ヘパソフト。 アトピーにはヒルドイドより使いやすい

ヘパソフト / 薬用顔ローションの口コミ(by maron0000さん)|美容・化粧品情報はアットコスメ

ヘパソフト

ヘパリン類似物質の保湿、顔への使用と効果とは! ヘパリン類似物質とは、皮膚科で処方される「ヒルドイド」の保湿成分です。 「ヒルドイド」は主にアトピーや乾燥肌などに処方されるのですが、0. 3%配合されているヘパリン類似物質が有効成分であることがわかっています。 ヘパリン類似物質とは何なのか?ステロイドとは何が違っていて、どんな効果があるのか、副作用があるのか、使用上の注意があるのか、気になることを調べてみました。 ヘパリン類似物質って何? そもそも「ヘパリン」とは、ムコ多糖類と呼ばれるグループの物質。 ヒアルロン酸などと同じグループです。 ヘパリンは肝臓で作られ、私たちの体内に広く存在しています。 細胞と細胞の間に水分を保有する働きと、血液が固まるのを防ぐ作用もあります。 ヘパリン類似物質はこのヘパリンに化学式の骨格構造がよく似ている物質のこと。 ムコ多糖の化学構造を変化させて保湿能力をさらに向上させたヘパリン類似物質。 皮膚トラブルの改善に活用されるようになったのです。 しかし、副作用が全くないというわけではないですし、使用してはいけない症状の人もいます。 よく注意して、自分の肌をよく観察して使用していいかどうか医師に相談するのがよいと思います。 使用上の注意と副作用とは ヘパリン類似物質は使用してはいけない体質や病気の人はいます。 血液凝固抑制作用があり、出血を促してしまう恐れのあるヘパリン類似物質は出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病など)の人やわずかな出血でも重大な結果をきたす恐れの人は、使用するのを避けましょう。 アレルギー症状のひどい人や浸潤やただれのひどい人もヘパリン類似物質の使用は控えた方が良いそうです。 皮膚に湿疹や発赤、かゆみやはれが起きてしまった人は、医師に相談するようにしてくださいね。 ヘパリン類似物質は顔に使用していいものが限られています。 それは商品に添加している成分の種類や量によって肌荒れしている肌への刺激が考えられるから。 顔の皮膚は薄いのでデリケートなのです。 症状や商品にもよりますが、しばらく使用して悪化してしまう場合には使用を中断しましょう。 ヘパリン類似物質が配合された市販の小林製薬「さいきa」の感想と効果! 保湿効果のあるヘパリン類似物質、結論から言いますと私の症状には効果があったのだと思っています。 使用したのは小林製薬の「さいきa」のローションとクリームです。 ヘパリン類似物質が配合されている商品は数多く市販されているのに、どうして「さいきa」を選んだのか、理由は三つあります。 ひとつは顔に使用してもいい商品であること。 二つ目はヘパリン類似物質が「ヒルドイド」と同じ0. 3%配合であること。 三つ目はローションタイプとクリームタイプがあること。 乾燥肌の治療として顔に使用してもいいということが商品パッケージにも記載しています。 この「さいきa」は第2類医薬品なので治療という表現がされていますが、ドラッグストアでも購入できる手軽さも魅力的ですよね。 私の乾燥肌は生まれつきのものではなく、間違ったスキンケアにエステやピーリングなどを追加し、お肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが早くなってしまったことが原因です。 そのため、顔の皮膚だけが敏感になってしまいました。 顔以外の皮膚は丈夫なのでトラブルはほとんどありません。 顔の乾燥肌を治したくて、ステロイドを使用しない皮膚科に行ってみたり、アロマテラピーで自然に近い基礎化粧品を試してみましたが、皮膚の回復力が弱くなってしまっていたのでなかなか改善しませんでした。 そのうえ鼻炎持ちのため、鼻をかむ回数が多いので鼻の下や鼻の穴の周りに常に負担がかかっている状態。 傷になってしまったらステロイドの配合された軟膏を塗っていましたが、数日後にはぶり返しさらに弱い肌になってしまいます。 ワセリンもふたをするだけで傷や乾燥を改善出来るものではありませんでした。 皮膚科での治療はどんなものなのか調べているうちに、「ヒルドイド」が乾燥肌に効くらしい、市販でも購入できるらしいということを知り、使い始めてみることに。 使い始める前は顔の皮膚が乾燥して粉を吹き、真っ赤に炎症を起こしている状態。 メイクをしても崩れやすく、乾燥がひどいのでパウダー状のファンデーションは使いたくありませんでした。 肌の触り心地はごわごわで、特にほほからあごにかけてインナードライの証拠である細かいプツプツが出来ていました。 乾燥している肌は、お風呂に入るとふやけてちょっと触っただけで垢のようにぽろぽろ落ちます。 こすることは絶対にやってはいけないことだとわかってはいても、つるつるになるのでやってしまうんです。 こすって皮膚がはがれるのははがしすぎです。 弱い皮膚をはがしてしまっていますのでターンオーバーが短くなるはずですよね。 正常な皮膚のターンオーバーは28日が目安です。 乾燥肌だと14日や20日ほどで皮膚が生まれ変わろうとするので、皮膚が完全に出来上がる前に垢としてはがれるのです。 ヘパリン類似物質の特徴である保湿力は皮膚の基底層まで届きます。 基底層で新しい皮膚の細胞が作られるので、ヘパリン類似物質が作用し、効果が実感できるというわけです。 「さいきa」「さいきc」に含まれる有効成分 さいきシリーズに含まれる成分と分量はこちらです(100g中)。 商品の説明書にも書かれている有効作用もご紹介。 ヘパリン類似物質…0. 3g・肌細胞を修復し、整えます。 角質に潤いと柔軟性を与えます。 グリチルリチン酸二カリウム…0. 5g・肌の炎症を抑えます。 アラントイン…0. 2g・荒れたり、ひび割れた皮膚組織の修復を助けます。 ヘパリン類似物質配合の「さいきa」使用レポート! スキンケア方法:純石鹸での洗顔(クレンジングなし)、さいきaローション(ハンドプレスで2回)、さいきc治療クリーム(乾燥の気になるところへ指で軽く叩き込む) 乾燥肌である私のスキンケアの基本は、とにかく肌に負担をかけないこと!界面活性剤の入っているクレンジングはやめました。 純石鹸(石鹸素地100%の石鹸のこと)で泡洗顔します。 これだけでメイクもほとんど落ちます。 ファンデーションは少しくらいなら残っていてもいいのだそう。 クレンジングや圧の強い洗顔の方が肌に負担をかけていたんですね。 熱いお湯ですすぐのもご法度!人肌より低いくらいの温度の水で優しくすすぎます。 洗顔したら、またはお風呂から上がったら5分以内にローションを付けます。 コットンを使うと余分にこすってしまうので、手のひらになじませてからハンドプレスします。 私は物足りないので2回ハンドプレスしますが、1回の方が肌に負担がかからず望ましいのかも知れません。 1日目:ヘパリン類似物質の副作用である、血管の膨張による炎症が起きました。 ほてりや多少のかゆみも。 しかし、このような副作用が起きることは想定内でしたので、外出する予定のない日の夜を選んで使用を開始しました。 20分くらい炎症がおさまらまいという意見も知っていましたので、冷静に待つことに。 でも、私の場合は2時間くらい炎症が続きました。 1日目からさいきc治療クリームを顔の広範囲に付けてしまったので炎症が長く続いたのかも知れません。 2日目:朝晩の洗顔後のスキンケアにローションとクリームを使用。 炎症は起きるものの、しばらく時間を置くとほてりはおさまります。 クリームの方は本当に荒れてしまってるところだけに塗るようにしました。 3日目:ほてりと皮むけが始まりました。 皮膚をはがしたくなるのを我慢して自然にはがれるのを待つことに。 肌が荒れている分、ほてりと皮むけ期間が2~3日続きました。 ただ、徐々に肌触りがすべすべになっているのを実感できる期間でもありました。 7日目:ついにほてりが気にならないようにまで回復。 しかし、肌のターンオーバーは28日が目安ですので肌の調子が一時的によくなっただけのようです。 その日の体調の具合によっても肌に影響が出てしまいますので、ひどくなったと思ったらスキンケアはお休みしてしまうのもいいのかも知れません。 10日目:安定して肌の調子がいい様に感じました。 私の肌には「さいきa」と「さいきc」が合っていたと思います。 しかし、ヘパリン類似物質はあくまでも第2類医薬品。 長期で使い続けないように調節していかなければいけません。 肌のトラブルも人それぞれですので、初めて使うものには様子を見ながら少しずつ試すのをおすすめします。 まとめ• ヘパリン類似物質は乾燥肌に効果があった!• 小林製薬の「さいきa」は、顔に使用してもOK! 丈夫な肌に戻すために、私の肌には「さいきa」が合っていました。 やはり体調の優れない時には、肌に影響が出ることが多く赤みがぶり返してしまうこともありますが、急激に治すことなんてできないと思っていれば、落ち込む気持ちを乗り越えることが出来ます。 私と同じように乾燥に悩み、赤みが引かずヒリヒリ、でも何とかしたい方に少しでも参考になればと思い、レポートを書きました。 私の感想はあくまでも参考に、肌トラブルが深刻な方は医師に相談されることをおおすすめします。

次の

ヘパリン類似物質、顔への使用と驚きの効果!市販の小林製薬「さいきa」使ってみた感想!

ヘパソフト

優秀な保湿剤であるヒルドイドですが、処方薬なので病院に行かないともらえません。 私は軽度のアトピーだけど、ここ10年くらいは保湿でほぼ肌状態をコントロールできてるので、年に何度か、湿疹が重症化してステロイドがないと治らない時くらいしか皮膚科には行かない。 だから、手持ちのヒルドイドがなくなった時、ヒルドイドのためだけに皮膚科に行くのが面倒なわけですよ。 ヒルドイドは処方箋が必要な処方薬なので市販はされてません。 でも、 ヒルドイドと同じ、ヘパリン類似物質が配合されたクリームやローションなら市販されてるので、それを全部まとめてみました。 陰湿的に調べたので、今現在販売されている商品については網羅したと思う。 美容目的でヒルドイドを使ってみたいという人も、よければ参考にしてくださいませ。 意外とたくさんあってページが長くなったので、気になる商品は目次から商品名をクリックしてジャンプしてください。 顔用のヘパリン類似物質配合商品 Saiki 保水治療ローション・保水治療乳液(小林製薬) 化粧水さえしみる乾燥肌へ、という触れ込みの小林製薬の保湿ケアライン。 ローションと乳液があり、いかにもスキンケア商品っぽい見た目といい、基礎化粧品として顔に使うことを推している雰囲気ですが、化粧品ではなく第2類医薬品の扱いです。 ヘパリン類似物質の配合濃度は、ヒルドイドと同じ0. 抗炎症成分であるグリチルリチン酸ジカリウムとアラントインも入ってるので、炎症やニキビにも有効だと思われます。 某有名口コミサイトの評価を見たところ、即効で高い保湿力を実感できるということで評判は上々のよう。 使用感はヒルドイドローションをもう少しサラッとさせたような感じらしいです。 なお、医薬品、医薬部外品、薬用などの違いが曖昧な人も多いと思うんですが、医薬品は治療、医薬部外品は予防、化粧品は美容を目的としたもので… 医薬品第1類>医薬品第2類>医薬品第3類>医薬部外品(薬用も同じ意味)>化粧品 の順に効果が強く、リスクもこの順に高い。 第2類医薬品であるSaikiは、分類としては市販の風邪薬とか胃腸薬と同じ、「薬」の扱いってことですね。 成分的には長期間使っても特に問題はなさそうですが、一応継続使用について小林製薬に問い合わせてみたところ、「Saikiは医薬品なので、まずは5~6日間使って効果があるかを確認し、良ければ乾燥などの症状が治まるまで継続。 症状が改善したら使うのをやめて通常のスキンケアに戻してね。 」という旨の回答をもらいました。 基礎化粧品っぽい売り方をしてますが、化粧品としてではなく、乾燥の応急処置や集中ケア的に使う商品ってことみたいです。 ヒルドイドを切らしたけど、湿疹は出てないし皮膚科に行くほどでもないって時に使えそう。 ヘパソフト薬用顔ローション(ロート製薬) わざわざ顔用と銘打った、薬用化粧水。 有効成分はSaikiと同じ、ヘパリン類似物質、グリチルリチン酸ジカリウム、アラントインの3つですが、ヘパソフトはより効果が穏やかな医薬部外品です。 価格的にもSaikiより安いので、毎日のスキンケア用にヘパリン類似物質配合の商品を探しているという人にいいかも。 ヘパソフトのベースは微細化したワセリンで、化粧水というよりは乳液に近いテクスチャーです。 化粧水や乳液として手持ちのコスメと使う以外に、これ単品でオールインワンとして使ってもいいらしい。 ヘパリン類似物質+ワセリンって、まさにアトピー用って感じ。 ボディ・全身用のヘパリン類似物質配合商品 ヘパソフトプラス(ロート製薬) ヘパソフトシリーズの保湿クリームで、こちらは第2類医薬品。 ヘパリン類似物質の濃度はヒルドイドと同じ0. この他に皮膚の修復作用があるパンテノール、かゆみ止め成分であるジフェンヒドラミンとクロタミトンが配合された、かゆみを伴う乾燥肌用の保湿剤です。 昔はヘパソフトクリームという商品名でしたが、2015年にリニューアルされて名前が変わり、肌の修復成分とかゆみ止め成分が新たに追加されました。 かゆみ止めに重点を置いたクリームなので、冬場なんかにボディが乾燥してかゆくなるという時におすすめ。 ただ、かゆみを通り越して湿疹が出てしまった場合はどうにもならないので、あくまでも乾燥によるかゆみや粉吹きの予防として使いましょう。 フェルゼア ヘパキュアクリーム(資生堂薬品) 資生堂のかきこわし乾燥肌治療薬で、第2類医薬品。 フェルゼアは尿素配合のイメージがありますが、これは尿素は入っていません。 ヘパリン類似物質0. 3%の他、抗炎症成分のアラントイン、かゆみ止め成分のジフェンヒドラミン、血行促進成分トコフェロール酢酸エステルの計4つの有効成分配合です。 コンセプトはロート製薬のヘパソフトプラスと同じで、ヘパリン類似物質とジフェンヒドラミンが配合されている点も同じ。 私は使ったことないのですが、口コミを見る限りはヘパソフトプラスと似たような使用感のようです。 さすが資生堂なだけあって、パッケージはヘパキュアのほうが断然シャレオツ。 HPローション・HPクリーム(ノバルティスファーマ) 医薬品第2類のローションとクリームで、有効成分はヘパリン類似物質のみ。 ヘパリン類似物質の濃度はヒルドイドと同じ0. 3%です。 その他の有効成分が配合されていないので、シンプルにヘパリン類似物質の恩恵にあやかりたい人や、保湿効果だけを求めてる人に良いと思われ。 ローションのほうは、とろみのある透明な化粧水。 ボトルが小さいので割高に悪そうに見えますが、1回の使用量は顔なら数滴で済むので、他の商品と比べてもコスパは悪くありません。 クリームのほうは、伸びがよくクリームと乳液の中間くらいの柔らかいテクスチャー。 ヒルドイドクリームやヒルドイドソフト軟膏に比べると、かなりサラッと軽い使用感です。 化粧品としての派手さや面白みはないですが(医薬品だしね)、ヒルドイドが重く感じる、保湿力は欲しいけどさっぱりめの使用感が好みだという人におすすめのライン。 傷跡を治す用のヘパリン類似物質配合薬 アットノン(小林製薬) 傷跡を治す薬として大ヒットしたアットノンですが、実はこれの有効成分がヘパリン類似物質です。 配合濃度もヒルドイドと同じ0. ちなみに、ヘパリン類似物質が傷跡を消せるのは、血行促進作用で傷跡部分のターンオーバーを促し保湿効果で硬くなった傷跡の柔軟性を取り戻すという仕組みから。 小林製薬のHPを見たら、透明ジェルタイプ、クリームタイプ、コンシーラータイプ、ローションタイプと4つも種類があった。 塗り薬として売られているので、容量が少なくて保湿剤としての使用には向きませんが、市販のヘパリン類似物質配合商品ということで、一応紹介しておきます。 販売終了商品 メディケアネクストクリーム(森下仁丹) キンカンHPローション(金冠堂) 海外製のヘパリン類似物質配合商品 ヒルドイドは海外でも使われていて、ヒルドイドフォルテというシリーズのクリームとジェルは、個人輸入代行の通販サイトで購入が可能です。 商品説明を見るとトルコでの適応とあるので、トルコで処方されているものっぽい。 でもメーカーは「DAIIHI SANKYO EUROPE GmbH」となっていて、日本の第一三共のグループ会社。 個人輸入って不安がありますが、日本のメーカーだってだけで、ぐっと安心感出ますね。 そんでもって最大の特徴は、ヘパリン類似物質の配合濃度が、国内向けの0. 3%よりも高い、0. 445%であること。 この濃度のものは日本では処方も市販もされていません。 私は使ったことはないんですが、テクスチャー、保湿力、傷跡への効果等、評価はかなり高いようです。 個人輸入代行サイトのリンクを貼っておくので、詳しくはそちらを確認のうえ、自己責任でご利用ください。 両方合わせて500件以上のレビューがあるので、参考になると思います。 ジェルのほうは梨花が愛用してることで有名になったらしいよ。 ヒルドイドフォルテクリーム(第一三共ヨーロッパ) ヒルドイドフォルテジェル(第一三共ヨーロッパ)•

次の

【完全版】ヘパリン類似物質が入った市販薬&ローションまとめ。通販もOK!

ヘパソフト

メンソレータムヘパソフトクリーム メンソレータムヘパソフトクリーム 項目 内容 医薬品区分 一般用医薬品 薬効分類 皮膚軟化薬(吸出しを含む) 承認販売名 製品名 メンソレータムヘパソフトクリーム 製品名(読み) メンソレータムヘパソフトクリーム 製品の特徴 かきむしりたくなるかゆい乾燥肌に効く 年齢による皮脂分泌の減少や,乾燥により皮ふのバリア機能が低下した乾燥性皮ふでは,気温の変化や衣服の摩擦など少しの外部刺激でもかゆみを引き起こしやすくなります。 このようなかけばかくほどかゆくなる「かきむしり乾燥肌」には,かき跡を修復しながらかゆい乾燥肌に効く,「メンソレータムヘパソフトクリーム」をお使いください。 尿素無配合,無着色・無香料,非ステロイド 乾燥性皮ふは体が温まるとかゆみが起きやすくなります。 特に体が温まる以下のような場面では「メンソレータムヘパソフトクリーム」のご使用がおすすめです。 (1)医師の治療を受けている人 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 (3)湿潤やただれのひどい人 (4)医師からアトピー性皮ふ炎と診断されたことのある人 2.使用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。 [関係部位:症状] 皮ふ:発疹・発赤,かゆみ,はれ 3.5〜6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し,この説明書を持って医師,薬剤師または登録販売者に相談してください。 効能・効果 かゆみを伴う乾燥性皮膚(老人・成人の乾皮症,小児の乾燥性皮膚) 効能関連注意 用法・用量 1日1〜数回,適量を患部に塗布してください。 用法関連注意 (1)小児に使用させる場合には保護者の指導監督のもとに使用させてください。 (2)目に入らないようご注意ください。 万一,目に入った場合には,すぐに水またはぬるま湯で洗ってください。 なお,症状が重い場合には,眼科医の診療を受けてください。 (3)外用にのみ使用してください。 成分分量 成分 分量 ヘパリン類似物質 0. 3% ジフェンヒドラミン 1% 添加物 流動パラフィン,パルミチン酸イソプロピル,ワセリン,セタノール,グリセリン,ステアリン酸グリセリン,セトマクロゴール,カルボキシビニルポリマー,ジメチルポリシロキサン,トリエタノールアミン,N- ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル -N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド,エデト酸ナトリウム,パラベン 保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない涼しいところに密栓して保管してください。 (2)小児の手の届かないところに保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わる) (4)使用期限(外箱に記載)を過ぎた製品は使用しないでください。 消費者相談窓口 問い合わせ先:お客さま安心サポートデスク 電話:東京:03-5442-6020 大阪:06-6758-1230 受付時間:9:00〜18:00(土,日,祝日を除く) 製造販売会社 ロート製薬(株) 会社名:ロート製薬株式会社 住所:大阪市生野区巽西1-8-1 販売会社 剤形 塗布剤 リスク区分等 第2類医薬品.

次の