新沼謙治。 新沼謙治名曲を唄う BEST 80Songs

新沼謙治名曲を唄う BEST 80Songs

新沼謙治

新沼 謙治(にいぬま けんじ、本名同じ、1956年2月27日 - )は、岩手県大船渡市出身の演歌歌手・俳優・タレント。 身長170cm、血液型A型。 大船渡市立第一中学校を卒業後、集団就職により栃木県宇都宮市にある左官業の会社で働く。 一時は千昌夫が勤めていた北海道岩見沢市にある左官業の会社で働いていた時期もあるという風説があるが、BSフジ「あなたの歌謡リクエスト(2016年3月11日放送)」内で、本人が「北海道で千さんと一緒に働いたことはない」と明確に否定した。 日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生! 』に応募。 予選会で4度落選し、5度目の予選で本戦に出場。 1975年の決戦大会で五木ひろしの『哀恋記』を歌って合格した。 オファーしたプロダクションは男性史上最多の17社。 同時に合格したのはハワイ出身の横本メイ。 1976年2月1日、日本コロムビア(2002年10月から2010年9月までの社名はコロムビアミュージックエンタテインメント)から「おもいで岬」でレコードデビュー。 デビュー時のキャッチフレーズは、「気持ちよく悲しい男」。 代表曲に「嫁に来ないか」、「ヘッドライト」、「黒潮列車」、「津軽恋女」、「渋谷ものがたり」、「左官職人 こね太郎」、「ふるさとは今もかわらず」など。 1986年、趣味のバドミントンを通じて知り合ったバドミントン全英オープンを4連覇した世界的選手の湯木博恵と結婚。 姉さん女房で、1男1女をもうけるも、2011年に癌で先立たれた。 当日は山形県で東日本大震災のチャリティーコンサートを行っており、最期を看取ることができなかったという。 2012年5月、NHK東日本大震災プロジェクト「明日へ」のテーマソングを歌う、花は咲くプロジェクトの一員として「花は咲く」東日本大震災復興支援チャリティーソングに参加した。 ジャケット(デザイン、イラスト)はデビュー当時からの旧知の仲であった横尾忠則に依頼し快諾された。 … 出典:.

次の

新沼謙治、ハトの魅力を熱弁する【鳩レース】

新沼謙治

新沼 謙治(にいぬま けんじ、本名同じ、1956年2月27日 - )は、岩手県大船渡市出身の演歌歌手・俳優・タレント。 身長170cm、血液型A型。 大船渡市立第一中学校を卒業後、集団就職により栃木県宇都宮市にある左官業の会社で働く。 一時は千昌夫が勤めていた北海道岩見沢市にある左官業の会社で働いていた時期もあるという風説があるが、BSフジ「あなたの歌謡リクエスト(2016年3月11日放送)」内で、本人が「北海道で千さんと一緒に働いたことはない」と明確に否定した。 日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生! 』に応募。 予選会で4度落選し、5度目の予選で本戦に出場。 1975年の決戦大会で五木ひろしの『哀恋記』を歌って合格した。 オファーしたプロダクションは男性史上最多の17社。 同時に合格したのはハワイ出身の横本メイ。 1976年2月1日、日本コロムビア(2002年10月から2010年9月までの社名はコロムビアミュージックエンタテインメント)から「おもいで岬」でレコードデビュー。 デビュー時のキャッチフレーズは、「気持ちよく悲しい男」。 代表曲に「嫁に来ないか」、「ヘッドライト」、「黒潮列車」、「津軽恋女」、「渋谷ものがたり」、「左官職人 こね太郎」、「ふるさとは今もかわらず」など。 1986年、趣味のバドミントンを通じて知り合ったバドミントン全英オープンを4連覇した世界的選手の湯木博恵と結婚。 姉さん女房で、1男1女をもうけるも、2011年に癌で先立たれた。 当日は山形県で東日本大震災のチャリティーコンサートを行っており、最期を看取ることができなかったという。 2012年5月、NHK東日本大震災プロジェクト「明日へ」のテーマソングを歌う、花は咲くプロジェクトの一員として「花は咲く」東日本大震災復興支援チャリティーソングに参加した。 ジャケット(デザイン、イラスト)はデビュー当時からの旧知の仲であった横尾忠則に依頼し快諾された。 … 出典:.

次の

新沼謙治|プロフィール|HMV&BOOKS online

新沼謙治

新沼 謙治(にいぬま けんじ、本名同じ、1956年2月27日 - )は、岩手県大船渡市出身の演歌歌手・俳優・タレント。 身長170cm、血液型A型。 大船渡市立第一中学校を卒業後、集団就職により栃木県宇都宮市にある左官業の会社で働く。 一時は千昌夫が勤めていた北海道岩見沢市にある左官業の会社で働いていた時期もあるという風説があるが、BSフジ「あなたの歌謡リクエスト(2016年3月11日放送)」内で、本人が「北海道で千さんと一緒に働いたことはない」と明確に否定した。 日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生! 』に応募。 予選会で4度落選し、5度目の予選で本戦に出場。 1975年の決戦大会で五木ひろしの『哀恋記』を歌って合格した。 オファーしたプロダクションは男性史上最多の17社。 同時に合格したのはハワイ出身の横本メイ。 1976年2月1日、日本コロムビア(2002年10月から2010年9月までの社名はコロムビアミュージックエンタテインメント)から「おもいで岬」でレコードデビュー。 デビュー時のキャッチフレーズは、「気持ちよく悲しい男」。 代表曲に「嫁に来ないか」、「ヘッドライト」、「黒潮列車」、「津軽恋女」、「渋谷ものがたり」、「左官職人 こね太郎」、「ふるさとは今もかわらず」など。 1986年、趣味のバドミントンを通じて知り合ったバドミントン全英オープンを4連覇した世界的選手の湯木博恵と結婚。 姉さん女房で、1男1女をもうけるも、2011年に癌で先立たれた。 当日は山形県で東日本大震災のチャリティーコンサートを行っており、最期を看取ることができなかったという。 2012年5月、NHK東日本大震災プロジェクト「明日へ」のテーマソングを歌う、花は咲くプロジェクトの一員として「花は咲く」東日本大震災復興支援チャリティーソングに参加した。 ジャケット(デザイン、イラスト)はデビュー当時からの旧知の仲であった横尾忠則に依頼し快諾された。 … 出典:.

次の