ブラック ロータス 事件。 黒雪姫/ブラック・ロータス

贋物。

ブラック ロータス 事件

Black Lotus P 無色 0 Mono Artifact このArtifactがバトルゾーンに出た時、封印を3つ付ける。 (カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く) 自分のターンのはじめに、このArtifactに付けた封印を1つ、自分の山札の一番下に置く。 このArtifactの封印がすべてなくなった時、これを自分の墓地に置く。 このターン中、次にカードを使う時、そのコストを最大3少なくしてもよい。 ただし、コストは0より少なくはならない。 で登場した。 に入るとしては史上初の0であり、新しい「」を持つ。 コスト0のなので、のが例え0枚でも、にあれば即座にできる。 に出た際に自身に封印を3つ付けるが、なのでを出してを外すことはできない。 また、であるため封印されていても無視されず、かつのようにを持っていないので、にがないという欠点がある。 一応、除去されても封印は全て墓地に行くので、として使うことも視野に入る。 に自身に付いた封印を1枚山札の下に置き、封印が全てなくなった際に自身をにする。 すると次にするを3できる。 一切しないデッキであっても、4ターン目には7コストのカードが使えるようになる。 消費を抑えながらの始動に使うのもいいだろう。 さらにと併用すれば4ターン目に10コストのカードをプレイできる。 例えばではの早出しに活かすなどが考えられる。 しかし、4目に発動するには初手にこのを引いておく必要がある。 中盤以降に手札に加わっても3後にはが終わることも多く、に置いてもにもならないので、考えなしに積めるではないだろう。 効果はかつ内の最初に使う限定。 よって、妨害を受けて指定ターンに目当てのが使えないと無駄撃ちに終わる難点も抱えている。 ルール [ ] としてはに存在できるため、などでを付けるのを妨害された場合、に残り続ける。 封印はどのような方法で剥がしても能力が起動する。 カード指定除去で誘発を早めることもできる反面、相手ターン中に封印が全てなくなってしまうと効果が無駄になってしまうので注意。 封印が付いている状態でこのカードがバトルゾーンを離れた場合、はで墓地に置かれる。 ただし、で封印とまとめてされる場合は、封印もバウンスされる。 封印が付いても無視されないためによってにでき、が出るごとにが外せるようになる。 環境において [ ] 効果が判明した当初はとして注目され、中でもの新戦力として期待された。 またではのと合わせて5ターン目に着地させる型も考案された。 ところが実際には、2ターン目以降では環境の速度的に手遅れとなり、初手に引けるかどうかに活躍が依存しやすいことから目立った活躍はなかった。 その他 [ ]• でこののをすべて外してコスト軽減を利用することはできない。 複数枚同時に除去を受けたカードは同時にバトルゾーンから離すという裁定なので、封印がすべて外れた状態でバトルゾーンに残るタイミングがそもそも存在しない。 一方で、これは裏を返せば「このカードをごと吹っ飛ばせば0マナで4枚のアドバンテージを得られる」と言うことでもある。 例えばこれと封印6枚が残っているがいる状態で先述の《ギガタック》を使えば、封印を全てマナにして Lotusも含めた 計10マナを稼ぎつつによってを放てる。 この時にが手札にあればが確定し、なくても増えたマナからのような重量級カードを出しに行ける。 このカードはノーコストですることになるが、このカードに反応するは現時点で存在しない。 また、何らかの手段でのが上げられてしまった場合、上がった分のをしなければならないが、このカードのコストを上げるカードも現時点では存在しない。 それどころかこのカードのプレイを妨げるカードも存在しない。 手札にさえあれば、どんな状況下でもでプレイできる。 元ネタは黎明期に登場した同名のカード、。 本家もコストが0のカードで、生贄に捧げるだけで無条件で好きな色のマナを3つ生み出すことができる。 MTG黎明期に猛威を振るったカード群『パワー9』の1つである。 のルールで見ても強力な能力であり、さすがにそのままの再現はされていない。 「効果が発動するまで3ターンかかる」というの仕方はを元にしていると思われる。 カードタイプのMono Artifact(モノ・アーティファクト)は、1ターンに1回しか起動できない能力を持つアーティファクトの事を指す。 黎明期にのみ存在した用語であり、94年以降は全てアーティファクトに統一されているため現在のルール上は存在しない。 デュエマでのコラボにおいては、オリジナルにならった表記をとっている。 封入率がでは1カートン 18BOX に1枚にも満たないと噂されるほど低く、の相場は異常な価格になっている。 なお、本家のBlack LotusはMTGで最も相場の高いカードとされていて、比較的流通数の多い後期版 白枠 でも数十万円、初期版 黒枠 の美品は数百万円で取引される事もある。 しかもBlack Lotusはこのカードをモデルにした様々なLotus派生カードが存在するが、「Lotusは能力にかかわらずLotusというだけでコレクターに人気がある」と言われるほどであり派生カードすら高額の値段が付く。 おそらくで活躍しなかったデュエマ版のの価値と人気が異様に高いことにも影響しているのだろう。 必ずしもやでの活躍だけがの価値ではないのである。 関連カード [ ]• 収録セット [ ]• illus. ) 参考 [ ]• 封印の付いた 《Black Lotus》を、カードを選ぶ効果で選ぶことは出来ますか? はい、出来ます。 封印の付いたクリーチャーは無視されますが、これはクリーチャーではないので無視されません。 封印の付いた 《Black Lotus》を、などのカードを選ぶ効果により手札に戻しました。 この場合、 《Black Lotus》に付いていた封印はどうなりますか? 墓地に置かれます。 《Black Lotus》のみが手札に戻り、封印は単体でバトルゾーンに存在できないため、状況起因処理によって墓地に置かれます。 《Black Lotus》が他のゾーンへ移動した場合も同じで、封印は墓地に置かれます。 がバトルゾーンにいる時に 《Black Lotus》をバトルゾーンに出した際、封印を置けなかった 《Black Lotus》はどうなりますか? バトルゾーンに置かれたままになり、コスト軽減も発生しません。 《Black Lotus》が持つ「このArtifactの封印がすべてなくなった時」の能力は、最後の封印が外れた時にのみ発動します。

次の

デュエル・マスターズにブラックロータスが登場!イラストはMagic Onlineの《Black Lotus》と同一のものを使用

ブラック ロータス 事件

こんにちは、スマホクラブのまさとです。 みなさんはどんなカードゲームをプレイしたことがありますか? 私は小さい頃に遊戯王などのカードゲームを遊んだり、カード収集をしたことがあります。 マジック:ザ・ギャザリングのブラックロータスって? ヤフオクで出品されたとツイッターで話題に マジック:ザ・ギャザリング(MTG)といえば、カードゲームの中でも最初期からあり、 デュエルマスターズの元ネタとなっていて全世界でもプレイされているコアなカードゲームです。 1993年に発売された世界初のトレーディングカードゲーム(TCG)である。 公式にはマジック、のように略され、他にもギャザなどと呼ばれる。 このほか、「もっともよく遊ばれているTCG」などでもギネス世界記録に認定している。 メインデザイナーのリチャード・ガーフィールドは、このゲームを作ったヒントがボードゲームのコズミック・エンカウンターにあると話している。 コズミック・エンカウンターの基本的なルールは簡潔なもので、そのままでは単調な展開にしかならない。 これによってゲームの展開やバランスはプレイごとに大きく変化する。 マジック:ザ・ギャザリングを初めとするTCGにおいては、一定の制限内で好きなようにカードを組み合わせたデッキ(山札)を各プレイヤーが用意する。 さらに、多くのカードが原則を破る特殊ルール(極端な一例として「ライフが0になっても敗北しない」「山札切れすると勝利する」など)を持っている。 これにより、コズミック・エンカウンター以上に多彩かつダイナミックな展開が実現された。 このゲームは発売されてから短期間の内に驚異的な人気を得て、TRPG関連の新興零細メーカーに過ぎなかったウィザーズ・オブ・ザ・コースト社を一気に成長させた。 そしてその人気に触発されて多くのメーカーが次々とTCGを発売した結果、僅か数年でTCGがゲームの一ジャンルとして確立したのである。 人気は他のゲームジャンル・漫画にも影響を与えた。 デュエル・マスターズはこのゲームの影響を強く受けている。 より引用 ブラックロータスが、ツイッタートレンドで上位に表示されていたことにより、ツイッターで話題になりました。 ・これは全てのカードは要求されたマナ(エネルギー的な何か)を支払わないと使えない、というルールである。 ・そして、このゲームは基本的に1ターンごとに使えるマナの量が1点つずつしか増えていかない設計になっている。 (色々と例外はあるが) ・このカードは、マナ・コストが0なので、マナを全く支払わずに出せる。 ・それにもかかわらず、このカードを使えば3点のマナを得られるのである。 つまり、他のカードを1枚だけ、本来より3ターン早く使えるようにするカードなのである。 使い方 最強とも言われるこのカードだが、上記のように「他のカードを早いターンで使えるようにする」効果なので、単品では何もしない。 これを使っただけでは、カードを引いたり、相手のライフを減らしたりすることはできないのである。 ゆえに、当然ながら、他のカードと一緒に使うことになる。 一緒に使うカードが弱ければBlack Lotusはさっぱり輝かないが、Black Lotusの特性を最大限に生かすデッキ構成ならば、相手を10回くらい殺す原動力になる。 出てきた3マナを活用する他のカードがあってこそ、Black LotusはMTG最強のカードとして君臨する。 より引用 ブラックロータスが上位に表示された理由は、親が息子さんの荷物を断捨離するためにマジック:ザ・ギャザリングのカードがヤフオクに出品されたことから始まりました。 サラッとすごい出品を見てしまった — めのー(瑪瑙連翹) OnyxGoldenbells ツイッターでもかなり話題になり、その希少価値を知っているツイッター民が騒然としています。 そして東京フレンドパークに出場した芸能人が、ブラックロータス及び同価値のカードをセットでルーレットの景品に指定したことがあったようです。 ですが、その合計金額がパジェロよりも高くなりすぎたために、番組側から却下されるという逸話があるくらい希少価値の高いカードになります。 アメリカでもブラックロータスをめぐって痛ましい事件があったこともあるくらい、熱狂的なファンが多いカードです。 白枠のブラックロータスでも約15000枚ほどしかなく、黒枠・白枠を合わせても約2万枚ほどしかブラックロータスは存在していないと言われています。 限定品や一品物を除くすべてのカードゲームの中でも最も価値のあるカードが上の画像です。 私も小さいころにプレイしたカードを探してみます。 もしかしたら高価なカードがあるかも…w まさと 今週の閲覧人気ランキング100• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:• 投稿者:.

次の

MTGブラックロータス値段が高い理由や効果について解説!

ブラック ロータス 事件

現在60万円ので入札 「ブラックロータス」は「MTG」のなかでも最高のプレミア価格がついているカード。 今回出品されている枠が白いもの(再録番)は、で50万円前後で売られています。 最も価値のある枠が黒いもの(各言語で最初に印刷された初版)に至っては220万円なんて値がついていることも。 価格が高騰している理由は、異常なほどの高性能、流通数の少なさ、絵柄の美しさなどがあげられています。 強過ぎてほとんどの大会で使用禁止となっていますが、それでも求める人が後を絶たないため時間とともにどんどん価格が上がっているとのこと。 そんな「ブラックロータス」ですが、今回の「ヤフオク! しかも出品者のコメントが、 断捨離の為、片づけをしています。 息子が引っ越しして残して行った物ですが、昔のカードなので傷、臭い、折れなどがある物もあるようです。 ですが私が客観的に見て美品だと思います。 この物に対して私は疎いので難しい質問などされてもお答え出来ないのでご了承ください。 ノークレームノーリターンでお願いします。 とのこと。 お母さん、これちゃんと息子さんに許可取りましたか……? 何気なく出品されていますが、もしかすると今1つの家庭が崩壊一歩手前の危機にあるのかもしれません。 なお、同出品は残り時間5日で、入札価格は60万円となっています(4月11日15時30分現在)。 果たして誰かに落札されてしまうのか、事の重大性に出品者が気づくか、もしくは息子がこのことに先に気がつくのか。 多くのMTGユーザーが見守っているようです。 ただし、質問に一切答えていないことなどから、いたずらを疑う声もあがっています。 4月11日18時25分追記 出品者により出品が取り消されました。 出品者のコメントによると、「私自身そんなに価値がある物と知らず出品してしまいました」「先ほど息子から連絡が入り怒鳴られました。 家族崩壊寸前で今回の出品は取り辞めとさせて頂きます」とのこと。 最終的な入札価格は60万1000円でした。 (2017年4月11日18時13分追加) 入札された方には大変申し訳ない事を致しましたが、私自身そんなに価値がある物と知らず出品してしまいました。 先ほど息子から連絡が入り怒鳴られました。 家族崩壊寸前で今回の出品は取り辞めとさせて頂きます。 お騒がせしてしまい皆様にはガッカリさせてしまったと反省しています。 本日、息子がカードを取りに来ると言っておりました。 色々ご教示して頂きありがとうございました。

次の