犬 仕事 求人。 動物関係の仕事・求人 《採用情報》

【訓練経験者優遇!!未経験者歓迎!!】成田空港探知犬訓練センター/検疫犬ハンドラー、訓練士の募集!/正社員/千葉県成田市|トレーナーの求人・転職・募集ならアニマルジョブ

犬 仕事 求人

愛犬家の皆さんの中には、犬に限らず、動物全般が大好きな方も多いでしょう。 子供のから動物に関わる仕事に就くのが夢だった、これからペット関係の仕事に就く準備をしたい、という方もいるかもしれませんね。 就職するためには資格が必要なのか、資格を持っていなくても就職できるのか、とても気になりますよね。 今回は、動物やペットに関わる仕事について紹介します。 その仕事に向いている人や、仕事内容にも触れていきます。 ペット関係の仕事に就くには資格が必要? 「ペットは家族の一員」という考え方が広まった現代では、ペットに携わる仕事も増えてきています。 ペットや動物に関係する仕事といえば、どんな就職先にも専門的な資格が必要不可欠なのではないか?と想像しがちです。 しかし実は、ペットに関係する仕事の中で、国家資格を必要とするものは「獣医師」のみなのです。 ペット関係の資格の殆どは民間団体の資格で、資格がなければ就職できないという職種は少ないですが、その就職先・職種によって、民間団体の資格が役に立つ、就職や独立がしやすいというメリットもあります。 資格が必要なペット関係の仕事は? 資格を必要とする(持っていると役に立つ)就職先はどのようなものか、就職方法や仕事内容、向いているのはどんな人なのか、一例を紹介します。 その後、獣医師国家試験に合格し、獣医師免許の取得が必須となります。 実は動物病院で勤務する以外にも、獣医師資格を持つ人には沢山就職先があります。 地方自治体や、動物園、はたまた製薬メーカーで会社員をしている獣医師も少なくありません。 獣医師という職業は、実はかなりの狭き門。 では獣医師になるには、どんな大学に行き、何を学ぶのでしょうか? 仕事内容は、動物病院にて、犬・猫や小動物を対象とした診療・怪我や病気の治療を行うのが主です。 動物病院に努めるのが一般的ではありますが、産業動物獣医師として公務員になったり、臨床獣医師として水族館・動物園などに勤務することも可能です。 獣医師には、動物に対する愛情は勿論必要ですが、冷静に現実を受け止めて対処できる精神力も要します。 そして、幅広く専門的な知識が不可欠です。 常に研究熱心であること、動物の為に努力を惜しまないことが重要なのです。 更に、仕事をする上で体力も欠かせません。 急患があれば休みが取れないことも多いでしょう。 そして、相手は病状を言葉では伝えられない動物です。 些細な行動やサインを見逃さない洞察力や柔軟な対応ができる発想力も必要となるでしょう。 動物への愛情や努力を惜しまない姿勢を常に持てる人、動物を守ることに生きがいを感じられる人が向いているといえます。 ちなみにこの資格は民間資格ですが、2012年2月から動物看護士資格の統一認定試験がスタートしており、今後は動物看護士の資格が一本化されていくようです。 主な仕事は、動物病院などで獣医師のサポートをすることや、患者さんの受付・検査・入院中の看護・院内の清掃・手術補助・薬品の調剤などにあたることです。 更に、来院する飼い主さんに対して病状を分かりやすく説明する、という重要な仕事もあります。 患者のペットや動物に限らず、飼い主さんにも誠実な対応をできることが必要です。 動物看護士の場合、獣医師と共通する部分が多くあります。 まず、動物やペットが好きであることは重要な資質です。 加えて、精神的な強さ、体力に自信があることが必須条件といえるでしょう。 獣医師同様、動物の最期を看取る場面や、辛い治療を目の当たりにすることは多いので、精神力が強くなければ務まりません。 急患に対応する為の体力も必要です。 更に看護師の場合、コミュニケーション能力の高さも大切です。 飼い主さんへの応対も仕事の一つなので、不安を和らげるような会話力や、的確に病状を伝えられる能力が重要といえるでしょう。 専門学校などで学ぶことで、この知識を得ると共に資格を取得することができるので、トリマーの資格を取得してからペットショップ・サロンなどに就職するのが一般的でしょう。 しかし中には、通信講座で学んだ後にアルバイトをして、技術・知識力を磨く方もいるようです。 主な仕事内容は、ペットサロンなどで、シャンプー・カット・爪切り・耳掃除など、美容に関するケアを行うことです。 美容といっても、ペットにとっては健康維持にも繋がる大切なケアが殆どだといえるでしょう。 トリマーも動物が相手なので、ペットや動物が好きであることは大前提です。 そして、手先の器用さやセンスも重要な資質といえます。 大型犬を相手にトリミングをしたり、ペットが暴れる場合も珍しくないので、体力も必要です。 更に、飼い主さんの要求を汲み取る為、信頼関係を築く為のコミュニケーション能力も要します。 資格のいらないペット関係の仕事は? 次は、一般的に特別な資格が必須でない就職先について、就職方法や仕事内容、向いているのはどんな人なのか、一例を紹介します。 アルバイトとしても関わりやすい就職先ともいえるでしょう。 主な仕事は、接客・店内清掃・販売するペットの世話・ペット用品の管理などです。 種類によってもそれぞれの知識を要します。 飼い方や体調管理の仕方、フードについても、顧客に対してアドバイスするのも重要な業務の一つです。 他にも、商品のポップ作りや、販売するペットの写真などで店内を装飾するなど、店舗によって幅広い業務を行うこととなるでしょう。 販売店員なので、コミュニケーション能力の高さは必要不可欠です。 顧客に対して、その動物の良さや飼い方のアドバイスを的確に伝える必要があるので、どんな質問にも返答できるように、その動物に対する知識があることも大切ですね。 いずれも個人経営である場合が多く、アルバイトの募集があれば資格不要で働くことができます。 但し開業するとなると、食品衛生責任者・動物取扱責任者などの資格や、様々な許可や登録が必要となります。 スタイルにもよりますが、接客・調理・衛生管理・経営などが主な仕事となるでしょう。 犬が接客をするタイプであれば、加えて店舗にいる犬の世話・健康管理なども重要な業務となります。 接客業なのでコミュニケーション能力は必要です。 犬と飼い主のどちらに対しても、感じ良く応対できることが成功への近道でしょう。 調理を担当するのであれば、犬好きであるのに加えて料理好きであることも大切ですね。 また、来客も様々でしょうから、店内の幅広い業務に対して臨機応変に対応できる器用さも必要かもしれません。 それぞれに特徴があるので、まずは企業研究をしましょう。 就職希望先に新卒採用があれば、挑戦することはできます。 中でも開発が希望職種であれば、畜産学科などで家畜飼養学や家畜栄養学を学ぶと良いでしょう。 製品の開発・製造・販売などが主な職種となり、直接的に動物と接する機会は少ないです。 外資系ペットフード会社であれば、外国産フードを国内に流通させるのが主な仕事で、求人は営業職や営業開発が中心となります。 就職希望先に新卒採用がなければ、同業他社に就職すると希望先に転職できる可能性が高まるでしょう。 ちなみに同業他社というのは、動物用医薬品メーカーや医療機器など、動物病院を顧客とする会社を指します。 部門によりますが、 営業であればやはりコミュニケーション能力の高さや、販売製品に対する知識が欠かせません。 開発側であれば、常に研究熱心でいられること、向上心の高さが大切でしょう。 いずれもペットや動物の健康に貢献したい、という方に向いている職種といえます。 難関大学を修了することが、就職に有利に働きます。 しかし、出版社によっては学歴よりも、企画案などの発想力や本が好きであることなどの資質、人間的な魅力に着目する場合もあります。 ペット系雑誌であれば、記事や書籍の編集を行う上で動物に関わることも多いでしょう。 ただし、大手出版社であれば、配属先は入社するまで不明なので、動物に関われる部署はごく一部です。 動物専門誌を扱う出版社を志望することが近道でしょう。 出版社の仕事は、本の作成とはいえ体力勝負です。 配属先の仕事内容にもよりますが、企画発案や記事の執筆、その為の取材など、文章力に加えて発想力やコミュニケーション能力も要するでしょう。 その他の動物関係の仕事は? 犬や猫など家庭で飼育するペットに関わる仕事の他にも、様々な動物関係の仕事があります。 各動物園の採用情報を、常にチェックしましょう。 主な仕事内容は、担当種の健康維持、来場者への生態などの教育機会提供、繁殖のための調査研究などですが、更に細かく幅広い業務を多岐に渡り行うこととなります。 動物への愛情は勿論、勉強・研究熱心であること、そして十分な体力も必要です。 就職する動物園や担当種によっては、来場者とのコミュニケーション能力を必要とする場合もあるでしょう。 酪農家の場合、法人ではなく個人経営しているところが多い為、個別に問い合わせが必要となります。 地域の役場が紹介できるケースもあるようです。 酪農家には、繁殖農家・酪農家・養豚農家・養鶏農家などがあり、牛・豚・鶏などを育てて出荷するまで、または加工するまでが主な仕事となります。 対象となるのはいわゆる家畜ですが、日々の世話をすることとなるのでそれらの動物とは毎日のように接することができます。 しかし酪農家には、朝から晩まで多忙な毎日が待っています。 根気と体力が最も重要といえるでしょう。 まとめ 今回紹介した仕事以外にも、動物を関わる仕事は沢山あります。 いずれもペットや動物に対する愛情がなくては、とても務まらない仕事ばかりだといえますね。 就職を希望する方は、必要な資格を見極めたり、募集先をチェックするなどして、是非挑戦してみてください。 — おすすめ記事 —.

次の

動物に関わる仕事一覧

犬 仕事 求人

獣医師 主にケガや病気のため動物病院へやってくる動物の治療を行ったり、動物園や水族館で飼育されている動物たちの体調を管理する仕事です。 私たち飼い主さんが、一番お世話になるお仕事かもしれませんね。 獣医師の種類 獣医と聞くと「動物病院にいるお医者さん」というイメージが強いと思いますが、実は様々な分野で活躍しており、働く場所によって内容も多岐に渡ります。 臨床獣医師(小動物) 動物病院でペットの診療行う獣医師のことをいいます。 犬や猫だけという特定の動物病院もありますが、ほとんどは色々な小動物を総合的に診療します。 同じ犬であっても様々な種類があるため、1人で診察できるまでに2年以上は要するといわれています。 また、近年ではペットブームのため珍しいペットを診てほしいと訪れる患者さんも少なくないので、獣医師は動物に対して幅広い知識を求められます。 臨床獣医師(大動物) 動物園や水族館など多くの動物が暮らしている施設や、レースに出る競走馬がいる競馬の施設などで活躍している獣医師です。 この場合、診療だけでなく動物たちの出産や体調管理などのケア、応急処置なども担っています。 国家公務員としての獣医師 厚生労働省や農林水産省で、海外から輸入される食品や動物などの病原菌、毒物を国内に流出させないように防止する獣医師のことをいいます。 この場合、国家公務員になるため動物の診療だけでなく、病原菌などの検査に関する知識も必要になります。 地方公務員としての獣医師 各都道府県の施設などで活躍している獣医師をいいます。 「家の前に動物が倒れている」「ペットショップの衛生状態が酷い」といったトラブルの対応や狂犬予防の予防接種などを行っています。 また、家畜の食肉衛生検査では、家畜が健康に成長できるよう病気の予防や体調管理を行うことで、家畜の発育や繁殖を助け、消費者へ安全な食肉を提供するサポートもしています。 中には、自治体で管理している動物園や、水族館などに配属されるケースもあります。 獣医師になるためには 獣医系の大学へ通う 獣医学部や獣医学科をもつ大学へ進学し、6年間学ぶ必要があります。 なお、国内に獣医系大学の数は国立・公立・私立あわせて16校しかなく、また大学によって研究に力を入れているところや、動物の臨床に強いところなど内容が違うため、いざ学校に通うとなる前に、将来自分が獣医師としてどんな仕事をしたいのか、しっかりと方向性を決めてから進学先を選ぶ必要があります。 国家資格に合格する 獣医になるには、年に一度だけ行われる「獣医師国家試験」に受験し合格し、獣医師の免許を取得する必要があります。 ちなみに、合格率は75. 向いている人• 動物が好き• 忍耐強い• 細かい作業が得意 獣医師の免許を取得できたからといってすぐに動物の診療や治療ができるという訳ではありません。 就職先の病院や施設などで1年~2年以上研修を行い、ようやく一人前になるといわれています。 また、小動物の手術となると、小さい体を扱うため手先が器用で細かな作業が得意でないと辛い仕事だと思います。 動物看護士 動物看護士は動物病院などで動物の診療や治療を行う獣医師のサポートが主な仕事です。 その他に、来院する患者さんの受付や、検査、入院中の動物の看護、院内の清掃、手術補助、薬品の調剤など幅広い業務を行います。 また、ペットの病気やケガで不安を抱える飼い主さんに対し、病状を分かりやすく説明することも大切な仕事の一つです。 動物看護士になるためには 資格取得可能な学校へ進学する 動物看護学を学べる大学や専門学校へ進学し、資格取得を目指します。 動物看護士は民間資格です。 しかし、2012年2月より動物看護職の資格認定5団体が協力し、動物看護師資格の統一認定試験をスタートさせているので、今後、動物看護士の資格は一本化されていくことになります。 向いている人• 動物が好き• 精神的に強い• 体力に自信がある• コミュニケーションが取れる 弱っている動物たちの姿を見たり、最後を看取ったりと辛い場面が多々ありますので、それに耐えられるような心の強さが必要です。 また、飼い主さんの不安を和らげてあげたり、症状や薬などの説明を行うこともあるので、コミュニケーション能力が無ければ務まりません。 トリマー トリマーは、ペットサロンなどでペットのカットやシャンプー、爪切り、耳掃除など美容全般に関わる仕事をいいます。 基本的には犬を主に扱いますが、猫やウサギなどの小動物も同じようにお世話をします。 トリマーになるには 資格はいるの? トリマーは必ずしも資格が必要な仕事ではありません。 しかし、ペットの扱い方やシャンプー・カットの技術、動物の体調管理に関する知識も必要になるため、トリマー専門学校で学び資格を取得してからペットショップやペットサロンに就職するというルートが一般的です。 中には、通信講座で学びその後アルバイトで技術や知識を学ぶ人もいます。 向いている人• 動物が好き• 手先が器用• 人と話すことが好き• 体力に自信がある 動物が好きということは大前提ですが、トリマーというと人間でいう美容師さん、手先の器用さやセンスの良さなども求められます。 仕事中に暴た動物に腕や手を噛まれたり、引っ掻かれたり、体重が何十キロもする大型犬を相手にすることもあるので体力に自信がないと辛いかもしれません。 また、飼い主さんからの要望を汲み取り、コミュニケーションを取ることで信頼を得ることができるでしょう。 通信講座を活用する 挑戦したい動物学科のある大学や専門学校へ通うことが難しい場合、通信講座を活用することも一つの手だと思います。 ヒューマンアカデミー 動物に関わる仕事がしてみたいけど、どの資格を最初に取れば良いのかわからないという方へオススメです。 しつけ方やトリミング、病気に関しての基礎から学ぶことができ、学んだ知識や技術を活かして動物病院やペットショップ、グルーミングショップなどでの活躍が期待できます。 日本ケンネルカレッジ 動物と関わるこんな仕事に就きたいと明確に考えが出ている方にオススメな通信講座です。 本格的に学ぶことができ、実践経験まで出来るのでとても濃い内容を受講することができます。 資料請求などでどんな内容の講座があるのか、確認し自分の目指しているものと合った講座を受講しましょう。 動物を訓練する仕事• 盲導犬訓練士• 警察犬訓練士• 災害救助犬訓練士• 麻薬探知犬訓練士• 聴導犬訓練士• ハンドラー 最後に訓練士の仕事をしょうかいします。 今回は犬の訓練士を中心に説明して行きたいと思います。 盲導犬訓練士 目の不自由な方の目の代わりとなる盲導犬を訓練する仕事です。 訓練以外にも訓練犬の体調管理や、配食といった日常的なお世話や、盲導犬を必要としている障害者の方からの問い合わせ対応や、体験歩行の要望に応じたりと様々な仕事を行っています。 警察犬訓練士 警察犬訓練士には、直轄警察犬の訓練士か嘱託警察犬の訓練士の2つの種類があります。 直轄警察犬訓練士 警視庁や県警のもとで管理および育成されている犬訓練を行う担当部署の警察官のことをいいます。 嘱託警察犬訓練士 民間の訓練所に委託され、管理・育成される警察犬の訓練を行ったり、一般家庭でペットとして飼われている犬の中から、「警察犬に向いているな」と感じる犬を見つけ出し、訓練を行い、警察犬に育てあげることも仕事の一つです。 災害救助犬訓練士 子犬の時からボールを使って遊びながら訓練を行い、ある程度服従するようになったら、飼い主さんや第三者と隠れん坊遊びという探索訓練をして、隠れたものを探す能力を育てていきます。 公認の訓練所に所属するか、災害救助のボランティアの一員になる必要があります。 麻薬探知犬訓練士 麻薬の臭いがついているダミーと呼ばれるタオル状のものを、コンビを組んだ犬に探させる訓練を行います。 麻薬探知犬の訓練士になるためには、国家公務員試験に合格し、東京税関の職員にならなければなりません。 聴導犬訓練士 耳の不自由な飼い主さんの代わりに日常生活での音を素早くキャッチして、飼い主さんへ教えることができるよう、音が聞こえたら知らせるという訓練も何度も行います。 しかし現在、聴導犬の育成訓練をしている訓練所は、オールドッグセンター(埼玉県)のみで、公的な援助や支援団体はありません。 所属している訓練士が他の業務の傍ら、聴導犬の訓練を行っているのが現状です。 ハンドラー ドッグショーなどで犬をより美しく歩かせる仕事です。 ショーだけではなく、日常の体調管理や、トリミングなども行うため、専門のトリミング技術なども要求される職種です。 養成学校に通うか、パンドラーとして活躍している人の元へ弟子入りして実際に学ぶことが近道といえます。 犬が好きな人、犬を飼っているものとしては憧れのお仕事ばかりですね。 そしてうちのワンコもお世話になっている方々が多くいます。 専門の知識を有する専門職のかたにはいつも助けられいます。 少し不思議だったのですが、ドッグトレーナーには資格や一定の基準がないのでしょうか。 犬もそれぞれ個性があり、トレーニングの仕方もその子の性格にあったものになると思うのですが、なぜその指導をする人に一定の基準をもうけないのでしょうか。 資格がない分、ハードルが低く自分でも手が届きそうな気がしますが、決して簡単なお仕事ではないと思います。 個人的にはそのお仕事の方への信頼もこめて資格なり制度があってもいいと思うのですがいかがでしょうか。 というのも、ネットなど情報社会ではいろいろな情報が飛び交っています。 犬のしつけ方法にしてもそうだと思います。 一番確実なのは訓練士であったり信頼できるトレーナーに相談するのが一番だと思いますが、情報が多すぎて迷うことがあります。 トレーナーの方のお話、となるとまるっと信じてお任せしたくなるところですが、資格がない分、逆に誰でもトレーナーになれるのではないかと心配になります。 私の小さい頃の夢は獣医になることでした。 しかし、大人になるにつれて獣医さんになるための工程を知ると、自分には難しい!と思って諦めてしまいました。 しかし、親友のお姉さんが獣医さんになったのですが、忙しくて大変なことも多々あるようですが、仕事はとても楽しいと言っていました。 自分が大好きな動物と触れ合い、動物の病気を治していく仕事は素晴らしいですよね!「動物に関わる仕事がしたい」と漠然と考えてはいたのですが、今回の記事を読んで、動物に関連した仕事がこんなにたくさんあることを初めて知りました。 どんな仕事でも「忍耐」は大切になりますよね。 自分のキャリアも含め、私も思い切って学校に通ってみようかと思いました。 先日初めて飼ったわんこを亡くして、自分も何かワンコのためにできる仕事はないかと模索しています。 まず何か資格と思い資料を取り寄せています。 昔から動植物が大好きでずっと動植物に関わる仕事がしたいと思ってきました 動物と植物両方に関わる仕事として、ペットにアロマオイルを使ったマッサージの勉強をしたいと思っています。 わんこをよく通わせていたサロンではトリミング時にアロマのお風呂に入れてくれてわんこもとても気持ちよさそうにしていたので、やはりアロマオイルのリラックス効果を実感していました。 ただ、アロマオイルもワンコにとっては毒になってしまうもの、アレルギーを持つわんこもいるという事で厳選、吟味したその子に合ったオイルを使った方がよいようで、しっかり勉強をして多くのワンコを癒してあげられたらと思っています。 犬は大好きです。 自分が生まれてからずっと犬がいる生活をしてきたため、今では犬がいない生活が考えられないほどです。 犬が好きでも犬に関わる仕事に就くには、それなりの根性と覚悟も必要になると思います。 トレーナーや訓練士の場合、可愛がるだけではなくメリハリをつけた行動を取らなくてはならない場面も多くあります。 犬との意思の疎通が図れないと、自分が落ち込んでしまうこともあると思います。 自分の犬ではなくても、怪我をしたり寿命がきてしまった姿を見ることができるだろうかと考えた時、これまで何頭も愛犬の最後を看取ってきましたが、自分には無理でした。 精神力も強く持たないといけないと思いました。 シッターや販売員、トリマーなどは一時的に犬を預かることになるので責任重大です。 犬が好きなことはもちろんですが、大事に扱ってあげることも必要になってくると思います。 命ある動物に関わる仕事は良いことばかりではないですが、とてもやりがいのある仕事だと思います。

次の

動物保護や愛護の仕事・職の探し方

犬 仕事 求人

犬の保護施設の職場と仕事内容 動物愛護団体の施設内または保有する土地に犬の保護施設(シェルター)があります。 団体の数は無数にそして全国にあります。 ボランティアや寄付によって運営されているケースも多く、人手が常に足りていないのが現状です。 飼育放棄など何らかの事情により飼い主がいない犬を引き取り、しつけをし、新しい飼い主に引き渡すという仕事です。 希望者からの問い合わせに個別に対応し飼い主を見つける場合もありますが、基本的には月に1回程度「譲渡会」を開催し、興味がある人を集め、対象の犬のバックグラウンドや現状などをプレゼンし、新しい飼い主を募ります。 薄給ではありますが、犬を迎え入れ、一からしつけを行い、新しい飼い主にトレーニングを教え、その後のケアも行う、といったドッグトレーナーの業務のすべてを体験することができます。 犬の保護施設の仕事は給料は安めだが、一度体験しておくことで今後の様々なドッグトレーナーの仕事にも活かせる汎用性の高い仕事。 犬の保護施設で求められる人材 犬の保護施設のドッグトレーナーは「忍耐力」と「動物愛護の知識」が必要な職場です。 家庭で飼われているケアの行き届いている幸せな犬ばかりではありません。 中には虐待を受けて精神的・肉体的に傷ついた犬や人間への不信感から噛んだり吠えたりといった攻撃的な犬もいます。 そういった犬達が安心して新しい飼い主と過ごせるよう、試行錯誤しながらそして気長に世話をする必要があります。 また、犬の保護や譲渡には動物愛護の法律が関わってくることもあり、正しい知識も必要となります。

次の