中国 ウィルス。 中国のコロナウィルス拡大、発生源は『食用のネズミ』らしい

なぜ、新型ウィルスは中国から発生することが多いのですか。数年前の新...

中国 ウィルス

〔アイキャッチ画像〕 昨年 2019年 行われた、四川省の齧歯類 げっしるい 調査[グローバルタイムズ:キャプチャー] 中国で げっしるい が伝播するに感染して1人が死亡したと、グローバルタイムズが25日付で報じた。 出身の労働者、田さんはバスで職場のある山東省に向かう途中、23日、陝西省を通る途中で、死亡した。 田さんは死後、検査でハンタウイルス陽性判定を受け、新型コロナウイルス感染症 コロナ19 には陰性反応が出た。 田さんと一緒にバスに乗った人のうち、発熱症状があった2人も検査を受けている。 地方保健当局は疫学調査とモニタリングを、現在行っている。 ハンタウイルス感染症の患者は、熱と出血、腎臓損傷などの症状が現れる。 齧歯類を通じて感染するが、人間同士の伝染はまだ報告されていないと、中国メディアは伝えた。 中国では約20年前から「ハンタウイルス」ワクチンが発売されている。 田さんの故郷である雲南省では、2015-2019年の5年間で、1231件のハンタウイルス感染症患者が発生し、1人が死亡したと南方都市報は伝えた。 雲南省を含む中国31省・直轄市・自治区で、ハンタウイルス感染症が発生している。 naver. naver. 本当に狂ってる! 寄生虫がイッパイいるネズミをなぜ食べるんだ? 本当に吐き気がする。 へび酒のように酒に浸けて熟成させて飲むみたいです。 ハンターボックスと言って、緑十字が作りました。 ハンタウイルスは、1976年、韓国京畿道漢灘江一帯で発見されたので、ハンタウイルスと名付けられたんですよ。 この名前の由来はご存知ですか? 韓国のソウル上部に位置する京畿道の漢灘江 ハンタンガン で 世界で初めて、このウィルスが発見されたからです。 コロナウィルスはコウモリから発生しますが、 ハンタウィルスはネズミから発生します。 これを米軍が生物化学兵器に改良しました。 本当に汚くて死にそうです。 いまのコロナとまったく同じ、災いの国…中国。 当時国連軍将兵約3千2百人が感染し、このうち数百人が死亡した。 当時、米軍・国連軍・ソ連軍・中共軍は、 これを相手が作った生物兵器と考えたほど被害が深刻だった。 その種まきは既に完了している。 共感1 非共感1 【韓国人のホンネ】 ワクチンがあるそうなので、 ハンタウィルスは致死率は高いけど、流行る病気ではなさそうですね。 コロナウィルス、ハンタウィルス、PM2. 5、内政干渉、無礼、朝鮮族、消えろ! 共感6 非共感0• テーハミング人気記事ランキング• 966件のビュー 2020年5月9日 に投稿された• 666件のビュー 2020年2月27日 に投稿された• 582件のビュー 2020年2月6日 に投稿された• 497件のビュー 2020年5月10日 に投稿された• 481件のビュー 2020年5月8日 に投稿された• 388件のビュー 2020年5月11日 に投稿された• 346件のビュー 2020年3月6日 に投稿された• 319件のビュー 2020年4月3日 に投稿された• 317件のビュー 2020年2月26日 に投稿された• 317件のビュー 2020年5月14日 に投稿された• 285件のビュー 2020年2月22日 に投稿された• 285件のビュー 2020年6月3日 に投稿された• 278件のビュー 2020年3月17日 に投稿された• 274件のビュー 2019年12月11日 に投稿された• 274件のビュー 2020年3月7日 に投稿された• 270件のビュー 2020年6月5日 に投稿された• 265件のビュー 2019年11月22日 に投稿された• 258件のビュー 2019年12月29日 に投稿された• 254件のビュー 2019年11月17日 に投稿された• 254件のビュー 2020年4月7日 に投稿された• 252件のビュー 2020年3月5日 に投稿された• 252件のビュー 2020年3月18日 に投稿された• 252件のビュー 2020年5月14日 に投稿された• 251件のビュー 2020年5月31日 に投稿された• 244件のビュー 2020年3月3日 に投稿された• 242件のビュー 2020年1月17日 に投稿された• 240件のビュー 2020年4月24日 に投稿された• 236件のビュー 2020年5月12日 に投稿された• 227件のビュー 2020年5月29日 に投稿された• 226件のビュー 2020年3月29日 に投稿された.

次の

中国の新型コロナウィルス対策 ITの使い方を理解している政府

中国 ウィルス

com 《本記事のポイント》• 新型コロナの感染拡大で、トランプ氏は国防生産法を発動し「自衛」に乗り出す• アメリカでは、損害賠償請求を通じて、中国の責任を追及する動きが起きている• 日本も中国の「人災」に対し、責任を追及すべき 新型コロナウィルスの感染拡大をめぐり、トランプ米大統領は18日に記者会見を開き、安全保障を理由に民間企業へ増産を要請する「国防生産法」を発動し、人工呼吸器や医療用マスクなどの提供を求める方針を示した。 国家を挙げて、感染症への対策に乗り出す構えだ。 会見で印象深かった点は、トランプ氏が新型コロナについて、「中国で発生したのだから、非常に正確な用語だと思う」と発言したことだ。 中国外務省の報道官が、米軍が自国にウィルスを持ち込んだ可能性に触れたことに関し、「我々の軍隊がウィルスを中国に持ち込んだという偏見が生まれる」と否定した。 トランプ氏は17日にも「中国ウィルス」と指摘するなど、責任の所在は中国にあることを強調し始めている。 これに対し、中国外務省の耿爽 こう・そう 副報道局長は「ウィルスと中国を関連づけることに断固反対する」と反発している。 アメリカでは中国に損害賠償を求める動きも トランプ氏だけでなく、アメリカでは、中国の責任を追及する動きが起きている。 共和党のジョシュ・ホーリー上院議員は、自身のツイッターで「中国共産党が世界各国にウィルスを蔓延させた経緯について、国際調査が必要だ。 共産党は、自身が解き放ったパニックで被害を受けた他国に対し、賠償しなければいけない」との考えを示した。 さらに米法律事務所バーマン・ロー・グループはこのほど、中国当局などを相手取る集団訴訟を提起。 当局による対応の誤りで感染が世界に広がったとして、数十億ドル規模の損害賠償を求める。 中国側が賠償に応じなければ、アメリカ国内にある中国当局の資産を凍結するなどの措置を取るという。 一方の日本では、中国に対する責任追及や、感染症の原因を究明する動きが後退している。 中国政府は、国内で徹底的な情報統制を行い、米疾病対策センターの支援の申し出などを拒否し、さらには他国に責任をなすりつけるフェイクニュースまで流し始めている。 中国共産党の独裁によって生じた「人災」に対して、日本は善悪の視点から、責任を問う声を上げるべきではないか。 山本慧 【関連書籍】 大川隆法著 幸福の科学出版 【関連記事】 2020年3月16日付本欄 「新型コロナは日本発」 中国暴論の裏にクーデターの影!?

次の

中国人が、日本のコロナ感染状況が気になって仕方がない理由

中国 ウィルス

中国初のBLS4実験室を擁する。 その安全管理の厳格さは想像を超えるレベルだというが…(写真は同施設の公式HPより) 連日新型コロナウイルスの話題が後を絶たない。 全世界での感染者は7万人を超え、死者は約2000人となった(2月19日現在)。 中国・武漢市に世界トップレベルのウイルス研究所「中国科学院武漢病毒(ウイルス)研究所」がある。 この研究所が備える最新鋭の設備の1つが、BSL4(バイオセーフティーレベル4)実験室だ。 実験室では、SARSやエボラ出血熱のような、感染力が強くて危険なウイルスのコントロールも可能で、洪水の被害が及ばない場所に設置され、マグニチュード7の揺れにも耐えうるという。 しかしいま、この研究所から新型コロナウイルスが流出したのではないかという疑惑が持ち上がっている。 1月末、インド・デリー大学とインド理工学院に所属する研究者たちがまとめた「新型コロナウイルスにエイズウイルスと不自然な類似点がある」とする論文が物議をかもした。 さらにこの研究者たちは「このウイルスが自然発生することは考えられない」とした。 この論文は大バッシングののちに撤回されたが、一部のネットユーザーの間で内容が拡散。 「新型コロナウイルスはSARSウイルスとエイズウイルスを武漢ウイルス研究所が人工的に合成したものでは」という憶測も飛び交い、不安が高まったのだ。 さらに1月28日、ハーバード大学公衆衛生学教授のエリック・ファイグルーディン博士は自身のツイッターで「武漢市の海鮮市場はウイルスの発生源ではない」と発信。 たちまち世界中のメディアで取り上げられた。 中国メディア『大紀元』は、2月6日、オンラインゲーム開発会社の会長が自身のSNSで「武漢の研究所が新型コロナウイルスの発生源」と発言したと報じている。 この人物は、かつて中国の生物学者が動物実験で使った牛や豚を食肉業者などに転売していた事件があったことから、新型コロナウイルスに感染した動物が市場で売られたのではないかと疑っているという。 現在、中国版Googleともいわれる検索サイト「百度」で「武漢病毒研究所」と検索すると、検索候補に「泄露(漏洩)」という文字が。 疑惑は広まる一方のようだ。 2004年、北京にあるBSL3の要件を満たす実験室から、SARSウイルスが流出する事件が発生し、責任者が処罰されている。 中国メディアの報道などによると、研究員がBSL3実験室からSARSウイルスを持ち出し、一般の実験室で研究をしたことで感染が広まった。 感染した研究者の1人は、症状が出たあと自力で病院に移動。 看護師に感染させ、鉄道で実家に向かったことが確認されている。 さらに、この研究者を看病した母親が感染、死亡している。 元産経新聞北京特派員の福島香織さんが言う。 「この頃、研究所からのウイルス流出や実験動物のずさんな管理が何度か問題になっていました。 例えば、動物実験ではウイルスを動物に感染させたりするのですが、実験が終わったらウイルスを不活化、つまり無害化させる処理をしなければいけない。 「世界有数のウイルス研究所を擁するフランスの技術協力を得て完成しました。 SARS事件があったのと同じ2004年頃から研究所を整備する計画が始まり、北京五輪やチベット問題などの紆余曲折があった末、2015年に竣工し、2018年から稼働しています」(福島さん) 今回疑惑を向けられている武漢ウイルス研究所のBSL4実験室の評価は高かった。 中国メディア『財新』は、この実験室のチームが2017年に、複数のコウモリを起源とするSARS型コロナウイルスが変異したものがSARSウイルスであることを突き止めたと報じた。 チームリーダーでBSL4実験室副主任の女性研究者は「コウモリ女傑」とも呼ばれ、コウモリの研究で政府から表彰されたこともあった。 そのコウモリの実験で発生したウイルスが華南海鮮市場に流出した可能性はあるのだろうか。 しかし、先の女性研究者は、SNSで一連の疑惑を真っ向から否定。 「新型コロナウイルスと研究所は無関係であることを私は命をかけて保証する」という内容の投稿をした。 中国メディア『財経』も、仮に実験室から流出したとしたら研究スタッフが真っ先に感染しているはずだが、そうではなかったと疑惑を打ち消す報道をしている。 しかし今度は香港メディアが華南海鮮市場から300mほどの場所にある実験室「武漢疾病予防管理センター」からウイルスが流出したという内容の論文(のちに削除)の存在を報じるなど、依然ウイルスの出所には疑惑がつきまとう。 発生源は華南海鮮市場ではないのだろうか。 「医学誌『ランセット』に中国の医師たちが寄稿した分析によると、新型コロナウイルスの患者41人を調べたところ、発生源とされる華南海鮮市場に関係しているのは27人。 さらに最も早い昨年12月1日に入院した初期患者4人のうち、3人が市場とは無関係でした」(福島さん) 中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聰さんは「そもそも野生動物の市場取引は中国でも違法」と話す。 「中国当局もSARSの経験を教訓に厳しく取り締まってきましたが、時間と共にそれが緩くなり、武漢では堂々とヤミ市場が開かれていました。 違法だからこそ希少価値が出て、野生動物の値段が上がってしまう。 中国に限ったことではありませんが、お金さえもらえればなんでもする人はたくさんいます。 いまも違法な野生動物のヤミ市場は開かれているでしょう。 「香港大学医学院は1月27日に、新型コロナウイルスの感染者は約1週間ごとに倍増しており、4~5月頃にピークを迎え、夏頃までに減退していくと発表しました」(福島さん) ただ、ひと段落着いたとしても安心はできない。 7月24日から東京五輪が始まり、今年だけで世界中から3600万人もの人が訪日すると予想されている。 一旦収束したように見えても群衆の中で知らぬ間に感染し、それをまた本国に持ち帰る人がいてもおかしくない。 本当のパンデミックは夏以降にやってくるかもしれないのだ。 昭和大学医学部内科学講座臨床感染症学部門主任教授の二木芳人さんが言う。 「ウイルスは宿主に感染を繰り返すことによって更に変化が生じます。 インフルエンザウイルスのように変異し、またタイプの異なるコロナウイルスが大流行を引き起こす恐れもあります」 今回、武漢の研究所から流出したわけではなかったとしても、今後流出が起こらないとは限らない。 ある感染症の専門医は言う。 「SARSウイルスと同様、新型コロナウイルスも再発防止のため、すでにどこかの研究所に保管され、研究が進められているはず。

次の