セキスイ ハイム ブログ。 【祝1周年】セキスイハイムの家に1年間住んでみての感想

13か所にも及ぶセキスイハイムの外構工事のミスや図面との違い

セキスイ ハイム ブログ

見栄っ張り家の家づくりの流れ(簡単におさらい) 人生で見栄を張り続けてきた、見栄っ張り夫婦。 結婚した時に引っ越した、2LDKの賃貸マンションに夫・嫁・長女・次女+猫ちゃんで住んでいました。 「子供が2人産まれてこの家も狭くなってきたね」と考えていたころ・・・ 「立派な家を買えば見栄を張れるよ」という夢がでてきました。 () ここから見栄っ張り家のづくりがスタートしました。 ・マンションギャラリーを見学したり ・住宅展示場巡りをしたり () ・営業マンに諦められたり () ・人間の裏の顔を見たり () ・積水ハウスの営業と戦ったり () ・家づくりに疲れたり () そんなこんなで、ハウスメーカ選びが進んでいきました。 最終的に3社に絞った 納得いくまでとことん検討する見栄っ張り家は、 ハウスメーカーを30社以上まわりながらも 最終的には われらが【セキスイハイム】 センスは抜群【積水ハウス】 バランスの良い【ヘーベルハウス】 以上の3社に絞りました。 この段階での3社の評価は セキスイハイム 嫁さんのお気に入り 営業マンは1番一生懸命 展示場のセンスは3社の中では1番微妙(もちろん3社以外のHMよりは良かったんですけど、他2社がカッコよすぎた) 積水ハウス 展示場のセンスは1番のお気に入り 営業マンはダメ 土地紹介はちょいちょいしてくる ヘーベルハウス 営業マンはいい感じ、年齢的にも若すぎず年寄すぎず1番脂がのってる時期 ヘーベルの頑丈さは魅力 価格はかなり一生懸命がんばってくれた 外観は1番カッコよかった あれ? こうやって書き出してみると、この時点ではヘーベルハウスが優勢だったのかな? 積水ハウスが脱落 センス抜群の積水ハウスですが、とにかく営業がひどかったです。 セキスイハイム対ヘーベルハウス 奇しくも決勝は「セキスイハイム」対「ヘーベルハウス」というカタカナ対決になりました。 (正確には旭化成ホームズですけどね) この頃には、嫁「セキスイハイム」、夫「ヘーベルハウス」という勢力図もできていました。 嫁「やっぱり工場でプレハブを造ってきて一気に組み上げる工法はかなりいいと思うよ」 夫「けど、ヘーベルハウスのあの頑丈さも良くない?」 嫁「セキスイハイムは仕上がりにバラつきが無いやろうし、メンテナンス費もかなり抑えれるよね」 夫「ヘーベルハウスのほうがカッコいいような気がするよ」 嫁・夫「あぁだ、こぉだ」 と話し合いはつきませんでした。 (もちろん夫が本気で「こっちにする!!」と言ってしまうと、嫁さんは「はい・・・」となるので、ちょうどいい具合で話をしていました。 まぁ正直、夫的にはどっちでも良かったんですよね) 最終的には点数をつけて決めようという話になりました。 【見栄っ張り家ハウスメーカー選びルール】 ・0点~10点で各項目毎に点数を付けていく ・点数は夫婦で話し合って決める(あくまでも見栄っ張り家の主観です) ・最終的に合計得点の高い方の勝ち(HM決定) 第一試合 価格 セキスイハイム 5点 VS 4点 ヘーベルハウス どちらもかなり頑張ってくれたのですが、同条件で考えるとセキスイハイムの方が少しだけ安かったです。 ただ、どちらも高いですね。 値段だけなら他に魅力的なHMは沢山あります。 第二試合 センス セキスイハイム 7点 VS 8点 ヘーベルハウス あくまでも展示場で感じた評価です。 セキスイハイムも悪くはなかったのですが、これぐらいの点数かなと。 ヘーベルハウスはかなりおしゃれでした。 (3店舗まわりましたが、どの展示場もおしゃれでした) 第三試合 外観 セキスイハイム 7点 VS 9点 ヘーベルハウス セキスイハイムはどの展示場もパルフェのレジデンスタイル、坪数も大きくかなりカッコよかったです。 しかし、それ以上にカッコよかったのがヘーベルハウスでしたので、9点あげました。 (エラそう) 第四試合 メンテナンス性 セキスイハイム 9点 VS 8点 ヘーベルハウス メンテンナス性はかなり高レベルな戦いでした。 夫的にはツートップだと思います。 外壁や屋根、ベランダなどのメンテナンスを比べると、少しセキスイハイムが上となります。 第五試合 会社のアフターサービス セキスイハイム 10点 VS 10点 ヘーベルハウス 今大会、初の引き分けですね。 どちらも大手なのでアフターサービスは問題無いでしょう。 第六試合 工法 セキスイハイム 9点 VS 7点 ヘーベルハウス やっぱり工場で作るプレハブ工法は強いですよね。 一番当たり外れが無い工法だと思います。 ヘーベルハウスの工法もいいのですが、どうしても施工する業者によって左右される部分が出てくるような気がして・・・ 第七試合 耐震性 セキスイハイム 8点 VS 10点 ヘーベルハウス さすがにこの項目で、ヘーベルハウスに勝てるハウスメーカーは無いと思います。 セキスイハイムも健闘しましたが、一歩及ばずです。 最終試合を前に、セキスイハイム55点、ヘーベルハウス56点とヘーベルハウスが1点のリード。 さあ、このままヘーベルハウスが逃げ切るのか!! 最終試合 営業マン セキスイハイム 10点 VS 8点 ヘーベルハウス ヘーベルハウスの8点はかなりいい点数です。 知識もあり、対応も良い、一生懸命やってくれるのですが、なにかが足りず8点という点数になりました。 (福岡近郊で家を建てる人は是非一度話を聞いてみて下さい) 最終結果 セキスイハイム 65点 VS 64点 ヘーベルハウス 計算したかのような1点差でセキスイハイムの勝ちでした。 セキスイハイムが勝ったが・・・ 厳正なる審査の結果セキスイハイムの勝利が決定したのだが、ここで重要な問題が・・・ 「お金が足りない(汗)」 一生懸命ハウスメーカー選びをしたのは良かったのですが、よくよく計算してみると、今の条件では支払いができません。 見栄っ張り家、破産しちゃいます・・・ 夫「しょうがない、こうなったら・・・」 夫「値引きの用意だ!!」 嫁「値引き!?値引きだって!?」 嫁「夫の考えって値引きだったの!?ム、ムリだよ!ちょっとぐらい値引きをしたって全然足りないよ」 夫「いっただろう、いまのままでは見栄っ張り家は破産だ・・・ちょっとぐらいの値引きじゃなく、ギリギリまで値引きさせてもらうんだ」 見栄っ張り家「セキスイハイム!!可能な限り値引きをしてくれ!!たのむ!」 セキスイハイム「これぐらいなら・・・」 見栄っ張り家「ダッダメだ!!!ちょっと値引いただけだ。 なんでだ!!なんでセキスイハイムはわかってくれねえんだよ!!」 見栄っ張り家「値引きしてくれ、セキスイハイムーッ!!見栄っ張り家が破産してもいいのか!?バッキャローッ!!」 セキスイハイム「なんだとバカヤローだと!!人に頼むのにでかい態度だぜ!!」 「もしかしたら値引きをしないでも破産しないかも」 「そうかこれ以上値引きをしないでみよう」 見栄っ張り「ハ ハイムーッいいかげんにしろ!さっさと値引きせんかー!!この見栄っ張りの頼みも聞けんのかー!!」 セキスイハイム「えっ!!見栄っ張り!?もしかして値引きって、ミスター見栄っ張りだったんですか?」 見栄っ張り「そっ・・・そうだ!!!見栄っ張り家が、見栄を張る家を建てるからセキスイハイムも値引きをせんか!」 セキスイハイム「みえっっつぱり、みえっっぱり、みえっっぱり・・・」 見栄っ張り家「うおほっ、きたきた!!いきなりでっけぇ値引きだ!!」 見栄っ張り家「セキスイハイムで決まりだね!!!!」 こうして見栄っ張り家のハウスメーカー選びはセキスイハイムに決定することになりました。 セキスイハイムに決定した理由 こうして、記事にしながら思い返してみると やっぱり 営業の力ってかなり大きいですね。 家のセンスや外観のカッコよさだけでいえば積水ハウスやヘーベルハウスの方が上でした。 (夫目線) 値段だけでいえば、ローコストメーカーはもちろんのこと、同レベルのハウスメーカーでも一条工務店やトヨタホームのほうが安かったです。 もちろんセキスイハイム自体もいい会社ですし、しっかりした家を建てます。 ただ、担当営業がセキ男じゃなければ、セキスイハイムで建てて無かったと思います。 それぐらい見栄っ張り家にとっては営業というのは大事な存在になっていたんですね。 【 セキスイハイムを選んだ理由 BEST 3 】 柱がいらず大空間がつくれる リビングを広くしたかった見栄っ張り家。 よそのハウスメーカーでは、「柱を立てないとつくれない」と言われた大空間を、セキスイハイムなら柱を立てずにつくれる。 メンテナンス費用が抑えられる 塗り替えのいらない外壁タイルなど、メンテナンス費用がかかりにくい仕様になっている。 最初の建築費は高くつくが、LCC(Life Cycle Cost)で考えた場合、安くつくと判断した。 LCCとはLife Cycle Costの略 住まいにかかる一生涯の費用の事です。 家を建てるという事は、最初の建築費だけで無く建ててからの費用も考えていかないといけません。 家を建てるときに必要な建築費 日常必ずかかるLCC 光熱費・メンテナンス費 特別かかる可能性のあるLCC リフォーム費・大きな修繕費 営業マン やっぱり1位は営業マンになりますね。 先程まで散々説明したきたのでここでは省かせていただきます。 他ハウスメーカーからの祝辞 他HM(セキスイハイムに決まっちゃったか・・・) 他HM「セキスイハイム・・・すごいやつだよ おまえは・・・」 「あの見栄っ張りは 他HMにはとてもかなう相手じゃなかった・・・」 「見栄っ張りと戦えるのはおまえだけだ・・・」 他HM「・・・なんとなく分かった気がする・・・」 「・・・なぜ 他ハウスメーカーがセキスイハイムにかなわないのか・・・」 他HM「ハイムの営業は臨時ボーナスがほしいからだと思っていた・・・」 「売りたいという 強い心が 得体の知れない力を生み出しているのだと・・・・・・」 「たしかに、それもあるかもしれないが それは他HMも同じことだ・・・」 他HM「・・・ローコストメーカーは値段で勝負し、他HMは見栄っ張り家の条件にあきらめ・・・」 「裏の顔をだしてきたり、そしてプライドのために戦ってきた・・・」 「だが・・・セキスイハイムはちがう・・・値段だけで戦うんじゃない」 「ぜったいに売るんだと、限界を極み続け戦うんだ・・・!」 「だから値段だけにこだわりはしない・・・」 他HM「・・・セキスイハイムはついに見栄っ張り家をあきらめなかった」 「・・・まるで今の見栄っ張り家がほんの少しだけ、見栄を張らない心を持つようになるのが、分かっていたかのように・・・」 他HM「・・・アタマにくるぜ・・・!交渉が大好きで優しい営業マンなんてよ・・・」 他HM「・・・・・」 他HM「がんばれセキスイハイム!!おまえがナンバー1だ!!」 騙し騙され、時には相手の足を引っ張り合いながら、自社の長所を最大限引き出し、雨の日も風の日も熱い戦いを繰り返してきたハウスメーカーたち。 そんな他HMも最終的には納得せざる得ない結果を示したセキスイハイム!! これからも、見栄っ張り家とセキスイハイムの家づくりは続いていきます・・・ ~終わり~ あとがき こんなに長い記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。 この記事を書き始めたときは、こんなに長くなると思っていませんでした。 しかし書き始めると「あれも、これも書きたいなぁ」と、どんどん書きたい事がでてきました。 やはり家づくりをするうえで、ハウスメーカを決定するというのは、それぐらい重要な事だったんですね。 また、途中から大好きな漫画シリーズになってしまったのも、ついつい長くなりすぎた要因ですね。

次の

セキスイハイムのお仕事

セキスイ ハイム ブログ

2009年 75. 9万円 2010年 76. 7万円 2011年 76. 8万円 2012年 77. 3万円 2013年 79. 2万円 2014年 79. 6万円 2015年 80. 8万円 2016年 82. 3万円 セキスイハイムで家を建てる場合は、 坪単価としては80万円を超えることを覚悟しておかなければなりません。 「パルフェ」と同じくフラット屋根になっています。 セキスイハイム独自のボックスラーメン構造のユニット工法を用いていることから、強度や耐震性がとても優れているのが大きな魅力です。 狭小間口対応なども可能で、3階建てに優れた耐震性を求めるユーザーには人気の高い住宅です。 私が勤めているハウスメーカーも鉄骨住宅を扱っているので、必ずと言って良いほどセキスイハイムの名前は出てきます。 セキスイハイムの鉄骨住宅は積水ハウスやダイワハウス、へーベルハウスの鉄骨住宅とは異なる構造を採用しています。 セキスイハイムの鉄骨住宅は「ボックスラーメン構造」という構造ですが、積水ハウスやダイワハウス、ヘーベルハウスは「軸組構造」を採用しています。 「ボックスラーメン構造」「軸組構造」の違いや特性をよく理解して検討されることをお勧めします。 私はセキスイハイムと競合しているハウスメーカーで働いているので、セキスイハイムが採用している「ボックスラーメン構造」の弱点はよく理解しています。 簡潔に言えば【間取りや設計の自由度が低い】ということです。 これに尽きると考えています。 ネットにあるセキスイハイムの坪単価情報は本当なのか? インターネット上にはセキスイハイムの坪単価に関する情報がたくさんあります。 しかしそれらの情報は本当に正しいのでしょうか? 結論から言えば、正解でもあり、間違いでもあるのです。 実際に建てられた方が運営されているブログなどは参考になるでしょうが、そうではない、個人運営のサイトやブログなどの情報は、あまりあてにしない方が良いでしょう。 そのようなサイトやブログを見る際には、その坪単価の根拠となるものが記載されているかを確認したほうが良いのです。 ネット上の坪単価情報は信じるな!! 極論すれば ネット上の坪単価の情報はあてにしない方が良いのです。 それが実際にセキスイハイムを建てた方が運営しているブログの情報であっても同じことです。 なぜならば、その方とあなたが建てようとしている家は、広さも大きさも仕様もグレードも全く異なるからです。 他人の坪単価の情報では意味がないのです。 あなたが希望する内容で見積もりを取ることが最善の方法なのです。 見積もりさえあれば、具体的な金額や予算、そして坪単価が明確に分かるのです。 坪単価がわかる見積もり請求!! あなたはご存知ですか? ハウスメーカーの見積もりがインターネットでとれることを!! そうなのです。 今の時代はネットで、見積もり請求が可能なのです。 実は多くの方がご存知ないのですが、そんな便利なサイトが世の中にはあるのです。 それがこの「タウンライフ家づくり」です。 私は長年ハウスメーカーの営業マンをしていますが、上で紹介している「タウンライフ家づくり」の見積もり請求サービスが始まった時には、非常に大きな衝撃を受けました。 ハウスメーカーの見積もりが・・・・インターネットで請求できるなんて・・・本当に驚愕でした。 こんなことをされると展示場に人が来なくなる・・・・と心配したものです。 セキスイハイムの値引き交渉【現役営業マンが教える】 セキスイハイムで値引き交渉は可能なのか? セキスイハイムは値引きをしてくれるのでしょうか? セキスイハイムでは値引き交渉は可能なのでしょうか? 答えは「YES」です!! セキスイハイムで家を建てる時には、値引きの交渉は可能です。 しかしセキスイハイムは値引きに関しては、少し渋いハウスメーカーです。 あまり大きな金額はきたいしない方が良いでしょう。 ネット上には数百万円の値引きが可能という内容の記事がありますが、実質的にはセキスイハイムではそのような大きな金額の値引きは無理と思っていたほうが良いでしょう。 セキスイハイムの値引き金額の標準は?最大で? セキスイハイムの値引きの標準的な金額は一体いくらなのでしょうか? 一般的なハウスメーカーでは、値引きの金額は総額の3〜5%と言われています。 中には7%くらいまで値引きハウスメーカーもありますが、 総額の3〜5%が相場と言えます。 しかし、 セキスイハイム は 値引き に関しては渋いハウスメーカーなので、相場よりも少ないと考えておいたほうが良いでしょう。 それでは最大ではいくらなのでしょうか? 最大を狙うならば、値引きの交渉をする時期を選ばないといけません。 値引きの金額が年間で一番大きくなる時期があるのです。 それを以下で解説します。 値引き交渉は3月の決算時期に行うべき!! セキスイハイムで値引きの交渉を行うのなら 決算時期である3月です。 3月こそ一番大きな金額の値引きが期待できるのです。 自動車や家電などもそうですが、やはり決算時期が、値引き交渉に関しては一番有利なのです。 3月の決算に向けて値引き交渉するのがベストです。 普段ではほとんど値引きをしないハウスメーカーでも、この時期に関しては話が違います。 この時期にはセキスイハイムと競合すると、最後は当社が負けてしまします。 当社とセキスイハイムがバッティングすると、最終的にはセキスイハイムの値引きに負けてしまうのです。 うちは業界でも値引きに関して渋いハウスメーカーとして有名ですから・・・・ プロが教える「誰でも出来る値引き交渉」!! 私は元某ハウスメーカーの営業マンです。 業界のことは知り尽くしています。 第一線で多くのお客様と対して、値引きの交渉を受けてきました。 値引き交渉において、営業マンが一番されたくないことをお教えしましょう。 それは「相見積もり」です!! 単純ですがこれが一番効くのです。 他社さんと比較されることが、シンプルですが最も嫌な事なのです。 比較されているという事実だけでも、営業マンには大きなプレッシャーがかかるのです。 言い方を変えれば比較をしていないお客様は、「ちょろい」「簡単」と認識され甘く見られるのです。 これは私個人の感覚ですが、他社の見積もりは持っている数が多ければ多いほど、簡単なお客様ではないと認識していました。 もちろん実際にそうでした。 他社の見積もりを複数持っているだけで、相見積もりをしているだけで、多少の値引きは覚悟しないといけないと感じていました。 事実そうなのです。 「相見積もり」 見積もりを集めるの大変難しい!! 相見積もりが大変なことはご理解いただけたでしょうか?しかし相見積もりが簡単に、しかもネットで依頼が出来るサイトをご紹介いたします。 それがこちらのサイトです。 こちらの「タウンライフ家づくり」は、簡単な入力で多くのハウスメーカーに見積もり依頼が出来る夢のようなサイトです。 誰でも簡単に相見積もりがとれるのです。 あなたの条件や要望を入力して、気になるハウスメーカーを選べば、10日程度で自宅に相見積もりが届くのです。 もちろんセキスイハイムの見積もりもとることができますが、積水ハウスやダイワハウス、パナホーム、三井ホームなど・・・様々な有名ハウスメーカーの相見積もりが揃うのです。 セキスイハイムの資料請求の注意点!! 公式HPで資料請求すると・・・・ セキスイハイムの資料しか送られてこないから!! (至極当然なのですが、ここが盲点です) あなたは、• セキスイハイムの資料だけで満足ですか?• 他のハウスメーカーの資料も見たくないですか?• 「ダイワハウス」や「積水ハウス」も気になりませんか?• 「住友林業」や「ミサワホーム」の資料は見なくていいのですか?• 実際にハウスメーカーで働いていた私から言わせていただくと、 資料請求では不十分です。 資料請求ではハウスメーカーの表面的な事しか理解ができないでしょう。 注文住宅を本気で建てようと真剣に考えているのなら、資料請求だけではハウスメーカー選びの性格な判断はできないと言えます。 資料請求には大きな弱点があります。 素人の方が気づいていない大きな弱点が・・・ 私が強く言いたい 資料請求の大きな弱点とは、「価格」「予算」がわからないということなのです。 多くのハウスメーカーから資料やカタログ、パンフレットなどを集めて比較しても、そこに「 価格」や「金額」「予算」といったものがなければ、本当の意味での比較検討はできないのです。 資料を見て「これを建てたい!」「このハウスメーカーが自分たちに合っている!」「この会社に任せたい!」と思っても、あなたの予算に合うかどうかはわからないのです。 予算に合わないハウスメーカーの資料をいつまで眺めていても時間の無駄なのです。 資料請求には、住宅の具体的な「価格」「金額」「予算」がわかるものが一切ないのです。 もちろん平均的な価格や、ある程度の参考価格を表示した資料は届きますが、具体的な「価格」「金額」「予算」が手元にないと判断を誤ります。 あなたが建てたいと思っている大きさ、広さ、構造の種類、外観、内装、設備仕様など、これらを踏まえた具体的な「価格」「金額」「予算」が必要なのです。 前段をお読みいただいた方には、大変失礼とは思いますが、 資料請求では、全く意味がない!! と、私は確信しています。 注文住宅を、ハウスメーカーを、真剣に検討するのならば 資料請求ではなく、見積もり請求をするべきなのです。 こちらに「見積もり」「資料」「間取りプラン」を請求できるサイトをご紹介しておきます。 ネットでは見積もり請求ができるのは、ここで紹介しているだけです。 結論:見積もり請求をするべき!! 「資料請求」しても、営業電話がかかってこない方法!! 資料請求をするとハウスメーカーから、展示場へのお誘いなどの 営業電話がかかってくるのではないかと、心配される方が多いのが現実です。 実際にほぼ100%近い確率で、電話がかかってきて営業をされることとなります。 ハウスメーカーの家を売るのが仕事ですから仕方ないことです。 しかし、このようなハウスメーカーからのアプローチ、営業を心配して資料請求を積極的にしていないという方も多いのです。 そこで、業界の仕組みを知り尽くした私(元某ハウスメーカーのトップ営業マン)が、 営業電話がかかってこない!! 秘密の資料請求の方法をご紹介しましょう。 非常に簡単でシンプルな方法なので、呆気にとられる方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでご紹介する方法が一番効果的なのです。 ほぼ100%に近い確率で、 営業電話をシャットアウトすることができるのです。 その方法とは・・・・・ この方法は資料請求、見積もり請求どちらにも有効です。 そして資料請求、見積もり請求は必ずここでご紹介しているサイトから行ってください。 あなたの情報を入力する欄にには必ず電話番号も入力しましょう。 そしてメールアドレスも忘れずに。 至って普通の入力方法で構いません。 最後に一つだけ付け加えましょう。 備考欄や要望欄に 「電話でのご連絡はお断りします。 メールにてお願いします。 」と入力してください。 これだけでOKです。 「電話でのご連絡はお断りします。 メールにてお願いします。 」と入力しておくだけで、営業電話はかかってきません。 ここまで明確に要望しているのに、それを無視して営業電話をかけてくるようであれば、そのハウスメーカーとはお付き合いはしない方が良いでしょう。 しかし大丈夫です。 今の時代は 企業コンプライアンスが厳しく遵守されています。 ハウスメーカーのお客様へのコンタクト方法は、明確にフォーマット化されています。 大手のハウスメーカーは然り、中堅のハウスメーカーでも最近では徹底されています。 「電話でのご連絡はお断りします。 メールにてお願いします。 」と入力しておけば、 ほぼ100%の確率で営業電話はかかってこないのです。 現役営業マンからのもうひとつのアドバイス!! 「電話でのご連絡はお断りします。 メールにてお願いします。 」と入力しておけば、営業電話はかかってきません。 メールでの営業となりますが、これではハウスメーカーとしては営業機会を失いかねない事態です。 しかしハウスメーカーの営業マンの中には頭が切れる者もいます。 こう考えるのです。 「電話はダメなら、自宅へ直接行けばいい!!!!!」 彼らも生活がかかっているので必死なのです。 かなり高い確率で、 自宅に営業マンが来ることは間違いないでしょう。 電話でのコンタクトはダメだが、自宅への訪問は大丈夫と考えるのです。 自宅に突然来られても、それこそ大迷惑です。 ですから、「自宅への訪問もお断りします。 」と付け加えておけば完璧です。 パーフェクトです。

次の

【セキスイハイム】 「坪単価」と「価格」と「値引き」の話

セキスイ ハイム ブログ

こんにちは。 昨日の話になりますが、図面と違う内容で勝手に進められていた外構工事をどうするのか、どのように対応をするのかの打ち合わせ、話し合いを行ってきました。 間取りを決めているとき、内装や外構計画を決めているときなどの前向きな打ち合わせは楽しかったのですが、正直、今のような打ち合わせは何も面白いことはありません。 とにかくちゃんとやってほしいってだけです。 いきなり愚痴から入りましたが、図面と違う内容で進められていた部分は自分たちが思っていた以上よりも遥かに多かったです。 まさかの 13か所でした。 その内容について、メモも兼ねて書いてみたいと思います。 現場担当の上司同席のもとで説明を受ける 前回までは現場担当、営業担当、外構担当の方まででの話となっていましたが、今回は現場担当の上司である セキスイハイム施工課の課長同席のもとで話が進められました。 説明のほぼすべてはこの課長の方から受けましたが、現場担当の方とは違って説明が分かりやすく、こちらの言っていることも理解をしてくれているようで助かりました。 別に現場担当の方を悪く言うわけではないのですが、説明が斜め上をいくというか、それを聞いてるんじゃないんだよなぁって部分も多かったりしたので良かったです。 その課長の方からまず手渡されたのが、異なる内容で進められてしまった箇所にマークが付けられた図面です。 それを見たとき、とにかく絶句でした。 上でも書きましたが 13か所という数にただただ絶句です。 しかもその内容を聞いて怒りを通り越し、呆れてしまいました。 異なる内容で進められている部分のまとめ 以下が本来の図面の計画で考えられていた部分と、実際の施工で異なる内容となっていた部分です。 玄関周りに集中をしていますが、それ以外の部分にも図面と異なる施工となっているところがあるとは気付きませんでした。 それぞれ、以下のように図面と異なる内容となっています。 (1)計画外の箇所にフェンスあり (知らなかった) (2)スポットライトの位置が図面と違う (知らなかった) (3)アプローチと階段のタイルの目地のズレ (知ってた) (4)車止めの段と階段の一段目のズレ (知ってた) (5)階段の一段目の出幅が小さい (知らなかった) (6)階段の半端な石の位置が違う (知ってた) (7)階段の斜め部分の石の貼り方が違う (知らなかった) (8)ポール灯の取り付け漏れ (知らなかった) (9)目地とステップの位置が合っていない (知らなかった) (10)インターホンの高さが違う (知らなかった) (11)手すりの格子がない (知らなかった) (12)アプローチの幅が広い (知らなかった) (13)猫ライトの位置が高い (知らなかった) 「知ってた」の部分に関しては前回までの記事で書いたように、既にセキスイハイム側に指摘をしてる部分です。 こんにちは。 先日の記事で書いたアプローチの目地のズレや、その他の外構工事等でおかしな部分についての打ち合わせをしてきました。 結果から書いてしまうと可能な限りやり直しをさせていただくとのことですが、... その他の「知らなかった」に関しては、何か違和感があったりおかしいかなと思ってはいましたが、はっきりと図面、計画とは異なるとは気付けていなかった部分も含みます。 ただ、この中でも 現場の判断で良い変更をしてくれているものもあります。 (10)のインターホンの位置は外構計画のパース図ではポストの真横に来るようになっていましたが、この位置は一般的な身長であれば胸ぐらいの高さです。 さすがに低いので 現場の判断で少し上に動かしてくれていたようです。 これは素直に「ありがとうございます」ですが、それ以外に関してはどうなんでしょうか…。 「おかしいな」と思ったところはやっぱりおかしかった 外構の打ち合わせをしているときにイメージしたものやパース図を見たときと、実際に施工されたものを見たとき、感覚的にというか何か「おかしいな」「こんな計画だったかな」と思った部分はやっぱりおかしかったようです。 我が家はリビングから出られるちょっとした庭のようなスペースがあり、そこには植栽やらそれを照らすスポットライトがあるのですが、これを実際に見たとき 「何か妙に離れている」と感じていました。 ただここは自分自身で正確に植栽からの距離を測ったわけでもなく「まぁこんなもんなのかな」と思っていましたが、やっぱり ずいぶんと指示よりも離れてしまっていたようです。 今の設置場所だと植栽を下から照らすというより、斜め上方向に向きが強くなりすぎて近隣の迷惑になりそうな勢いでした。 上の図でいうところの(2)です。 門塀の猫ライトも何か位置が高いなと思ったらおかしかった 少し気になっていた門塀部分の猫ライトの取り付け位置に関しても、図面での指示があった高さに取り付けられていなかったようです。 図面では「少し浮かす 100㎜~150㎜」と書いてありますが、実際には 地面から200㎜~250㎜ほどの高い位置に取り付けられています。 以下の画像、特に分かりやすいのが右の猫ライトの位置です。 座っている姿の猫ライトなのに、あまりにも地面から離れすぎてて不格好ですよね。 これも見たとき嫁と「何か位置が高いね」などと話していたのですが、まさか異なる高さで付けられているなどは思わないので「まぁこんなもんかね」などと納得させていました。 左側の猫ライトに関しては階段との位置の関係上、高さは少し動かしているようです。 これは現場の判断による良い調整だったかと思いますが、付ける前に高さを変えた方がいいかそのままがいいか、どっちにしても連絡をしてくるべきだとは思います。 取り付ける前に猫ライトをここがいい、もっとずらしたほうがいいって決めてからやったほうが良くないですか? 1か所が指示通りにできなかったせいでつられておかしくなっている 玄関周り、アプローチ周りに集中をしている図面や計画との違いは、1か所がおかしくなっているせいで他もつられているような状態になっています。 例えば(4)の車止めの段と階段の一段目のズレは、(5)の階段の一段目の出幅が小さいがあっためにズレてしまっていたようです。 また、階段の一段目の出幅が小さくなったことでアプローチの長さが計画とは変わり、図面上では目立たなかった半端な石が付けられることになってしまっています。 ここまでおかしな部分が多ければ、実際に工事をしている現場の方も、絶対のどこかのタイミングで何かがおかしい、図面や計画通りに進んでいないと気付いているはずですよね。 修正するにも玄関周りをすべて変えなければならないため、 気付きながらもそのまま進めたとしか思えません。 あと、階段部分の手すりの下に来るはずだった半端な石も、結局は計画通りにできるそうです。 手すりの位置をもう少し外側に持ってきて調整ができる、100%図面通りにいくとは言えないものの、半端な石と手すりの足の部分もなるべく近づけるようにできるとのことで良いのですが、この話、現場担当にしたときは「こうするしかなかった」で終わっていたので恐ろしいことですよ。 その他の部分に関しても極力 計画通りにやり直すとのことです。 付け忘れや別の物が取り付けられている謎 ここまでは施工上のミスがほとんどですが、そもそも施工がされていない、計画とは異なる物が取り付けられていたことも判明しています。 一つ目は(8)のポール灯の取り付け漏れです。 これは玄関前のスペースに植栽やら石柱やらがあるのですが、その中に本来はポール灯が一つ設置される予定でした。 しかし、実際にはポール灯は設置されておらず、 施工自体がされていなかったのです。 たぶんこちらで気付くことはなかったでしょうし、今回の件がなければポール灯の代金は取られたまま、その物自体がなかったわけです。 二つ目は(11)の手すりの格子がないで、もともとは手すりの下に格子が付くような計画で進めていましたが、実際に取り付けられていたのは格子がないものです。 本来、以下の赤線部分あたりに格子、棒が一本入るものでした。 実際に取り付けられているのは以下のような格子がないものです。 もうこんなの間違い探しレベルです。 ポール灯がないこともたぶん気付かないままでしたし、手すりの格子も知らないままでした。 自分たちでしっかりと確認をしないのが悪いと言われればそれまでですが、そんなの気付きますかって話です。 どこに何が付いてて、付け忘れがないかなどすべてこちらでチェックするなんてのは現実的ではありません。 また、計画外のフェンスが取り付けられているところもありました。 記事が長くなっちゃったのでだいぶ上になりますが、(1)の計画外の箇所にフェンスありです。 ただこれ、隣家の植物がある部分なので フェンスがあったほうが好都合で、もしこのままにしても勝手にやってしまったものなので 追加費用等はなしだそうです。 ラッキーというか何かもらっちゃってごめんなさいという気持ちもありますが、これはそのままいただくことにしました。 セキスイハイムが頼んでる外構屋さん、本当に大丈夫? セキスイハイムに外構をお願いした我が家ですが、現場の外構工事はセキスイハイムが行っているわけではありません。 こんにちは。 セキスイハイムのエクステリアは高い高いと散々言われています。 Googleで検索をする際に「セキスイハイム エクステリア」と入れると候補に「高い」も出てくるほどです。 そもそも家づくりに... 別の外構業者がやっているのですが、その業者、今後もセキスイハイムが仕事を投げて大丈夫なのと思ってしまいます。 あまりにも雑な部分が多く、気付かなかった玄関奥のステップのズレなど、 何を見て作業をしたらそうなるのか呆れるばかりです。 このステップ、本来は2段目のステップの左の石が、1段目と3段目の真ん中の石の位置にきて目地も石も合って設置がされる予定でした。 石や目地が合わないとしてもちょうど中間ぐらいにきていれば、合ってなくてもそのほうが良かったと思える部分もあったかもしれません。 しかし現状はただズレているだけで何の規則性もなく、ただただズレているだけ。 そもそも1段目と3段目すらズレていませんかねこれ。 何かやっつけというか、とりあえず図面にあるから付けてみましたってだけだよなぁと感じますよね。 外構業者のミスは施主側からすればセキスイハイムのミスと同じようなものです。 何より施主側が感じる セキスイハイムに対する不信感というものにも繋がってしまうので、セキスイハイムも工事業者はちゃんと見なきゃダメじゃないのと思います。 引き渡しは一ヶ月ぐらい延びそう 外構工事のやり直しにより、引き渡しは一ヶ月ぐらい延びて9月中旬ぐらいになるのではないかという話です。 こんにちは。 なかなかブログの更新ができていませんが、家づくりは終盤に差し掛かっています。 内装工事は前回の記事に書いた通りでほぼ終わっており、外構に関しても今月の半ばあたりにはもう完成といった形にな... 延びてもいいからとにかくちゃんとやってくださいとは伝えましたが、本当に思うのが一週間ほど前に予定されていた引き渡しのまま進めなくて良かったということです。 たぶんあのまま引き渡しを受けていたら、今回の件で「知らなかった」とした部分は 知らないままで暮らすことになっていたことでしょう。 知らなければ知らないままで幸せだったのかもしれませんが…。 これから工事が進み、引き渡しとなった後に何かおかしいと思う部分があったとしたら、それはすべて言ってくださいとも言われているのでもう今回はさすがに大丈夫だと思いたいです。 皆さんも何かおかしいと思うようなところ、こんなんだったっけと感じるようなところがあれば、しっかりと確認をしたほうが良いかもしれませんね。 そういえば、引き渡しは延びてもいいからちゃんとやってくれとは言いましたが、引き渡しが延びすぎると 消費税の増税が迫ってくるのが怖いですね。 家具やらは少し買い替える予定もあるのでどうなることやら。

次の