石田三成 パズドラ 行動。 【戦国炎舞】石田三成SSR21の性能

【パズドラ】裏列界の化身(B11〜B21)のダンジョン詳細データ

石田三成 パズドラ 行動

ストライクショットのパワーアップも合わせられると尚よし。 アイコンだときぐるみを着ているように見える。 石田三成と黒田官兵衛、どっちが強い? 同じガチャで追加されたためか、この2体はよく比較されることが多い。 石田三成は攻撃力が高く、自分のパワーを上げるストライクショットを持っている、いわば攻撃型。 対して黒田官兵衛はシールドブレイカーと白爆発を持つ、サポート型ともいえる性能をしている。 そもそもの役割が異なるため、一概にどちらが良いかとは言えないだろう。 しかし、黒田の場合は同じ役割を持つものにジュピターやガラハッドといった良キャラがいるため、使われる機会は少なくなると思われる。 総合評価 星5としては高い能力なので、アンチ重力バリアが足りないときは使うのも良い。 ディル・ロッテの持つ、ほかの味方をパワーアップさせるストライクショットを掛け合わせれば、大火力をたたき出すことも可能。 しかしそうなるとHPの最大値がかなり低くなる上に、2体のストライクショットの発動タイミングを合わせなければならず、実用的ではない。 攻撃力以外のステータスもぱっとしないので、使うとしたらあくまで穴埋めとしてだろう。 40 タス最大値 1400 1280 33. 32 タス後限界値 8560 15422 153. 83 タス最大値 2460 2240 39. 10 タス後限界値 14725 27273 171.

次の

【パズドラ】列界の化身 ダンジョン構成を調査!

石田三成 パズドラ 行動

七将による三成襲撃事件は、奉行衆に対する不信任案の表明だったのでしょうか? 前田利家の死の直後、黒田長政、蜂須賀家政、加藤清正を中心とした七将が石田三成を襲撃するという事件が起きます。 しかし、この事件は襲撃というよりも、三成の失脚を訴えたという見方もあり、その対象には少なくとも増田長盛も含まれていたとされます。 これが起きた背景は、朝鮮出兵の際に敵を追撃しなかったなど、三成ら奉行衆が黒田や蜂須賀、加藤にとって不利な報告を秀吉にしたということがあるでしょう。 奉行衆が報告したことはすべて事実であり、讒言ではない また、小西行長と三成らが「和睦はこっちでやっておくから、君はもう帰っていいよ」と、あるいは「交渉は俺たちに任せろ。 絶対に和睦を締結してみせるから」と行った和睦交渉で、彼らは日本と明双方に都合の良いことを伝える二枚舌外交をやって、結果和睦は決裂します。 外交をする立場にある者が嘘を伝えることは、外交官として「失敗」ではなく「失格」だろうと私は思います。 加藤や黒田は活躍の機会を奪われ、今まで制圧した土地もすべてがパァになりました。 寒さやゲリラ兵で維持するのは困難でしたが。 それなのに小西や三成には特に罰らしいものは与えられません。 二度目の出兵が秀吉の死によって終結したときも、小西は明との和睦にこだわりその機会を探し続け、先に無断で撤退した加藤に置いてけぼりをくらったと三成に訴え、三成もそれを受諾します。 おそらく奉行衆は、冊封で明皇帝に大都督に任じてもらおうとしていた小西、増田長盛、大谷吉継、三成、宇喜多秀家が秀吉死後の豊臣政権の中核を担うというプランを考えていたと思います。 それに対し、黒田、蜂須賀、加藤を中心とする七将は「自分たちの活躍する機会を奪い、小西たちには罰も与えないなどの不公平な扱いをしている奉行衆は、政務を預かる資格はない」と、いわば奉行衆不信任案を表明し、その辞任を求めたのではないでしょうか。 そして構成員の実力や重みがバラバラな合議制では派閥や癒着が起きるので、秀吉のような絶対的な頂点に君臨する存在を欲し、それを家康 しか該当者がいない に求めたのではないかと思います。 歴史に詳しい方、質問につきあってくれるとうれしいです。 この事件は今でも「七将が誰か?参加武将はもっと居たのでは?」など 解っていない点も多いのですが推察ですが回答してみます。 Q『七将による三成襲撃事件は、奉行衆に対する不信任案の表明だったのでしょうか?』 不信任の表明のような物か、襲撃し殺すか、捉えて裁いて殺すかなど どう終結させようとしていたかは 「史料」には無く解っていません。 Q『しかし、この事件は襲撃というよりも、三成の失脚を訴えたという見方もあり、その対象には少なくとも増田長盛も含まれていたとされます。 』 その見方は間違いです。 この「三成襲撃~三成の裁き」では「浅野書内」では 五奉行筆頭の「浅野長政」や「増田長盛」が協議しており むしろこの「襲撃」による裁きを長盛は協議する側で 長政に書簡を送ったとされます。 そして長盛は三成の裁きに関し「三成は隠居するしかない」と 感想を述べており長盛は含まれていません。 Q『これが起きた背景は、朝鮮出兵の際に敵を追撃しなかったなど、 三成ら奉行衆が黒田や蜂須賀、加藤にとって不利な報告を秀吉にしたということが あるでしょう。 奉行衆が報告したことはすべて事実であり、讒言ではない 』 少し違います。 「浅野文書、毛利文書」から「蜂須賀家政、黒田長政」が 「蔚山城の戦い」での「石田三成、福原長堯、熊谷直盛」など 「全・三成の親族筋」からなる「私党」の 「私曲(不正な手段で自身だけの利益をはかること。 利己心があって正しくないこと。 )を糾弾し 蔚山城の戦いの裁きの反証を願い出ています。 「報告が~」だけではなく史料からでは、それも包括した 「蔚山城の戦い裁き」と「三成たちの私曲」が原因となります。 また「追撃」に関しては「浅野文書、立花文書」などで 「黒田、蜂須賀」も史料によっては追撃に参加しており 「奉行衆が報告したことはすべて事実」と決めつけて見おるのは 偏った見方と言えるでしょう。 Q『黒田、蜂須賀、加藤を中心とする七将は「自分たちの活躍する機会を奪い、小西たちには罰も与えないなどの不公平な扱いをしている奉行衆は、政務を預かる資格はない」と、いわば奉行衆不信任案を表明し、その辞任を求めたのではないでしょうか。 』 そういった史料は今のところ無いです。 理由は「毛利文書、浅野文書」などに見られる 「石田三成、福原長堯、熊谷直盛など石田親族衆による私曲」だけです。 Q『そして構成員の実力や重みがバラバラな合議制では派閥や癒着が起きるので、秀吉のような絶対的な頂点に君臨する存在を欲し、それを家康 しか該当者がいない に求めたのではないかと思います。 』 「襲撃事件」の結意にそこまでの理由など書かれた史料は無いので 解らないです。 ただ「看羊録」では「加藤清正、浅野長政・幸長、黒田長政」などは 石田三成の襲撃後に清正発案で今度は 「皆で徳川家康を攻めてその領地を皆で分けよう!」と徒党を組んでいます。 これが本当とした場合は少なくとも清正は家康を絶対的な存在と 見ていないようです。 こう見ると「家康VS三成」の前に 「三成VS清正」という構図があったようで それに政権はかき乱されながら三成も決起してしまったようなので 「家康が~」の前に既に「豊臣政権」は 三成VS清正たちによる内部崩壊しだしてますよね。

次の

【パズドラ】裏列界の化身(B11〜B21)のダンジョン詳細データ

石田三成 パズドラ 行動

関ヶ原の戦いの総大将は…! …そもそも、 関ヶ原の戦いの大将は、三成ではありません!! 本当の総大将は、毛利輝元です! …これ意外とご存知の方も多いと思います。 大河ドラマ『天地人』などでも、このように描かれました。 でもこれ、おかしいと思いませんか? それが史実なら、 何で三成は毛利輝元に任せないで、自分が実質の西軍総大将のような役目を果たしたのでしょう? 前回書いたように、 三成は普通の会社員なワケです。 ちなみに、毛利輝元が任された理由は単純で、徳川家康に対抗できる「五大老」の役職で、大坂城にいた西軍は、毛利輝元と宇喜多秀家しかいなかったためです。 宇喜多はまだ若かったですしね。 石田三成襲撃事件が起こる。 家康が、上杉家討伐を宣言して出陣する。 西軍が挙兵。 関ヶ原の戦い。 三成が敗北して捕らえられて処刑される。 家康が将軍となり、江戸幕府を開く。 宇喜多秀家が捕らえられ、八丈島へ流刑。 この 6つのステップを見て考えようと思います。 ちょっと謎だなぁと思うところが、いくつかあります。 何故、総大将ではない三成が処刑されることになったのでしょうか? その一方で、三成より偉いはずの 宇喜多秀家が、処刑ではなく流刑で済んでいるのも謎ですね。 毛利輝元や上杉景勝は、減俸(領地を減らされる)だけで済んでいます。 これまでは、三成が 中心となって活躍したから処刑されたと言われていました。 でも三成は大きすぎる権力は持っていませんでした。 この時に処刑されたのは、三成の他に、 小西行長と安国寺恵瓊がいました。 意外かもしれませんが、小西行長というのは、朝鮮出兵の時に加藤清正とともに大将を任された一人で、 非常に軍事力のある武将として知られていました。 このことは、スペイン国王やローマ教皇、明の皇帝ですら知っていました。 安国寺恵瓊は、 毛利輝元の代わりに処刑された、とのこと。 ここからは私の憶測ですが、三成は恐らく 民衆に人気があったのではないでしょうか。 ちょっと並べたいのは、安倍晋三総理です。 安倍総理も、野党からはメチャクチャ嫌われていますが、若者や外国の首脳からはとても支持されています。 恐らくですが、三成も似たような感覚で、 民衆からとても受け入れられた、馴染みの深い武将だったのではないでしょうか。 大きな失敗もなく、政治経済に明るく、秀吉を支えるエリート会社員。 一方、明らかに権力を握ろうと企んでいる裏切者のおじいちゃん… 家康としては、 三成を生かしておいては、新しい時代を築くことが難しい。 「三成を処刑する」ことで、「 これからの時代の新しいリーダーは徳川だよ」という パフォーマンス的な意味を込めて三成を処刑したのではないでしょうか。 小西行長を処刑したのも、 朝鮮出兵で活躍したグローバルな武将を倒した、というパフォーマンスとも取れます。 秀家を捕縛したのは 関ヶ原から6年後。 とっくに徳川の時代です。 それを蒸し返して処刑するのも残酷ですし、こっそりと流刑にしたと考えられます。 「 ちょっと待て!」と思った方、いらっしゃると思います。 「三成が大将のような活躍をしたから、こういう事件が起きたんじゃないのか!」と。 成程、確かにその通りです。 では少し考えてみましょう。 三成襲撃事件の真実 三成襲撃事件というのは、いわゆる七将と呼ばれる武将が、前田利家の病没直後に、 石田三成の屋敷を襲撃した事件ですね。 七将とは、浅野幸長、池田輝政、加藤清正、加藤嘉明、黒田長政、福島正則、細川忠興。 THE・東軍って感じのメンバーですね!ww この事件も 妙な点が幾つかあるので、近年、盛んに研究が進みました。 もしこの事件が、 秀吉が生きている時に起こったら、この七将は確実に処刑されるはずですよね? それから、この事件は前田利家が死んだ直後に勃発しました。 どうして死んだ直後に、こんな軍事行動を起こすことが出来たのでしょう? まるで事前に準備していたかのようですね…! 恐らくこの「三成襲撃事件」は、 ・利家が死んだら三成を倒すぞ、という事前準備がされていた。 ・事件を起こしても、罪に問われない保証がされていた。 何だか ずいぶん用意周到ですね…脳筋な東軍の武将がやったとは思えないくらいに用意周到。 これは恐らく… 誰かが指示を出したと考えるのが妥当でしょう。 …そう、研究者の間では、 家康が黒幕となって命令していた、と唱える学者も多くいます。 (ちなみに、この時に家康の屋敷に三成が入って、助けを求めたというのは、後世の俗説とされています。 藤堂高虎・蜂須賀家政が七将のメンバーだというのも俗説です。 上杉討伐です。 この上杉討伐の前に、 家康は前田討伐を企画していました。 ところが 前田家が早々に降伏してしまったので、上杉に標的を変更したんですね。 家康は、とにかく 自分にとって邪魔な大名を排斥しようと企んでいました。 三成も、 家康のターゲットの一人だったのでしょう。 結果として三成は佐和山城へ蟄居させられることになりました。 まずは民衆に人気で、秀頼に近しい場所にいる三成を狙うあたり、家康も狡猾ですね… …っていうか、今回で家康のイメージ、めちゃくちゃ悪くなっているようなww さて、ここまで関ヶ原の戦いの前後を見て行きました。 改めて三成のことを考えると、 三成はただ真面目に、豊臣家のために働いていたという姿が浮かび上がると思います。 そして、その働きの結果、 民衆から支持される有力な大名となった。 が、そのために三成は 家康に危険視されて、戦いの道を歩ませられ、最後には処刑されることとなってしまった。 と、こういうワケですね…とても可哀想です… 家康からターゲット認定された三成は、 後世から様々なマイナスイメージが付与されたと同時に、かなり早い段階で再評価の動きも高まりました。 三成を再評価した人物の一人が 徳川光圀。 いわゆる 水戸黄門です。 水戸黄門は、 三成の忠誠心を高く評価しました。 「三杯の茶」の逸話や「五奉行の中心的な存在」という俗説は、再評価された結果だったと思われます。 そのため、 本当の石田三成の姿というのは、近年まではっきりと分からないことがとても多くありました。 これから先も、 三成はどんどん変化していくと思われます。 創作だとしても、必ず元になったエピソードや経験談があると私は信じています。 それにその方が面白いですしね。 仰る通りで、こういう暗殺だけが狙いなら、刺客を送り込めばそれで済むワケです。 本能寺の変や永禄の変なんかとは大きな違いです。 『へうげもの』では、利家にみんなで相談しに行こうとしたら、ちょうどその日に利家が死んでしまい、喪に服すために帰れと言われた、という描写でした。 これもありかなぁと私は思いました。 江戸城と城下町を築く傍らに、南光坊天海や、柳生宗厳と出会うなどで、教養を高めていきました。 何となく「あ、家康凄いぞ!」って思った時の家康は、ちょっとその前に、余暇時間・戦も何もしていない時間があるのが興味深いです。 もちろん政治とかをほったらかしてるワケではありませんが…ww.

次の