白菜 豚肉。 白菜×豚肉の簡単人気レシピまとめ!本当に美味しかったオススメ1位のおかずを厳選!炒め物、あんかけ、重ね蒸し、スープも | monjiroBLOG

一番簡単な豚バラ白菜のうま煮

白菜 豚肉

作り方• にんじんは皮をむいておきます。 白菜はざく切りにします。 にんじんは短冊切りにします。 豚バラ肉は3cm幅に切ります。 ボウルに2と塩こしょうを入れて揉み込み、味がなじんだら片栗粉を入れ、全体にまぶします。 中火で熱したフライパンにごま油をひき、3を入れて炒めます。 豚バラ肉に火が通ったら、1を入れて中火のまま炒めます。 白菜が柔らかくなったら、水溶き片栗粉を回し入れ、弱火でとろみが出るまで加熱します。 火から下ろし、器に盛り付けて完成です。

次の

【豚肉×白菜】超人気レシピ15選【ミルフィーユやあんかけなど!】

白菜 豚肉

SPONSORED LINK こんにちは!節約レシピが大好きな2児のママです。 豚肉は様々な料理に使いやすく、且つお手頃価格で購入できます。 白菜の旬の時期は冬になりますが、市場では通年で売られていて購入しやすい物になります。 今回はそんな豚肉と白菜でタッグを組み、簡単で節約できるオススメの人気レシピ15選を紹介していきます。 豚肉と白菜が良い味を出しています。 つくれぽ900件超えの人気レシピです。 SPONSORED LINK 白菜と豚こま肉のうま煮 オイスターソースとゴマ油の組み合わせで、しっかりこってり味が美味しい人気レシピです。 豚肉と白菜の旨味を引き出してくれる美味しさです。 つくれぽ600件超えの人気レシピです。 トロトロの豚肉と白菜の美味しさを味わって下さいね。 つくれぽ100件超えの人気レシピです。 そして、パパッとできるので時短になります。 つくれぽ200件超えの人気レシピです。 白菜大量消費!豚肉と白菜のごま味噌炒め 味噌で味付けることで、一気に濃厚さと深みが出ます。 白菜と豚肉の旨味を最大限に活かした1品になります。 つくれぽ100件超えの人気レシピになります。 白菜と豚肉のトマト蒸し煮 とっても簡単で濃厚な味のチーズトマト蒸しです。 白菜と豚肉をこってり味に蒸しあげた1品です。 つくれぽ600件超えの人気レシピです。 さっぱり味レシピ 白菜と豚のミルフィーユ鍋 お勧めの食べ方 さっぱり合わせポン酢が美味しい、鍋レシピです。 豚肉と白菜の旨味と甘味を存分に味わえる人気レシピです。 つくれぽ2600超えの大人気レシピです。 SPONSORED LINK お手軽に!白菜&人参&豚コマの中華丼 簡単に作れる人気レシピで、忙しい時にオススメです。 豚肉と白菜が余っていたら人参をプラスして、すぐに作れちゃいます。 つくれぽ2600件超えの人気レシピです。 白菜とチンゲン菜の豚バラ塩あんかけ さっぱりガッツリ食べたい時にオススメの1品です。 豚肉と白菜の相性がバッチリです! つくれぽ1400件超えの人気レシピです。 トロトロ白菜と豚肉の絶品うどん鍋 体が温まる絶品うどん鍋です。 豚肉と白菜の旨味を活かしたシンプルな節約レシピです。 つくれぽ400件超えの人気レシピです。 超簡単*とろける白菜&豚バラ(塩味) シンプルイズベストの1品です。 白菜と豚肉の旨味を最大限に活かしたさっぱり味がオススメです。 つくれぽ700件超えの人気レシピです。 白菜と豚肉ともやしのポン酢蒸し煮 ポン酢でさっぱり蒸しあげたヘルシーレシピです。 豚肉と白菜にもやしをプラスすることでかさましになり、節約レシピの完成です。 つくれぽ200件超えの人気レシピです。 斬新な味レシピ 白菜と豚肉の味噌マヨ炒め 豚肉は少なめですが、その分白菜でカバーした節約人気レシピです。 つくれぽ2300件超えの超人気レシピです。 豚肉と白菜以外にも、様々な食材をプラスしやすい人気レシピです。 つくれぽ400件超えの人気レシピです。 つくれぽ300件超えの人気レシピです。

次の

【絶品&簡単】白菜レシピ28選!人気1位は?つくれぽ1000超の殿堂だけ。大量消費にもおすすめ料理

白菜 豚肉

カットは不要。 しょうがは千切りにする。 クックパッドの つくれぽ340件超えの話題入りレシピ。 よくある ミルフィーユ鍋と仕組みは同じですが、作り方は 断然簡単。 鍋の中で白菜と豚肉を重ねて蒸し煮。 出来上がりを大皿に移してからキッチンバサミでカットします。 豪快で作りやすかったです。 ポイントは、白菜の厚みが均等になるように、芯と葉の向きを1枚ずつ変えること。 薄味好きな方や小さい子供はそのままでも。 ポン酢と柚子胡椒を掛けたらめちゃ旨でした。 ふんわりラップをし、レンチンで火を通す。 600Wの電子レンジで5分目安。 長ネギはみじん切り、しょうがは粗みじんに切る。 不器用な私には、ちょっとハードルが高い肉巻き。 でも家族受けがよく、時々作ります。 火を使わないレンチン料理。 火にかけた方が美味しいんじゃ…と今までレンチン料理は敬遠してましたが、試してみると ちゃんと美味しい! 先切りにした生の白菜の葉の部分を使うので、豚バラの細切れでは巻きにくかったです。 豚バラスライスを使うのがオススメです。 加熱すると葉がクタッとするので、巻く時は ちょっと多いかな位入れるとちょうどいいです。 香味だれは、出来たては刺々しいので、混ぜて半日以上置くとまあるいお味に。 時間がない時は、30秒位レンチンすると馴染みます。 香味ダレが効いて、豚バラなのにあっさり、料理上手風肉巻きに仕上がりました。 豚肉を巻いていく。 焦げ目がついたら、蓋をして弱火10-15分加熱。 最後にオイスターソースを加えて絡めて出来上がり。 レンチンした白菜とチーズを巻き込み、オイスターソースを絡めたしっかり味の肉巻き。 レンチンして絞った白菜を使うので、巻きやすい。 中から出てくるチーズに、 子供が大喜びでした。 タレもオイスターソースだけとは思えないおいしさ。 ピザ用チーズを使うと、全て流れ出てしまいました。 中に入れるチーズは、 溶けないタイプがオススメ。 頑張って巻き巻きした甲斐があったなと思える一品です。 クックパッドの つくれぽ1800件超えの殿堂入りレシピ。 豚バラと野菜を炒めて、味付けは塩コショウ・鶏ガラスープの素だけ。 忙しい時でもチャチャッと出来ちゃう、お助けレシピ。 最後に ごく少量の水溶き片栗粉でとろみをつけるのがポイント。 普通の肉野菜炒めが、きっちりまとまります。 人参は薄いいちょう切り。 多めの油で炒め、一旦取り出す。 最後にごま油を入れて香り付けし、出来上がり。 クックパッドの つくれぽ1700件超えの殿堂入りレシピ。 ササッとできて、しっかりおいしい、ご飯のお供がほしい時にぴったりです。 クックパッドの つくれぽ4100件超えの殿堂入りレシピ。 あんがたっぷりに仕上がるので、ご飯にかけて 中華丼、炒めた中華麺にかけて あんかけ焼きそば。 アレンジしやすいレシピです。 そのままでももちろんおいしいですが、しっかり味で、ご飯にかけても味がぼやけません。 人参は薄いいちょう切りか細切りに。 クックパッドの つくれぽ3500件超えの殿堂入りレシピ。 豚こまに下味と片栗粉をまぶしておくと、お肉にもしっかり味がからんで美味しいです。 炒めて調味したら、あっという間に出来上がり。 ポイントは、 調味料を計量すること。 考案者moj(モジャ)さんのレシピは、レシピ通りに作るとおいしく出来上がります。 火が通ったら、白菜を加える。 豚バラの出汁とトロトロになった白菜がたまらなく美味しいスープです。 お肉をスープに入れちゃうのはもったいないなと個人的に思ってたんですが…間違ってました。 「2日目のカレー」じゃないですが、 時間が経った方がおいしいので、いつも夕食に食べる分を朝作っています。 塩コショウし、小麦粉をまぶす。 白菜の芯がしんなりしてきたら、葉も入れる。 クックパッドの つくれぽ3000件超えの殿堂入りレシピ。 我が家では、白菜料理が続いて味を変えたい時に登場します。 調味料は多いですが、鶏ガラ以外は全部同量で 計量しやすい。 豚肉、白菜、しめじの順に炒めて、合わせておいた調味料を炒め合わせれば出来上がり。 簡単すぐできるお助けレシピ。 白菜をたくさん入れて水分が出てしまうことが多いのですが、ごく少量水溶き片栗粉でとろみをつければ気になりません。 味噌マヨ味のしみしみ白菜は、子供も大好きです。 白菜は葉と芯に分け、それぞれざく切りにする。 その上に葉、豚肉(広げて)の順に乗せる。 ポイントは、 白菜を切る時に芯と葉の部分を分けておくことだけ。 あとは、冷たいフライパンに、ざく切りした芯・葉・豚肉を広げて乗せていくだけ。 火を付けて蒸し煮にすれば、もう美味しい!放置している間に副菜を作れるので、急いでる日によく作ります。 そのままでもおいしいんですが、レシピのつけダレを3種類とも用意するのがオススメ。 まず見た目が豪華に見えるし、味変出来て楽しいです。 豚肉に塩コショウと片栗粉で下味を付けて豚肉、野菜類の順で炒め、調味料を加えて柔らかくなるまで煮るだけ。 最後に水溶き片栗粉でとろみを付けるので、具材と煮汁がからんでおいしいんです。 時々食べたくなる 定番の炒め煮です。 野菜がグラム表記になっててわかりにくいですが、野菜の量は勘で、調味料だけ表記通りにすると、薄い味になっちゃいます。 白菜200gは、1玉の6分の1くらいです。 目安にされてください。 小さい子供にも夫にも評判が良かったレシピばかりを集めました。 大きな白菜を買ってきても、「また白菜?」と家族に言われることはもうありません! 家計の救世主「白菜」と「豚肉」で絶品おかず、ぜひ試してみて下さいね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の