サイコパス 3 op。 歌詞の意味を考察!映画『PSYCHO

PSYCHO

サイコパス 3 op

サイコパス3のOPは冒頭から気になる描写があります。 それは屋上でドミネーターを向け合う慎導灼と炯・ミハイル・ イグナトフの姿です。 僕は将来的にこの2人が対立することを示唆していると考えていま す。 理由はサイコパスシーズン1のOPにあります。 サイコパス1のOPでも同じ描写がありその通りの展開になった サイコパス3と同じようなシーンがシーズン1のOPでもあったんですよね。 それが以下のシーンです。 ドミネーターを構える常守 銃口の先には犯罪係数が上がらない免罪体質者の槙島聖護が… シビュラシステムでは裁けない槙島聖護を裁こうとリボルバーを構える狡噛慎也 槙島聖護という犯罪者を挟んで常守と狡噛が銃を向け合っています。 このOPで示された構図はサイコパス1の終盤で実際に再現されました。 槙島聖護を殺そうとする狡噛を止めるべく、常守が狡噛にドミネーターを向けるんですよね。 そのため、サイコパス 3のこの描写は慎導灼とイグナトフの対立を示唆していると考えます。 真相を巡って決別か?2人は対立する理由を考察 なぜ対立するのか、その背景は今の所わかりません。 ですが以下のパターンが考えられます。 慎導灼の得意とするメンタルトレースが原因説 メンタルトレースとは鋭い洞察力と統計に基づいた推理で追跡者や被害者の思考する技能。 この技能が災いして、犯罪者の思考が慎導に定着。 闇落ちして炯と対立してしまうとか。 追い求める「真実」を巡って慎導と炯で決別が起きる説(個人的にこっちが濃厚) 慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフは過去に起きたある事件の真相を共に追っています。 その真相にたどり着いたことで二人が決別するのかもしれません。 例えば、真相を知ったことで事件を追う仲間から事件の加害者と被害者の図式になったとか…。 そうなれば被害者側となった人間は加害者側に銃口を向けても不思議ではありません。 その場合、被害者側になるのは慎導灼な気がする(根拠ゼロですが…)。 『サイコパス3』OP考察/幽閉理由は入国者?手を差し伸べる常守 次に気になるのはOPでの常守朱のシーン。 フェンス越しに入国者と思しき子どもに手を差し伸べように見えますよね。 これはサイコパス3のテーマに入国者が関わることを示唆しているのではないでしょうか。 シーズン1、2と違ってシーズン3の日本は鎖国政策をやめていますからね。 常守が幽閉されている件に入国者が関わっている可能性は大いにあります。 例えば、1話で慎導灼が乗る車内で流れたラジオニュースが伝えた以下の事件です。 公安局局長~事件~現行犯逮捕~元監視官のサイコパスを非公表~ ネットではこの事件に常守が関わっているのでは考察があります。 入国者に関してシビュラと常守の間で対立が起きて事件が発生したのかもしれません。 『サイコパス3』OP考察/シーアンが関わる?外国人キャラが多数 最後に気になるのはOP後半で連続カットが続く部分ですよね。 いろんなキャラクターが登場するのですが外国人と思えるキャラも多数出てきます。 銃を構えるおばちゃんは完全に『ターミネーター・ニューフェイト』のサラコナーです。 サイコパス3では日本は開国政策に舵を切ったこともいう設定ですので、これに関係するのかも。 サイコパスで馴染みのあるシーアン(東南アジア連合)のゲリラの可能性もありそうですね。 シーアンはシビュラシステムの輸入先の国でもありましたし、なんだか匂います。 まとめ:サイコパス3はOPだけでも無限大に考察できる 上記3つ以外にもOPで気になるポイントはあります。 例えば、ドミネーターのエリミネーターモードにならないように手で抑える描写とか。 ネットで調べるとOPについて細かい視点で考察している動画もありました。 サイコパスファンなら観る価値があると思いますね。

次の

サイコパス3期の伏線・設定の考察まとめ!ビフロスト・ラウンドロビンの正体は

サイコパス 3 op

『PSYCHO-PASS サイコパス3期』OP(オープニングテーマ)の伏線考察 今回はOPの考察編。 今回はOPの中でも気になったシーンをピックアップして考察していきます。 灼(あらた)のパルクールとか、狡噛や宜野座の登場シーンなど、すでに回収されて答えが明らかに分かるやつは飛ばしますね。 すでに答えが示されていても分かりづらいやつと、まだ答えが示されていないものを予想していきます。 >> >> ドミネーターを向け合う灼(あらた)と炯(けい) OPで最初に気になるのはドミネーターを向け合うアラタとケイですよね。 敵対する場面が出てくるのか?それとも、協力関係に見えて実は対立する関係なのか? この場面に関しては最後のシーンと合わせて考えると予想しやすいかなと思います。 同じターゲットにドミネーターを向けているのに目の色が違う灼と炯 それがこちら。 OPの最後でアラタとケイが同じターゲットにドミネーターを向けていますが、目の色がアラタは赤、ケイは青と違うんですよね。 これはOPの最初で二人がドミネーターを向け合っているシーンでも同じような目の色になっています。 この目の色はドミネーターの色に掛けているんじゃないかなと思います。 ドミネーターは執行モードの時は青色に発光する。 そして、眼球スキャンでロックを解除するんで、その時のドミネーターの青が目に映り込むのでドミネーターを使う=目が青色になるという印象を持っている人もいるんじゃないでしょうか? で、逆に眼球スキャンで認証が通らないときは赤色に発光してロックがかかります。 このドミネーターの特性をアラタのケイの目の色に投影しているんじゃないかなと思います。 つまり、 同じターゲットを追っているけれど、アラタは執行しないもしくは捕まるつもり、ケイは執行するもしくは殺すつもりと、最終的な目標が違うと表しているのかなと。 なので、最初のシーンでドミネーターを向け合って対立関係を表しているんじゃないでしょうか。 また、最後のドミネーターを向ける前に、アラタがチラッとケイに視線を送るシーンもあります。 これはケイの行動をアラタが止めようとしているのか?または、ケイを疑ってアラタが監視しているようにも見えます。 エリミネーターモードになるのを抑える手 これは今までの行動や左手に付けている時計の形からアラタの手でしょう。 3話で、 撃つか撃たないかは人間が決めるべき。 だからドミネーターにはトリガーがついている などと言って、エリミネーターで執行しようとするのを止めてましたし。 アラタはエリミネーターどころか、今のところドミネーター自体をまともに使っている描写が出てきてませんからね。 この辺のアラタの考え方がケイとの最終的な目標が違っている要因になっているのは間違いないでしょう。 そういった アラタの心理描写を表したシーンなのか、もしくは実際にこういったエリミネーターモードになるのを抑えるシーンが入ってくるのか。 囚われの常守が伸ばした手の先 金網の中に囚われた常守が伸ばした手の先は同じく金網の中に囚われた難民。 1話・2話の情報から常守はロシアからの難民船で起こった事件で緊急逮捕された。 そして、4話で常守は廃棄区画の情報網を手に入れていた。 これらの情報とOPの難民に手を伸ばす常守の描写から、 常守は海外からの難民を廃棄区画で迎え入れようと計画していたんじゃないかなと。 その行動が邪魔に思われてビフロストに嵌められた。 もしくは死ぬはずがない禾生局長の殺害容疑で捕まったことから、移民には積極的じゃないシビュラシステムからも邪魔と思われたのかもしれませんね。 階段の立ち位置と身体の向きや姿勢 この階段の立ち位置と身体の向きなんかも伏線なんじゃないかなと思います。 立っている高さ、身体の姿勢、向きなど。 高さについては謎に迫っている人ほど上にいるんじゃないかなと推測します。 なので、一番上が霜月、その次が常守と連絡を取り合っている雛河。 で、新人のケイは一番下という形。 アラタも新人ですが、メンタルトレースと洞察力高さでケイよりも核心に近い階段を登っている途中。 体の姿勢に関しては事件に対する姿勢を表しているんじゃないかなと。 立っている人が通常状態で、座り込んでいる霜月はこれ以上は事件に踏み込めないことで煮詰まっている状態、入江は常守や事件自体に特に因縁がないのでこのメンバーの中では一番思い入れがないことを表して座り込んでいる。 そして、 体の向きに関しては事件に対する向き合い方を表しているんじゃないのかなと思います。 正面を向いている入江と廿六木、キャラから見て左側を向いているケイと如月、そして右側を向いている霜月・雛河・唐之杜(からのもり)がそれぞれ同じ。 唐之杜だけ隅っこで体全体で壁の方を向いているのは現場に出ない分析官ということを表現しているのでしょう。 さらに、背中は向けているアラタはそのどれとも違う考え方なのか。 分析官の唐之杜(からのもり)は置いておいて、先程の目の色の考察から ケイと如月は犯人を執行したい、霜月・雛河は犯人を捕らえたい。 入江と廿六木は中間というかどちらでもいい、アラタはそれとは違う第4の考え方ということでしょうか。 全員インスペクター?(2019年12月7日に答えを追記) 次に些々河(ささがわ)から始まる3期での新キャララッシュ。 これも最初は知らないキャラばかりでしたが、話数が進むに連れて 些々河・アラタの父・榎宮・梓澤・小畑と正体が判明。 判明した全員がインスペクターのことから残りのメンバーもインペクターという流れでしょう。 ちなみに、ちゃんとは明かれていませんけれど、 で触れた通り小畑千夜はイレブンインスペクターの可能性が高い。 アラタの父はシビュラシステムの上に立っていることから、シビュラのシステムの一部として組み込まれていそうですね。 これが 劇場版SSでチラッと名前が出てきたピースブレイカーでしょうか? この三人がそうなら、OPの流れからピースブレイカーもインスペクターとなりますね。 こちらの答えは左が宗教団体代表(武器密輸)のジョセフ・アウマ上人、中央が入国管理局オブザーバー(爆弾テロ実行犯)久利須=矜治・オブライエン、右が宗教団体代表(財産没収)テレーザ陵駕(しのぎ)でした。 次に出てくるのは宗教団体っぽいですね。 または 劇場版SSケース1に出てきたサンクチュアリみたいなポジションかもしれません。 こちらの答えは宗教団体ヘブンズリープの代表代行であり、セカンドインスペクターであり、コングレスマン裁園寺莢子の息子トーリ・S・アッシェンバッハでした。 そして、武装したベテラン二人組。 こちらは 傭兵もしくはゲリラのような雰囲気。 となれば、この二人には狡噛と外務省が対応することになりそう。 こちらの答えはピースブレイカーの生き残りのパスファインダーでした。 苦しむアラタと紫の目 苦しむ姿のアラタに、その時の目は赤でも普段の色でもなく紫というのも気になるところ。 その直後にメンタルトレースした時にお馴染みの人間の体にキツネの頭のあの姿が出てくることから、メンタルトレースのダメージなのかなと。 作中でも体に負担がかかるから何度も使うなと言われていますし、もしかしたらメンタルトレースは先天的なものではなく、後天的に手に入れた体への負担が大きいドーピング的なものかもしれない。 また、 その後に出てくるキツネはもちろん、ビフロスト(コングレスマン)の三人組も紫で着色されていることから、アラタの目が紫色になっているのもその関係でしょう。 二人のケイが戦うシーン 苦しむアラタに続いて、二人のケイが戦うシーン。 こちらはよくあるパターンを考えるのなら、 内なる自分と戦うというパターンでしょうか。 相手側は凶暴な顔のケイなので、こちらがなんとしても犯人を執行したいというケイの感情なのかもしれません。 そして、アラタはそんなケイの心理に気付いて監視しているのかも。 二人の女性 こちらは分かっている人も多いと思うのですが、Twitterで謎の女性と書いていた人もいたので一応解説。 最初の女性がケイの奥さんで、次に出てくるのが六合塚でしょうね。 六合塚はともかく、ケイの奥さんも出てくるのはやはり何か物語に絡んでくるんでしょうね。 なにしろあのフレデリカでさえ出て来てない中、奥さんは出てきているんで。 謎の少女の正体 最初にOPが流れてからずっと言われていた終盤に出てくる謎の少女。 こちらは 特徴的なペンダントから小宮カリナということが判明しました。 このOPの感じから小宮カリナは選挙戦だけでは終わらないサイコパス3のキーキャラクターになりそう。 マカリナ共々また出てくるのは間違いないでしょうね。 最後のシーンで横切るトラック そして、最後にアラタとケイが画面に向けてドミネーターを構えますが、その前に横切るトラックにも伏線がございました。 こちら榎本が3話と4話で使った網元運輸のトラックでした。 OPで確認してみると、 横側に網本運輸のロゴマークが、後ろには網本運輸の文字が入っています。 こんな細かいところにも伏線を入れているとはw PSYCHO-PASS サイコパス3期のOP(オープニングテーマ)考察まとめ 1分半の間にどんだけ伏線詰め込んでるんだよ!w 短いからすぐに終わるだろうと油断していた自分を殴ってやりたいぐらいの作業量でした(笑) ED(エンディングテーマ)編はまた後日ということでよろしくお願いします。 >> >>.

次の

『PSYCHO

サイコパス 3 op

【サイコパス3】伏線や謎のまとめ! サイコパスは作りが細かく、第1話からたくさんの伏線や謎がありました。 ここでは、気になったところを1つずつまとめてみました。 伏線・謎1:常守朱に何が起こったのか? サイコパス2期までに、監視官として主役を務めてきたあかねは、3期ではどこかに幽閉されている様子でした。 霜月は、新任監視官の灼とイグナトフに「深入りしすぎては・・・」と忠告をしています。 もしかすると、あかねは何らかの事件に深入りしすぎて、事件に巻き込まれた可能性があります。 伏線・謎2:慎導灼の父親 3期で主人公である慎導灼のお父さん・慎導篤志は、元公安局の人間でした。 そして、時々魔物のような形相をして灼の幻想として現れます。 灼には、メンタルトレースという、人の経験したことを見たり感じたりする能力がありますが、この能力は父親と関係しているようです。 また、オープニングに登場している男性が灼の父親ではないかという憶測も飛んでいます。 やっと始まるよ、お父さん。 」と夢の中で話をしたりと、父親との関係に何か深いものがありそうです。 灼の父親に何があったのか、気になるところです。 伏線・謎3:宜野座伸元 第1話の最後に宜野座が登場しましたが、宜野座は公安局から離れているようで、どうやら外務省に配属となっている様子です。 公安局刑事課課長の霜月と連絡を取っているシーンで、通信画面に外務省のシンボルマークがありました。 宜野座がどうして外務省に移動していて、そこで何をしているのか、気になるところです。 そして、宜野座伸元のいる、外務省特別行動課は、海外の「キツネ狩り」を目的として捜査しているようです。 さらに、宜野座伸元は、「常守朱の為に成すべきことは分かっている」と第2話で言っていたので、本当の目的は何なのかが気になるところです。 伏線・謎4:狡噛慎也 劇場版サイコパスSSのCase. 3では、狡噛はフレデリカと日本へ帰ってくると言っていました。 しかし、第1話にはまだ登場していません。 狡噛も、宜野座と同じように外務省にいる可能性がありますが、今後、狡噛がどのようにして登場するのか、気になりますね。 常守朱をどうやって助けるのかが見どころですね。 伏線・謎5:如月真緒と名刺 如月は、サイコパス3期で執行官として登場したキャラクターですが、灼と雛河と、殺されたであろうリックの情報を探っている時、見つけた名刺をこっそりと隠すシーンがありました。 名刺には、事件に関係していると思われる「梓澤」の名前がありました。 如月真緒執行官、不自然な行動。 名刺には「課長 梓澤廣一」とある。 — 才華 zaikakotoo 如月が何故、名刺を隠したのか、敵なのか、味方なのか、謎ですね。 伏線・謎6:事故死した監視官 執行官の入江は、新しく配属となった灼とイグナトフを試すように、困らせるような態度を取っていました。 灼とイグナトフの仕事ぶりを見て、「前みたいに事故って死ななければいいんだが」という言葉を発しています。 伏線・謎7:ラウンドロビン 3期には、ラウンドロビンというゲームが登場しています。 このゲームがどんなゲームなのかはまだ定かではありませんが、ほむら、しろがね、さいおんじの3人が話していたことから考えると、シビュラのような何か新しいシステムのようです。 ビットコイン的な、マネーゲームなのかもしれません。 「空売り」とか「利益」などの言葉が出てきたので、お金に関係している可能性があります。 そして、公安局の行動などが観察されているところをみると、現実に起こっていることで、ギャンブル的な要素があるようですが、ラウンドロビンの実態は何なのでしょうか。 ビフロスト・ラウンドロビン・インスペクターについて、常守朱の事件との関係も含めて考察しました。 しかし、名前が、禾生から細呂木に変わっています。 ラジオで流れていたニュースは、「局長が・・・射殺された事件・・・」と聞こえるので、局長にも何かが起こったのかもしれません。 局長の名前が変わったことについて考察をしてみました。 2人が追っている事件は何なのか、気になるところですね。 その事件が、灼の父親に関する事件なのか、それともあかねに関する事件なのか、それとも関係ない事件なのかは分かりませんが、何か特別な事情が2人にあることは間違いなさそうです。 過去に、彼らがどんな事件に巻き込まれたのかが気になるところです。 伏線・謎10:リックが殺された理由 第1話では、リック・フェロウズが事故に見せかけて殺されましたが、彼が殺された理由は何だったのでしょうか? 彼は、自分の命が狙われていることを知っていたようです。 それに、貴重そうなハイパートランスポート社のデータも丁寧に隠していました。 彼が殺された理由はまだ謎ですね。 どうやら、3期の事件は、全て「キツネ」に行き着くようです。 「キツネ」がどんな悪組織を現すのかが、今後気になるところです。 伏線・謎11:霜月と宜野座の取引内容 刑事課長の霜月と、外務省の宜野座は、何らかの取引をしているようでした。 2人は、異なる組織に属しながら、1つの目的のために一緒に協力しているようにも見えます。 2人の取引内容が何なのか、気になるところです。 公安局は国内、外務省は海外の「キツネ狩り」を捜査しているため、協力することができるのでした。 伏線・謎12:常守朱と灼、イグナトフとの関係 あかねは、第1話の最後の方で、「同じ真実を追うもの達が現れた時、私は彼らに指名を託す決意をした。 彼らが猟犬となり見えざる敵に辿り着くことを信じている。 」と言っています。 これはおそらく、あかねが灼とイグナトフに自分ができない仕事を全うしてくれることを願っているのだと思います。 しかし、あかねが単に、自分の正義を代わりに実現してくれる誰かがいることを期待しているのか、それとも、灼とイグナトフを知っていて、彼らのことを意味しているのかは不明です。 あかねと新任監視官たちの関係が気になります。 伏線・謎13:梓澤と慎導篤志の関係 梓澤は、慎導灼が慎導篤志の息子であることを知っていました。 梓澤と慎導篤志には、何らかの関係があったものと思われます。 過去に2人がどんなことで面識があるのか、気になるところですね。 伏線・謎14:執行官の素性 サイコパス3期には、3人の新しい執行官が登場していますが、入江、廿六木、如月の素性や能力、特技がまだ明らかになっていません。 どんな人達で、どんな境遇や事情があるのか、普通に気になります。 伏線・謎15:灼が車の中でしか眠れない理由 慎導灼は、ベッドで眠ることができず、車の中でしか寝られないと言っています。 車の中でしか寝られない理由は何なのでしょうか。 過去に、何があったのでしょうか。 伏線・謎16:細呂木局長の目を見ない灼 慎導灼が初めて仕事を始める前、霜月課長と細呂木局長に敬礼し、名乗った灼とイグナトフのシーンがあります。 この時、尺は細呂木局長に目を全く合わせませんでした。 普通、自分の上司となる局長ともあれば、アイコンタクトは取ると思うのですが、灼は最後まで目を合わせませんでした。 イグナトフは「目を開けたまま寝るな」と言っており、本当に目を開けたまま寝ていただけなのかもしれませんが、本当はメンタルトレースをしていたのではないかと思います。 まとめ.

次の