映像 ビット レート。 一般的な動画のビットレートはどれぐらい?~YouTubeの動画を調べて分かった内容をまとめます

ビットレートはどれくらいが妥当か|目安や求め方

映像 ビット レート

フレームレート動画はパラパラ漫画のように複数の画像で成り立っています。 パラパラ漫画は紙の枚数が多ければ多いほど滑らかに描写できるのと同じように、動画の画像も多ければ多いほど滑らかな映像になります。 動画のコマ数は「フレーム毎秒」という意味の「fps frames per second 」で表されます。 例えば、30fpsなら1秒間に30枚の画像が入れ替わり、60fpsなら60枚の画像が入れ替わります。 30fpsでは少しカクカクした動画になるので、滑らかな動画にしたい場合は60fpsがオススメです。 しかしその分、動画のファイルの容量は増えます。 一般的な動画の再生環境では60fpsが上限になっています。 120fpsなどのハイフレームレートを撮影できるカメラが増えてきますが、それらはスローモーション動画として使われます。 「1,000 kbps 正確には1,024 kbps 」=「1 Mbps」です。 ビットレートには3種類あります。 固定ビットレート 可変ビットレート 平均ビットレート 意味 CBR コンスタントビットレート とも言う。 ビットレートが常に一定。 VBR バリアブルビットレート とも言う。 シーンに応じてビットレートが上下する。 ABR アベレージビットレート とも言う。 可変ビットレートの一種で、事前に目標ビットレートを指定できる。 ビットレートは画質の良し悪しにダイレクトに影響します。 以下の画像は、37 Mbpsの動画から切り出した静止画と、1 Mbpsから切り出した静止画です。 動画のコンテンツによって異なりますが、一般的には、10 Mbps前後が高画質、5 Mbps前後が中画質、1 Mbps前後が低画質になります。 高画質ほどファイル容量が大きく、低画質ほど低くなります。

次の

動画の基礎知識

映像 ビット レート

すべきことは3点だけ シンプルに3点だけ押さえておきましょう。 速度(上り)を計測する。 利用する配信サイトの ビットレート上限を調べる。 両者を比較し、 低いほうの数字を配信ソフトに入力する。 詳細については後述します。 なお、ビットレートを決めるうえでは、 出力解像度・フレームレートの設定も重要です。 ビットレートを設定したあとは、下記ページをご覧ください。 上りの速度を計測しよう 下りではなく、上りが重要 まず、 上り速度(アップロードの速さ)を計測しましょう。 ここで注意したいのは、「下り」ではなく「上り」の速度という点です。 ライブ配信では、データを配信サイトのサーバーに アップロードするので、上りの速度を計測します。 この速度が速ければ速いほど、ビットレートを高く設定できます。 したがって、速度が速ければ 高画質な配信をしやすくなると思ってください。 回線速度(通信速度)の測定サイトについては、「」などのキーワードで検索すると出てきます。 混雑と速度規制 注意したいのですが、光回線だからといって必ずしも速いとは限りません。 以下の2点を覚えておきましょう。 昼よりも 夜のほうが混雑し、速度は落ちやすい• プロバイダから速度規制されて、速度が落ちることがある によると、経済協力開発機構(OECD)加盟国36か国のなかで、2018年における日本のインターネット速度は27位となっています。 配信者にとって、厳しい環境がしばらく続くことになるかもしれません。 配信サイトのビットレート上限を理解しよう 守らないと配信が不安定に たとえば、上りの速度が50Mbps出ているとします。 しかし、配信ソフトのほうで50Mbpsに設定してもよい、というわけではありません。 なぜなら、 配信サイト側のビットレート上限を考慮する必要があるからです。 多くの配信サイトでは、• つまり、私たちは 配信サイト側の仕様に従わなくてはいけません。 どんなに上りの速度が速かったとしても、ビットレート上限を守らないと配信が不安定になります。 それでは、ビットレート上限について配信サイトごとに見ていきましょう。 YouTube Live YouTubeでは、ビットレート上限が設けられていません。 設定がよくわからない場合は、ひとまず 3,000kbpsに設定することを推奨します。 速度に余裕があるなら、 6,000~9,000kbpsでもかまいません。 Twitch Twitchでは、映像ビットレートについては3,000~6,000kbpsが推奨されています。 いちおう 6,000kbpsが上限と考えておきましょう。 ニコ生 ニコ生の場合は以下のとおりです。 プレミアム会員 : 6,000kbps• 一般会員 : 1,000kbps ツイキャス ツイキャスの場合は以下のとおりです。 : 6,000kbps• : 800kbps(推奨値) OPENREC OPENRECでは、 1,500~5,000kbpsが推奨されています。 には、以下のように明記されています。 ビットレートが5,000kbpsを超えると自動で切断されます。 その他 上記以外のサイトについては、 公式ヘルプを参照してください。 ビットレートの説明が必ず掲載されています。 具体例で考えよう 低い数字に合わせる いよいよ後半のステップになりました。 上りの速度、および配信サイトのビットレート上限を比較し、 低い数字のほうに合わせてビットレートを決めます。 具体例1 たとえば、以下のような例を考えてみましょう。 速度が速いケースです。 上りの速度 : 20Mbps• 配信サイトのビットレート上限 : 6Mbps この場合、ビットレートは6Mbpsに設定します。 20Mbpsには設定しないでください。 配信サイトの仕様に合わない設定であり、配信が不安定になります。 具体例2 では、つぎのようなケースではどうでしょうか。 今度は 速度が遅い場合です。 上りの速度 : 1Mbps• 配信サイトのビットレート上限 : 6Mbps この場合は、1Mbps以下に設定します。 念のため、余裕を持たせて700~800kbps程度がよいでしょう( 上り速度の70~80%)。 もし6Mbpsに設定したとしても、 カクカクな配信になります。 速度の限界を超えて設定するのは避けましょう。 意味がありません。 併せてご覧ください。 配信ソフトで設定しよう 最後のステップです。 配信ソフトにビットレートを入力します。 OBS Studio では、まず「設定」をクリックします。 つぎに、 映像ビットレートの設定を行います。 「出力モード」を「詳細」にする。 その下の「配信」タブを開き、「 ビットレート」に数字を入力する。 映像ビットレートの 桁数に注意しましょう。 たとえば、 3,000kbps(3Mbps)と 30,000kbps(30Mbps)では、まったく意味が違います。 よくあるミスのひとつです。 そして、 音声ビットレートの設定を行って終わりです。 「録画」タブの右隣にある「音声」タブを開く。 「 音声ビットレート」で任意の数字を選ぶ。 「OK」をクリックする。 Streamlabs OBS の場合は、画面右上の歯車アイコンをクリックします。 そして、「出力」タブを開き、ビットレートの設定を行いましょう。 詳細は、下記ページをご覧ください。 XSplit の場合、ビットレートの設定は配信サイトごとに行います。 具体的には、「ブロードキャスト」をクリックし、配信サイト名の横にある歯車アイコンをクリックします。 そして、「Bitrate」の部分で設定しましょう。 補足 ここでいうビットレートとは、以下の2種類の 合計のことです。 映像ビットレート• 音声ビットレート たとえば、配信サイトのビットレート上限が6Mbpsであるなら、映像ビットレートを5,872kbps、音声ビットレートを128kbpsに設定します。 まとめ 初めて配信を行う場合、ビットレートの設定は難しいかもしれません。 なぜなら、• 高すぎると、配信がカクつく、止まる、途切れる、切断される• 低すぎると、荒い画質になる という状況に混乱しやすいからです。 さらに言えば、 ビットレートが適切でも配信画面がカクつくことがあり、なおのこと苦戦する事情がそろっています。 最初は苦しいかもしれませんが、 ポイントを押さえたうえでテスト配信を繰り返すことが重要です。 なお、ビットレートの設定は配信サイトごとに保存しておけるので、覚えておきましょう。

次の

「映像・音声」ビットレートって一体何?

映像 ビット レート

ビットレートとは? 「ビットレートってそもそも何?」という人は以下ページを参考にしてみて下さい。 参考: 最初に)そもそもビットレートの目安なんて決める必要ない こんな記事を書いておいてですが、ビットレートの目安なんてそもそも決める必要はありません。 なので、 そもそもビットレートの目安なんて求める必要はありません。 機械(パソコン)に任せておけばOKです。 25倍ほど多く必要とします。 (解像度の違い) 例えば、「60fps」と「30fps」なら、前者の方がビットレートを2倍多く必要とします。 (フレームレートの違い) 例えば、「H. 264」と「MPEG2」なら、後者の方がビットレートを2倍ほど多く必要とします。 (映像コーデックの違い) 例えば、「LPCM」と「MP3」なら、前者の方がビットレートを10倍ほど多く必要とします。 (音声コーデックの違い) 例えば、「動きの激しい動画(スポーツ番組等)」と「動きの少ない動画(ニュース番組等)」なら、前者の方がビットレートを2~4倍ほど多く必要とします。 フレームレート:30fps• 映像コーデック:H. 264• 音声コーデック:AAC-LC 最高画質で保存したい場合 もし「動きの激しい動画」なら、13~15Mbps前後くらいが妥当です。 もし「動きの少ない動画」なら、10~13Mbps前後くらいが妥当です。 高画質で保存したい場合 もし「動きの激しい動画」なら、9~10Mbps前後くらいが妥当です。 もし「動きの少ない動画」なら、8~9Mbps前後くらいが妥当です。 中画質で保存したい場合 もし「動きの激しい動画」なら、6~8Mbps前後くらいが妥当です。 もし「動きの少ない動画」なら、5~6Mbps前後くらいが妥当です。 低画質で保存したい場合(低容量) もし「動きの激しい動画」なら、5~6Mbps前後くらいが妥当です。 もし「動きの少ない動画」なら、3~5Mbps前後くらいが妥当です。 ( 参考:)• フレームレート:30fps• 映像コーデック:H. 264• 音声コーデック:AAC-LC• 動画長さ:10分• 詳しくは次のページを参考にしてみて下さい。 (参考:)• フレームレート:30fps• 映像コーデック:H. 264• 音声コーデック:AAC-LC• (ファイルサイズの制限はないので) 音声ビットレートの目安 非可逆コーデック(MP3、AAC、Vorbisなど)なら、どのコーデックでも「 128kbps」もあれば十分でしょう。 ビットレートが多く必要になる場面とは?(エンコ殺し) ビットレートというのは、「前フレームと差があればあるほど必要となってくるもの」です。 なので、映像が常に変化する動画では、ビットレートは普通より多く必要となります。 例えば、• 雪 などのシーンなどでは、常に画面全体が微妙に変化するのでビットレートを食いまくります。 つまり、 エンコードでビットレートを予測する際には、「その映像内で場面が変化するシーンがどれくらいあるか」がかなり重要になります。 ちなみに、「ビットレートを食いまくるシーン」の事を、俗に「 エンコ殺し」などと呼びます。 規則性がないためにコーデックによる圧縮アルゴリズムも全然効かないので、エンコード的には 最悪の映像です。 実写の方が、アニメより遥かに細かなディティールを必要とするからです。 あと、エンコーダーによっては、• 「実写映像」に最適化する設定• 「アニメ映像」に最適化する設定 などが用意されていたりするので、使い分ける事でビットレートを削減できます。 関連: 関連:.

次の