沖田 臥竜。 佐藤竜彦顔画像入手!沖田臥竜って誰?女と前科や2人の関係がやばい! | 今!読みましょう

沖田臥竜は元山口組で宮迫引退のTwitterが話題?嫁や猫組長との関係も気になる

沖田 臥竜

沖田臥竜プロフィール 氏名:沖田臥竜 おきた がりょう 本名:不明 生年月日:1976年2月生まれ 出身:兵庫県尾崎氏 入組の経緯:元々は暴走族に入団し不良としての道を歩んでいた沖田臥竜ですが、先輩が山口組に入組していた事をきっかけに、21歳にて自然とその道へ足を踏み入れます。 その後は、5代目山口組傘下として活動し、昇格して6代目山口組 二代目大平組 幹部へとのし上がりました。 前科:8犯にて合計服役12年しています。 プロフィールを観るだけでもかなりアウトレイジな人生ですよね。 服役12年という事で、お墨付きの悪!と思いきや、極道の道へ進んだ理由は『人としての生き方を学びたかったから。 』という事で、人への感謝の気持ちやご先祖様を心から大切にする人間性を併せ持った方の様です。 スポンサーリンク 宮迫引退のTwitterが話題に? さてそんな沖田臥竜が、なぜ今回注目を集めているかと言うと、彼が投稿したTwitterがきっかけでした。 こちらがそのTwitterです。 宮迫さんが引退。 これだけでもインパクト大ですが、その後この様に投稿をしています。 明日発売のFRIDAYが決定打です。 しかしFRIDAYの記事で全てを物語っているという現状を把握しているという事は、既に沖田臥竜自身も、宮迫引退に関する何かしらの情報を持っているものと考えられますよね。 更にもう一つ投稿を続けています。 夕方に引退会見。 このタイミングで、ネット上のニュースには『宮迫博之が近日中に重大発表を行う旨を説明した。 』と報じています。 宮迫さんの緊急記者会見に重大発表の全貌、更に今回の沖田臥竜のTwitterでの投稿を考慮すれば、その内容が引退会見である可能性は非常に高いですよね。 この投稿をきっかけに、メディアは沖田臥竜さんに一気に注目を集めたという形になります。 いずれにしても、近日中に宮迫博之さんからの重大発表がある事を間違いなさそうなので、FRIDAYの発表と共に、こちらも要チェックする必要がありそうですね。 スポンサーリンク 沖田臥竜に嫁は居る? 沖田臥竜さんは現在41歳になりますが、服役期間12年という事でその人生の多くの時間を監獄内で過ごしています。 しかしながら、根は真面目でかつ家族思いの性格ですから、沖田さんを支えたいと思う女性が居ても不思議ではありません。 そこで、沖田臥竜に嫁は居るのか? という事で調べてみましたが、この答えもTwitterにありました。 やっぱりちょっと若いでな。 更にその腕には小さなお子さんを抱いていますから、現在妻子持ちであるという事が分かります。 普通は犯罪歴及び服役歴のある方との交際なんて相当な覚悟と勇気が必要かと思いますが、そこは沖田臥竜さんの本来の人柄が現れたのでしょうね。 本当に優しそうな綺麗な奥さんだと思います。 ちなみに、周辺の席で同じくカメラを見つめる男性がお父様? かと疑問に思いましたが、本人がコメントで『存じ上げないです。 』と否定しており、この時は一家水入らずで野球観戦に訪れていた様ですね。 服役期間の間に振り返った人生と、大元にある正しい生き方を知りたいという強いお気持ちを今後も持ち続けて、家族を大切に守って欲しいですね。 スポンサーリンク 沖田臥竜と猫組長の関係は? 猫組長にランチをご馳走になり、トークライブの打ち合わせ。 つまり二人は、何かしらのイベントでタッグを組んで、トークを行うという事になります。 猫組長と言えば、沖田同様に元山口組の一員として活動していた事で知られています。 現在は、サイト運営や投資活動などを行っており、今回のトークイベントなど幅広く情報発信の仕事もこなしている人物です。 8月1日トークライブです。 広告が既にアウトローな感じがプンプンしていますが、8月1日という事で時期も差し迫っていますね。 興味のある方は、是非生のお二人と顔合わせしてみるのも良いのではないでしょうか? ちなみに内容は、お二人の過去に関わった事件や、国内外の刑務所事情など、普通ではなかなか聞くことの出来ない様な、コアな内容となっています。 宮迫引退のツイートの信憑性は? さてここまで沖田臥竜についてお伝えして行きましたが、ここまで話題になった宮迫引退のツイートは果たして信憑性のある情報なのでしょうか? 個人的な意見としては、かなり信憑性は高いのではないかと思います。 その理由としては、今回宮迫が芸能活動を謹慎とされたのは、皆さんもご存知かと思いますが、反社会勢力との闇営業によるものですよね? 反社会勢力というのはいわゆる、ヤクザや暴力団の事です。 つまり、今回の沖田臥竜の情報は、その道を通ってきた者だけが手にする事の出来る情報である可能性がありますよね。 さらに、宮迫を始めとする数多くの芸人が不正に給料を受給したとの事で、これだけ大きな報道となっていますから、反社会勢力の人間としても、宮迫に泥を塗られた形となりました。 そうなれば、おめおめテレビ出演もして居られませんから、当然引退の二文字がちらついても不自然ではありません。

次の

沖田臥竜の本名は崎田俊昭?山口組の二次団体に所属?嫁の画像は?

沖田 臥竜

今日で親分が引退される事なってな。 オレもカタギにしてもうたわ」 組長室から退室した私は、本部の外に出て母親に電話をかけていた。 「あんたは、もうそれでええのかっ?」 「かまへん」 電話の向こうから安堵のため息が漏れてきた。 「もうそれがええわ。 ホンマに安心した。 それがええわ。 ひかちゃんにも電話したんか?」 「まだや。 今から電話する」 「早よ電話したり。 お母さん、ホンマに安心したわ。 ホンマに安心した……」 二十一歳で人を殺めてしまい、踏みはずせるだけの道を踏み外して私は生きてきた。 そんな私を母は何度も見捨てようと思ったはずだ。 それでも母は、見捨てなかった。 受話器の向こうで、母は「安心した、ホンマに安心した」という言葉を何度も繰り返した。 「沖ちゃんは後悔せえへんの?」 ひかも母と同じ意味合いの言葉を受話器の向こうから尋ねてきた。 ひかとの出会いが私の中の生き方を社会に少しづつ調和させて行ったのは、確かだった。 「ああ。 後悔せえへん」 ヤクザをやっている事を、お母さんのえりちゃんとお姉ちゃんのゆまちゃんに知られてから、ひかは実家との縁を切られていた。 それでも一度たりともひかは愚痴めいたことを口にした事がなかった。 「近い内に、えりちゃんとゆまに挨拶しに行こう」 と告げて、私は電話を切ったのだった。 翌日のこと。 「おう!兄弟!」 その声で文政が全てを察している事が分かった。 留置場の面会室。 アクリル板の向こうに座る文政は笑顔だった。 「兄弟オレ、カタギなったど」 「おう、赤シャツから聞いとる。 親分も引退されたらしいの。 でも兄弟、親分はどこまで行っても親分やろ?」 赤シャツとは文政が飼っている情報屋の事だ。 「そうや。 引退しはっても、オレの親分は親分だけや」 「ほんなら、なんも変わらへんやないか」 豪快な男だった。 彼には、カタギだからとかヤクザだからとか関係がなかった。 「で、これからどうすんねん、兄弟?」 「とりあえず、働きながら小説家を目指すわ」 「おう、それやったらワシを主人公になんか書いたらんかい。 文政ファミリー全員に買わせたるから、売れること間違いなしやど」 「ああ、兄弟の悪行を全国にオレの筆で広めたるわ」 「それもありやの。 ワシもそろそろプロからメジャー行きを考えとったとこや」 文政が答え、笑いあったのだった。 ヤクザとして、私は何も歴史に足跡を残せなかったかもしれない。 だがそこで確かに生きてきた。 生きてきた時間があった。 ヤクザの道を選んだことに後悔もなければ、カタギの道に戻ったことも後悔はなかった。 カタギになって一週間後。 私は知り合いの社長に頼み、人生で絶対やることはないだろうと考えていた現場仕事に出ていた。 「沖田さ~んっ!休憩してくだ~さいっ!」 私は「は~いっ!」と答え、作業の手を止め、首に巻いていたタオルで額の汗を拭った。 ここから始めよう。 先のことなんてどうなるか分からないけど、ここから始めよう。 そう思いながら、ポケットからタバコを抜き出し、咥えたタバコに火をつけた。 「悪ないやんけっ」 ヤクザで修業してきたお陰で、大概のことは辛抱できるはずだ。 人生はまだまだ続いていく。 どこまでも広がる青空に向け、私はゆっくりと紫煙を吐きだしたのだった。 【沖田臥竜】 76年生まれ、兵庫県尼崎市出身。 元山口組二次団体最高幹部。 所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、R-ZONEで連載。 「」(宝島社)に寄稿。 去年10月、初の単行本『』(サイゾー)を敢行した。

次の

沖田臥竜は崎田俊昭?猫組長と入江闇営業のやり取りが面白い!

沖田 臥竜

なぜ5年も前の動画が今になって世に放たれ、炸裂することになったのか。 当然そこには様々な憶測が生まれ、その憶測が時に報じた週刊誌をバッシングすることさえあった。 中には「闇営業」という呼び方に執拗にケチをつけ、それに同調を示した部類の人種が集まり、非難の声を上げるようなこともあった。 ここまで来ると明らかに論点がすり替わってしまっているのだが、そうした一部の声も「闇営業」を絶対悪と決め付けた世論の前では瞬殺されて掻き消されている。 もう良いだろう。 ことの発端を知る私が少しくらい話しても、もう良いだろう。 陳腐な憶測は時に人を不愉快にさせる。 「何かを知っている」と感じた芸人さんたちが、私のツイッターをずっと見ている、とTV関係者の人たちから何度と聞かされた。 その通り、確かに私は全てを知っている。 結果として、この闇営業問題を先導したのは、我々となるだろう。 だが当初、この問題について一番消極的だったのが、他ではない私だったのである。 2カ月前、後に問題となる動画を見せられ感想を求めらた際、私は「話しにならない」と述べている。 実際に一番最初に出てきた動画は画質が悪く、年月も立ち過ぎていた。 ことの良し悪しは別として、少なくともその時点で、私が料理して原稿にできる素材ではなかった。 きっかけは、ほんのたまたまであった。 現在、出版業界は世間が考えているよりも冷え切ってしまっている。 私など他の書き手には申し訳ないが、まだ食べるくらいは稼げている方だろう。 それはひとえに私のスピードと情報収集力があってこそだ。 そこで私は負ける訳にはいかないし、だからこそ食べることが出来ている。 それでも出版業界が、冷え切ってしまっていることに変わりはない。 その中にあって、記事にするために日夜、ネタを探し求めた記者がいた。 謹慎となった芸人の人たちに家族がいるように、記者たちにももちろん家族がいるのだ。 そこは同じなのである。 何かないかと探し求めていた先で、「こんなのは古くてネタにもならないだろうけど、、、」と提供されたのが、一番最初の動画。 宮迫博之氏 雨上がり決死隊 が、アメトーーク! へと招待することを口にした動画のまだ前の動画である。 時間にして2分10分。 宮迫氏がステージ歌を歌う画質の悪い動画だった。 そこが、一連の闇営業問題のスタートとなる。 それを記事にしようと、そこからその記者は粘り強い取材を始めてみせるのであった。 もしもその記者のひたむきさと実直さがなければ、今回の闇営業問題は、それこそまだ闇の中に埋もれていただろう。 文・沖田 臥竜.

次の