はじめしゃちょー 登録者数。 はじめしゃちょー登録数700万人超え、テレビの視聴率に例えると『3.7%』(神田敏晶)

はじめしゃちょーの2019年の年収は?登録者数800万人はエグい!|BUZZL

はじめしゃちょー 登録者数

日本のYouTubeの人気者を探るべく、主なチャンネルの登録者数をランキングにしてみた。 総合ランキング1位は、登録者数約852万人の『はじめしゃちょー(hajime)』。 2015年にYouTube JapanのテレビCM「好きなことで、生きていく」に出演し、YouTube以外の一般へも知名度を高めていった。 データは編集部調べ。 チャンネル登録者数は4月21日時点。 2位は、日本のYouTuberの代名詞的存在のHIKAKINによる『HikakinTV』。 超巨大スライムプール作りといった実験系やドッキリなどバラエティ色の強い動画や、商品紹介などを投稿。 派手なリアクションや変顔を多用し、子どもたちからの絶大な人気を誇っている。 3位に入った『せんももあいしーCh』は、4人の子どもたちの成長記録を配信する元祖的存在。 17年に配信された「奈良公園でシカにエサやり」の動画の再生回数は6. 2億回を突破。 動画のタイトルには英語が併記されるものも多く、海外からの視聴も意識する。 その結成は中学3年にまで遡るという。 ドッキリやゲーム、チャレンジ、大食いなどのバラエティ要素が強いコンテンツをメンバー同士の掛け合いで進めていく。 女性YouTuberで登録者数1位の『Yuka Kinoshita 木下ゆうか』は大食い系コンテンツで総合5位。 YouTuberになる前からバラエティ番組に出演し、芸能事務所に所属していた。

次の

YouTube、はじめしゃちょーが登録者数1位 嵐は?

はじめしゃちょー 登録者数

日本一のチャンネル登録者数を誇るはじめしゃちょー。 気になる年収についてですが、サイトによって異なった推定年収が予想されています。 そのため、当サイトでは 【noxinfluencer】というサイトを参考に、YouTube広告収入の年収をお伝えします。 引用 真ん中にある【YouTube Adsenseの推定収益(月間)】を見ていただければ分かりますが、月間収益は 約992万円~3,143万円と推定されています。 これは、1,000回再生に対するCPMから算出しています。 (似たような例を出すと、1再生で0. 1円の広告収益が発生する)このCPMの金額は、ほとんどのYouTuberも同額に近いですので、信用度の高い推定収益といえます。 このことから、はじめしゃちょーは広告収入での年収は、 約1億1,904万円~3億7,716万円と推定ができます。 (メインチャンネルのみ) 凄いですよね。 広告収入だけでここまでの収益が出ているとは、、、。 また、はじめしゃちょーは企業案件もありますし、テレビ出演やCMにも出演をしていますので、さらに年収がある事が予想されます。

次の

YouTube、はじめしゃちょーが登録者数1位 嵐は?(NIKKEI STYLE)

はじめしゃちょー 登録者数

日本のYouTubeの人気者を探るべく、主なチャンネルの登録者数をランキングにしてみた。 総合ランキング1位は、登録者数約852万人の『はじめしゃちょー(hajime)』。 2015年にYouTube JapanのテレビCM「好きなことで、生きていく」に出演し、YouTube以外の一般へも知名度を高めていった。 データは編集部調べ。 チャンネル登録者数は4月21日時点。 2位は、日本のYouTuberの代名詞的存在のHIKAKINによる『HikakinTV』。 超巨大スライムプール作りといった実験系やドッキリなどバラエティ色の強い動画や、商品紹介などを投稿。 派手なリアクションや変顔を多用し、子どもたちからの絶大な人気を誇っている。 3位に入った『せんももあいしーCh』は、4人の子どもたちの成長記録を配信する元祖的存在。 17年に配信された「奈良公園でシカにエサやり」の動画の再生回数は6. 2億回を突破。 動画のタイトルには英語が併記されるものも多く、海外からの視聴も意識する。 その結成は中学3年にまで遡るという。 ドッキリやゲーム、チャレンジ、大食いなどのバラエティ要素が強いコンテンツをメンバー同士の掛け合いで進めていく。 女性YouTuberで登録者数1位の『Yuka Kinoshita 木下ゆうか』は大食い系コンテンツで総合5位。 YouTuberになる前からバラエティ番組に出演し、芸能事務所に所属していた。

次の