ファミペイ 収納 代行。 ファミペイでiTunesカードは購入できるの?

【2020年6月最新版】自動車税や固定資産税などの税金・公共料金等の支払いでポイント付与はnanaco?Famipay(ファミペイ)?PayPay?あるいは?

ファミペイ 収納 代行

ファミペイは税金・公共料金・収納代行の支払いに対応してるの? 先に結論を言っておくと、ファミペイは 収納代行による「税金」「公共料金(電気代、ガス代、水道料金等)」に対応しています。 以前、ファミペイ公式ページで公表されていた「買える物?買えない物?早見表」にも記載されていました。 還元率 通常、ファミペイでは200円(税込)につき1円のFamiPayボーナス(還元率0. しかし、収納代行により税金や公共料金を支払った場合は、 1件につき10円分のボーナスのみ付与されます。 一部対象外商品を除いて、10円分のボーナスが還元されます。 実際、ファミペイで税金が払えたという声があがっています ネット上でもファミペイで住民税、固定資産税、自動車税が支払えたという声があがっています。 噂通りファミペイで住民税いけた!よくOKにしたなぁ。 ファミマ店員より投下しておきます。 ・ガス料金 ・水道料金 ・電気料金 ・税金 の代行収納は にて支払う事が可能です。 また、還元率 ? 未確定ではありますが、ポイントも付くそうです。 お店の方は「ファミペイ初めてのお客様なので勉強になります!」だって。 ファミペイしてみた 都民税は払えた健康保険は払えなかった 先に都民税やったから5000円無駄にチャージしちまった — 【はろ】ぜろるど勢 Haroldsanjp まとめ ファミペイの収納代行の扱いについてまとめると、• また、収納代行での還元率は0.

次の

【2020年6月最新版】自動車税や固定資産税などの税金・公共料金等の支払いでポイント付与はnanaco?Famipay(ファミペイ)?PayPay?あるいは?

ファミペイ 収納 代行

ファミペイ FamiPay で公共料金の支払いができる ファミペイ FamiPay で電気代やガス代などの公共料金、各種税金などの収納代行を支払うことができます。 FamiPayボーナスは1件あたり10円相当 FamiPayでは支払い200円につきFamiPayボーナスが1ボーナス付きますが、公共料金や税金などの収納代行の支払い時には1件につき10円相当となっています。 参考 税金の支払いもできる ファミペイでは電気料金や公共料金の他に住民税などの税金納付も可能です。 参考 コード決済は公共料金の支払いができない ファミリーマートではFamiPay以外のLINEPay、PayPay、楽天Pay、d払いなどのコード決済に対応していますがこれらのコード決済では公共料金の支払いができません。 公共料金支払いはファミペイ FamiPay の大きな優位性になっていくと思われます。 ファミペイ FamiPay はファミリーマートKaemaのみ使える 2019年7月1日 月 ファミペイ FamiPay サービス開始時にはファミリーマートとネット通販サイトKaemaでの利用のみに限られます。 ファミリーマートアプリがFamiPayアプリへ 従来のファミリーマートアプリがファミペイ FamiPay として生まれ変わってスタートされます。 ファミマTカードで随時キャンペーンか? 導入時点ではファミマTカードのチャージで還元されるキャンペーンを実施しましすが、 今後もファミマTカードでファミペイ FamiPay 独自のキャンペーンが随時実施されるかもしれません。 に登録できる唯一のクレジットカード• ファミリーマートの利用なら200円でにつきいつでも4ポイント貯まる• コード決済で公共料金支払いはできるようになっていくか ファミペイ FamiPay では公共料金や税金などの収納代行の支払いができますが、同時期にリリースされた7payでは対応していません。 LINEPayではアプリ上で支払えるようになっていることもあり、今後公共料金に支払いができるコード払いが増えていく可能性はあります。 消費者としましてはファミペイ FamiPay に限らず数多くあるコード決済の正しい情報を使い分けて、キャッシュレスリテラシーを身につけていきたいものです。 NO CASHLESS NO LIFE.

次の

ファミマTカードが最強カードに変身した3つの理由 / 公共料金や税金でも15%還元? #ファミペイ

ファミペイ 収納 代行

支払い上限は? 【nanaco】は一度の支払いに5枚まで利用できると言われています。 (店舗による) ただし、1枚のnanacoカードでも「残高5万円+センター預かり5万円」という状態で、途中で残高照会してもらえば10万円までの支払いはできます。 この技はnanacoカードのみです。 公共料金・税金等の収納代行・【Famipay(ファミペイ)】の場合 【Famipay(ファミペイ)】で公共料金・税金等の収納代行の支払いをすると、一律で10ポイントのファミペイボーナスが付与されます。 【Famipay(ファミペイ)】へのクレジットチャージでポイントが付く方法があります。 それは「ファミマTカード」でチャージすること。 ファミペイチャージでポイントが付くクレカは「ファミマTカード」だけです。 ファミマTカードで付くポイントはクレジットポイントのTポイントではなく、ファミペイボーナスで付きます。 還元率は0. 5%です。 ファミマTカードで0. 5%還元率です。 (ファミペイボーナス付与) 年会費 無料 追加カード ETCカード 還元率 0. 5%~ ポイント Tポイント 付帯旅行保険 なし 電子マネー機能 なし Apple Pay 登録可(iDとして利用可能) FamiPay(ファミペイ)へチャージできるクレジットカードは「ファミマTカード」しかありません。 nanacoへのクレジットチャージでもポイント付与があるので、FamiPay(ファミペイ)をお得に利用したい&nanacoチャージでもポイント付与を求めるなら「ファミマTカード」です。 支払い上限は? 「ファミマTカード」でのチャージ上限は以下になります。 公共料金・税金等の収納代行・【PayPay】の場合 「PayPay」残高支払いで、公共料金・税金等の請求書払いが可能になっています。 ただ、今のところ払えるものが少な目なのが難点です。 PayPay残高払い・請求書払い利用特典は、PayPay決済金額の0. 5%のPayPayボーナス付与です。 支払い上限は? PayPay残高からの支払い上限は、過去30日内で200万円、1日で50万円です。 ただ、チャージとの兼ね合いから考えると、ソフトバンク・ワイモバイルユーザー以外は、ヤフーカードを使ったチャージとの合わせ技で、お得な上限は1日最大25万円と考えておいたほうがよいでしょう。 (青いバッジがついている+本人認証設定済みヤフーカードの場合なので、条件は厳し目です。 ただ、今のところ払えるものが少な目なのが難点です。 還元率としては、「VISA LINE Pay カード」を持っていないとお得になりません。 支払い上限は? 税金の請求書支払いは30万円まで利用可能です。 公共料金・税金等の収納代行・【au PAY(auペイ)】の場合 【au PAY(auペイ)】でも「au PAY 請求書支払い」があります。 ただ、今のところ払えるものが少な目なのが難点です。 クレジットカードの場合は?国民年金なら「エポスゴールドカード」がすごい 電子マネーやQR決済ではなく、クレジットカードからの引き落としでもお得なものがあります。 「エポスカード」を利用しているとインビテーションがくることがありますが、インビテーション経由で入会する「エポスゴールドカード」は年会費永年無料。 このルートなら「エポスゴールドカード」の年会費はかかりません。 (もちろん「エポスゴールドカード」は秀逸なクレジットカードなので、年会費5000円(税込み)を払っても入る価値はありますが。 ) 「エポスゴールドカード」には「選べるポイントアップショップ」という特典があります。 3つの店舗を選択できポイント3倍=1. 5%還元率。 「選べるポイントアップショップ」には、モバイルSuicaやJR東日本などのほかに、以下の公共料金も選択可能です。 公共料金 朝日新聞、NHK放送受信料、ENEOSでんき、大阪ガス、沖縄電力、関西電力、九州電力、京葉ガス、国民年金、西部ガス、四国電力、静岡ガス、仙台市ガス、中国電力、中部電力、東京ガス、東京電力、東京都自動車税、東京都水道料金、東彩ガス、東部ガス、東邦ガス、東北電力、日本経済新聞、福岡市水道料金、北陸電力、北海道ガス、北海道電力、ヤフー公金支払、横浜市水道料金、読売新聞、レモンガス つまり、国民年金やヤフー公金支払(別途決済手数料必要)で 1. 5%還元率が可能です。 さらに「エポスゴールドカード」にはボーナスポイントやリボ払いもあるので、もう少し上乗せも可能。 国民年金や税金の支払いには、お得なクレジットカードがないかチェックすることも1つの手です。 まずは「エポスカード」からです。 Google Pay(グーグル ペイ)に登録可能。 ただ、対象は少なめです。 ヤフー公金支払いは? 「Yahoo! 公金支払い」は、クレジットカードかTポイントから支払いができます。 ただし、決済手数料が取られるものもあるので、還元率としては他よりも落ちることになります。 新規なら「セブンカード・プラス」で0. 5%還元。 5%程度は可能。 ただし上限金額注意。 収納代行でなくクレジットカード利用も要チェック。 支払うものや、どこまで手間をかけてもよいか、バランスを図りながら選択することがおすすめです。 自動車税・軽自動車税なら要チェックです。 まずは「エポスカード」からです。 Google Pay(グーグル ペイ)に登録可能。 (ただしQUICPayクイックペイとしては利用不可).

次の