芸人 し のみ や。 芸人

ロンハー★ニッチェ江上が結婚!相手の男性Aは芸人の前進?画像有

芸人 し のみ や

概要 [ ] 『ドラゴンボール』のキャラクターに扮してネタなどを行う芸人(通称「ドラゴンボール芸人」「DB芸人」)。 はDB芸人を集めて「」を行うなど 、ドラゴンボール芸人たちのリーダー的存在として積極的にイベントなどを行っている。 R藤本の冠番組『』 にDB芸人がゲスト出演することも多い。 元々はそのキャラクターをやっていなかったが、R藤本に言われてそのキャラクターを始めた芸人も複数存在する(サイバイマン、ZTVアナウンサーなど)。 2016年に・田島がに扮してネタを行うようになる と、ブレイクして行った。 徐々にアイデンティティとR藤本、DB芸人の共演が増える。 2018年にはアイデンティティ、R藤本、・山本がレギュラー出演する『』も始まった。 略歴 [ ] 2012年6月8日から不定期でR藤本主催『』が開催される。 2013年3月2日にR藤本作・演出、出演はDB芸人というコメディショー『』を開催。 全340席完売を記録。 ・田島が2015年12月からの声真似芸を始め 、2016年1月からは野沢雅子に扮してネタを行うようになった。 2016年11月3日にはR藤本主催『DB芸人コントライブ「超コント伝説」』にアイデンティティ・田島も出演。 それ以降、youtubeチャンネルやお笑いライブでのR藤本とアイデンティティの共演が多くなる。 2016年7月末、DB芸人の公式HPが開設。 2017年11月23日、R藤本主催『劇団アニメ座DB超』を開催。 全450席完売を記録。 2018年1月から毎月、『』を開催。 2月から『』にアイデンティティ、R藤本、BANBANBAN・山本の4人がレギュラー出演。 同じく上記の4人が2019年4月24日から『』に不定期で出演。 前述の4人での活動が増える。 2020年2月13日 から2月16日、4日間6公演、R藤本主催『真・劇団アニメ座DB ~DB芸人絶滅計画~』を開催。 全6回公演・全2400席完売を記録。 回ごとに変わるアフタートークゲストに 、 、 、 、 、 、 も出演した。 主なDB芸人 [ ] 正式なDB芸人(DB芸人のHPに掲載されている人物、DB芸人オーディションで合格した人物など)と、それ以外のDB芸人を併せて記載する。 複数回ライブ、番組に出演しているDB芸人のみ記載。 主なDB芸人 芸名 キャラクター名 DB芸人として活動開始 2007年6月 2007年7月 2019年11月 2007年3月以前 ・山本 2007年9月以前 2009年8月以前 2012年7月 2019年11月 プラッチック・ 2009年9月以前 2013年9月 2010年10月 2011年12月 2015年9月 2016年6月 2019年7月 ・兼光 フリーザ 2011年以前 2011年12月頃 2017年10月 2012年1月 2012年7月 2013年7月 2017年3月 きしはやと 2012年12月 モリオハザード 2013年9月 2013年9月 2016年9月 プラッチック・ 2013年9月 2014年1月以前 TEAM近藤 2014年4月 ・田島 2016年1月 アイデンティティ・見浦 2016年8月 鳥山明 2017年6月 アムール・ 2016年9月 まりブ 2016年9月 2019年7月 2017年3月 2017年11月 2017年12月 れっぴーず パン 2018年4月 2019年11月 ・フェニックス 2018年6月 2019年11月 ガーリィレコード・高井 2018年6月 2019年11月 アムール・ロッキー 2018年10月 2人のトイボックス・くらっさん 2019年7月 たろちゃん チャオズ 2019年11月 2019年11月 山田ライトニング 2019年11月 引退はしていないが、現在DB芸人としての活動はしていない人物 芸名 キャラクター名 DB芸人として活動開始 BANBANBAN・鮫島 2008年7月以前 ヤムチャ 2011年9月 ・西澤 ヤムチャ ・オカリナ サイバイウーマン 2013年3月 おかずクラブ・ゆいP 泉クリス 2019年4月 芸人またはDB芸人を引退した人物 芸名 キャラクター名 DB芸人として活動開始 引退 ・原田 人造人間17号 2009年5月以前 2016年9月30日芸人引退 盗涙王・中村 カッコントウ・関川 2011年11月 2016年5月の仕事を最後にDB芸人引退 人造人間18号 2016年1月 2017年6月末芸人引退 ケンシロウ 2016年9月 2017年11月末芸人引退 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• パリパリポリパリ(改名前のコンビ名)公式ブログでフリーザに扮した動画がアップされていた。 2007年6月頃にはフリーザの声真似をしていたが、フリーザに扮してネタを行い始めたのが2007年6月頃か2007年9月頃かは不明。 2009年9月30日放送の第21回「」で、イベント「オールナイトdeはじけてまざれ」の企画会議をしている際に、はじまざスタッフWから「ピッコロ芸人がいる」と発言があった。 発言通り2009年10月17日開催の「オールナイトdeはじけてまざれ」でピッコロ芸人が初登場。 2011年12月14日放送の「R藤本の水曜はじけてまざれ! 」の「人造人間16号作ってみた」企画で(当時マラソンマン)が人造人間20号に扮して番組出演した。 2010年にはフリーザの声真似をしている。 2010年からフリーザに扮してネタを行っていたかは不明。 「はじまざ公式ブログ」の2011年12月18日の記事で「セル芸人出てきた」「近々登場するかも」と表記があった。 予告通り2012年1月11日放送の「R藤本の水曜はじけてまざれ! 」でセル芸人が初登場。 それらは「」を使用した「はじまざ公式ブログ」に載っていたが、「ラフブロ」が2014年3月31日でサービスが終了した。 2013年7月3日放送の「R藤本の水曜はじけてまざれ! 」の「セルを作ろう」企画 でツクロークン(当時バドミントンマン)がダンボールで第1形態セルの衣装を作った。 番組終了後も何度か手直しされて最終的な形に仕上がっている。 2019年3月27日放送の「R藤本の水曜はじけてまざれ! 」でパン芸人が初登場。 正式なDB芸人メンバーに加わった。 ドラゴンボールにはは出てくるが、サイバイウーマンは出てこない。 出典 [ ]• 2016年12月14日閲覧。 2013年11月11日閲覧。 2016年12月14日閲覧。 2016年9月9日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2018年2月11日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 2020年3月21日閲覧。 2014年2月21日閲覧。 お笑いナタリー 2015年12月15日. 2016年9月2日閲覧。 2018年9月21日閲覧。 2020年2月19日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 R藤本 2017年12月5日. 2018年9月19日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 番組動画内の15分30秒 - 18分を参照。 2020年3月21日閲覧。 2018年2月11日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2019年2月13日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年3月21日閲覧。 (2012年2月18日時点の)。 2020年2月17日閲覧。 (HP内の写真画像参照)。 2019年10月21日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月29日閲覧。 (2012年12月19日時点の)。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 (2012年1月19日時点の)。 2019年10月21日閲覧。 (2012年1月19日時点のアーカイブ)。 2019年10月21日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 (2014年4月30日時点の)。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月14日閲覧。 2018年2月11日閲覧。 2018年2月11日閲覧。 2020年2月14日閲覧。 livedoorNEWS 2016年10月30日. 2017年4月26日閲覧。 2017年6月13日. 2017年9月16日閲覧。 虹組キララは番組動画内の4分50秒 - 8分30秒を参照。 ケンシロウは番組動画内の12分5秒 - 17分50秒を参照。 2020年2月12日閲覧。 番組動画内の12分30秒 - 16分15秒を参照。 2020年2月12日閲覧。 2019年11月24日閲覧。 2019年2月12日閲覧。 2018年2月11日閲覧。. (2012年2月18日時点の)。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2020年2月17日閲覧。 2019年9月15日閲覧。 2017年11月11日閲覧。. 2017年11月11日閲覧。. 外部リンク [ ]• - 公式ホームページ.

次の

「バラエティ観るの大好き芸人」でわかった人気番組と、局別の内訳(てれびのスキマ)

芸人 し のみ や

なすび(芸人)伝説の懸賞生活がトラウマに!現在は結婚してる? なすび(芸人)伝説の懸賞生活がトラウマに!「何度も死のうと思いました」 なすび(芸人)といえば、壮絶な懸賞生活を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。 1年以上に及んだなすびの懸賞生活は、日本テレビのバラエティ番組「進ぬ!電波少年」内の1企画として、1998年1月に始まりました。 くじ引きで決められた挑戦者のなすびは、何も知らされないままアパートのワンルームに連れて来られ、そこで初めて「人は懸賞だけで生きていけるか?」という企画趣旨を知ります。 衣服を没収されたなすびが渡されたのは、懸賞雑誌とハガキのみ。 番組スタッフとの交流も基本的にないまま、1人で黙々と懸賞に応募する生活を送りました。 なすびの懸賞生活は、日本国内で約1年間、韓国で約3カ月行われました。 企画終了後に発売したなすびによる「懸賞日記」は、ベストセラーになったほどの人気だったこの企画。 1998年10月からはインターネットでの生中継も始まり、アクセスは1600万人にもなったそうです。 企画終了の条件は、日本国内の時は、100万円分の懸賞を当てること。 韓国の時は、日本までの航空チケット片道分の懸賞を当てること。 しかし韓国の場合は、「航空チケット」という漠然とした目標だったため、スタッフによってエコノミークラスからビジネスクラスへ、最終的にはファーストクラスの価格にまで引き上げられてしまいました。 番組からなすびに支給される食料は、乾パンやキムチのみで、それ以外の食料や生活道具も、懸賞を通して手に入れる必要があります。 そのため、乾パンがなくなってお米もない状態のときには、懸賞で当たったドッグフードを食べたり、生肉が当たっても調理道具がないときは、ボールペンに刺して炙ったりと暮らしていたなすび。 衣服を没収されたために生活は全裸でしたが、なすび自身、次第に全裸生活に順応していきます。 とはいえ、やはりそれは、なすびにとってもとてもつらい経験だったようです。 懸賞生活終了後の記者会見で、また同じような企画があったらやってみたいかと尋ねられたなすびは、「もう金輪際二度とやりたくありません!」と答えています。 また、「自分のやりたいことと、世間のイメージとのギャップに悩んだ」「ずっと1人で同じ作業の繰り返しがつらかった」とも語っており、企画終了後一時期は「精神的におかしく」なり、「何度も死のうと思いました」と当時を振り返っていました。 しかし、この企画を通してなすび自身が、人間として「底が深くなった」とも語っています。 現在は、舞台などやりたいことをやりながら幸せを追求しているとのことです。 ちなみに、番組企画でインターネットの生中継をした際は70万円以上の収益があり、「懸賞日記」の日本編全4巻、韓国編全2巻の売上もとても大きなものになりました。 生中継の収益は、愛の小鳩事業団(当時)へ全額寄付され、「懸賞日記」の印税は、すべてなすびに支払われているということです。 なすび(芸人)は4月1日に福島県喜多方市にて結婚していた! なすび(芸人)は、過酷な懸賞生活を終え、もともと志望していた舞台での喜劇俳優として活躍するようになりました。 しかし、その後のなすびがどのような活動をしているのかを知っている人は少ないでしょう。 そこへ衝撃的なニュースが。 2015年に、なすびが、福島県喜多方市の一般女性と結婚したというのです。 しかしその日付は4月1日……勘の良い方はお分かりかと思いますが、エイプリルフールです。 なすび結婚の一報は、どうやら喜多方市が仕掛けたジョークだったようです。 その後、実際になすびが結婚したのかどうかは定かではありませんが、特に話題が出ていないところを見ると、まだ結婚はしていないといえそうです。 なすび(芸人)エベレスト挑戦も不運続きだった!登頂成功までの軌跡! なすび(芸人)エベレスト挑戦も不運続きだった!エベチャレ3度の失敗 なすび(芸人)は、懸賞生活という過酷な日々を乗り越えた後、地元福島のローカル番組への出演や、舞台で、活躍してきました。 しかし、2011年、東日本大震災と福島第1原発の事故が起こります。 そのため、なすびは、故郷の福島でボランティア活動を開始。 その後、「福島に興味を持つきっかけにしてほしい」と、エベレストへの挑戦を始めました。 2013年から始まったなすびのエベレストへの挑戦は、通称「エベチャレ」。 エベレストは8848mあるヒマラヤ山脈で最も高い山で、その登頂付近に、約300人の遺体が眠るといいます。 なすびの最初のエベレスト挑戦は、天候の悪化により、頂上までほぼあと100mのところで撤退という無念な結果に終わりました。 続く2014年、なすびは再び登頂を試みますが、雪崩事故が発生したため失敗。 2015年の挑戦は、ネパール大地震のため、外国人の登山そのものが禁止されてしまいました。 なすび(芸人)登頂成功までの軌跡!懸賞生活で培った精神力で4度目の正直 なすび(芸人)の4度目のエベチャレは、2016年5月に行われました。 3度の失敗をバネにして進むなすびを登頂までガイド・同行した登山隊は、「けんけん隊長」「ばんばん」「西やん」「日比やん」でした。 そして2016年5月19日、ついになすびのエベレスト登頂が達成されます。 登頂の瞬間、「けんけん隊長」から日本の仲間に衛星電話が入りました。 なすびの公式Twitterでも、「エベレスト8848mの山頂です!青空!」と登頂の感動を伝えています。 ところでこのなすびのエベチャレ、費用がいくらかかったかご存じでしょうか。 2016年9月15日に、ダウンタウンの「ダウンタウンDX」に出演したなすびによると、総額で2000万円だったそうです。 スポンサーには頼らず、すべてを自身の借金や自己資金、クラウドファンディングで集めています。 クラウドファンディングとはインターネット上で資金を募るシステムですが、この力はとても大きく、なすびの挑戦を応援する人々によって、合計1000万円にもなったとか。 同番組で懸賞生活について言及されたなすびは、「懸賞生活とエベレスト登山を比べたら、懸賞生活のほうがキツいし、辛い。 もう1回懸賞生活やれって言われたら、エベレストに100回登りますよ」と答えています。 自分がエベレストに登れたのは、懸賞生活で鍛えた精神力の強さがあったからとも語っていました。 エベレスト登頂を果たすものの、頂上自体は「畳10帖分くらい」しかない上に、付近は人が多く、あまり長居はできなかったそうです。 実際、頂上に滞在した時間はわずか10分。 その後、また世界最高峰の山を下りる道が始まったのでした。 なすび(芸人)の福島復興にかけた想い!故郷への愛と役者としての人生 なすび(芸人)は、2011年の東日本大震災直後、故郷である福島でのボランティアを開始しました。 自身が行くことで、被災した方々が笑顔になってくれるのを見て、声が掛かればどこへでも赴き、何でもしてきたといいます。 なすびの福島復興の願いは強く、2011年8月には、四国八十八カ所を17日間かけて巡礼。 また、2013年から始まり2016年に達成したエベチャレも、福島を応援し、震災の記憶や支援を風化させたくないという想いを「テッペンから」発信したくて、何度も挑戦したとのことでした。 2016年9月には、KFB福島放送「なすびの疑問 パート4」が始まっています。 大震災直後から始まった同番組は、なすびの「復興に向けて進んでいく福島県に寄り添い、これからも諦めずに努力を続けて参ります」という想いと共に作られており、パート1では、除染に関する不安や悩みの解消と放射線の基本的な知識を発信。 パート2およびパート3では、除染後の生活、福島の水や米の安全性、避難指示が解除された地域がどのような取り組みを行っているかを伝えてきました。 今回のパート4では、避難指示が解除されたり、解除を控えた地域の今の姿を見ていくということです。 なすびが抱く故郷福島への愛。 それが、大震災以降の彼の活動の推進力でした。 しかし、なすびが、ずっとボランティア活動だけをしているのかと言えば否。 もともと志していた喜劇俳優として、テレビや映画、舞台などに出演中です。 代表的なところでは、「電車男」や「TRICK」「嫌われ松子の一生」などのテレビドラマをはじめ、「るにん」「M」などの映画、「カサブタかきむしれっ」や、時代劇「花の下にて」などの舞台で、役者としての姿を見せています。 現在は、そうした役者としての仕事の合間に福島へ行っているとのことで、日刊ゲンダイデジタル版のインタビューでは「どうです、けっこう忙しくて、『あの人は今』って感じじゃないでしょ」と笑っていました。 諦めずに努力し続けていれば夢は叶うと訴えるなすび。 彼自身のボランティアや福島への貢献、エベレストの登頂成功は、その言葉に説得力を与えます。 想いと言葉と実行の3つが伴ったなすびの活動は、これからもさまざまな人の力となっていくことでしょう。

次の

東野幸治 5~7日YouTubeライブで“生存確認電話”、音声のみ「芸人のメンタルが心配」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

芸人 し のみ や

公認会計士の星野光樹さん(27)と元リクルートで高IQ集団「MENSA」会員の一平さん(27)というハイスペックコンビ「Gパンパンダ」。 筑波大学附属中学・高校、早稲田大学と同級生で、デビュー2年目で若手芸人の登竜門「NHK新人お笑い大賞」で優勝し、一気に注目を集めました。 新型コロナウイルスによる自粛生活が続いていますが、公認会計士として給付金関連の相談を受ける中で、星野さんはよりリアルに窮状を感じていると言います。 そんな中、いち早くリモートを駆使したコントやソーシャルディスタンスを逆手に取ったコントを展開。 公認会計士として見えるもの 星野:「公認会計士をやっています」と言うと、そちらでしっかり収入があると思われがちなんですけど、そんな感じでは全くないんです 笑。 多くの芸人さんが、例えば、居酒屋さんのアルバイトをして生活費を稼ぎながら芸人をやってるみたいな感じで、公認会計士として確定申告を請け負ったりして最低限のお金を得て、残りの時間は芸人としてネタ作りなどをしています。 ただ、期せずして、新型コロナウイルスで仕事が増えている部分もありまして。 もともと、確定申告の時期は芸人仲間もたくさん相談に来るので忙しくなるんです。 それが落ち着いたと思ったら、今度はコロナに関する給付金関連の相談がドッと押し寄せまして。 平均して一日5~10件は電話がかかってきます。 自粛が本格化してから今まで200件くらいお話がありました。 去年に比べて収入が激減した芸人さんもたくさんいますし、芸人仲間のみならず、飲食店の店主さんや企業の経営者さんからも東京都の感染拡大防止協力金の相談もいただいています。 ただ、芸人仲間からの相談は仕事としてお金をもらうのはなかなか難しいので、個人的に相談に乗って「御礼に、メシおごるわ」という感じです。 なので「今度おごってもらえる券」が百数十枚ストックされている状況で、かなりの期間、ご飯は食べられそうです 笑。 でも、本当にリアルな話、普段芸人同士ではなかなか話さないことも、こういう局面では見えてきたりもしてますね。 一平:普段は相手の懐具合や仕事の細かいところまで聞かないですもんね。 星野:そこは芸人仲間というよりも、公認会計士として聞きますからね。 収入や仕事について。 そのやり取りの中で「いつ頃、振り込まれるものなのかな?」「何か進展あった?」などと頻繁に尋ねてくる人もいて。 自ずと逼迫感が伝わってくる場合もあります。 収入が激減して、とにかく早くお金がほしい。 いつ振り込まれるかによって動きが変わる。 場合によっては、芸人という仕事に見切りをつけないといけない。 そういうヒリヒリするような思いも感じてしまってます。 芸人になるための資格 星野:まさかこんな局面が来るとは思ってませんでしたけど、そもそも僕が公認会計士になったのは、おかしな話に聞こえるかもしれませんが、芸人になるためだったんです。 一平:今は会計士もしてますし、すごくしっかりしたキャラクターみたいになってるんですけど、中学の頃は本当に軽~い感じでした。 「どぉ~も~、星野です!」みたいに 笑。 星野:もともと、僕らは中学からの同級生でして。 当時から、僕はとにかくお笑い芸人になりたくて、まずは文化祭でお笑いをやりたい。 目立ちたい。 そんな思いで相方を募集したら、唯一、クラスで手を挙げたのが一平だったんです。 中高一貫の学校だったんですけど、高校を出たら、そのまま吉本興業の養成所・NSCに入るつもりでした。 ただ、厳しい世界だし、親としてはしっかりと生活の糧を獲得できる資格を取ってもらいたいという思いがある。 そう伝えられまして、結果、進学して公認会計士の資格を取ることを決めたんです。 あくまでも、その先に芸人を見据えた上で。 一平:たまたま、二人とも早稲田の商学部に入りまして。 そこでお笑いのサークル「早稲田大学お笑い工房LUDO」に所属して、コンビを組んだんです。 星野:会計士になるには、まず試験に受からないといけないんですけど、そこから2年間の実務がないとなれない。 僕は20歳で試験に合格して大学4年から実務に入り、卒業後の1年と合わせて計2年。 そこでやっと公認会計士としてスタートが切れるという流れでした。 一平:僕は卒業してリクルートに入社しました。 ただ、ちょうどその頃(2015年)に「M-1グランプリ」が復活しまして。 星野とはまた違う大学の同級生と出場して、それがウケたんです。 そこで気持ち良さが再燃しました。 もともと僕は「M-1」に強い思い入れがありまして。 それが復活したのに、端から見ているだけというのがすごくもったいない気がしまして。 せっかく東京マラソンがあるのに、沿道で見てるだけ。 そうではなく自分も走りたい。 その気持ちが大きくなって、他にも相方を考えたりもしたんですけど、最終的に星野に打診をしようと。 星野がダメなら、もう、その道はあきらめようと決めて話をしたんです。 星野:その頃、僕はあと数カ月で実務を終えて資格を取れるあたり。 いわば、やっと芸人への一歩が踏み出すスタートラインが見えてきたあたりで、僕も、他にも相方を考えたりもしてたんですけど、考えた末に一平と組みました。 一平:晴れて資格を習得して、芸人になるという意味分かんない流れですけど 笑。 結果が出ない日々 星野:ただ、入ってからが大変でした。 入りたくて入った世界ですし、基本的には楽しいんです。 でも、結果が出ない。 学生の頃のネタのスタンスは、僕がひょうきんもので相方がツッコミ。 それがベースの形でした。 芸人の世界に入ってからも、基本的にはそのパターンだったんですけど、事務所ライブでも、賞レースでも結果が出ない。 ということは、その形に無理がある。 もしくは、限界点がある。 そういうことだなと。 そこで、もう一つ奥まで考えると言いますか、それぞれの人間性や立ち位置みたいなことを見直しました。 確かに、僕は昔からお調子者ではあったけど、それは目立ちたいがためのことで、よく考えたら、根っからのひょうきんものということではなかった。 一平も、定型通りにというか、演技をしっかりするようなことに向いているわけではない。 再度そんなことを精査して、本来の自分たちになるべく近い形にモデルチェンジしたんです。 一平:中期的な目標を作って、そのためには何が必要なのか。 特にネタを作ってる星野はそこを考えてくれてますね。 星野:もちろん、今の形が完成形ではなく、同じようなパターンが続いても見飽きちゃうかと思いますし、まだまだ形を模索していくとは思います。 今回もコロナがあって、オンライン会議やオンライン面接を使ったコントというのを考えました。 時期的にはかなり早くからやってまして、自分たちのYouTubeチャンネルにアップしてました。 一平:3月の時点でそういうものを出してたんですけど、いかんせん知名度が低かったので目立たなかったですけど 笑。 取材をしていただいても、そういうタイトルで記事を書いていただくことも多いんです。 となると、見ていただく方々の印象としては「コイツら調子乗ってんな!」「ムカつくなぁ…」「ナニ自慢してんだよ」とか、そういう思いにもなりやすい。 それは事実として、重々承知しています。 話が壮大になっちゃうかもしれませんけど、最初に「横山エンタツ・花菱アチャコ」師匠が今の漫才の形を発明されて、そこからテレビが出てきたり、インターネットができたり、いろいろな変化がもたらされました。 今回のコロナも、お笑いの在り方が大きく変わる時期だと思っているんです。 「これならみんなが楽しめる!」というものを提示する。 そして、そうなりたいという思いもあります。 一平:2018年に「NHKお笑い大賞」で優勝したんですけど、あれは、全ての条件が奇跡的に整ったというか、全部が全部、最高の目が出たというか。 その結果、優勝できたというのは、自分たちが一番分かっています。 なので、2019年はその結果に追いつこうとした年でした。 そして、今年に入ってやっとコントの妙味というか、ネタ作りの面白さの歯車が噛み合ってきた。 そこでのコロナでした。 でも、どんな世の中になっても対応できる。 そうじゃないといけないと思いますし、例えば、ソーシャルディスタンスを活用したコントなんかもやってきました。 以前「ゲスの極み乙女。 」の川谷絵音さんがされているラジオ番組に呼んでいただいたことがありまして。 ラジオのみならず、食事などにも誘っていただき、その中で言っていただいた言葉が、今より一層、心に響いています。 去年「アメトーーク!」(テレビ朝日)に出してもらったんですけど、そこで僕の言動がもとでネット上でプチ炎上することになってしまいまして。 そんな話を僕がしたら、川谷さんがおっしゃったんです。 「オレより炎上してる人なんていないから大丈夫。 物を作る人間で一番大事なのことはいいものを作ること。 いいものを作っていれば大丈夫だから」 実際、川谷さんにいろいろな声は寄せられたのかもしれないけど、いいものを作り続ければ支持する人は必ずいる。 僕が言うのはおこがましいですけど、それを本当に体現されているなと。 とにかく、いいものを出し続けよう。 それを強く思っています。 …よく考えたら、ここまで二人ともほとんど面白いこと言ってないですけど、これは大丈夫なんですかね 笑 ? 星野:それで言うと、さっき言ってたリクルートを辞める時の東京マラソンの例え。 一平:ボケにしたら、相当繊細な味 笑。 ともに東京都出身。 筑波大学附属中学・高校の同級生で、二人とも早稲田大学商学部に進む。 星野は20歳の時に公認会計士の試験に合格し、税理士の資格も所持。 一平は大学卒業後、リクルートに就職。 高IQ集団「JAPAN MENSA」の会員でもある。 大学時代は二人ともサークル「早稲田大学お笑い工房LUDO」に所属。 大学卒業後はそれぞれ社会人として働くが、2015年に「M-1グランプリ」が復活したことを受け、16年にワタナベコメディスクールに入学。 同スクール卒業後の17年にワタナベエンターテインメント所属となる。 18年には「NHK新人お笑い大賞」で優勝。 リモートやソーシャルディスタンスを活用したコントなども展開している。 YouTubeチャンネル「GパンパンダBamboo! youtube.

次の