ヒゲダン グッバイ 歌詞。 【楽曲解説】Official髭男dism「Pretender」の歌詞の意味・解釈は?/髭男の新曲は甘く切ないラブストーリー

ヒゲダンの歌詞はなぜグッとくる? Official髭男dism「Pretender」を軸に特徴を読み解く

ヒゲダン グッバイ 歌詞

メジャーデビューからわずか1年ほどで、バンドシーンの最前線に躍り出たOfficial髭男dism、通称・ヒゲダン。 月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌となったメジャーデビュー曲「ノーダウト」は YouTube再生数が1800万回を突破、 USEN J-POPチャートでも1位を獲得。 結果、2018年デビュー組の中で、最もサブスクリプションでの再生回数の多いアーティストになるなど、その快進撃はとどまることを知らない。 つい先月には出身地でもある中国地方のNHK総合が、ツアー最終日に密着したドキュメンタリーを放映。 番組はファンの声に押され、異例の全国放送へと発展した。 「曲を聴くと元気をもらえる」「思わず踊りたくなる」など、老若男女幅広い声も丁寧に拾われており、改めて彼らの現在地が示されたかたちだ。 そんな彼らが、5月15日に最新シングル『Pretender』を発売した。 タイトル曲は先行配信がなされており、Apple MusicではリアルタイムランキングJ-POP部門1位、iTunesではトップソングランキングJ-POP部門1位、総合3位を獲得するなど各種音楽チャートでも好調。 ドラマに続き映画『コンフィデンスマン JP』の主題歌として書き下ろした楽曲とあって、映画の公開と併せて一層の盛り上がりも期待される。 Official髭男dism — Pretender[Official Video] Official髭男dismといえば、フロントマンの藤原聡が繰り出すポップ色全開のピアノサウンドと、ファンクやジャズ、ブラックミュージックの要素を加味したリズム、なによりキャッチーなメロディでリスナーの心をつかんできたバンドだ。 しかし一方で、歌詞もまた魅力的だ。 たとえば新曲「Pretender」は恋の終わりを綴った切ないミディアムナンバー。 〈もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった〉〈君の運命のヒトは僕じゃない 辛いけど否めない でも離れ難いのさ〉と、別れ際の心情が痛いほど伝わってくる。 恋愛はもちろん、仕事や友人関係など日常の機微をすくい上げた等身大の歌詞が、藤原の得意とするところ。 声高に大層なメッセージを掲げる代わりに、時に聴き手の心に寄り添い、また背中をそっと押すような、シーンやストーリーを意識しているように思う。

次の

Official髭男dism(ヒゲダン)の魅力|オススメの曲5選

ヒゲダン グッバイ 歌詞

(オフィシャルヒゲダンディズム)とは2012年6月7日に結成した4人組のピアノPOPバンド。 通称ヒゲダンです。 この特徴的なバンド名の由来は、「髭似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けていきたい」という意思が込められているとのことです。 彼らの代表曲とも言える「Pretender」は、2019年を象徴する曲であり、この大流行は、もはや社会現象となりました。 ボーカルの藤原さんの、力強く響く美声と高い演奏技術が特徴的なバンドですが、よく聴けば聴くほど音のひとつひとつにこだわりを感じ、何回でも繰り返して聴きたくなります。 キャッチーなメロディーで多くの人々の人気を集めていますが、隠された工夫があるからこそ、やみつきになってしまう魅力があるのだと思います。 ここでは、そんなヒゲダンの魅力と、おすすめしたい曲を何曲かご紹介します。 ヒゲダンのメンバー紹介 藤原聡 ふじはらさとし• 担当:ボーカル&ピアノ• ニックネーム:さとっちゃん 小笹大輔 おざさだいすけ• 担当:ギター• ニックネーム:大ちゃん 楢崎誠 ならざきまこと• 担当:ベース&サックス• ニックネーム:ならちゃん 松浦匡希 まつうらまさき• 担当:ドラム• ニックネーム:ちゃんまつ メンバーの出会い 藤原さんが島根大学の軽音楽部で先輩だった楢崎さん、後輩だった松浦さんと出会いました。 そして楽器屋さんのフェスで、小笹さんと知り合って、皆に声をかけたことが結成のきっかけです。 藤原さんは、バンドを長く続かせるためには、それぞれを思いやること、音楽への熱い思いが大切だと語っていました。 ヒゲダンの4人は、それぞれを尊敬しあい、それぞれがヒゲダンを成長させるための方策を考えています。 だからこそ良い音楽を生み出すことができるのだと思います。 ファンとしては、この4人が出会ってくれたことは本当に奇跡的なことで、心から感謝したいなと思っています。 ヒゲダンの魅力 今や国民的アーティストと言えるOfficial髭男dismですが、 どのようなところが彼らの魅力なのでしょうか。 わたしが考える、ヒゲダンの大きな魅力は以下の通りです。 とにかく心に染みる歌詞• 自分の私生活に落とし込みやすい• 歌詞の世界観に入り込める 聴く人それぞれが、自分の人生に当てはめて曲を解釈することができるように作られています。 幅広い年齢層の人々から、愛される理由はそこにあるのではないでしょうか。 聞き手によっていろいろな解釈ができることが、彼らの歌詞の魅力です。 何度も繰り返し聴きたくなる曲• バラード、ノリの良いダンスミュージック、POPSらしい曲と、ジャンルがさまざまある• 思わず口ずさんでしまうキャッチーなメロディー.

次の

Pretenderの歌詞

ヒゲダン グッバイ 歌詞

PretenderはOfficial髭男dismが2019年5月にリリースした曲。 「Pretender」でヒゲダンブームを巻き起こし、2019年NHK紅白歌合戦出場を決めた。 ミュージックビデオの撮影場所は台湾。 電影院とは中国語で映画館のこと。 曲の原題は「グッバイロマンス」。 いざ始まれば ひとり芝居だ 冒頭の「ラブストーリーが、ひとり芝居であること」が重要な手がかりになる。 主人公の男は、ある人のこと好きなんだ。 だけど、相手からはナチュラルに相手にされてない。 だから、彼の恋は、ひとり芝居にすぎない。 もっと違う世界線 それをこの男は理性的に見てしまう。 相手と自分が釣り合わないからって諦めちゃう。 だから、 もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で愛を伝えられたらいいな 藤原聡「Pretender」 と歌う。 グッバイ だから、自分の気持ちにキリをつけなきゃいけない。 それが「グッバイ」だ。 そもそも付き合ってないので、「別れる」って意味ではない。 「グッバイ」は、「好きって気持ちを手放す」という切ない感情だ。 僕にとって君は何? ただ、彼も人間で、理性とココロは違う。 「僕にとって君は何?」の答えは、• ココロにとっては「好きな人」• 理性にとっては「なんでもないタダの知り合い」 けれど、ココロは理性に勝る。 結局、彼は「なんでもないタダの知り合い」と思ってるフリ 英訳:pretend しかできない。 君は綺麗だ 理性とココロに真っ二つにされ、絞り出したセリフが次だ。 たったひとつ確かなことがあるとするのならば 「君は綺麗だ」 藤原聡「Pretender」 「綺麗」は、単に外見が優れていることの表現で、そこに好意は入るとは限らない。 「普通の知り合い」にも使える。 「好き」と言えない彼は、「綺麗」と言うことしか出来なかったんだ。 複雑なキモチ あとは、同じことの繰り返しだ。 好きな子がいる• 釣り合わない自分がいる• 辛いから、好きって気持ちを隠したい自分がいる• だけど、やっぱり好きで「君は綺麗だ」としか言えない なんなら、最後は「と・て・も綺麗だ」。 彼の諦めようとするが、諦められない恋が終わるのはまだ先だ。 彼にとってのゴールは、恋の成就じゃなくて恋の終わり。 そういう恋愛以上、失恋未満の切なく辛い気持ちを歌ったのが「Pretender」だ。 Pretenderは、「好きじゃないふりをして、高嶺の花を諦めようとする草食系男子の恋」の歌なのだ。 原題の「グッバイロマンス」との整合性もある。 間違いない。

次の