プロが使うフライパン。 鉄フライパン初心者に手入れのコツと育て方をプロに聞きました

【プロに聞く】フライパンを長持ちさせる選び方&使い方のコツ|ダイレクトテレショップ

プロが使うフライパン

ご家庭にあるフライパンの大半は、よく「テフロン加工」とよく呼ばれる「ふっ素樹脂加工」が施されたフライパンかと思います。 世界で初めて調理器具に加工された商品が「テフロン加工」という呼び名を使っていたため、現在でも「ふっ素樹脂加工を」「テフロン加工」と呼ばれる方も多いようです。 そして、ふっ素樹脂加工のフライパンにこんなイメージをお持ちではないでしょうか?• 「最初はツルツル滑って使いやすかったけど、だんだん焦げつくようになる」• 「安いけど長持ちしない」• 「使い捨て感覚で使っている」 でも、ちょっと待ってください! ふっ素樹脂加工のフライパンは正しい使い方をするだけで長く使うことができるんです! 目次• フライパンのふっ素樹脂加工とは? 「ふっ素樹脂」は簡単に言うと、 こびりつきにくい成分を含んだ、ものすごく高温に耐えられる塗装被膜 です。 フライパンの内面にこの塗装を施すことで、食材を焦げつかせることなく調理できるようになります。 すべりが良く、こびりつきにくいので買ってすぐに良さを体験できます。 手入れも楽で、使い勝手がよいので、日常使いに向いています。 フライパンが焦げつくようになる原因は? 使用していくとふっ素樹脂塗膜に傷がつき剥がれたり、薄くなります。 これにより食材がくっつき、焦げつくようになります。 ふっ素樹脂の寿命です。 傷がついてしまったフライパンのふっ素樹脂塗膜 フライパンのふっ素樹脂加工を傷ませず長持ちさせる使い方 ここからはふっ素樹脂加工をなるべく長持ちさせる使い方と、ふっ素樹脂加工が劣化してしまう原因を合わせてご紹介していきます。 ふっ素樹脂加工のフライパンの多くは熱伝導の良い「アルミニウム合金」のため、中火でもじゅうぶん加熱できます。 また、過度の 空炊きや 高温調理を長く続けると、ふっ素樹脂加工の表面が傷み寿命が早まります。 フライパンの空炊きってなに? フライパンの中に何も入れない状態で加熱することです。 空焼きになりやすい食材は特にないですが、大きなフライパンで少量の調理をした場合、食材が乗っていない部分がから焼き状態になりやすいです。 分量に合わせたサイズのフライパンを使っていただくことをおすすめします。 また、油を薄く塗るだけでも空焼きを抑える効果があります。 油を引いて、加熱したフライパンを軽くひとまわしします。 油のとろみ(粘性)がなくなり、サラサラとフライパンの中で水のように動き始めたら、調理開始の合図です。 ただ、先のとがった金属へらなどで故意に力を込めると、傷がついたり、ふっ素樹脂加工がはがれやすくなります。 木べらや樹脂製のツールは、先端がとがったものが少なく、傷をつけにくく、ふっ素樹脂加工に優しいといえます。 特に塩分の強い調理物を入れたままにすると、 ふっ素樹脂加工の表面にある目に見えない小さな穴から塩分がしみ込んで、下地の金属を腐食(さび)させてしまいます。 その結果、ふっ素樹脂が浮き上がり、剥がれの原因になります。 ただし、簡易的な保存であれば大きく性能を損ねることはありません。 時間でいうと一晩を目安にしてください。 水をかけてジューッ!となるのはまだ温度が高い証拠。 しばらく置いて冷めてからお手入れをしてください。 みがき粉など、研磨剤入りのものは使用しないでください。 糖分・こげ等が固まったしまった場合はぬるま湯などを少し入れ、柔らかくしてから、柔らかいスポンジでこすり洗いしてください。 食器用スポンジのざらざらした面で洗浄すると、 ふっ素樹脂の表面をやすりで削っているのと同じで、 塗膜が薄くなっていくため寿命が早まります。 フライパンの買い替え時は? 熱源がガス火・IH問わず、火に当たりやすい部分から焦げつきが早くなる傾向があります。 一つの目安として、 焼きそばがこびりつきやすくなってくるとふっ素樹脂加工が劣化している可能性が高いです。 油を使用すればそのままでも使用は可能ですが、 ふっ素樹脂塗膜がさらに劣化してしまいます。 フライパンの内面コーティングの種類、何が違うの? 世界で初めて調理器具に加工された商品が「テフロン加工」という呼び名を使っていたため、現在でもふっ素樹脂を「テフロン加工」と呼ばれる方も多いようです。 テフロンというのはふっ素樹脂コーティングの種類の1つです。 元々のベーシックなふっ素樹脂が誕生して数十年、塗装皮膜はさまざまな生活・調理用途に合わせて日々進化しています。 一般的にふっ素樹脂加工と呼ばれているものは皆さんよくご存じかと思いますので、 ここのところよく見かける 新しいふっ素樹脂加工について、いくつか代表例と特徴をご紹介します。 ハードコート 金属ツールなど使っても傷がつきにくくするように、下地塗装にセラミック粉など、硬い材質を混ぜ込み、磨耗に強くしたものです。 ダイヤモンドコート ハードコートの進化版、ふっ素樹脂にダイヤモンドの微粒子粉末を入れたものです。 マーブルコート ハードコートの一種です。 はんてん状にふっ素樹脂を塗ることで、表面に凸凹が出ます。 これが食材と点当たりになるため、耐久性が向上することが特徴。 見た目が石 大理石 のように見えるため、マーブルコートと呼ばれています。 結局どれがいいの? それぞれに特徴があり、一概にどれが優れているとは言い難いですが、 より くっつきにくさを好まれるのであれば、上記で説明した比較的新しいハード系より 一般的なふっ素樹脂系の方が良い傾向にあります。 ただし、ふっ素樹脂系は傷もつきやすく、耐久性という点では比較的早期に寿命が来てしまいます。 ハードコート系は 耐久性を重視しながら 「くっつきにくさ」を必要十分なレベルにしたものが多くなっており、 少量の油を使っていただければくっつかず快適にお使い頂けます。 ふっ素樹脂加工だけでなく、使っている下地の金属の違いや厚みなど、さまざまな要素によって値段は変わってきます。 価格の高いものは耐久性も考慮した素材や塗装工程の管理が徹底されているためです。 耐摩耗試験は、公的機関で定められた検査です。 金属のヘラをこすりつけて、ふっ素樹脂がなくなるまでの往復回数を示すもので、 数字が大きいほど「塗膜が長持ちする」と思っていただければ間違いではありません。 ただし、数字が大きいものがすべていいとは言えません。 前段のように短期間でもいいので、できるだけ油を使わずに滑る調理がいいのであれば、わざわざ価格の高い数字が大きい物を選ばすとも、一般的なものを早いサイクルで買いかえたほうがいい場合もあります。 最後に 今回はふっ素樹脂加工フライパンについてご紹介しました。 この記事を参考に、ふっ素樹脂加工のフライパンの長持ちにチャレンジしてみてください!.

次の

鉄フライパンのおすすめ19選。特徴や選び方についても解説

プロが使うフライパン

本格プロ仕様!「KIPROSTAR 業務用アルミフライパン」 アルミの特徴である軽いという点に加えて、形状に工夫を加えて強度を増しているのが特徴のアルミフライパンです。 熱の伝わり方もよく、繰り返し使えることから頻繁にパスタを作る人にはお勧めのフライパンです。 イタリアンレストランでもよく使われているため、プロの料理人になった気分で楽しく料理が作れちゃいますね。 国内アルミ専門メーカーが送る「AKAO DONシリーズ アルミフライパン」 素材から完成まで一貫して作る、アルミニウム総合メーカーの料理が楽しくなるフライパンです。 熱伝導率が高いのでソースを温めたり冷ましたりするのにも最適。 パスタに入れるニンニクなども香ばしく仕上がります。 このDONシリーズはフライパンだけじゃなくてお鍋等もあるので、全部揃えてみるとお洒落な厨房が出来上がりますね。 軽くてシンプル!「中尾アルミ製作所 キングフライパン」 軽量型のアルミフライパンです。 コンパクトなため料理の時にも片付けの時にも楽に扱えます。 とにかく重たいフライパンは嫌だ、使いやすいフライパンが良いという人におすすめです。 業務用商品としてプロも利用している商品ですが、家庭の普段使いにも使える便利なフライパンだと言えます。 手に馴染むやさしい作り「北陸アルミニウム ビストロハウス フライパン」 鍋つかみも不要な取っ手が木製のアルミフライパンです。 手にも馴染みやすく、同サイズのフライパンと比べても比較的軽いため、肩や腕の負担を気にすることなく料理が出来ます。 厚底なので小さい火力でも十分に熱が伝わり、熱の保有力にも優れているので、しっかりと食材に火が通ります。 IHでもしっかり加熱!「北陸アルミニウム マイスター IH対応BCフライパン」 特殊加工で実現したIHヒーターにも対応しているプロ仕様のアルミフライパンです。 IHヒーターは熱が伝わりにくく、なかなか温度が上がらないため、普通のフライパンではイライラすることもありますよね・・・。 その点こちらのフライパンなら、アルミの特性で熱も伝わりやすいのでストレスなく料理を楽しむことが出来ます。 もう焦がさない!「中尾アルミ製作所 キングフロン ノーメイクフライパン」 ステンレスとアルミが融合した熱伝導、耐久性にも優れたアルミフライパンです。 IHにも対応しているこのフライパンは、オムレツ等の焼き加減が難しい料理でも、焦がさず上手にできちゃいます。 取っ手も耐熱仕様になっているので、鍋つかみやタオルでくるんで料理する機会も減って安心です。 洗練されたデザイン「ツヴィリング センセーション フライパン」 ベルギー生まれのデザインが美しいIH対応のアルミフライパンです。 特殊な5層構造でフライパン全体に均一に熱が伝わり、食材のうま味を十分に引き出すことができます。 シンプルな作りですがとってもオシャレなので、台所に置いておくだけでテンションも上がりそうです。 より一層料理が楽しくなりそうなアルミフライパンですね。 アルミフライパンで本格料理を楽しもう! アルミフライパンは本格的に料理をしたい人にとって、楽しくお手軽にプロの様な料理ができるキッチンアイテムの一つと言えるでしょう。 自分にピッタリのお気に入りアルミフライパンを見つけて、料理の時間を今よりもっと楽しんじゃいましょう!.

次の

【長く使えるフライパン】合羽橋、老舗料理道具店の結論

プロが使うフライパン

こんにちわ、料理研究家のキャンティ田村です。 フライパンというのは素材や大きさ、形や持ち手などとにかく色んな要素があってどれを買おうか迷ってしまいますよね? 今回は家庭用でとにかく使えるフライパンというところに焦点を当ててご紹介していきます。 基本的にフライパンというものは作る料理によって使い分けるのですが、ここでは使い勝手がよく多数の料理に対応できるものばかりを揃えました。 各フライパンを使う時の注意点やどんな料理に対応できるかというところまで書いていきますので、一人暮らしの方から大家族の主婦さんまで、是非参考にして下さいね。 テフロン素材のフライパン テフロン加工(フッ素樹脂加工)のフライパンはくっつかないフライパンの代表格です。 どんなご家庭でもとりあえず一本は揃えておきたいところです。 テフロンのフライパンは傷つきやすいので取り扱いに気を付けないと寿命が短いのが特徴です。 金属製のお玉なのでガシガシ炒めたり、洗う際にステンレスタワシを使うのは避けてください。 頑固なヨゴレを落としたい時には亀の子タワシを使えばより長く使うことができますよ。 ティファール フライパン 鍋 3点 セット IH対応 「 インジニオ・ネオ IHルビー・エクセレンス セット3 」 チタン エクセレンス 6層コーティング L66390 取っ手のとれる T-fal いきなりメジャー所のティファール、しかもセットもので恐縮なのですが、やはり使い勝手は抜群なので真っ先にご紹介致します。 このフライパン3点セットは26cmのフライパン、22cmのフライパン、そして取り外し可能な持ち手のセットです。 持ち手が取り外し出来るので収納がとてもコンパクト、一度収納してみると本当に快適です。 26cmのフライパンはとにかく万能!どんな料理も作れてしまうのですが、特にソテー系の料理に力を発揮してくれます。 くっつきずらいのと大きさ、深さがちょうどいいんですね。 22cmのフライパンは玉子料理にそのサイズから適しています。 目玉焼きや卵焼き、オムレツがくっつかずに綺麗につくれますよ。 取り外し可能な持ち手が付属しているので買い替えの時にも持ち手だけ流用できます。 無加水調理というのは密閉性の高い蓋をしたまま過熱することによって、蒸しながら焼くことができるというものです。 どんな料理でもまったく水を使わなくていいというものではないのですが、素材そのものの水分が蒸発していかないので、例えば他の調理器具では水分が飛んでしまって途中で水を入れたりしないと乾煎りになってしまうようなことがありません。 特に、人参などの火が通りにくい食材を炒める時に大活躍します。 フライパンはダイヤモンドコーティングなのでくっつきにくくなっているのがうれしいところです。 荒っぽい使い方をするとコーティングにキズが付いてしまうのでご注意下さい。 セットの片手鍋は一見おまけ的に見えますが、実用性、耐久性ともにかなりの優れものなのでめちゃめちゃおススメです。 鍋の蓋が密閉状態なのが困るという場合にはちょっと蓋をずらして火にかければ問題ありません。 無加水調理には当商品のセットに付属している蓋が肝です。 これさえあれば取っ手を外したティファールなどの淵に凹凸がないフライパンなら同じように調理することができちゃいます。 ギョーザ• 炒め物全般• 煮物全般 アルミ素材のフライパン ここでいうアルミ素材とはフッ素加工されていないものです。 アルミ素材のフライパンは軽くて丈夫なうえに錆びない、熱伝導もよく特にソース料理に適しているので洋食系のレストランでは普通に使われています。 IH調理ができない、食材がくっつきやすい、持ち手に加工されていないものだと熱くなるので布巾を使って持たないといけないという難点があるので家庭ではちょっと使いずらいです。 ただどんなものにも得意分野があるものです。 ボンゴレ系パスタやアクアパッツァなどの貝をフライパンで調理するような料理だとテフロン加工などではキズがついてしまうのでこのアルミパンの出番となります。 北陸アルミニウム ビストロハウス フライパン 27cm A-0848 通常のアルミ製フライパンというのは持ち手まですべてアルミ製なのが一般的です。 これはレストランなどで調理する際にそのままオーブンに投入することを前提としているためな のですが、コンロで火にかけているだけでも持ち手が熱くなってしまうので鍋つかみがかかせません。 しかし、この 北陸アルミニウム ビストロハウスフライパンは持ち手が木製加工されているので持っている手が全く熱くなりません。 「家庭ではオーブンにそのまま入れることなんてないでしょ?」と割り切った仕様がうれしいアルミパンです。 全面アルミ製なので遠慮なくトングでガシガシできるのがアルミパンのいいところですね。 十分な深さがあるのでパスタ系の料理がとっても作りやすいですよ。 パスタ系全般• アクアパッツァなどの貝の殻を調理するもの• ソース、煮物 鉄素材のフライパン 鉄のフライパンはきちんと手入れさえすれば、テフロン並みにくっつかない、堅牢、空焼きオーケーと三拍子揃った素材です。 欠点といえば重くて錆びやすいことでしょうか。 特にステーキを焼く際にはこの鉄か鋳鉄のフライパンが最適です。 レストランでは表面をカリッとソテーしたらそのままオーブンで中に火が通るまで加熱するといった使い方もします。 同じ鉄製である中華鍋がなんでもこなせることからも鉄製のフライパンの万能性がうかがえますね。 慣れるまで手入れが少し面倒ですが、洗った後の空焼き、使う前に油を馴染ませることに慣れてしまえば非常に愛着も沸いてくるので是非チャレンジして頂きたい! 常用するのであれば使い終わったあとは洗って火にかけて水分を飛ばせば錆びることはまずありません。 なお、鉄のフライパンで調理すると鉄分も摂取できますよ。 関連記事 フランスの老舗調理器具メーカーであるデバイヤー社の鉄製フライパンです。 洗練されたデザインはまさにフランスといったところです。 持ち手の絶妙な角度がいいですね。 油ならしは添付の説明書通りにやれば問題なくできるでしょう。 他のブランド鉄製フライパンに比べるとデバイヤーのフライパンは割安なのもおすすめポイントです。 ステーキやソテー系の料理ならこのデバイヤーの鉄製フライパンがおすすめです。 24cmのフライパンは通常よりも少し小ぶりですが、ステーキなどを焼くことをメインで考えると丁度良いサイズです。 多目の野菜炒めなどをこのフライパンでもこなしたい場合は28cmをチョイスすればよいでしょう。 中華鍋は持ち手が付いたもののほうが熱くなくていいのですが使っているうちに柄の部分だけ劣化してしまうので買い替えが必要になってしまいます。 それだと抜群の耐久性を誇る中華鍋の利点を損なってしまうので、あえて一生ものとして柄がついてないものを鍋つかみで持ってお使い頂きたい。 こちらは打ち出し製造ですので鉄の密度が高いのが特徴です。 こちらの中華鍋はコーティングがされていないので初めて使う時には他の鉄製フライパン同様、焼き入れの作業が必要となります。 (焼きの手順はamazon商品ページの下段に記載されています) 家庭用としてはちょっとハードルが高い中華鍋ですが、使いこなすことができれば一生ものの心強い相棒になってくれます。 とにかく万能で、なんといっても揚げ物にも使えるのが中華鍋の強みです。 鋳鉄というのはとにかく蓄熱がすごいんです。 このため ステーキやハンバーグを焼いてそのまま食卓に出すといった使い方ができるのが売りでもあります。 基本的には鉄製のフライパンと同じような使い方ですが、いかんせん重いので炒める料理にはあまり向いていません。 (フライパンを振るのではなく菜箸でまぜれば炒めることもできます) アウトドアシーンでは同社の8インチスキレットがコンパクトで人気なのですが、直径が約20cmと家庭で使うにはちょっと大きさ的に物足りないんですよね。 深型であることにより、得意分野のグリル系は勿論、他にも蓋があればパエリアから煮物、さらには揚げ物までカバーできるようになるのでわざわざ鋳鉄のフライパンを購入する意味もあるというものですね。 重いのが難点ではありますが、アウトドアでも当然平型よりも深型のほうが活躍してくれますよ。 持ち手は熱くなるので鍋つかみを使用してくださいね。 人気記事• 最近の投稿• カテゴリー• アーカイブ アーカイブ• 最近のコメント• に jony99 より• に ひろ より• に chianti より• に 荒木 韻貴 より• メタ情報•

次の