきましょう。 取った糖質は体の中でどうなるの? 私たちがご飯を食べ、体内に糖質が取り込まれると上の図のように糖質は腸で分解され、ブドウ糖になって血液に吸収されます。 すると血糖値が上昇し、別名肥満ホルモンとよばれるインスリンが分泌され、ブドウ糖を中性脂肪に変え、体内に蓄えていくのです。 するとインスリンが分泌されブドウ糖を中性脂肪に変えて体内に溜め込みます。 そのため、血糖値がグンと下がります。 この時に分泌されるノルアドレナリンやアドレナリン、グルカゴンなどホルモンの影響で、イライラしたり、不安になったり、集中力が低下したりします。 よくご飯を食べた後に眠くなったり、だるくなったりするのはこのためです。 その影響で、血液中のブドウ糖が中性脂肪として体内に溜め込まれすぎてしまうのです。 その結果、血糖値が急降下し、基準以下の低血糖となってしまいます。 このように、糖質を取りすぎている人の方が低血糖になりやすいのです。 また、糖質制限を行うことで血糖値は安定し、普通に主食を食べている時よりも血糖値の増減がなくなります。 そのため、低血糖にならないどころか、食後の眠さやだるさも解消することができるのです。 糖質制限ダイエットはコレステロール値が上がってしまうため危険 糖質制限ダイエットをされている方の中には「体重は減ったが、コレステロール値が上がってしまった」ことで、糖質制限ダイエットは危険と考えている方もいらっしゃるようですが、これも大きな誤解です。 糖質制限ダイエットを始めてコレステロール値がグンと上がったということは、今までの食生活では上手く作れていなかったコレステロールが体内で上手く合成されるようになってきたという証です。 ダイエット開始3ヶ月程度でこういったコレステロール値の変化はおさまり、自分の体に適したコレステロール値になっていきますので、糖質制限ダイエットを始めてコレステロール値が上がっても特に気にする必要はありません。 また、TVや雑誌などでコレステロール値がよく取り上げられたり、市販の油のラベルにもコレステロール0が大きく書かれていたり、コレステロールは悪い物質のように思われる方が多いかもしれませんが、これも誤解です。 これはコレステロール値が高すぎることが問題なのであり、コレステロール自体は脂質の1種で、細胞膜の維持や、ホルモンの原料、そして血管を強くする作用など私たちの体を維持するために大切な役割を担っている物質なのです。 参考元:マンガ「炭水化物が人類を滅ぼす」(光文社)P81 参考元: 正しい糖質制限ダイエットで楽に10kg痩せる3つのコツ 糖質制限ダイエットは一体何をすればいいのか? それは、ズバリ皆さんが思っている通り「主食を抜く」ことです。 しかし、ただ主食を抜けばいいということではありません。 正しく糖質制限ダイエットを行い、続けていくためのコツが存在します。 ここでは、その3つのコツを学んで、実践してみましょう。 コツ1:たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルをしっかり取る 糖質制限ダイエットをしっかりと続けていくためには、糖質以外のたんぱく質や脂質、そしてビタミン(特にB群)、ミネラル(特に鉄、亜鉛)をしっかり取ることが大切です。 人によっては、肉やマヨネーズは脂肪を多く含んでいるため太りやすいというイメージを持っている方もいらっしゃるでしょう。 しかし、実際は太る原因は脂肪ではなく、炭水化物なのです。 その炭水化物を糖質制限ダイエットでは制限しているわけですから、自信ををもって肉やマヨネーズなど、たんぱく質や脂肪を取ってもいいのです。 むしろ糖質を取らない分、それらを取らなければ「糖新生」で糖分を生み出すための原料が足りなくなってしまいます。 糖質制限ダイエットはカロリー制限ダイエットとは違うということをしっかり認識することが大切です。 どんなモノでも取り過ぎはよくありませんが、たんぱく質や脂質、ビタミン、ミネラルは積極的に取りましょう。 穀類 ごはん類(白米・玄米・五穀米・赤飯・餅など)、パン類、麺類(パスタ・そば・うどん・ラーメン・焼きそばなど)、薄力粉、コーンフレークなど。 野菜・海藻類 ニンジン、レンコン、とうもろこし、じゃがいも、らっきょう、かぼちゃ、レンコン、はるさめなど糖質の高いもの。 砂糖を含む嗜好品 ジュース、缶コーヒー、菓子など(ただし、無糖コーヒーやトマトジュースなどは食べてよい)• 果物 アボガド、オリーブ、ブルーベリー以外• お酒 蒸留酒と赤ワイン以外全般 参考元:マンガ「炭水化物が人類を滅ぼす」(光文社)第2章 参考元:糖質制限の教科書(洋泉社Mook)P20〜32 コツ3:長く続けるためには徐々に始めるべし いきなり3食すべてから糖質を抜いてもいいと思いますが、先ほどもご説明した通り、私たちの多くは「糖質依存」の状態です。 急に「糖質」をすべて抜いてしまうと元気がなくなったり、イライラしたり、不安になったりと不安定な状態になってしまう恐れがあります。 もし始めるのでれば、最初は1食、慣れてきたら2食という具合で、徐々に糖質を抜いていきましょう。 糖質制限ダイエットの本質はただ主食を抜くことではなく、「糖質依存」から抜け出し、普通に主食を食べていた頃よりも血糖値の急降下を無くし、安定させることにあるのです。 海外では牛乳、豆乳に続く第3のミルクとして、また乳製品にアレルギーをもつ人やベジタリアンにとって身近な存在です。 ライスミルクの中でも玄米から作るライスミルクは食物繊維が豊富で、白米に比べて血糖値が緩やかに上昇しますから、インスリンの過剰分泌やそれに伴い血糖値が急降下することはありません。 糖質を取らないに越した事はありませんが、もし糖質がどうしても欲しくなった場合は、こういったライスミルクを使って徐々に糖質依存から抜け出していきましょう。 ライスミルクの作り方 炊いた玄米40gと200mlの水、そして塩を1つまみ入れ、ミキサーにかければ完成です。 紙パックや缶などで市販もされていますので、それを購入されてもいいと思います。 そんな時に甘えて食べてしまっては、せっかく糖質制限ダイエットに慣らしていた体が、また糖質依存へと戻っていってしまいます。 しかし、どうしても我慢ができない。 そんな時は低糖質の代換えレシピを覚えておくと便利です。 例えば、パスタがどうしても食べたいという方は糖質0のおから麺で作ってみたり、パンがどうしても食べたいという方は低糖質ブランパンや大豆パンを食べるなどしてみましょう。 いくつか低糖質レシピをご紹介しますので、もし食べたくなった時には試してみてくださいね。 ブランパンのハムタマゴサンド 糖質制限中もお菓子を食べたくなることがあると思います。 そんな時は大豆粉などを活用してクッキーを作ってみましょう。 このレシピではバターを使いますが、先ほどもお話しした通り、太る原因は100%が糖質であるため、脂質を含むバターを取っても太りません。 また心臓病にいいとされるマカダミアナッツを混ぜる事でより美味しく仕上げられています。 出典: 上でご紹介したもの以外は、以下の記事でご紹介しています。 引用: 糖質制限ダイエット効果を上げる2つの運動 糖質制限ダイエットは糖質制限食を取るだけで十分ダイエット効果を得ることが出来ます。 しかし、糖質制限ダイエットの効果をより高めたいという方には運動を併せて行うことをオススメします。 ただ運動するだけではなく、有酸素運動と無酸素運動を組み合わせて行うことで糖質コントロールができるようになり、糖質制限ダイエットの効果を上げることが期待できます。 一般的に脂肪燃焼には有酸素運動の方がいいように思われていますが、実はそれは間違いです。 有酸素運動で燃焼できるカロリーは意外に低く、それだけで痩せようとするのはとても難しいと言えます。 そのため、筋肉量を高め、基礎代謝を上げる効果のある無酸素運動を併せて行うことでより効率的にダイエットを行うことができます。 有酸素運動とは? 有酸素運動とはウォーキングやジョギング、水泳など体に比較的軽い負荷をかける運動のことを言います。 生物学的に言えば、有酸素運動は筋肉を動かすために酸素と一緒に糖や脂肪がエネルギーとして使われる運動です。 また、 有酸素運動には糖質制限の効果をより高めてくれる2つの効果があります。 1つ目が血糖値を下げ、インスリンの分泌量を抑えてくれる 有酸素運動は酸素とと共にエネルギー源として糖質を使います。 そのため、有酸素運動には血糖値を下げる効果があるのです。 さらには、運動をすることで骨格筋などにあるグルット4という物質が分泌され、これが分泌されることでインスリンの追加分泌を抑えてくれます。 2つ目はインスリンの効きが良くなる インスリンの効きが良くなるため、血糖値が上がりにくくなるのです。 無酸素運動とは? 無酸素運動とは筋力トレーニングや短距離走など、体に強い負荷をかける運動のことを言います。 生物学的に言えば、無酸素運動は筋肉を動かすために糖質のみをエネルギーとして使い、有酸素運動と違って酸素を必要としない運動です。 糖質制限ダイエット効果を上げるココナッツオイル ここでは、糖質制限ダイエットの効果をより高める食べ物を1つご紹介しましょう。 それは、ココナッツオイルです。 ココナッツオイル自体も、ダイエット効果があるとして最近注目されています。 しかし、ココナッツオイルダイエットもココナッツオイルを飲むだけではなく、一緒に糖質制限を行うことが大前提とされています。 実はココナッツオイルはそれ自体にダイエット効果がある訳ではなく、糖質制限でより効果的に痩せるサポートをしてくれる食べ物なのです。 ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が豊富に含まれており、これが糖質制限ダイエットで重要な「ケトン代謝」を促してくれます。 そのため、糖質制限と一緒にココナッツオイルダイエットを行うことで、より効率的に「ケトン代謝」を体内で行うことができ、より高いダイエット効果を得る事ができるようになるのです。 詳しくは、下記ココナッツオイルダイエットの記事を参照ください。

次の

【超効果的なダイエット】糖質制限で痩せる! 健康になる!

糖質制限 楽になる

運動や断食を行い肝臓内のグリコーゲンを枯渇させケトン体質を促す 例えば、1日2日間かけてプチ断食を行う。 心肺機能がそこまで負担のかからないジョギングやサイクリングを長時間行うようにする。 そうすることによって効率的に体内のグリコーゲンを枯渇させることができます。 体内のグリコーゲンが枯渇するとケトン体に切り替わるスイッチが入りやすくなります。 ただし、人によってはケトン体になるスイッチがうまく切り替わらず めまいや、体が重いのが取れないという症状が続くので注意しましょう。 糖質を摂らない時間を増やす 例えば夕食に糖質を抜いた食事を行ってみてください。 19時に糖質を抜いた食事を行って翌朝の朝食を食べるまで約12時間あけるとします。 そうすれば、前日の昼から翌日の朝に掛けて糖質を一切取らないというプチ糖質制限の期間が設けられますね。 朝もなるべく血糖値の上がらない食事をするとなお良いでしょう。 これなら無理なくケトン体に切り替わりやすいタイミングを得ることができます。 中鎖脂肪酸を摂取する 普段の食事を楽しみながら、 ケトン体を増やす方法で一番簡単なやり方は中鎖脂肪酸を摂取することです。 中鎖脂肪酸とは真っ先に脂肪を燃焼させエネルギーにしてくれる 潤滑油のような役割をしてくれる油の種類です。 糖質制限を行い一番辛い時期は、脂肪をエネルギーにするためのケトン体質にならない状態が続くとき。 これが中鎖脂肪酸によって糖質制限1日目から脂肪を燃やし楽にできるチートツールです。 中鎖脂肪酸が含まれる食品• ココナッツオイル• mctオイル• アマニ油 スーパーやインターネット通販で手に入る中鎖脂肪酸はなんとこれしかないと思ってください。 中鎖脂肪酸ってどんなの? 純粋に中鎖脂肪酸を抽出した油であれば癖もなく、さらっとした油 他の脂に比べてエネルギーになりやすいのが特徴で体内の脂肪と結びつきエネルギーとして活用してくれます。 ただし、ココナッツオイルや亜麻仁油等に関しては、 その植物自体の香りや味が強いため、クセが強い傾向があります。 純粋な中鎖脂肪酸を抽出したものがMCTオイルといいます。 中鎖脂肪酸の使い方は ケトン体を出すためにも1日3食食べるのであれば、 その三食のうち、小さじ一杯分の中鎖脂肪酸をそのまま食べるように。 炒め物などに使ってしまうと油が酸化してしまい、 中鎖脂肪酸の効果も減ってしまうのでそのまま食べるようにしましょう。 中鎖脂肪酸のおすすめの使い方 温かい飲み物に小さじ一杯入れる コーヒーや紅茶温かい豆乳に入れるとクセがなく、まったり飲めることができます。 サラダのドレッシングに使う 普段使うサラダのドレッシングに中鎖脂肪酸を入れると美味しく食べられます。 お米やパスタにかける 食べる直前に小さじ一杯の中佐脂肪酸をかけて混ぜて食べればクセがなく食べられます。 中鎖脂肪酸のメリット 普段の食生活を続けながら、ケトン体にできる 通常であれば肝臓内にあるグリコーゲンを枯渇させることが必要になります。 簡単に言ってしまえば糖質がすっからかんになる状態。 そんな状態になるといいんですが体は重くなるし頭も回らなくなるというデメリットが。 しばらくケトン体質になるまでフラフラしたり体が動かなくなったりする場合もあります。 そんな時こそ中鎖脂肪酸を入れることによって、 ケトン体に素早く切り替え脂肪の燃焼を促してくれるということです。 中鎖脂肪酸を摂りながら徐々に糖質の量を減らしていけば、 すんなりと完全な糖質制限と制することができますよ。 中鎖脂肪酸のデメリット ココナッツ油やアマニ油を常に用意しておかなければならない。 毎日自宅で食事が出来ればこのやり方もいいかもしれません。 ですが外食も多くなかなか自宅で食べる機会が少ない人。 そんな人には中鎖脂肪酸を用いる方法は難しいかもしれません。 中鎖脂肪酸の油の瓶を持ったり、 パウダーを持ち歩くのは正直現実的ではありません。 「何やってんだこの人ちょっとおかしい」 と思われるでしょうか 中鎖脂肪酸の摂取を確実に続けるのはとても難しいです。 中鎖脂肪酸はサプリメントで簡単に摂取することがおすすめです 早くケトン体質になるためにも、また、毎日確実に続けるためにも、 中鎖脂肪酸はサプリメントの摂取がとても簡単です。 錠剤タイプなので食事の時に一緒に水と一緒に流し込めばいいだけ。 これなら簡単に。 続けられる事は間違いありません。 価格も中鎖脂肪酸の油や、 ココナッツオイルを買って飲む手間を考えれば、 サプリメントの方が確実にコストも良かったりします。 私も初めは中鎖脂肪酸の油を使って自炊していましたが、 付き合いが多くなりに切り替えましたが、効果は変わりませんでしたよ。 徐々に糖質制限の量を増やしましたが全く立ちくらみや体力が落ちたという事がなくなり びっくりするくらいに食べたいという食欲が減ります。 言い方的に必要以上に食べなくても満足感が得られるようになります。 毎日起きるたびにお腹の脂肪が減って行くので、 嬉しい反面、ちょっとこれ大丈夫かなという不安さえ覚えるくらい。 ただ、これが脂肪が燃えているんだということなのでしょう。 2週間で全く運動せずパンツに握りこぶしが空くほどウエストが減ります。 人生で今まで味わったことがないほど簡単に脂肪が燃えているのがわかりますよ。 まとめ ケトン体質になるためには、まずはグリコーゲンが枯渇させる必要があります。 もしくは中鎖脂肪酸が通ることによってケトン体のトリガーを強制的に君にさせるようにしましょう。 無理なくケトン体質にやっていくのであれば、中鎖脂肪酸の摂取がおすすめ。 社会人や学生でもとにかく動かなきゃいけないときに頭がくらくらしたり、 体が重たくなってしまったら元も子もないから。 中鎖脂肪酸を摂取して早く結婚杯酢に切り替えることで、 こんなに苦労していたんだろう と思うくらい簡単に糖質制限も成功できます。 お腹の脂肪が目に見えて減っていくことも感動と快感を得ることができますよ。 ウエストサイズがカバカバになってしまったパンツを見ると嬉しくてたまらなくなります。

次の

糖質制限ダイエットをすると眠い?眠くならない?

糖質制限 楽になる

糖質制限を実践するなら、 肉、魚介、卵、大豆製品という4つのたんぱく質のグループのなかから、主菜となる食べ物を数種類選ぶことが大切です。 このときやりがちなのが、豚肉ばかり、鶏肉ばかり……といった具合に、同じ食材を食べる「ばっかり食べ」をすること。 この食べ方は無意識にアレルギーをつくりだす可能性があります。 毎日食べているものや好物でよく食べる食材ほど、じつはアレルギーになりやすいことを覚えておいてください。 それを防ぐには、 同じ食材を続けて食べない「ローテーション食」を心がけることが重要。 肉を食べるなら、鶏肉、豚肉、牛肉……といった具合に、同じ種類の食材が続かないようにするのです。 魚介類は旬を意識すると実践しやすいです。 そのうえで、マグロやカツオなどの赤身魚、サンマやサバなどの青魚、タラなどの白身魚、ホタテやアサリなどの貝類など、さまざまな種類のものをとりましょう。 一説によると、ひとつの食材をとった後2日空ければアレルギーのリスクを減らすことができるそうです。 毎日必ず納豆を食べるなら、量を減らして毎日食べるのではなく、一度に摂取する量が増えたとしても「 一切とらない日」を作る方が良いのです。 ちなみに、仮によく食べる食品に対してアレルギーになった場合、その食材を3ヶ月くらい断てばまた食べられるようになることがあります。 何はともあれ、好物をつくらず「雑食」を心がけることが大切なのです。 野菜だけが食物繊維にあらず 野菜以外に食物繊維が豊富なものにはキノコ類、海藻類、こんにゃく、おからなどがあります。 カロリーも低く、野菜と違って日持ちするものが多くあるのが特徴です。 以下、おすすめの食材をあげるので参考にしてください。 【キノコ類】 しいたけ、しめじ、えのきたけ、えりんぎ、まいたけ、なめこなど 【海藻類】 わかめ、昆布、めかぶ、もずく、焼き海苔、ところてんなど 【こんにゃく類】 こんにゃく、しらたきなど 海藻類やキノコ類などを食べるメリットは、食物繊維の効果だけではなく、その他に含まれている栄養素が摂取できる点にあります。 これは野菜も同様。 「糖質量」だけで食べるものを選んでいると、こうした栄養素の恩恵を受けることができません。 それはとてももったいないことだと思います。 バランスを考えて食材を選んでください。 「どんな油をとるか」で カラダは変わる 糖質制限において、脂質は血糖値を上げないため、制限の対象ではありません。 むしろ、主食がない……つまり糖質からエネルギーを得ない糖質制限を実践しているのなら、脂質は糖質に代わるエネルギー源として必要となるので、積極的に摂取してください。 ただし「どんな油をとるか」によってはあなたの身体に害をもたらすので注意しましょう。 油のなかで、もっとも避けておきたいのが トランス脂肪酸です。 バターの代用品であるマーガリン。 ラードの代用品であるショートニングにトランス脂肪酸は多く含まれますが、トランス脂肪酸はもはや食品ではなく工業品といえるのではないか……と個人的には思っています。 油脂にかかわらずいえることですが、原料の質や製造方法も考えて選ぶことが大切です。 原料の植物は、どのように栽培されたのか。 安価な大量生産の油であるならば、農薬や除草剤、遺伝子組み換えなどの影響はないのかなどを確認しましょう。 植物油の場合、どのように抽出されたかも重要です。 とくに油には、常に酸化という問題がつきまといます。 高温圧搾の油であれば、できあがった時点で油の酸化がかなり進んでしまっている可能性があるので注意してください。 酸化油を摂取し続け、過酸化脂質を体内で発生させることは、老化やがんなど多くの疫病に深くかかわってきます。 糖質制限で痩せても、健康を害してしまっては意味がないのです。

次の