富士通 スマホ。 富士通、スーパーでレジに並ばずに買い物できるスマホPOSアプリ

富士通も撤退!ジリ貧国産スマホ「最後の希望」はソフトバンクか

富士通 スマホ

富士通モバイルコミュニケーションズ株式会社(ふじつうモバイルコミュニケーションズ、 Fujitsu Mobile Communications Limited, 略称 FMC 通称「富士通モバイル」)は、かつて存在したグループのメーカー。 富士通本体の完全子会社であるの完全子会社で、富士通ブランドで(及び)の開発・供給を行う企業であった。 アウトライン [ ] かつてはとのとして、 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社(ふじつうとうしばモバイルコミュニケーションズ、 Fujitsu Toshiba Mobile Communications Limited 略称 FTML 通称「富士通東芝」)であった。 ・(各ブランド)、(旧・ソフトバンクモバイル ブランド)、(ブランド。 現:ソフトバンク・連合 各ブランド )向けに端末供給を行なっており、かつては向けの端末供給も行っていたが、その後、ドコモ向け端末は富士通本体の「 モバイルフォン事業本部」が担当し、更に、富士通本体から吸収分割により、受け皿会社として2016年2月に設立された 富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社へ継承された。 概要 [ ] 6月の基本合意後、同年7月に統合契約締結した富士通と東芝の携帯電話端末部門の統合会社ではあるが、実際には、同年10月の事業開始時点では、東芝のであったモバイルコミュニケーション社(au向けとソフトバンク向けが主。 以下MC社)のみの受け皿会社であった。 富士通本体の携帯電話端末部門(モバイルフォン事業本部。 ドコモ向けが主)が開発・製造・販売していた携帯電話端末は富士通東芝の事業開始後も継続して富士通本体が手がけており、富士通東芝は東芝ブランドでの携帯電話端末を手がけるという分業体制になっている。 東芝ブランドで携帯電話端末を出すのは度分までの措置であり、その後は富士通ブランドへ移行していく計画としている。 しかし、それでもドコモ向けの富士通ブランド機種は全て富士通本体が手掛けており、東芝が撤退した以降、後述の富士通本体からの事業分割と富士通モバイルの統合まで富士通モバイルは旧東芝MC社のみを引き継いだ状態にあった。 事業開始スキームとしては、2010年8月にまず東芝がMC社の受け皿会社となる「FTモバイル株式会社」を全額出資で設立。 同年10月の事業統合に際し、FTモバイルにMC社の全事業を移管するとともに、富士通がFTモバイルの全株式の8割超を出資し、富士通が連結子会社化すると同時に「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社」に商号変更する形を取った。 事業開始時の社長には、富士通の携帯電話端末事業を担当する執行役員常務の大谷信雄が起用されている。 東芝MC社時代の主力開発拠点は東芝日野工場であったが、事業統合に伴い開発拠点を富士通本体と同じ富士通川崎工場に移したため、東芝日野工場は閉鎖された。 なお、富士通との事業統合以前に東芝から発売された携帯電話端末の修理・サポート等はこれまで通り東芝が担当し、同社青梅事業所内に新たに置かれたモバイル事業統括部でその任に当たっている。 2014年以降はNTTドコモ向けの機種の開発を専門で手掛けている富士通本体と異なり、KDDI・沖縄セルラー電話連合、およびソフトバンク・ウィルコム沖縄連合向けの各機種の開発がそれぞれ長期に渡って休止状態となっている。 また、ドコモ端末の開発については、2016年2月に設立された富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社が吸収分割にて継承し、担当させる。 これに伴い、当社は富士通コネクテッドテクノロジーズの完全子会社となった。 その後、2018年10月1日に富士通コネクテッドテクノロジーズに統合され、8年の時を経て遂に富士通と旧東芝の携帯事業の一体化が果たされた。 沿革 [ ]• - 富士通と東芝が携帯電話端末開発・製造・販売に関する事業統合に合意。 - 富士通と東芝との事業統合契約締結。 - 東芝MC社の受け皿会社として、東芝が全額出資で FTモバイル株式会社を設立。 - 東芝MC社の全事業を譲受し事業開始。 同時に富士通の連結子会社となり 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社に商号変更。 - 富士通東芝に事業統合して初めての製品となるを発売。 8月 - 一部メディアにより、上半期中に富士通の完全子会社となると報じられる。 この時点では富士通と東芝からの公式発表は無い。 - 東芝保有株(19. 同時に 富士通モバイルコミュニケーションズ株式会社に商号変更。 これにより東芝は事実上携帯電話事業から完全撤退した。 ただし、本来は東芝ブランドとすべきKDDI・沖縄セルラー電話連合の「」シリーズについては、すでに以降の機種でNTTドコモが実施している富士通本体製・富士通ブランドの「富士通レグザ」と同様、富士通モバイル製・富士通ブランドで継続する見込みとなっていた。 3月 - 生産終了。 これによりREGZA Phoneシリーズが市場から姿を消した。 2月 - 富士通本体の携帯電話部門が同社新設子会社の株式会社ににて継承させたことに伴い、当社の親会社が、富士通本体からに異動。 - 富士通コネクテッドテクノロジーズに統合され消滅。 富士通東芝および富士通モバイルが開発担当の機種 [ ] 2011年までの機種はカタログや機種本体では「TOSHIBA」の表記が見られ、テレビCMでは「FUJITSU」の表記となっている。 ちなみに、から発売された東芝ブランドのを除き、2010年冬モデル以降の富士通ブランドの機種は前述の通り富士通本体の開発・製造・発売であるため、また、およびはTを冠しながらも富士通本体が開発・製造・発売している、いわゆる 「富士通」のため、以下には含まれない。 しかし、2011年夏モデルのなどのNTTドコモ向け端末および2011年夏モデルのau向け端末のにはいずれも、旧ソフトバンクモバイル向け東芝製端末に搭載されていたの「」が搭載されている。 そして、REGZAケータイやREGZA Phoneの愛称はないが、主に以降の富士通製の携帯電話でも東芝(現・グループ・)の液晶テレビ「」の技術が反映されている。 富士通製・東芝製の端末については、それぞれ以下も参照のこと。 2010年 [ ]• の富士通ブランド版。 (CDMA TS007)• (CDMA TS008)• (CDMA TSI11)• (CDMA TSI12)• (CDMA FJ001)• (CDMA FJI11) 2012年 [ ]• (CDMA FJI12)• (CDMA FJI13)• (CDMA FJL21) 2013年 [ ]• NTTドコモ [ ] 2010年 [ ]• ドコモ向けとしては唯一の旧・東芝MC社時代で開発された機種となる。 型番には東芝を指す「T」が使われ東芝ブランドで発売されたが、ドコモの扱いは、実質富士通製同様だった。 更に、後継機種のおよびは前述の通り富士通製・富士通ブランドの「富士通」のため、ドコモ向けの東芝ブランドの機種としては最終機種となった。 ソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク) [ ] ブランドのFスマートフォン端末におけるソフトウェアアップデートの配信については、を以て、すべて停止される予定で、以降は預かり修理の形で対応する予定。 2012年 [ ]• 富士通ブランドとしてはデジタルホン時代のDP-125以来となる端末で、東芝MC社時代を含めてからさかのぼると以来となる。 同時期に発表されたや等よりも、ドコモの富士通レグザにあたるとの共通項が多く見られる。 2013年 [ ]• イー・アクセス(現:ソフトバンク・ウィルコム沖縄) [ ] 2013年 [ ]• - ただし、網非対応の端末であるため、のネットワークには非対応。 ブランドのFスマートフォン端末同様、ソフトウェアアップデートの配信については、を以て、すべて停止される予定で、以降は預かり修理の形で対応する予定。 備考 [ ] 富士通・ドコモと東芝・ソフトバンクの間では、東芝のが富士通のの類似品であるとして、2008年3月に訴訟問題となっている。 2009年4月に和解したが、事業統合とこの訴訟問題の関係は和解内容が非公開のため不明である。 事業開始は2010年10月1日• - YOMIURI ONLINE(閲覧)• 2012年4月2日発表 富士通 東芝• Android OS2. 2バージョンアップ済みのIS04FVを含む。 2013年夏モデル以降よりスマートフォン、およびフィーチャーフォン、タブレット、モバイルルーター、デジタルフォトスタンド、位置情報ツール等の通信モデム・モジュールを搭載したau端末は実際の製造型番に「CDMA xxDyy」「CDMA xxLyy」「CDMA xxTyy」「CDMA xxSyy」「CDMA xxXyy」「CDMA xxYyy」等と表記しなくてもよい新製造型番ルールに変更となった。 関連項目 [ ]• ・()• (のちのau 3G)• (のちのau 3G)• (旧・ソフトバンクモバイル)• - au向け機種イメージキャラクター(CMと機種別カタログの両方はIS04・ISW11Fのみで、それ以外は機種別カタログのみ)• - ARROWSシリーズ総合イメージキャラクター 外部リンク [ ]• - 富士通公式サイト内の企業サイト。 - 富士通東芝・富士通モバイルとしてリリースされた端末と富士通本体からリリースされた端末(共に個人向け)のサイト。 - 法人向け端末(・・)のサイト。 - 富士通モバイルフォン事業本部の。 - 富士通モバイルフォン事業本部の。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる。

次の

arrows Be4 F

富士通 スマホ

富士通モバイルコミュニケーションズ株式会社(ふじつうモバイルコミュニケーションズ、 Fujitsu Mobile Communications Limited, 略称 FMC 通称「富士通モバイル」)は、かつて存在したグループのメーカー。 富士通本体の完全子会社であるの完全子会社で、富士通ブランドで(及び)の開発・供給を行う企業であった。 アウトライン [ ] かつてはとのとして、 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社(ふじつうとうしばモバイルコミュニケーションズ、 Fujitsu Toshiba Mobile Communications Limited 略称 FTML 通称「富士通東芝」)であった。 ・(各ブランド)、(旧・ソフトバンクモバイル ブランド)、(ブランド。 現:ソフトバンク・連合 各ブランド )向けに端末供給を行なっており、かつては向けの端末供給も行っていたが、その後、ドコモ向け端末は富士通本体の「 モバイルフォン事業本部」が担当し、更に、富士通本体から吸収分割により、受け皿会社として2016年2月に設立された 富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社へ継承された。 概要 [ ] 6月の基本合意後、同年7月に統合契約締結した富士通と東芝の携帯電話端末部門の統合会社ではあるが、実際には、同年10月の事業開始時点では、東芝のであったモバイルコミュニケーション社(au向けとソフトバンク向けが主。 以下MC社)のみの受け皿会社であった。 富士通本体の携帯電話端末部門(モバイルフォン事業本部。 ドコモ向けが主)が開発・製造・販売していた携帯電話端末は富士通東芝の事業開始後も継続して富士通本体が手がけており、富士通東芝は東芝ブランドでの携帯電話端末を手がけるという分業体制になっている。 東芝ブランドで携帯電話端末を出すのは度分までの措置であり、その後は富士通ブランドへ移行していく計画としている。 しかし、それでもドコモ向けの富士通ブランド機種は全て富士通本体が手掛けており、東芝が撤退した以降、後述の富士通本体からの事業分割と富士通モバイルの統合まで富士通モバイルは旧東芝MC社のみを引き継いだ状態にあった。 事業開始スキームとしては、2010年8月にまず東芝がMC社の受け皿会社となる「FTモバイル株式会社」を全額出資で設立。 同年10月の事業統合に際し、FTモバイルにMC社の全事業を移管するとともに、富士通がFTモバイルの全株式の8割超を出資し、富士通が連結子会社化すると同時に「富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社」に商号変更する形を取った。 事業開始時の社長には、富士通の携帯電話端末事業を担当する執行役員常務の大谷信雄が起用されている。 東芝MC社時代の主力開発拠点は東芝日野工場であったが、事業統合に伴い開発拠点を富士通本体と同じ富士通川崎工場に移したため、東芝日野工場は閉鎖された。 なお、富士通との事業統合以前に東芝から発売された携帯電話端末の修理・サポート等はこれまで通り東芝が担当し、同社青梅事業所内に新たに置かれたモバイル事業統括部でその任に当たっている。 2014年以降はNTTドコモ向けの機種の開発を専門で手掛けている富士通本体と異なり、KDDI・沖縄セルラー電話連合、およびソフトバンク・ウィルコム沖縄連合向けの各機種の開発がそれぞれ長期に渡って休止状態となっている。 また、ドコモ端末の開発については、2016年2月に設立された富士通コネクテッドテクノロジーズ株式会社が吸収分割にて継承し、担当させる。 これに伴い、当社は富士通コネクテッドテクノロジーズの完全子会社となった。 その後、2018年10月1日に富士通コネクテッドテクノロジーズに統合され、8年の時を経て遂に富士通と旧東芝の携帯事業の一体化が果たされた。 沿革 [ ]• - 富士通と東芝が携帯電話端末開発・製造・販売に関する事業統合に合意。 - 富士通と東芝との事業統合契約締結。 - 東芝MC社の受け皿会社として、東芝が全額出資で FTモバイル株式会社を設立。 - 東芝MC社の全事業を譲受し事業開始。 同時に富士通の連結子会社となり 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ株式会社に商号変更。 - 富士通東芝に事業統合して初めての製品となるを発売。 8月 - 一部メディアにより、上半期中に富士通の完全子会社となると報じられる。 この時点では富士通と東芝からの公式発表は無い。 - 東芝保有株(19. 同時に 富士通モバイルコミュニケーションズ株式会社に商号変更。 これにより東芝は事実上携帯電話事業から完全撤退した。 ただし、本来は東芝ブランドとすべきKDDI・沖縄セルラー電話連合の「」シリーズについては、すでに以降の機種でNTTドコモが実施している富士通本体製・富士通ブランドの「富士通レグザ」と同様、富士通モバイル製・富士通ブランドで継続する見込みとなっていた。 3月 - 生産終了。 これによりREGZA Phoneシリーズが市場から姿を消した。 2月 - 富士通本体の携帯電話部門が同社新設子会社の株式会社ににて継承させたことに伴い、当社の親会社が、富士通本体からに異動。 - 富士通コネクテッドテクノロジーズに統合され消滅。 富士通東芝および富士通モバイルが開発担当の機種 [ ] 2011年までの機種はカタログや機種本体では「TOSHIBA」の表記が見られ、テレビCMでは「FUJITSU」の表記となっている。 ちなみに、から発売された東芝ブランドのを除き、2010年冬モデル以降の富士通ブランドの機種は前述の通り富士通本体の開発・製造・発売であるため、また、およびはTを冠しながらも富士通本体が開発・製造・発売している、いわゆる 「富士通」のため、以下には含まれない。 しかし、2011年夏モデルのなどのNTTドコモ向け端末および2011年夏モデルのau向け端末のにはいずれも、旧ソフトバンクモバイル向け東芝製端末に搭載されていたの「」が搭載されている。 そして、REGZAケータイやREGZA Phoneの愛称はないが、主に以降の富士通製の携帯電話でも東芝(現・グループ・)の液晶テレビ「」の技術が反映されている。 富士通製・東芝製の端末については、それぞれ以下も参照のこと。 2010年 [ ]• の富士通ブランド版。 (CDMA TS007)• (CDMA TS008)• (CDMA TSI11)• (CDMA TSI12)• (CDMA FJ001)• (CDMA FJI11) 2012年 [ ]• (CDMA FJI12)• (CDMA FJI13)• (CDMA FJL21) 2013年 [ ]• NTTドコモ [ ] 2010年 [ ]• ドコモ向けとしては唯一の旧・東芝MC社時代で開発された機種となる。 型番には東芝を指す「T」が使われ東芝ブランドで発売されたが、ドコモの扱いは、実質富士通製同様だった。 更に、後継機種のおよびは前述の通り富士通製・富士通ブランドの「富士通」のため、ドコモ向けの東芝ブランドの機種としては最終機種となった。 ソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク) [ ] ブランドのFスマートフォン端末におけるソフトウェアアップデートの配信については、を以て、すべて停止される予定で、以降は預かり修理の形で対応する予定。 2012年 [ ]• 富士通ブランドとしてはデジタルホン時代のDP-125以来となる端末で、東芝MC社時代を含めてからさかのぼると以来となる。 同時期に発表されたや等よりも、ドコモの富士通レグザにあたるとの共通項が多く見られる。 2013年 [ ]• イー・アクセス(現:ソフトバンク・ウィルコム沖縄) [ ] 2013年 [ ]• - ただし、網非対応の端末であるため、のネットワークには非対応。 ブランドのFスマートフォン端末同様、ソフトウェアアップデートの配信については、を以て、すべて停止される予定で、以降は預かり修理の形で対応する予定。 備考 [ ] 富士通・ドコモと東芝・ソフトバンクの間では、東芝のが富士通のの類似品であるとして、2008年3月に訴訟問題となっている。 2009年4月に和解したが、事業統合とこの訴訟問題の関係は和解内容が非公開のため不明である。 事業開始は2010年10月1日• - YOMIURI ONLINE(閲覧)• 2012年4月2日発表 富士通 東芝• Android OS2. 2バージョンアップ済みのIS04FVを含む。 2013年夏モデル以降よりスマートフォン、およびフィーチャーフォン、タブレット、モバイルルーター、デジタルフォトスタンド、位置情報ツール等の通信モデム・モジュールを搭載したau端末は実際の製造型番に「CDMA xxDyy」「CDMA xxLyy」「CDMA xxTyy」「CDMA xxSyy」「CDMA xxXyy」「CDMA xxYyy」等と表記しなくてもよい新製造型番ルールに変更となった。 関連項目 [ ]• ・()• (のちのau 3G)• (のちのau 3G)• (旧・ソフトバンクモバイル)• - au向け機種イメージキャラクター(CMと機種別カタログの両方はIS04・ISW11Fのみで、それ以外は機種別カタログのみ)• - ARROWSシリーズ総合イメージキャラクター 外部リンク [ ]• - 富士通公式サイト内の企業サイト。 - 富士通東芝・富士通モバイルとしてリリースされた端末と富士通本体からリリースされた端末(共に個人向け)のサイト。 - 法人向け端末(・・)のサイト。 - 富士通モバイルフォン事業本部の。 - 富士通モバイルフォン事業本部の。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる。

次の

富士通、スーパーでレジに並ばずに買い物できるスマホPOSアプリ

富士通 スマホ

富士通は2018年3月、携帯子会社の富士通コネクテッドテクノロジーズ(FCNT)と製造子会社である富士通周辺機の携帯電話部門をのポラリス・キャピタル・グループに売却する。 富士通はFCNT株の30%、富士通周辺機から携帯電話部門の譲渡を受ける新会社のジャパン・イーエム・ソリューションズ(JEMS)株の19%を保有し、「らくらくスマホ」や「arrows」などのスマートフォン(スマホ)の生産は継続される。 しかし、事業の主導権はポラリス側に移り、富士通はスマホをはじめとする携帯電話事業から事実上撤退する。 富士通の最新スマートフォン「arrows NX F-01K」(同社ホームページより) 「ガラパゴス」崩壊で失速した国産ケータイ 国産メーカーは携帯電話市場の成長が続いているにもかかわらず、続々と退場している。 国産携帯電話はNTTドコモが1999年に世界初の携帯電話インターネット(IP)接続サービス「iモード」を開始して以来、「ガラパゴス化」した携帯IPサービスに対応する日本独自のフィーチャーフォンで海外メーカーからの参入から守られてきた。 さらには国内大手3キャリアのシェア争いに伴って多額の販売奨励金がバラまかれ、「0円ケータイ」に代表される値引き販売で販売台数は急増し、国産携帯電話メーカーは「わが世の春」を謳歌した。 状況が一変したのは2007年。 米アップルが同社初のスマホとなる「iPhone」を発売したのだ。 翌2008年には米グーグルが携帯用基本ソフト(OS)の「Android」を公開し、複数の携帯電話メーカーが搭載機を発売した。 iPhoneや、Androidを搭載したスマホが大ヒットしてフィーチャーフォンを駆逐したため、「国産携帯電話メーカーの敗因はスマホに乗り遅れたこと」と言われている。 実はiモードやau(KDDI)の「EZweb」、J-フォン(現・ソフトバンク)の「J-スカイ」といった「国内キャリア独自のIPプラットフォーム」から、iPhoneを動かすiOSやAndroidといった「グローバルOSベースのIPプラットフォーム」に代わったことが大きい。 1台の端末で、どこの国のどのキャリアでも高度なIP接続サービスが可能になり、国内キャリア3社の独自IPプラットフォームで守られていた日本市場は一気に「開国」した。

次の