ネットワーク抵抗。 【TT Electronics】 抵抗アレイ・ネットワーク

ネットワーク抵抗器

ネットワーク抵抗

ネットワークの選び方 ネットワークとは正確にはディバイディングネットワークと言い、アンプからスピーカーに入力された電気信号を各ユニットに適した周波数帯ごとに分割する電気回路です。 フィルターです。 フルレンジには殆どの場合不要です。 ツィーターには破損防止の為に必須です。 ウーファーやスコーカーには殆どの場合必要です。 減衰器はディバイディングネットワークではないのですがここで述べます。 ネットワークはユニットとエンクロージャーの組み合わせに対して唯一無二の専用品です。 なぜならユニットごとに特性が異なりますし、例え同じユニットでもエンクロージャーが異なれば音も異なり、従って最適チューニングも異なるからです。 どんなに高性能なユニットを使っても、それらを活かすも殺すもネットワーク次第です。 選び方1 周波数特性を測定しながら素子定数を選ぶ 推奨 使用するユニットを使用するエンクロージャーに固定した状態で音を実際に測定しながら素子定数を選びます。 各ユニットの性能を極限まで引き出した最高音質を実現できます。 技術と経験と設備が必要です。 数百機種のチューニング経験のある当店が最も得意とするところですので、ネットワークの事が良く分からない場合や最高音質を求める場合は当店にお任せください。 選び方2 シミュレーションソフトで選ぶ 諸元値を入力するとF特などを計算してくれて便利です。 しかしユニットメーカーが公称している諸元数値やグラフは実際とかなり異なるので、それを使って得た結果も実際とかなり異なります。 シミュレーションの精度を向上させるには全入力データを精度良く測定する必要があり、更に最終結果も実際に測定して整合確認する必要があります。 結局「選び方1」の方が早くて確実です。 選び方3 付属品を使う。 ユニット付属のネットワークを使用する場合は取り付け料を頂ければ取り付けいたします。 ただネットワークというものはチューニング時と同じユニットと同じエンクロージャーを使って初めて同じ音を再現できます。 付属のネットワークは殆どの場合どんなエンクロージャーに合わせてチューニングされたのか謎で、極性すら謎なのでお勧めできません。 F特に大体はあっても、極性に大体はありません。 特に自動車用はウーファーとツィーターが別の場所に取り付けられる前提なので音質を気にしたら負けです。 選び方4 計算で選ぶ。 汎用品を使う。 各ユニットの周波数特性と位相特性とインピーダンス特性が一定という現実にはありえない仮定をして計算で選びます。 測定しないのでどんな音かは不明です。 測定してみると殆どの場合チューニングが合わず良い音にならないので、大体合っていれば簡単で安い方が良い場合にどうぞ。 計算で選んだ素子定数で完璧という偶然が極稀にあります 笑 汎用品は「2. 素子定数は計算で選んだものなので上記の通りです。 選び方5 他機種用流用 ネットワークはユニットとエンクロージャーの組み合わせに対して唯一無二の専用品ですので、専用品を流用すると当然チューニングは合いません。 応急処置くらいにはなるので一応書いておきます。 ツィーターだけを交換したり、ウーファーだけを交換するのも同様です。 番外編 チャンネルデバイダー 測定しないとどんな音か不明ですので、音質を気にしない方はどうぞ。 推奨 先の選び方1です。 当店が周波数特性を実際に測定しながら素子定数の選定を行います。 お客様は減衰特性とコンデンサとコイルの種類を指定するだけで大丈夫です。 あとは当店が周波数特性を測定しながら最大限平坦な特性になるように素子定数を選定いたします。 諸元数値や計算値は関係ありません。 極性は念の為に正逆両方試して良い方とします。 減衰器は実測結果を元に必要と判断した場合に選定いたします。 選定の判断は純粋に高音質化の為に行います。 売り上げの為に減衰器を付けたり素子定数を大きくする事は絶対にありません。 そもそも定数が大きくなっても当店の利益は増えません。 複数同一ユニットとはダブルウーファーやダブルツィーターの場合の事で、複数同一ユニットが1個増えるごとに追加料金がかかります。 選定料金と複数同一ユニット追加料金とエンクロージャー等他の部品代は先払いとし、ネットワーク素子定数選定後に素子料金と減衰器料金を追加請求いたしますので、その入金確認ができ次第ネットワークを制作し、スピーカーに組み込み、商品を発送いたします。 又は初めに多めに預り金をお支払いいただき、素子代金を引いてお釣りを返却する方法も可能です。 ごまかしはできませんのでご安心を。 1段階の差は約20%です。 下図は適当なツィーターに0. 縦軸の尺度から見て十分細かく刻む事ができ、高精度チューニングが可能です。 使用する素子は全て新品で、素子の定数と耐入力は以下の通りです。 定数によりメーカーや細かい特性は異なります。 フィルムと電解、芯有りと芯無しの混合も可能です。 素子 定数 仕様 両極性電解コンデンサ 標準数E12系列 1 1. 5 2. 2 2. 7 3. 3 3. 9 4. 7 5. 6 6. 8 8. 68 0. 82 1 1. 2 1. 5 1. 8 2. 2 2. 7 3. 3 3. 9 4. 7 5. 6 6. 8 8. 1 0. 12 0. 15 0. 18 0. 22 0. 27 0. 33 0. 39 0. 47 0. 56 0. 68 0. 82 1 1. 2 1. 5 1. 8 2. 2 2. 7 3. 3 3. 9 4. 7 5. 6 6. 8 [mH] 線径1. 4mm以上 芯無しコイル 線径1. 2mm以上 セメント抵抗 標準数E6系列 0. 68 1 1. 5 2. 2 3. 3 4. 7 6. 抵抗1個を直列に接続する方法と、抵抗2個を直列と並列に接続する方法があります。 抵抗1個式の場合は、抵抗値によって減衰量と合成インピーダンスが連動して変化します。 ユニットのインピーダンス特性の影響を比較的受けやすいので、比較的減衰量が少ない場合に適します。 挙動を把握し適切に使えば必要十分な性能が得られる場合が多い。 抵抗2個式の場合は、直列抵抗値と並列抵抗値の組み合わせによって様々な減衰量と合成インピーダンスの組み合わせが得られ、自由度が高い。 ユニットのインピーダンス特性の影響を比較的受けにくい。 フィルターごとに異なる次数でも組めます。 正相接続か逆相接続かは測定しない限り不明です。 必要十分な性能を得られる場合が多い。 性能と費用のバランスが良いのでお勧め。 3 18dBoct 肩特性を柔軟に弄れる。 複雑で面倒で費用が掛かるのでやりたくない。 ツィーターにコンデンサ1個の場合は直接ツィーターの裏に接着する場合もあります。 素子数が少ない場合は端子台やエンクロージャーに接着する場合もあります。 増えてくると木の板に接着して、エンクロージャにねじ止めする場合もあります。 素子の固定は接着やタイラップです。 コイルは極力間隔を空け、向きも極力無秩序で、散らして配置いたします。 接続は極力圧着端子を用い、はんだは極力避けます。 以下は制作例です。

次の

EXBV8V471JV

ネットワーク抵抗

抵抗の種類 抵抗は多くの種類があり、性質や素材によって主に上図のように分類することができます。 非常に低価格であり、最も多く使用されている抵抗は 炭素皮膜抵抗 カーボン抵抗 です。 また、電流検出用には低抵抗かつ大電力 数W でインダクタンスが小さい 金属板抵抗を使用します。 ではこれから各抵抗について詳しく説明します。 ソリッド抵抗 炭素の粉末と樹脂を混合し、固形化した抵抗器。 高耐圧高抵抗のものを作ることができるため、おもに電源回路などの大きなストレスがかかる回路に使用されます。 しかし、 精度が悪いため、精密な用途には適しません。 また、ソリッド抵抗はコストや精度面で難点があり、徐々に 炭素皮膜抵抗に置き換わっています。 このソリッド抵抗は、 炭素体抵抗、 固定体抵抗、 カーボンコンポジット抵抗、 カーボンコンポジション抵抗 Carbon Composition Resistor とも呼ばれます。 また、ソリッド抵抗は英語では「 Solid Resistor」と書きます。 精度が悪いので精密な用途には適さない。 経年変化によって抵抗値がかなり変化 増加 する。 温度係数が非常に大きく、著しい高温にさらされると一挙に抵抗値が高くなってしまうことがある。 抵抗値の経年劣化や生産性が悪い等の理由で、製造を打ち切る国内メーカーが多く、入手性が悪い。 海外メーカー製しか入手できないのが現状である。 炭素皮膜抵抗 カーボン抵抗 安定した磁性体 セラミック の表面に抵抗体として炭素皮膜を装着した抵抗器。 小電力用の抵抗では 最も多く使用されており、通常、小型の抵抗器というとこの抵抗のことを指します。 温度係数は 負特性 温度の上昇で抵抗値が下がる となっています。 炭素は英語で「 カーボン Carbon 」というため、 カーボン抵抗とも呼ばれています。 また、炭素皮膜抵抗は英語では「 Carbon Film Resistor」と書きます。 金属皮膜抵抗には「 厚膜型金属皮膜抵抗 金属系のペーストを加熱焼成したもの 」と「 薄膜型金属皮膜抵抗 金属を蒸着させてコーティングしたもの 」があります。 この2種類において、 厚膜型が汎用的な金属皮膜抵抗であり、こちらが俗に「キンピ」と呼ばれているものです。 精度が良いため、主に通信・計測機器、コンピュータなどに使用されています。 一般の金属の温度特性は正特性となっています。 そこで、金属皮膜抵抗は合金の比率を変えることで、温度係数を小さくしています。 また、比率によって、正特性と負特性のどちらかになります。 酸化金属皮膜抵抗 サンキン 安定した磁性体 セラミック の表面に、抵抗体として酸化スズなどの金属酸化物を使用した抵抗器。 酸化金属の皮膜が熱によって燃焼することがないため、1W~5W程度の中電力用として多く用いられています。 酸化金属皮膜抵抗の 酸化金属を略して 酸金 サンキン とも呼ばれます。 また、酸化金属皮膜抵抗は英語では「 Metal Oxide Resistor」と書きます。 抵抗値は 線種や 巻き数で調整します。 巻線抵抗には 電力用と 精密用があります。 一般的に市販されているもののほとんどが電力用となっています。 耐熱構造なので、定格電力で使うと抵抗が非常に高温になります。 そのため、実装には注意が必要です。 抵抗周囲の部品 コンデンサ等 や配線やプリント基板の温度管理をする必要があります。 構造上、高周波数特性が悪いという性質がありますが、巻き方を 無誘導巻とすることで対策された製品もあります。 しかし、無誘導巻のものでも高周波での使用は避けた方が無難です。 温度係数は品種ごとに異なります。 巻線抵抗器は大電力用とで用いられることが多いため、耐熱性 発煙や発火が起こらない であることが求められます。 そのため、ケースには、絶縁の不燃性塗料を用いるものが多いです。 ケースに角型のセメント材を用いたものは セメント抵抗、金属ケースを用いたものは メタルグラッド抵抗と呼ばれています。 セメント抵抗 巻線抵抗または金属皮膜抵抗などをセラミックケースに入れて、セメントで封止することで、耐熱性、耐圧性を向上させた抵抗器。 大電力用であり、電力の大きな抵抗が必要なときに使用します。 また、セメント抵抗は英語では「 Ceramic Cement Resistor」と書きます。 不燃性のケースでおおわれているため、発火せず、定格電力で使うと 抵抗が非常に高温になります。 そのため、実装には注意が必要です。 抵抗周囲の部品 コンデンサ等 や配線やプリント基板の温度管理をする必要があります。 メタルクラッド抵抗 巻線抵抗に金属製の外装を取り付けた抵抗器。 巻線抵抗の一種です。 メタルクラッド抵抗は大きな電流を流すことを想定しているため、放熱板や放熱フィンなど熱対策がなされているものもあります。 メタルクラッドは、 Metal 金属 と Clad 被膜した を組み合わせたものになっています。 また、メタルクラッド抵抗は英語では「 Metal Clad Resistor」と書きます。 ホーロー抵抗 ホウロウ抵抗 セラミックの芯に抵抗線を巻き、その上に琺瑯 ほうろう を焼き付けて耐熱性を高めた抵抗器。 巻線抵抗の一種です。 表面の皮膜を削って抵抗線をむき出しにし、スライド金具を付けて抵抗値を調整できるようにしたものもあります。 また、ホーロー抵抗は英語では「 Enamel Resistor」と書きます。 巻線抵抗のなので、イ ンダクタンス成分を持ちます。 そのため、高周波回路には注意が必要となります。 ヒューズ抵抗 通常時は普通の抵抗として機能し、異常時の過負荷では抵抗体が完全に溶断して回路電流を遮断する機能を持った抵抗器。 これは、高温時に抵抗体がヒューズのように溶断するという現象を利用しています。 構造的には 酸化金属皮膜抵抗と同じ構造をしていますが、抵抗体が燃損するため、外装塗装は難燃性をなっています。 なお、ヒューズ抵抗は ヒューズや ヒューズ付き抵抗と比べると、応答電流値や応答時間のバラツキが大きくなります。 また、ヒューズ抵抗は英語では「 Fusible Resistor」と書きます。 ヒューズ付き抵抗 温度ヒューズ内臓抵抗 主に、電源のON時に流れる突入電流を抑制するために使われる抵抗器。 電源のON時、電源ライン間に 突入電流防止回路 抵抗とスイッチング素子 サイリスタやトライアックやリレー で構成された回路 を接続することで、電源ラインに流れる突入電流を抑制する手法があります。 この抵抗には、電源のON時に流れる突入電流に耐えることができるサージ耐量の大きな巻線抵抗器を用いることができます。 通常時は、スイッチング素子をオンすることで、スイッチング素子に電流を流します。 しかし、このスイッチング素子が故障した場合、抵抗に電流が流れ続けることになり、抵抗がかなり発熱しまうという問題があります。 そこで、安全対策として温度ヒューズを抵抗の近くに組み込んで一体化した部品があります。 この部品が ヒューズ付き抵抗 温度ヒューズ内臓抵抗 です。 ヒューズ付き抵抗 温度ヒューズ内臓抵抗 は突入電流防止回路の抵抗に用いられているため、 突入電流防止抵抗や 突防抵抗と呼ばれることがあります。 また、ヒューズ抵抗 温度ヒューズ内臓抵抗 は英語では「 Thermal-Fuse Resistor」と書きます。 ヒューズ抵抗 温度ヒューズ内臓抵抗 については以下の記事で詳しく説明しています。 また、突入電流防止回路については以下の記事で詳しく説明しています。 ネットワーク抵抗 複数の抵抗を1つの絶縁基板上にまとめた抵抗器。 部品点数の削減、省力化、高密度化などのメリットがあり多用され始めています。 抵抗の特性は一般の厚膜抵抗と同じです。 複数の抵抗の接続方法には、並列、直列、分圧、独立など様々なものがあります。 ネットワーク抵抗は 複合抵抗や 抵抗アレイとも呼ばれています。 また、ネットワーク抵抗は英語では「 Network Resistor」と書きます。

次の

ネットワーク抵抗器とはなんでしょうか。

ネットワーク抵抗

面実装抵抗器の共通仕様• 高周波面実装部品の共通仕様• 高精度薄膜面実装抵抗器• 電流検出用面実装低抵抗器• 8電極 形名 L W t a1 a2 b1 b2 p1 p2 W1 W2 RM3216 3. 20 1. 20 0. 10 0. 20 0. 20 0. 20 0. 20 0. 20 0. 10 0. 20 0. 20 RM3225 3. 20 2. 20 0. 10 0. 10 0. 20 0. 20 0. 20 0. 20 0. 10 0. 20 0. 20 RM6432 6. 20 3. 20 0. 10 0. 10 0. 20 0. 10 0. 20 0. 20 1. 10 0. 20 0. 他の外形及びカスタム外形品につきましては、弊社営業までお問い合わせください。

次の