バジリスク絆2 スルー 期待値。 【期待値&初打ち報告】バジリスク絆2は前作以上に天井狙い向き!【ハイエナ台爆誕】

【バジリスク絆2】最強特化ゾーンの『月下閃滅』突入!自身2回目のエンディングチャンス到来!?

バジリスク絆2 スルー 期待値

前回の記事では、バジリスク絆2における導入前の事前スペックとして、設定1のBT期待値しか公表されていないバジリスク絆2における「設定毎のBT期待値」について考察してみました。 今回の記事では、前回算出した「設定毎のBT期待値」を基に、「 天井狙いの期待値」をシミュレーションで出してみたいと思います。 なお、既に公表されているスペック情報を基に、独自でシミュレーションをおこなった天井狙い期待値算出のため、あくまで参考程度に読んでもらえればと思います。 なお、打ち出しゲーム数は「0G」「100G」「200G」「300G」「400G」「500G」「600G」「700G」の8パターンで実行します。 シミュレーションを行う際に使用する主な数値は以下となります。 ・BC当せん確率 ・BT初当たり確率 ・通常BCからのBT当せん率 ・天井BCからのBT当せん率 ・1回あたりのBC獲得枚数期待値 ・1回あたりのBT獲得枚数期待値 ・天井ゲーム数 ・ベース 1Gあたりの使用枚数 ・BCスルー回数天井 シミュレーション結果 計16パターンを各1000セット分のシミュレーションを行った結果を以下に添付します。 シミュレーション結果の考察 上記項目で出したシミュレーション結果を独自考察してみます。 200Gから期待値はプラス 独自シミュレーションをおこなった結果を見てみると、設定不問で打ちだしG数「200G」から期待値はプラスになりそうです。 実際には、「設定毎のBCスルー回数天井振り分け」が存在するそうで、今回の独自シミュレーションではこの振り分けを考慮していないため、毎回最大スルー回数天井 8回目 を選ぶようにしてしまっています。 ある意味、辛めのシミュレーションとも言えます。 なので、実際の期待値はもうちょい高くなりそうで、打ち出しG数も、もうちょい低くても良いかもしれません。 打ち出し150Gくらいから期待値がプラスになりそう 奇数偶数設定で期待値が異なる BT性能が奇数偶数設定で多少異なるので、天井狙いの打ち出しゲーム数には、注意が必要となるでしょう。 奇数設定はBT性能高めで、偶数設定はBT性能弱めなので、なるべくなら奇数設定と思われる台を狙った方が期待値が高くなりそうです。 1回あたりの天井狙いの期待値は低い 天井狙いの期待値が一番高くなるのは、天井がより近いゲーム数である「打ち出し700G」ですが、その期待値は他の機種と比べてもかなり低いものとなっています。 バジリスク絆2自体がかなりのマイルドスペックなので、1回の天井狙いで大きく期待値を稼ぐというよりは、試行回数で期待値を稼ぐタイプとも言えそうです。 また、有利区間リセット後の700G~800Gで自力BCに当せんしてBT非当せんだった場合、有利区間がリセットされてしまうとの事なので、天井BCである同色BCの恩恵が受けれないケースも出てきます。 しっかりと天井BCの恩恵は受けれそうです。 とは言え、天井により近いG数での打ち出しは、少ない投資でBTに突入させれるチャンスなので、期待値が高いのは間違いないでしょう。 まとめ バジリスク絆2の天井狙いの期待値を独自シミュレーション 辛めのシミュレーション した結果、奇数偶数設定不問で期待値を得る為の打ち出しは以下となりました。 打ち出しゲーム数:200G~ 最低ボーダー 打ち出しゲーム数:400G~ 安定ボーダー 打ち出しゲーム数:600G~ 期待値1000円超えボーダー 実際には、「設定毎のBCスルー回数天井の振り分け」が存在するとの事なので、それを考慮すると、打ち出しはもうちょい低くても良いかもしれません。 打ち出しゲーム数:150G~ 最低ボーダー 打ち出しゲーム数:350G~ 安定ボーダー 打ち出しゲーム数:550G~ 期待値1000円超えボーダー 解説動画.

次の

バジリスク絆2 0スルーは期待値なし?立ち回りはミッション解放必須

バジリスク絆2 スルー 期待値

もくじ• リセット・天井情報 リセット確認の方法 リセットの確認は有利区間ランプが「. リセットから有利区間移行時にレア役で、 「同色エピソードBC」へ当選する可能性があります。 レア役を引いた場合は前兆をフォローしてください。 天井情報• 有利区間開始から800G消化 BC消化G数をのぞく• 同有利区間内でBCを7回スルーした場合 2種類存在します、後者は前作のテーブルと同じような管理なので説明不要かと思いますが、 同有利区間内でという点に注意してください。 有利区間内のゲーム数とスルー回数を確認したい場合は、筐体右部の「PUSH」を押すと確認することができます。 800G同色BCスルー後 有利区間ランプ点灯まで• BT終了後セリフ示唆確認後 有利区間ランプ点灯まで BC短縮確定のセリフのみ次周期をフォローしましょう。 また、終了画面でレア役を引いた場合は即前兆の有無を確認してからやめましょう。 そこにテーブル要素に加えて状態にも依存するという複雑な台構造になっているのはみなさんもご存じだと思います。 0スルーのボーダーが浅い理由 0スルーに限っては非常に浅いボーダーに設定してあります。 その理由としては、非常に簡単で天井到達時は エピソードBCへ当選します。 この恩恵が非常に強力で、逆を言うと0スルーで天井を迎えた場合は必ずBTへ突入し、更に絆高確まで補償されます。 これにより0スルーの期待値は非常に高くなりますが、一方で1スルー以上が発生した場合一気に安くなる可能性が生まれるのも注意が必要です。 基本的にスルー回数以上に、現在ゲーム数のハマりが重要になる これは下に書いてますが、チャンス目からのモード昇格発生率が上昇するからです。 絆2のモードCが前作に比べて弱いのは明白ですが、A. B滞在時が辛すぎるので チャンス目昇格があるかないかで期待値に少なくない差が発生します。 1スルーが安くなる理由 この台の1スルーというのは実は非常に扱いが難しいです。 スルー回数天井があるので、ゲーム数に対してスルー回数が多ければ多いほど期待値はもちろん高く算出されます。 つまり、スルー回数による天井の期待値が下がるので天井に依存する形になります。 ほぼ800Gでの天井勝負となってしまうと安くなってしまうのは明白なので少しボーダーを持ち上げています。 AT終了時の次回モード示唆 セリフを確認するためにはBT終了画面で有利区間ランプが「. 」に変わったタイミングでサブ液晶をタッチするとセリフが発生します。 絆2のテーブル表 テーブル 0スルー 1スルー 2スルー 3スルー 4スルー 5スルー 6スルー 7スルー 1 B B A B A B D — 2 B A B A B A D — 3 B B A B B C D — 4 B A B A C B D — 5 A A A A A A C D 6 B B B C B C D — 7 B A C B C B D — 8 C C C C C C D — 9 C A C A C B D — 10 B C A B A B D — 11 C B B A B A D — 12 B C B C B C D — 13 C B C B C B D — 14 A C A D — — — — 15 A D — — — — — — 16 D — — — — — — — デフォルトパターン 下位テーブル示唆• 弦之助「出立の準備じゃ」• 朧「では、参りましょう」 テーブル表の1~7の下位テーブルへ移行示唆 上位テーブル示唆• 弦之助「怪しき気配じゃ」• 朧「何かが起こる気がします」 朧の場合は、8. 11〜16 弦之介の場合は、8. 13〜16 BC天井短縮示唆• 朧「旅の支度が整っております」 セリフ示唆時に上のランプ発光するので見逃しはないと思いますが、出現したら続行しましょう。 滞在モード モードA滞在時 モードB滞在時 モードC滞在時 以降先 奇数設定 偶数設定 奇数設定 偶数設定 奇数設定 偶数設定 モードA 50. また、設定6のみはずれからモード昇格抽選があります。 モードA滞在時/A:99. 2% B:0. モードB滞在時/B:99. 6% C:0. モードC滞在時/C:99. 6% D:0. 逆にBT中は前作を打ってるのとほぼ同じ感覚で打てるので非常に面白い…。 ハイエナとしての狙い方もゲーム数一本ではなくスルー回数も複雑に絡んでくるので実は安い台ばっかり触ってたなんてことも多々あります。 しかし、最近は0ゲームやめが主流になってきてなかなか拾いづらいという印象ですね。

次の

バジリスク絆2 天井期待値と狙い目

バジリスク絆2 スルー 期待値

前回の記事では、バジリスク絆2における導入前の事前スペックとして、設定1のBT期待値しか公表されていないバジリスク絆2における「設定毎のBT期待値」について考察してみました。 今回の記事では、前回算出した「設定毎のBT期待値」を基に、「 天井狙いの期待値」をシミュレーションで出してみたいと思います。 なお、既に公表されているスペック情報を基に、独自でシミュレーションをおこなった天井狙い期待値算出のため、あくまで参考程度に読んでもらえればと思います。 なお、打ち出しゲーム数は「0G」「100G」「200G」「300G」「400G」「500G」「600G」「700G」の8パターンで実行します。 シミュレーションを行う際に使用する主な数値は以下となります。 ・BC当せん確率 ・BT初当たり確率 ・通常BCからのBT当せん率 ・天井BCからのBT当せん率 ・1回あたりのBC獲得枚数期待値 ・1回あたりのBT獲得枚数期待値 ・天井ゲーム数 ・ベース 1Gあたりの使用枚数 ・BCスルー回数天井 シミュレーション結果 計16パターンを各1000セット分のシミュレーションを行った結果を以下に添付します。 シミュレーション結果の考察 上記項目で出したシミュレーション結果を独自考察してみます。 200Gから期待値はプラス 独自シミュレーションをおこなった結果を見てみると、設定不問で打ちだしG数「200G」から期待値はプラスになりそうです。 実際には、「設定毎のBCスルー回数天井振り分け」が存在するそうで、今回の独自シミュレーションではこの振り分けを考慮していないため、毎回最大スルー回数天井 8回目 を選ぶようにしてしまっています。 ある意味、辛めのシミュレーションとも言えます。 なので、実際の期待値はもうちょい高くなりそうで、打ち出しG数も、もうちょい低くても良いかもしれません。 打ち出し150Gくらいから期待値がプラスになりそう 奇数偶数設定で期待値が異なる BT性能が奇数偶数設定で多少異なるので、天井狙いの打ち出しゲーム数には、注意が必要となるでしょう。 奇数設定はBT性能高めで、偶数設定はBT性能弱めなので、なるべくなら奇数設定と思われる台を狙った方が期待値が高くなりそうです。 1回あたりの天井狙いの期待値は低い 天井狙いの期待値が一番高くなるのは、天井がより近いゲーム数である「打ち出し700G」ですが、その期待値は他の機種と比べてもかなり低いものとなっています。 バジリスク絆2自体がかなりのマイルドスペックなので、1回の天井狙いで大きく期待値を稼ぐというよりは、試行回数で期待値を稼ぐタイプとも言えそうです。 また、有利区間リセット後の700G~800Gで自力BCに当せんしてBT非当せんだった場合、有利区間がリセットされてしまうとの事なので、天井BCである同色BCの恩恵が受けれないケースも出てきます。 しっかりと天井BCの恩恵は受けれそうです。 とは言え、天井により近いG数での打ち出しは、少ない投資でBTに突入させれるチャンスなので、期待値が高いのは間違いないでしょう。 まとめ バジリスク絆2の天井狙いの期待値を独自シミュレーション 辛めのシミュレーション した結果、奇数偶数設定不問で期待値を得る為の打ち出しは以下となりました。 打ち出しゲーム数:200G~ 最低ボーダー 打ち出しゲーム数:400G~ 安定ボーダー 打ち出しゲーム数:600G~ 期待値1000円超えボーダー 実際には、「設定毎のBCスルー回数天井の振り分け」が存在するとの事なので、それを考慮すると、打ち出しはもうちょい低くても良いかもしれません。 打ち出しゲーム数:150G~ 最低ボーダー 打ち出しゲーム数:350G~ 安定ボーダー 打ち出しゲーム数:550G~ 期待値1000円超えボーダー 解説動画.

次の