カローラ フィールダー カスタム。 カローラフィールダーの内装は使い勝手が良く幅広い年齢層から親しまれる

トヨタ 160 カローラフィールダー エアロパーツ / チューニングパーツ / カスタムパーツ 専門オンラインショッピングサイト By AutoStyle

カローラ フィールダー カスタム

カローラフィールダーのフロントバンパー エアロの筆頭、フロントバンパー。 フロントバンパー無しにエアロは語れません。 純正バンパーをまるごと交換してしまうのでカローラフィールダーのイメージが激変します。 見た目をイメチェンしたいなら間違いなくコレです。 諸先輩方の定番アイテムらしくありふれてるので外す方も拝見しましたが、私自身広島で走っているとこのバンパーガーニッシュを装着した前期カローラには少なくとも1年半は出くわした事がないので触手が動きました(最近160系前期を街で頻繁に見かけなくなったのは気のせいだろうか)。 マットブラックがあったのも決め手のひとつかな。 こう言った社外品は現行型ならまだしも経年と共に販売がひっそりと終了していたとかに... カローラフィールダーのフロントリップ・ハーフスポイラー カローラフィールダーをドレスアップしたいけど、そこまでガッツリやりたくない。 そんなときはフロントリップ・ハーフスポイラーカスタムがおすすめ。 純正バンパーはそのままに、少し付け足すことでカスタム感を確実にアップしてくれます。 純正OP フロントスポイラー になります。 以前から中古でずっと探していたのですが、なかなか見つからず新品を買おうか悩んでいたところ、とある場所で発見しました。 それはなんと、お世話になっている修理工場! 主に事故車を修理しているところなので、余った使えそうな部品をたまにストックしていたりします。 一定期間を過ぎるとそのストック部品も廃棄されるのですが、このスポイラーは別のお客さんが間違...

次の

トヨタ 160 カローラフィールダー エアロパーツ / チューニングパーツ / カスタムパーツ 専門オンラインショッピングサイト By AutoStyle

カローラ フィールダー カスタム

カローラフィールダーの内装の特徴をコックピットやシートに注目して解説! カローラシリーズのアクシオやスポーツとともにラインナップされているトヨタ・カローラフィールダーは、カローラワゴン時代を含めると1982年から販売されている歴史のある5ナンバーのステーションワゴンです。 カローラフィールダーに改名されたのは2000年のことで、2012年から販売されている現行型モデルの3代目ではハイブリッド車も追加発売されています。 低重心で堂々とした佇まいにスポーティなフロントフェイスがスタイリッシュで、若者から大人にまで人気のある車です。 トヨタ新型カローラフィールダーの内装にはどんな特徴があるのか、グレードによる違いは何か、コックピット・シートデザイン・ラゲッジルーム・安全装備、おすすめのメーカーオプションなど気になるポイントを中心に解説していきます。 カローラフィールダーの内装は全部で4パターンが設定されている TOYOTAの現行型カローラフィールダーの内装は全て黒をベースカラーとしていますが、グレード別に設定されているデザインが違います。 インパネガーニッシュとドアトリムがシートの色と同じホワイトとなっていて、清潔感のある明るい空間が広がります。 本革に劣らない高級感のある内装が魅力です。 8S・1. 5Gに標準設定されています。 スエード調特有のぬくもりあふれる質感がフィールダーのインテリアをハイクラスに演出します。 黒で統一されているシンプルながらも落ち着きのある室内となっています。 カローラフィールダーのコックピット・インパネ周りはグレードごとに何がどう違う? カローラフィールダーのハイブリッドモデルのメーターディスプレイ サテンクロームのメーターリングが印象的なカローラフィールダーのメーターディスプレイ。 ブルーのイルミネーションが先進的な雰囲気を感じさせます。 ガソリンモデルのメーターディスプレイは情報量も丁度良い ドライブモニター付きの3眼メーターは1. 8S・1. 5G・1. 5Xに設定されています。 マルチインフォメーションディスプレイ搭載の3眼メーターは、インテリジェントクリアランスソナー装着車(ガソリン車)にメーカーオプションで装着できます。 運転中に操作しやすいステアリングスイッチ ハンドルには オーディオやマルチインフォメーションディスプレイを操作するステアリングスイッチを設置しています(グレードごとに配置や搭載する機能は異なる)。 運転中もハンドルを握った状態で操作できるため、運転に集中できます。 ハイブリッド・1. 5G・1. 5Xのステアリングはウレタン製で、その他のグレードは全て本革巻です。 ただし、ハイブリッド・1. 5G・1. 5Xに対応する純正アクセサリーの革巻き装飾も用意されています。 シフトノブについても、スモークブラック調加飾との組み合わせが高級感あふれる本革巻きの装飾がハイブリッド・1. 5G・1. 5X用にラインナップしています。 上がマニュアルエアコンで下がオートエアコン グレード毎に装備が違う エアコンはカローラフィールダー1. 5Xグレードにマニュアルエアコン、それ以外のグレードにはオートエアコンが搭載されています。 また、オートエアコン用の純正アクセサリーとして、ボタンの操作を日本語でわかりやすく表記しているスイッチラベルも販売されています。 ハイロー調整が可能で、身体を芯から温めてくれます。 運転の負担を軽減するアームレスト 蓋つきのセンターコンソールボックスはアームレストにもなります。 ハイブリッド・1. 夜間のドライブには純正アクセサリーのインテリアイルミネーションがおすすめ ホワイトカラーのインテリアイルミネーションは、 シートの足回りやフロントドアのスピーカー、センターコンソール、前後席のドアトリム下部の4か所に設置可能です。 優しい光がフィールダーとの夜のドライブの気分を盛り上げてくれます。 カローラフィールダーのラゲッジルームの荷室容量は407L~872L カローラフィールダーのテールゲートは最大幅1,070mm、最大高735mm。 荷室をフルで使う際の最大長が2,025mm、最大幅1,510mm、通常時の最大長でも970mmです。 荷室容量は通常時で407L、最大872Lと非常に広く確保されています。 6:4分割式のリヤシートはワンタッチで格納でき、操作が簡単なので女性の方も安心です。 シートを倒すと荷物を積載しやすいフラットなスペースが広がります。 シートアレンジによって大きな荷物もラクラク積める シートを倒すと高さのある大きな荷物も収納できるので家族で楽しくレジャーが楽しめる シートを倒さない通常時においても、大きなゴルフバッグが複数個収納できるTOYOTA・カローラフィールダーの荷室は使い勝手抜群です。 シートを倒せば自転車やサーフボードのように長さのある荷物も載せることができます。 純正アクセサリーとして、荷室の保護や収納性向上を目的としたラゲージトレイやトランクマットも販売されています。 カローラフィールダーは高い安全性能を追求したセーフティ・サポートカーに認定されている TOYOTAカローラフィールダーの高い安全性能は国によっても認められており、グレードごとに セーフティ・サポートカーS ベーシック+とセーフティ・サポートカーに該当します。 さらに、自動車アセスメントの予防安全性能評価では、2015年度最高ランク「ASV+」の評価が与えられています。 自動ブレーキや車線はみ出しアラートといった先進装備を搭載するだけでなく、ピラーやリアウィンドウの位置や形状などにもこだわることで広い視界を確保し、運転しやすさをアップしているのもカローラ車の特徴です。 カローラフィールダーの内装は従来モデルと比べて飛躍的に改良されている 2018年6月にはハッチバック型のカローラスポーツのような新型モデルも発売されたことで、さらに勢い付いているTOYOTAのカローラシリーズ。 そのうちの人気車種として知られるカローラフィールダーの内装は黒を基調としたシンプルなデザインに仕上がっていますが、それゆえに誰もが使いやすく親しみやすいインテリアとも言えます。 フィールダー専用の純正アクセサリーで内装を自分らしくカスタムして楽しむのも良いでしょう。 カローラフィールダーの現行型モデルは、乗員にとっての居心地の良さや運転しやすさ、先進技術による安全性能の向上など機能性の強化を図っています。 近々フルモデルチェンジするのではないかという情報もあります。 運転の楽しさを体感できるカローラシリーズを盛り上げる担い手として、さらに進化を続けていくでしょう。

次の

【画像】カローラ フィールダーのカスタム例まとめ!改造・ドレスアップする方必見!

カローラ フィールダー カスタム

純正カスタムパーツ 引用: お車のカスタマイズをしていく上で、最初にチェックするべきなのは純正のカスタムパーツです。 純正のカスタムパーツの良さはしっかりと車にフィットするように作ってあるため取り付けた時に車への負担が少ないことや、保証期間が長いことです。 その分、お値段が高かったり、種類が少なかったりしますが、できるだけ純正のカスタムパーツを選ぶようにしておけば、カスタムに失敗することは少ないでしょう。 外装品 ここでは純正の外装カスタムパーツのおすすめ品をご紹介します。 メッキフロントバンパーガーニッシュ 引用: フロントバンパーのメッキガーニッシュです。 ガーニッシュとは簡単に言えば装飾品という意味で、フロントバンパーをメッキで装飾するパーツになります。 装飾する位置はフォグランプの前の辺りです。 この部分がメッキになっているだけでも見栄えは変わってきますので非常におすすめです! メッキドアミラーカバー 引用: こちらもメッキのドアミラーカバーです。 こちらを装着することによってドアミラーがメッキに代わります。 フロントバンパーガーニッシュと合わせれば非常にオシャレな仕上がりになります。 メッキ調サイドウインドウモール 引用: その名の通りメッキ調のサイドウインドウモールです。 サイドウインドウの真下にメッキ調のラインが入るようになります。 メッキ調バックドアガーニッシュ 引用: こちらはバックドアに装着するメッキ調のガーニッシュです。 ここまでご紹介したメッキシリーズを全て組み合わせると、統一感のある洗練されたカスタムが完成します。 内装品 引用: ここでは純正の内装カスタムパーツをご紹介します。 革調シートカバー 引用: シートに被せる革調のカバーです。 純正品なのでシートにぴったりと被さる設計になっており、まるで本革シートになったかのような仕上がりになります。 シートが代わるだけで内装の雰囲気はがらりと変わりますよ。 革巻きステアリング 引用: 思い入れは細かいところに出てきます。 こちらはステアリングを革巻きにするカスタムパーツです。 見栄えにあまり変化は無いですが、こういった細かいところまでカスタムしていけば一体感が出てきます。 革巻きシフトノブ 引用: こちらも非常に細かいところですが、思い入れがあるなら是非カスタムして欲しい箇所、シフトノブです。 革巻きのシフトノブなので高級感がありますよ。 スピーカーイルミネーション 引用: スモールライトと連動し、スピーカー周りを光らせるカスタムパーツです。 夜間のドライブ時などに光で室内を演出してくれます。 電子インナーミラー 引用: バックミラーはもう古い。 鏡で映して後方を視認するのではなく、後方に取り付けたカメラの映像を直接リアルタイムに投影する装置です。 通常のバックミラーより確認できる視野が広く、例え後ろに人が乗っていようが荷物を積んでいようが関係なく後方を確認することができます。 社外カスタムパーツ 引用: 基本的にはお車への負担や保証の期間などを考えると純正カスタムパーツを選ぶのがオススメなのですが、純正カスタムパーツは種類が少なかったり、好みのデザインが無かったりします。 そこで純正カスタムパーツだけでは物足りないという人には社外カスタムパーツがおすすめ!様々なカスタムパーツを比較的安価に購入することができます。 ただし保証が短かったり、車への負担が大きいものがあったりしますので慎重に選ぶようにしましょう。 外装品 ここでは社外の外装カスタムパーツをご紹介します。 メッキピラー ピラーに張り付けて、ステンレスやメッキ調にするパーツです。 サイドビューに明らかな差を付けることができます!カローラフィールダーなら取り扱いをしているパーツ店も多く、ブラックメッキやゴールドメッキなど様々な色から選ぶこともできます。 アルミホイール カスタムの初歩と言っても過言ではないのがアルミホイールです。 カローラフィールダーのホイールサイズは15インチですが、しっかりカスタムしていくならばインチアップは必須です。 16~17インチでお気に入りのデザインのアルミホイールを選ぶようにしましょう! スモークフィルム 後部座席サイドウインドウとリアウインドウに張り付けるスモークフィルムです。 プライバシーガラス以上に室内を見えにくくするだけではなく、車全体のデザイン性も向上します! 内装品 ここでは社外の内装カスタムパーツをご紹介します。 シートカバー 純正品でもシートカバーをご紹介しましたが、シートカバーは社外品もおすすめです!車種別設計でカローラフィールダーにぴったりフィットするものも数多くありますし、何よりデザインが豊富です。 ステッチが入ったものやキルティングタイプのもの、色も黒、ベージュ、白や中には赤や青まで凝ったデザインのシートカバーを選ぶことができます。 フロアマット こちらも純正品はありますが、シートカバーと同様、社外品の方が豊富なデザインの中から選ぶことができます。 自分のイメージにぴったりなフロアマットを敷けば、室内の雰囲気がより一層好みに近づきます。 ハンドルカバー ステアリングに被せるカバーです。 デザインや色が豊富に取り揃えてありますので、室内のイメージにぴったりのカバーを被せればより統一感が出てくるでしょう。 足回り 純正カスタムパーツでは揃わないのが足回りのカスタムパーツです。 車高を下げればよりクールなドレスアップが可能になります。 ダウンサス サスペンションを車高が下がるものと取り換えることによって車高を下げる方法です。 乗り心地重視のものから、車検にギリギリ通るめいっぱいまで下げるものまで数多くのパーツが取り揃えられています。 一般的に純正サスペンションに比べクッション性が低くなるため、乗り心地は悪くなる傾向にあります。 車高調 車高調とは車高調整式サスペンションの略で、サスペンションを車高調整できるものと取り換え車高を下げる方法です。 ダウンサスと違い車高を上げたり下げたり自由に調整できるというメリットがあります。 その分お値段は高いですが、余裕があるのであれば車高調を選ぶことをおすすめします! カローラフィールダーをカスタムして世界に1台だけの愛車に! 引用: カローラフィールダーは燃費が良く、経済性にも優れ非常に人気な車の1つです。 しかしそのため様々な人が購入し乗っているため街中でも自分と同じ車を目にする機会が多いでしょう。 その点でいえば少しオリジナリティーに欠ける車と言わざるを得ません。 そこでカローラフィールダーをカスタマイズすることで自分専用のカローラフィールダーを造り上げていくことがおすすめです。 今回ご紹介したカスタムパーツの中から気に入ったものがあれば購入して取り付けていけば、街中で自分と全く同じ車を見ることもなくなるでしょう! 車の買い替えで損をしない方法を知っていますか? 車を買い替える際に、大きく購入価格に影響を与えるのが、愛車の下取り金額です。 愛車、普通にディーラーに下取りに出そうと思っていますか? これ実はめちゃくちゃ損します!! もし、あなたが車のプロである場合、もしくは、車の買い替えに慣れている場合は、この先書いてあることは「当たり前」の内容なので、読んでもあまり意味がないかもしれません。 ただ、この「当たり前」を理解せずに、車を下取りに出してしまうのは、損失確定と同意義なので、自信ない方は絶対に読み進めてください。 値引き相場以上に、車を安く買っている方はこの裏技を知っています。 【裏技の前にまず・・】ディーラーはあなたの車を安く下取りたい 別に、車のプロでなくても、「知ってるわ!」という内容かもしれませんので、軽く話すだけにしますね。 ディーラーは商売をしているので、下取り価格はなるべく抑えてきます。 なので、あの手この手を使って、あなたの車を安く下取ろうとしてきます。 「仕方ないですね。 !今決めてくれるなら、下取り価格を10万円アップします。。 ただのセールストークです。 ディーラーの下取り金額を鵜呑みにして、愛車を手放すことになった場合、断言します。 あなたは必ず後悔します。 【裏技】ディーラーに騙されない方法。 自分の車の価値を正しく把握して、ディーラーに行こう。 (無料+1分でできます。 ) 下取りでディーラーに騙されて、後悔しないために、実践するべき裏技は超簡単です。 1分の作業で、無料で、最大10社の買取業者に一括で査定依頼を出すことができる「かんたん車査定ガイド」を活用する。 たった、これだけです。 所要時間は1分です。 お金もかからないです。 無料です。 また、1分の入力だけで、買取業者10社に査定依頼を出せるだけではなく、入力完了後すぐに、あなたの愛車の概算価格も計算して出してくれます。 なので、 即座にご自身の車の価値がわかります。 買取業者からの査定額と、1分の入力が終わり次第すぐに見れる概算価格をもとに、ディーラーに向かうのが、下取り交渉で損をしないための、簡単な裏技です。 もし、それでも、下取り金額アップが難しいのであれば、それはディーラーが本気で頑張った下取り額を提示してくれたということです。 なので、めんどくさい方は「これ以上の下取りアップは難しい」と判断して、ディーラーに下取ってもらうか、少しでも損をしたくない方は、高額の査定額を出してくれた買取業者に車を売りましょう。 ただ1分だけ、「かんたん車査定ガイド」にあなたの情報を入力するだけで、ディーラーに騙されて損をするのを防げます。 何も準備せずにディーラーに向かうと、平気で10万円単位で損をするので、1分で、しかも無料で、それが防げるなら、実践してみない理由はないですよね。 あなたの車は日に日に古い車になっていくので、早めに査定依頼に出した方がよいですよ!.

次の