資生堂パーラー。 資生堂“美の体験・発信拠点”が新商業施設「ウィズ原宿」にオープン、資生堂パーラーも

【ゼクシィ内祝い】資生堂パーラーの内祝い |出産・結婚祝いのお返し、内祝い

資生堂パーラー

Contents• 資生堂パーラーとは 資生堂パーラーの看板 資生堂パーラーは、1902年日本で初めてのソーダ水やまだ珍しかったアイスクリームの製造と販売を行うソーダファウンテンとして誕生。 1928年から本格的にレストランを開業し、西洋料理の草分け的存在として、また銀座のシンボルとして多くのお客様と美味しい思い出を刻んで参りました。 変わることのない伝統の味と新たな時代の息吹も織り交ぜた銀座の味をお届けしております。 より引用 資生堂パーラーといえば、銀座本店。 11階建の東京銀座資生堂ビルです。 資生堂パーラーに行くなら、まずはこの本店に行きたいものです。 銀座らしい高級感の、贅沢で特別な空間・時間を楽しむ事が出来ます。 銀座本店以外にも、レストランは日本橋、新宿、そして自由が丘があります。 ショップでしたら、東京の各地にお店があります。 自由が丘の「資生堂パーラー」は? 2019年5月18日にとうとうオープンしました。 元は、イオンリカーだったお店です。 資生堂パーラー自由が丘店の外観 自由が丘のお店は、支店として初の路面店。 テラス席もあるレストラン兼カフェ。 ショップも併設されます。 手土産や贈答品にも最適な品揃えになるとのことです。 ガラス張りのお店。 入口のテラスには待合用の椅子が並べており、音楽会でも始まるのかと一瞬思いました笑 店内は、やや狭い印象。 客同士の距離が近い感じがしましたが、落ち着いた雰囲気で、高級感もありつつ素敵なお店でした。 資生堂パーラーの食事系メニュー 資生堂パーラーの伝統的メニューを始め、自由が丘店限定の商品もあります。 また、自由が丘オープン記念として以下のコースが提供されます。 コンソメスープ• ミートクロケット トマトソース• 伝統メニューの中からお好きな料理を一品• サラダ• ストロベリーサンデー• コーヒーまたは紅茶またはハーブティー 資生堂の伝統メニュー• ミートクロケット• カレーライス• コンソメスープ• ハヤシライス• チキンライス• マカロニグラタン• オムライス• ビーフとキノコの和風ピラフ 自由が丘限定メニュー:クレームショコラ 各¥594 資生堂パーラーのデザート系メニュー (出典:資生堂パーラー公式サイトの写真) 素材に合わせ厳選したチョコレートに卵や生クリームなどを合わせてスチームで仕上げ、和素材と合わせたクリームをデコレーション。 ほろ苦いカラメルソースを加え、なめらかな食感に仕立てました。 定番の抹茶、ほうじ茶と季節限定の日向夏の3種類をお楽しみください。 より引用 販売商品に関し、公式HPには以下の商品のラインナップがありました。 パンは温められていました。 甘みのあるパンでした。 お代わりもできたので、嬉しいかったですね。 お次が、「ミートクロケット トマトソース」。 可愛いサイズで登場。 揚げたてか、かなり熱々でした。 衣は薄めで、中はクリームでツナのような具が入ってました。 トマトクリームのソースと良く合って美味しかったですね。 サラダはポテトサラダが入っていてボリュームありました。 メインは資生堂伝統メニューの中から選べます。 筆者は、ハンバーグのデミグラスソースを選択しました。 どこか懐かしい感じの、スタンダードなハンバーグでした。 食後は、苺サンデーとコーヒー。 見た目が美しい。。。 味も美味しい。。 まとめ 銀座本店と比べると、自由が丘店の方が親しみやすい印象のお店でした。 料理はスタンダードな味わい。 特に「ミートクロケット トマトソース」が美味しかったですね。 また、苺サンデーの昔ながらのシルエットにテンションが上がりました。 次回はデザートをメインで行きたいですね。 資生堂パーラーの営業時間・定休日 【営業時間】11:00~21:00(L. 20:30) 【定休日】月曜日 祝日は営業 、年末年始 資生堂パーラーの行き方・アクセス 【住所】東京都目黒区自由が丘1-4-10 quaranta1966 1F【アクセス】「自由が丘駅」北口より徒歩3分.

次の

資生堂パーラー 銀座本店 (シセイドウパーラー)

資生堂パーラー

Contents• 資生堂パーラーとは 資生堂パーラーの看板 資生堂パーラーは、1902年日本で初めてのソーダ水やまだ珍しかったアイスクリームの製造と販売を行うソーダファウンテンとして誕生。 1928年から本格的にレストランを開業し、西洋料理の草分け的存在として、また銀座のシンボルとして多くのお客様と美味しい思い出を刻んで参りました。 変わることのない伝統の味と新たな時代の息吹も織り交ぜた銀座の味をお届けしております。 より引用 資生堂パーラーといえば、銀座本店。 11階建の東京銀座資生堂ビルです。 資生堂パーラーに行くなら、まずはこの本店に行きたいものです。 銀座らしい高級感の、贅沢で特別な空間・時間を楽しむ事が出来ます。 銀座本店以外にも、レストランは日本橋、新宿、そして自由が丘があります。 ショップでしたら、東京の各地にお店があります。 自由が丘の「資生堂パーラー」は? 2019年5月18日にとうとうオープンしました。 元は、イオンリカーだったお店です。 資生堂パーラー自由が丘店の外観 自由が丘のお店は、支店として初の路面店。 テラス席もあるレストラン兼カフェ。 ショップも併設されます。 手土産や贈答品にも最適な品揃えになるとのことです。 ガラス張りのお店。 入口のテラスには待合用の椅子が並べており、音楽会でも始まるのかと一瞬思いました笑 店内は、やや狭い印象。 客同士の距離が近い感じがしましたが、落ち着いた雰囲気で、高級感もありつつ素敵なお店でした。 資生堂パーラーの食事系メニュー 資生堂パーラーの伝統的メニューを始め、自由が丘店限定の商品もあります。 また、自由が丘オープン記念として以下のコースが提供されます。 コンソメスープ• ミートクロケット トマトソース• 伝統メニューの中からお好きな料理を一品• サラダ• ストロベリーサンデー• コーヒーまたは紅茶またはハーブティー 資生堂の伝統メニュー• ミートクロケット• カレーライス• コンソメスープ• ハヤシライス• チキンライス• マカロニグラタン• オムライス• ビーフとキノコの和風ピラフ 自由が丘限定メニュー:クレームショコラ 各¥594 資生堂パーラーのデザート系メニュー (出典:資生堂パーラー公式サイトの写真) 素材に合わせ厳選したチョコレートに卵や生クリームなどを合わせてスチームで仕上げ、和素材と合わせたクリームをデコレーション。 ほろ苦いカラメルソースを加え、なめらかな食感に仕立てました。 定番の抹茶、ほうじ茶と季節限定の日向夏の3種類をお楽しみください。 より引用 販売商品に関し、公式HPには以下の商品のラインナップがありました。 パンは温められていました。 甘みのあるパンでした。 お代わりもできたので、嬉しいかったですね。 お次が、「ミートクロケット トマトソース」。 可愛いサイズで登場。 揚げたてか、かなり熱々でした。 衣は薄めで、中はクリームでツナのような具が入ってました。 トマトクリームのソースと良く合って美味しかったですね。 サラダはポテトサラダが入っていてボリュームありました。 メインは資生堂伝統メニューの中から選べます。 筆者は、ハンバーグのデミグラスソースを選択しました。 どこか懐かしい感じの、スタンダードなハンバーグでした。 食後は、苺サンデーとコーヒー。 見た目が美しい。。。 味も美味しい。。 まとめ 銀座本店と比べると、自由が丘店の方が親しみやすい印象のお店でした。 料理はスタンダードな味わい。 特に「ミートクロケット トマトソース」が美味しかったですね。 また、苺サンデーの昔ながらのシルエットにテンションが上がりました。 次回はデザートをメインで行きたいですね。 資生堂パーラーの営業時間・定休日 【営業時間】11:00~21:00(L. 20:30) 【定休日】月曜日 祝日は営業 、年末年始 資生堂パーラーの行き方・アクセス 【住所】東京都目黒区自由が丘1-4-10 quaranta1966 1F【アクセス】「自由が丘駅」北口より徒歩3分.

次の

【楽天市場】お中元 御中元 ギフト 送料無料 資生堂パーラー グルメ詰め合わせCRN104 東京 銀座 レトルト お返し 内祝い 出産祝い 日持ち:資生堂パーラー

資生堂パーラー

スポンサーリンク 定番のチーズケーキ「プレーン」 これが通年販売されている定番のチーズケーキ。 以前はブルーのパッケージでしたが、一新してカジュアルなデザインになりました。 箱を開けると、トレーにのった個包装のチーズケーキ。 3個入り(税込918円)からあります。 賞味期限は製造より60日。 袋から出すと、透明なケースに納まっています。 デンマーク産のクリームチーズを北海道産の小麦を使ったビスキュイで包んで焼いたチーズケーキです。 裏側を見ると、チーズが詰まっている様子がよくわかりますね。 これが濃厚な味わいで、見た目は小さいのですが満足感は大きく贅沢な味わい。 紅茶やコーヒーはもちろん、ワインにも合います。 3個入りはプチギフトとして、6個入り以上は手みやげにいいですね。 9個、12個、15個入りとあります。 春の「さくら」 春限定の「さくら(チェリーブロッサム)」(2018年)です。 パッケージイラストが素敵ですよね。 イラストは裏側にも描かれています。 原材料もしっかりチェック。 チーズ、小麦粉、砂糖、バター、乳等を主要原料とする食品、水あめ、サクラペースト、液鶏卵、食塩、香料、安定剤(ローカスト)、着色料(コチニール、赤キャベツ)、酸味料、(原材料の一部にゼラチンを含む)。 個包装のパッケージイラストも桜です。 箱の内側には、資生堂パーラーの歴史が紹介されています。 2017年に引き続き「いいご縁、これからも」。 表面の見た目はプレーンとかわりませんが、さくらの花由来のペーストがビスキュイにも中のクリームチーズにも入っているのかな。 中のチーズはほんのり桜色。 さくらの風味もわずかながら感じられました。 紅茶はもちろん、ほうじ茶やお煎茶ともあいますね。 季節限定のチーズケーキは、ぼやぼやしてると売り切れていたり販売終了になってしまいますが、少し待てば次が出てくるので大丈夫。 夏のレモンもいいですよね。 夏の「レモン」 夏限定販売のレモン(2017年)です。 季節限定ものは毎回、パッケージイラストがかわるので、それも楽しみのひとつです。 1928年の資生堂アイスクリームパーラーの店内写真をもとに、昭和初期のモガ(モダンガール)をイメージして描かれたイラスト。 飲んでいるのはレモンのクリームソーダのようです。 ちなみに、2013年のチーズケーキ(レモン)のパッケージはこれ。 デザインが少し違いますよね。 その下のブルーのパッケージが、以前の定番チーズケーキ(プレーン)です。 個包装もレモンがあしらわれたレトロモダンなデザイン。 3個入り税込918円。 賞味期限は製造より60日。 箱の内側には、資生堂パーラーの歴史が紹介されています。 1902年に東京・銀座に誕生して、2017年で115周年。 「115(いいご)縁、これからも」として、当時の建物や店内の写真が紹介されています。 外側のビスキュイ生地にレモンピール、内側のクリームチーズにはレモンペーストが入っているそう。 プレーンと同じような色合いですね。 レモンの酸味がきいたさっぱりとした爽やかなチーズケーキ。 冷やして食べても美味しいです。 紅茶とよく合います。 秋の「マロン」 2015年秋に販売されていたマロンチーズケーキです。 栗の木の下の少女のクラシカルなイラスト。 リニューアル前のパッケージです。 今は透明なパッケージになっていますが、以前はこんな感じだったんです。 3個入り税込918円。 賞味期限は製造より60日。 紙のパッケージもかわいくて好きでした。 毬栗のイガを開くように(ちょっと違うか…)、包みを解くと、お馴染みの形、正四角錐台のチーズケーキ。 そしてほんのり香ばしい焼き栗の香り。 外はしっとりサクサクのマロンペースト入りのビスキュイ、なかはクリームチーズに渋皮マロンソースを加えたクリームが入っています。 チーズの酸味を含んだ栗の甘みがねっとりと口のなかでとろけます。 栗とチーズが合体した不思議な美味しさ。 これは大人のチーズケーキですね。 お子様にはもったいない! 軽く温めても美味しくいただけます。 紅茶でも飲みながら、ゆっくりと味わいたいおしゃれなチーズケーキでした。 資生堂パーラー 資生堂パーラーは、東京・銀座8丁目(当時は出雲町1番地)の資生堂調剤薬局の中にソーダ水やアイスクリームの製造・販売をするソーダファウンテンとして1902年に誕生。 1928年から本格的にレストランを開業し、西洋料理の草分け的存在として注目を浴びます。 1932年頃「花椿ビスケット」を発売。 その後チーズケーキやビスキュイ、レストランの味が気軽に楽しめるカレーやスープなどのレトルト食品が生まれます。 2001年、創業の地に東京銀座資生堂ビルがオープン。 1階に資生堂パーラー銀座本店ショップ、3階にカフェ、店舗、4、5階にレストランがあります。 ちなみに10階はモダンイタリアン「ファロ資生堂」、11階がバー「エス」、地下1階は資生堂ギャラリー。

次の