風邪を治す方法。 【完全版】風邪を早く治す方法まとめ!食べ物でも予防と対策ができます

初期症状でストップしたい!風邪をひき始めで早く治すコツを教えて!

風邪を治す方法

私って、職業柄かもしれないけど、結構な健康オタクです。 なので、風邪をひいたら一晩でも1日でも早く治したいし、そもそも風邪をひきたくもありません。 10年ぐらい前から、薬やサプリ、食品の知識や私の体験をいかして、風邪を早く治す方法や、風邪をひかない方法を研究というか、自分で試しています。 「風邪を早く治す方法」というと、『薬を飲む!でしょ』と思ったかもしれませんが、残念がら「ハズレ」です。 ドラッグストアの薬やお医者さんが処方する薬は、基本的に全部、対処療法の薬です。 つまり、咳(セキ)がでるなら、咳止め。 熱があるなら、解熱薬、 のどが痛いなら抗炎症剤(痛みを鎮める薬)なわけです。 実は、どの薬にも風邪自体を治す成分は、入っていません。 つまり、あなたが通常飲んでいる薬は、咳や熱などのツライ症状を押さえる効果を期待するものなので、風邪自体は自然に治るのを待っているだけなのです。 (ただ、漢方薬の『葛根湯』だけは別。 葛根湯は体を温めて、風邪自体を早く治す効果があります) だから、お医者さんの薬や薬局の薬を飲んでも、症状が軽くはなりますが、風邪自体が早く治るってことはありません。 (薬剤師の私がこんなこと書いていいのかなー、と思いますが、誰でもちょっと調べれば分かる事実だから問題ないですね。。 ) 風邪をやっつける薬はまだ世の中にありませんので、風邪を早く治すには、体の免疫力を高めるのが今のところ一番です。 風邪を早く治すために免疫を高める3つの方法 風邪を早く治すことを目的に、免疫を高める方法をお話しします。 これらの方法は、「風邪に効く」とか、「免疫を高める」と言われている方法を調べ、色々と自分で実体験しながら、一番効果があるものだけを集めた方法です。 私や私の家族は、風邪をひきかけたとしても、これらの方法を1つ、2つ行えば、風邪をひかないし、もし風邪をひいても1日、2日でほぼ治ってしまいます。 それも、風邪薬を飲まないで治っていますので、効果は明らかにあると思っています。 風邪を良くひく人や、そもそも風邪をひきたくない人は、ぜひ試してみてください。 風邪を早く治すために、私がやっている免疫力を高める方法は、次の3つです! ビタミンCを多めに飲む 「ビタミンCを 多めに飲む」と、ひかえめに書きましたが、風邪の予防や風邪を早く治すためには、一定量以上を飲む必要があります。 私は、風邪予防のために毎日、ビタミンCのサプリメントを1回1,000㎎、朝晩の1日2回飲んでいます。 (1日のビタミンC量は2,000㎎) で、風邪をひいてしまった時には、朝昼晩と、昼の1回増やして、1日3回飲むようにしています。 (1日のビタミンC量は3,000㎎) ちなみに、ビタミンCの一般的な一日最低必要量は100mgとされています。 そんなたくさん飲むと副作用があるのでは? と思われるかもしれませんが、ビタミンCは過剰にとっても、尿として流れ出てしまうので、たまに下痢気味になる人がいるぐらいで、ほとんど副作用はありません。 それよりも、ビタミンCが不足したときは、壊血病になったり、風邪をひきやすくなったり、老化が進むことになってしまいます。 特に、ストレス時や病気になった時にはビタミンCの必要量が増加します。 このことは重要な割には、あまり一般には知られていません。 でも、ちゃんと学術的にも、世界的にも証明されていることです。 ビタミンC 3,000㎎は、一回に全部飲まずに、1日3回、1000㎎ずつ飲むようにしてください。 朝食後1000㎎、昼食後1000㎎、夕食後1000㎎とできるだけ分けるのがポイントです。 そうすれば、ビタミンCの血中濃度が常に高まるので、あなたの体が力強く風邪菌をやっつけてくれますよ(免疫力が高まる)。 ビタミンCの購入場所ですが、ドラックストア等で売っているビタミンCのサプリメントでOK(錠剤でもカプセルでも同じ)です。 「ビタミンCの粉末を買う」という方法もありますが、飲むときに必要な量を量るのが手間だし、溶かす必要もあります。 体を温める 次に、「体を温める」必要性についてお話します。 風邪というのは、体が冷えるとかかりやすくなります。 寒い冬にコートも着ずに外に長時間いたり、風呂上りに体を冷やしたりすると、風邪ひいてしまったりします。 これはどうしてなのか、知っていますか? 体温が低下すると免疫が低下する 体が冷える(体温が低くなる)と免疫が低下するからです。 体温が低くなると、風邪菌をやっつける免疫細胞の活動がにぶくなるのです。 では、次に逆のことを考えてみましょう。 4度と37. 4度の比較)も上がるのです。 だから、私たちの体は、風邪をひくと、熱が37度とか、38度にあがって、自分の免疫力を高めることにより、風邪菌をやっつけようとするわけです。 なので、自分で体温を上げることができれば、免疫力を500倍に上がるので、悪い菌をやっつけてしまうことができるのです。 じゃあ、どうやって、自分の体温を上げるか? 体温を上げて免疫を高める2つの方法 体温を上げて免疫を高めるにはいくつか方法がありますが、今回は、簡単で効果が高い2つの方法を紹介します。 カイロを背中に貼る! これだけ。。 風邪をひいて寒気がする時などは早めに背中にカイロを貼れば、体温が上がって免疫力が急上昇するので、1日もしないうちに体が元気な状態にもどりますよ。 これは、やっている人はやっている方法なので、やったことが無ければ、一度やってみてください。 効果テキメンですよ。 効果の速さでは、ビタミンCを飲むより、即効性がある方法です^^ 葛根湯を飲む 風邪薬の「葛根湯」を飲むことも、免疫を高めて風邪を早く治す方法の一つです。 「葛根湯」は、日本で販売されている風邪薬としては、風邪を根本から治すという点で、唯一、風邪を早く治す効果がある薬です。 ですから、私は初めに「風邪薬を飲んでも風邪が早く治るわけではない」と書きましたが、例外が、この葛根湯です。 葛根湯は、漢方薬の一つで、「体温を上げる」働きがあります。 つまり、体温を上げることによって、体が持っている免疫力を高めて風邪を治すことを狙っているのです。 葛根湯は、カイロのようにソッコーで体温を高めるわけではないのですが、風邪のひき始めや体がゾクゾクするときに飲んで寝れば、体がポカポカ状態で寝ることができます。 朝起きてみると、だいたい風邪は治っていることが多いです。 私の家族は、ここ10年ぐらい、通常の風邪薬は使ったことが無く、飲むとすればこの葛根湯です。 安全性とコスパ的に私が買っているのは、「クラシエ薬品 葛根湯エキス顆粒S」です。 睡眠時間を長くする 免疫を上げるための、最後の一つが、睡眠時間を長くする(寝まくる)こと。 体の免疫を高める方法として、今まで、「ビタミンCを飲む」、「体温を上げる」と二つの方法を紹介してきましたが、もう一つの免疫力を高める方法が、「睡眠時間を長くする」ことです。 「昼寝をしたり、よく寝ている人はあまり風邪をひかない」とか、「仕事が忙しくて睡眠時間が減った時に限って風邪をひいた」という経験があると思います。 この理由は「睡眠時間と免疫力はある程度、比例しているから」。 一般的に、睡眠時間が少ないと免疫が低くなるので風邪をひきやすくなり、たくさん寝ている免疫が高まり風邪をひきにくくなります。 ですから、風邪をひいたときは、早めに寝るのが一番です。 まあ、早めに寝るといっても、眠くなければ寝れないわけですが、私のとっておきの方法をご紹介しておきます。 名付けて、「寝る前のミルクバナナ」です。 寝る前に、ミルクバナナを作って、それを食べて寝ます! 体がポカポカしてきて、すごく眠くなりますので、夕方からでも寝れるぐらいです。 ホントに寝れますから、だまされたと思ってやってみてください。 まとめ 免疫を高めて風邪を早く治す方法を大きく3つ説明してきましたが、1、2個やるだけでも、かなり効果があります。 私は、風邪の予防法も研究、実践しているのでほとんど風邪をひかなくなりましたが、風邪をひいたときもこの方法を実践するだけで、1日ぐらいで治ってしまいます。 簡単だけど、本当に効果がある方法なので、風邪をひいてしまったときや風邪かな?と思った時はすぐにやってみてくださいね。 でも、本当は風邪を引かないようにするのが一番。 そもそも風邪を引かなくする方法があるので、ぜひ、チェックしてみてください。

次の

風邪の咳を早く治す方法!即効で止めたい時の6つの対策

風邪を治す方法

風邪をひいてしまったらすべきこと 頭痛や発熱、咳、身体の節々の痛み……。 気づかないうちに体力を消耗しているものです。 それをカバーするために行うことは、• 睡眠をとる• 身体をあたためて安静にする• 栄養のあるものを食べる が挙げられます。 これらは人間が本来持っている 免疫力を上げることにもなり、風邪のウィルスに打ち勝つ身体を作る上で欠かせないものです。 十分な睡眠をとろう 風邪を早く治すためには 睡眠が重要です。 睡眠時間が短くなると、風邪にかかりやすくなると言われています。 身体を休めるためにも、 普段よりも長く睡眠時間をとりましょう。 また、鼻づまりで呼吸が苦しくなることもありますので、 鼻腔を拡張するテープを試してみるのもよいでしょう。 身体をあたためて安静にする 人の身体は 体温が1度下がるだけで、免疫力も下がるといわれています。 同時にエネルギー代謝も下がり、老廃物の排出もうまくいかなくなることがあります。 逆に、 体温が1度上がると免疫力も上がるといわれています。 風邪をひいたときにも、上着などで暖かくしたり、ベッドに入ることで体温を上げることができますね。 また、発熱や咳がひどくなると、知らず知らずに体力を消耗します。 安静にすることで体力の消費を防ぎ、回復を早めることができます。 栄養のあるものを食べる 栄養価が高く、風邪でも食べやすい食事を取ることは、風邪を早く治すのに有効です。 ビタミンや ミネラル、 良質のタンパク質で体力の消耗を補うこともできます。 とくに ヨーグルトや ゼリー、 カットフルーツが手間もなく食べられるのでおすすめです。 これらはコンビニでも揃えていることが多いですね。 もし、カットフルーツが手に入らない場合は、 果汁100%のフルーツジュースなどもいいです。 注意をする点は、 フルーツジュースだけでは水分補給にはなりません。 脱水症状の予防に スポーツドリンクも一緒に取りたいですね。 風邪をひいたときにおすすめの食べ物 風邪をひいたときは身体が弱くなっています。 消化の悪い食事は避けて、 柔らかく胃に負担をかけないものを選んで取ることをおすすめします。 風邪のひきはじめに取りたい食べ物 風邪のひきはじめの食事は、まだ料理ができる状態か、できないほどひどい状態かで対応が分かれます。 無理をすると症状が悪化しますので、コンビニなどを上手に活用しましょう。 野菜の栄養を丸ごと取れる鍋料理 野菜は火を通すと嵩が減り、たくさん食べられるようになります。 栄養素の中には 熱を加えると外へ出てしまうものもありますので、汁もおいしく食べられる 鍋は風邪の時にはピッタリです。 鍋の温かさで身体もポカポカですね。 手軽に栄養を取れる味噌汁 ひきはじめだけど、身体がだるくて料理をしたくない時にちょうどいいのが、 インスタントの味噌汁です。 味噌には、身体を構成する アミノ酸が豊富に含まれています。 インスタントの味噌汁の中には、 野菜がたっぷりと入ったものも販売されていますね。 手軽に栄養を取ることが出来ます。 ひきはじめの身体は、風邪のウィルスとの闘いで 免疫力が低下しています。 それを補うために栄養を摂取してあげると、風邪の治りを助けることになりますよ。 ビタミンや ミネラル、 タンパク質は風邪をひくと減少します。 それにより疲労しやすくなりので、栄養を積極的に取り入れていきたいですね。 発熱したときにおすすめの食べ物・飲み物 熱が高い時には食欲が落ちたり、固形の食べ物を受けつけなくなったりします。 無理に食べると嘔吐や下痢になりかねませんので注意しましょう。 経口補水液またはスポーツドリンク 発熱しているときに怖いのは 脱水症状です。 汗もかきますので、こまめに水分補給をしないと死に至ることもあります。 経口補水液や スポーツドリンクは、水よりも体液の組成に近く、身体に吸収されやすいので、効率よく水分およびミネラルの補給ができます。 また、カロリーも高めになっているので、食欲がわかない時には 水の代わりに取りたいですね。 おかゆ 発熱している時には、喉が腫れて固形物を飲み込むのが難しい時があります。 そんな状態でも比較的食べやすいのが おかゆです。 水分も多く含んでいますので、 胃にも優しく消化がされやすいです。 風邪以外でも身体が弱っている時におすすめです。 発熱している時は 水分が不足している状態です。 ただの水よりも身体に吸収されやすいスポーツドリンクで水分を補うといいでしょう。 また、薬を服用するときには、スポーツドリンクではなく、 水または ぬるま湯で飲むようにしましょう。 コンビニでも買えるおすすめの食べ物 家に帰るのが精いっぱい、料理を作ることができない時にコンビニは便利ですね。 お店に行って買うこともできますし、住んでいる地域によってはインターネット注文と宅配が可能なところもあります。 おかゆ コンビニでも おかゆは手に入ることが多いでしょう。 レトルトのおかゆはお米がトロトロになるまで煮込まれており、温めるだけで手軽に食べられるので、自分で作るのがつらい時には便利です。 胃に負担をかけずに、風邪の時にも食べやすい食べ物です。 ゼリー、プリン 喉が腫れておかゆを飲み込むのがつらい! そんな時には ゼリーや プリンはいかがですか。 よく冷やしたゼリーはつるりと喉ごしがよくて食べやすく、気持ちもすっきりします。 フルーツが入っているものも数多く売られているので、 ビタミンの摂取にも役立ちます。 プリンは卵と牛乳、砂糖で作られているため栄養価が高く、熱で消耗した身体にピッタリです。 食欲が出ず、スポーツドリンクだけ飲んでいると精神的にまいってきます。 ゼリーなどの柔らかく流動的なものでも口にすることで気分が良くなります。 経口補水液またはスポーツドリンク 水よりも早く身体に吸収されやすい 経口補水液や スポーツドリンクは、熱中症の時にも活用されますね。 これらもコンビニで売られています。 もし、甘すぎると感じる場合は水で少し薄めたり、自分で甘さが調整できる 粉末タイプのスポーツドリンクもおすすめです。 免疫力を高めて、風邪を予防しよう ウィルスに対抗する 免疫力を上げることで、風邪を予防することができます。 うがいや手洗いで防ぐことができなかったウィルスも、免疫力を上げて増殖をさせなければ風邪の発症に至りません。 免疫力とは 身体に有害なウィルスや細菌が入ると撃退するシステムが作動します。 侵入した異物から身体を守ってくれるのです。 風邪のウイルスが体内に侵入すると、 免疫反応によって抗体ができ、ウイルスを排除しようとします。 それが 免疫力です。 また、身体の中では日々細胞が生まれていますが、同時にガンになる可能性のある異常な細胞も生まれています。 免疫はそれらの 異常な細胞を殺す働きもしています。 免疫力と風邪の関係性 睡眠不足や過度なストレス、偏った食事などで身体は疲弊し、結果的に免疫力も下がってしまいます。 免疫力が下がると、風邪を引き起こすウィルスが体内に入った時に十分に対処ができなくなります。 それにより、ウィルスが増殖し風邪を引き起こしたり、長引いたりします。 免疫力を高める方法のひとつに食生活の改善 免疫力を手軽に高める一つの方法が、日ごろから 乳酸菌を取ることです。 免疫細胞の多くは 腸に存在していると言われているため、乳酸菌は免疫細胞の住処である腸を整えてくれるのです。 乳酸菌はとくに ヨーグルトに多く含まれており、その他、チーズや納豆、キムチなどの発酵食品もおすすめです。 日々の食事に加えていきたいですね。 実際に、山形と佐賀で行われた臨床試験では、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べることで風邪にかかるリスクが低下し、同時にNK活性増強が認められました。 これは、山形県舟形町の70~80歳の健康な高齢者57名と、佐賀県有田町の60歳以上の健康な高齢者85名を対象に、「乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを1日90グラム食べる群」と「牛乳を1日100ミリリットル飲む群」に分けて、乳酸菌の免疫システムへの働きを調べる試験でしたが、牛乳を飲んだ群が風邪をひくリスクを1としたときに、乳酸菌1073R-1株を使用したヨーグルトを食べた群は、有田町では0. 44、舟形町では0. 29と大きくリスクが減少した結果が出ています。 (2つを統合して分析すると0. 39) 免疫力を高めることで風邪は予防できる可能性が高まります。 十分な睡眠や軽い運動、健康的な生活を目指すことでも免疫力が上がりますが、継続は難しいのではないでしょうか? そんな方でも免疫力を高めるために続けやすい方法のひとつとして、日々の食事に ヨーグルトをプラスすることがあげられます。 免疫機能に大きく関わっているとされる善玉菌を含むヨーグルトを摂取することで、 免疫細胞が数多く存在している腸の環境を整えてくれます。 また、ヨーグルトに含まれる タンパク質と カルシウムは牛乳よりも吸収されやすい特徴もあります。 まとめ うがいや手洗いで風邪を予防するにも限界があります。 一度、体内に入ってしまったウィルスは免疫細胞におまかせするしかありません。 ウィルスを増殖させずに倒すことができれば、風邪は発症しませんね。 そのためには免疫力を高めることが重要です。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、食事に加えることで私たちの腸内環境を整えてくれます。 腸がきれいになることで、そこに存在している免疫細胞も元気になりますよ。 日々の食事に乳酸菌をプラスして、私たちも元気に過ごしましょう! 【監修】花ノ木睦巳 広島中央通り 内科クリニック院長。 消化器内科の専門医として、消化器がんの診断や治療(内視鏡治療や化学療法・緩和治療)、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎やクローン病)の診断・治療に取り組む。 日本内科学会認定医。 日本消化器病学会専門医・指導医。 日本消化器内視鏡学会専門医。 日本消化管学会専門医。 日本超音波学会会員。

次の

風邪のひき始め(初期症状)の時に風邪を治す7つのコツ

風邪を治す方法

病院に行かずに家で体力を温存して、セルフケアで風邪を直したいものですね。 それでは薬を使わない妊婦の風邪の治し方には、どんなものがあるのでしょうか。 妊婦の風邪の治し方!覚えておきたい3ステップ お腹に大事な赤ちゃんのいる妊婦さんがカゼをひいたら。 自然な方法で治癒力をアップして、症状を経過させたいですね。 それでは妊婦の風邪がスムーズによくなる治し方のヒントを見てみましょう。 症状が軽いなら、待ち時間の長い病院に行って体力を使うよりも、家で安静に寝ているほうが治りが早いことも。 妊婦は他の感染症も心配ですね。 十分な休息をとると、カラダの免疫機能が高まります。 薬でムリに症状を抑えて動き回ったりせずに、症状がおさまるまで安静にしていましょう。 2)こまめに水分補給を 風邪のために発熱して汗をかくと、脱水症状を起こしてしまう可能性があります。 喉が渇きやすくなる妊婦は、脱水症状に特に注意を。 「喉が乾いた」と感じる前に、こまめに水分補給をするよう心がけましょう。 一度にゴクゴクと飲むのではなく、少しずつコマメに飲むのがポイントです。 「オーエスワン(OS-1)」(大塚製薬)のような市販の経口補水液を使うと、効率よく水分が補給できますが、経口補水液は自宅で作ることもできます。 レモンなどを加えると飲みやすくなりますが、入れすぎると経口補水液の糖分・塩分の比率が変わり、体内に吸収しにくくなります。 「ポカリスエット」や「アクエリアス」など市販の飲料で水分補給してもOK。 ちなみにポカリスエットは水分補給、アクエリアスは運動後の疲労回復を目的として作られているそう。 ただし下痢をしている場合は、糖分が胃に負担をかけるため、スポーツドリンクは避けて。 またポカリスエットなどは糖分が多いので、体重管理が必要な妊婦さんは、飲み過ぎないよう注意を。 3)体を温める食べ物をとる 「風邪をひいたら、ショウガ湯を飲む」という治し方をしている方も少なくありません。 ショウガは強力な温め効果のある食べ物。 他にも吐き気をおさえたり、疲労回復を促す効果、胃腸の働きを促す効果などがあります。 ショウガをすりおろして熱い紅茶に入れた「ショウガ紅茶」もおすすめ。 ほんのりスパイシーな風味で、じわりと体が温まります。 病院で出される薬は、あくまで対症療法にすぎません。 そして風邪薬は症状を抑えるだけのもので、根本的に治しているわけではありません。 風邪を治すのは、アナタ自身の免疫力なのです。 妊婦期間だけでなく、産後や母乳育児中も、安易に薬を飲むことはできません。 母乳を介して薬の成分が赤ちゃんの口にも入ってしまうからです。 妊婦のうちから、カラダを温める食べ物、免疫力を上げる生活習慣で、風邪に負けないカラダ作りを!.

次の